JRC訪問記 ~小さなデバイスがもたらす大きな変化!~

雲ひとつない気持ちの良い秋空に「JRC」のロゴが誇らしげに映える。

自動車やオーディオ機器の見えない場所に使用されている半導体デバイス。そして、おそらくお使いの機器でも必ずやお世話になっているであろう半導体デバイスを製造しているのが、ここ 新日本無線(JRC)だ。ステレオ誌の付録としても好評だった USB-DAC OT2 や、デジタルアンプOT1、OT3 の基板にも、実はしっかりとJRCの名が刻まれたオペアンプが搭載されている。

オーディオの世界でJRCといえば、オペアンプ。オペアンプといえばJRC。しかしながら、オペアンプがどのような場所で、どのようなコンセプトで作られているのかを知る機会は少ない。今回、同社の川越製作所に訪問し、担当者より直々にオペアンプについて学ぶ機会を得た。知られざる、オペアンプの世界とは・・・・・・。


工場に入ると、JRCのフラグシップモデルのオペアンプとなる MUSES が我々を出迎えてくれた。

新日本無線(JRC)のオペアンプといえば、「MUSES(ミューズ)」というブランド名をご存知の方も多いだろう。同社の資料によると、MUSESとは、高音質を追求したオーディオ用半導体デバイスとしてJRCが立ち上げたブランドで、「高音質」と言っても、良い音を「作る」のではなく、デバイスを通すことによるクオリティの劣化を最小限にするという考えのもと、「高品位な音の追究」「色づけの無い、誇張の無い、損失の無い、原音に忠実な音の追求」「数値では表しきれない、感性に響く音の追求」をコンセプトに生み出された製品だ。JRCオーディオ製品のフラグシップモデルでもあり、シンボルでもある商品はF1のような位置付けであるという。

同社のオペアンプは、大きく分けて次の3つに分類される。

 エントリーモデル
NJM8801」「NJM8901」「NJM4582」があり、MUSESで培った高音質化技術をより量産性の高い技術に応用することで高音質化と、さらなるコスト低減を実現しているモデル。

量産対応モデル
MUSES8820」「MUSES8920」「MUSES8832」が該当。これはフラグシップモデルの開発コンセプトを踏襲しつつも、材料の最適化を図ることで生産能力向上とコスト低減を実現したモデル。

フラグシップモデル
MUSES01」「MUSES02」「MUSES03」で、従来では材料・サイズ・生産性といった音質向上の障壁を意識せずに音質を追求して開発した半導体デバイスだ。


MUSES03を通して鳴らす音に思わず笑みがこぼれる。写真左から電子デバイス事業部 北田氏、三添専門部長、稲垣課長、西田課長、ステレオ編集長と、杉本専門課長。

製品概要を理解したところで、次に我々が通されたのは今年夏に完成したばかりだというオーディオ試聴ルーム。オーディオに情熱を持つ社員が試行錯誤の上で作り上げたという部屋で、試しに手を叩いてみても残響音があまりないデッドな部屋となっている。これは、一般家庭でも十分鳴らせるようにあえてデッドな環境にして、それでいていかに楽しめる音を出せるかというこだわりによるものだという。

オーディオルームの奥には、CDプレーヤとDAC、そしてオーディオ用半導体メーカーの知恵と技術が結集したアンプが鎮座。このアンプに、MUSESが使用されている。残念ながらこのアンプには企業秘密が含まれているため、写真撮影はできなかったので悪しからずご容赦いただきたい。さあ、この小さなオペアンプの違いでどれだけの音の違いが出るのだろうか。なるべくジャンルが偏らないよう、ジャズ、クラッシク、洋楽と宇多田ヒカルで試聴する。

まずはオーディオ用オペアンプの定番であるNJM4580で試聴。これだけでも十分聴けるレベルではある。次に、MUSES03を通して音を出す。

驚愕。

最初の第一声からまるで違う。音の厚みが増し、表現力が豊かになった。編集長が聴いたオールディーズの洋楽も「この盤、こんなに音良かったっけ?」との感想が出るほど分かりやすい違いだった。数千円の部品でここまで音の違いが出てしまうから、オーディオは奥深くて面白い。

▼MUSESに関する詳細、製品機能、製品データは下記を参照されたい
MUSES 特設Webサイト https://www.njr.co.jp/products/MUSES/index.html

今回、オーディオにかける男たちの並々ならぬ努力と妥協しない姿勢が、この小さな半導体デバイスに凝縮されていることが分かった。MUSESの名は、ギリシア神話に登場する女神の名に由来し、それはまさに音楽・舞踏といった知性と感性の神々だという。「神は細部に宿る」と言うが、まさしくこのデバイスの中に、女神の知性と感性とが込められているかのようで、その明朗な響きは聴いていて非常に心地良かった。

なお、MUSESシリーズは下記サイトより入手可能だ。オペアンプに興味のある方は、是非ともMUSESシリーズのオペアンプを色々と試して楽しんでいただきたい。

MUSES 正規取扱い店「秋月電子通商」 http://akizukidenshi.com/catalog/
正規国内販売代理店・特約店一覧 https://www.njr.co.jp/sales/

新日本無線ホームページ https://www.njr.co.jp/

「コサギ」シリーズ、好評発売中!

長岡鉄男氏考案のスピーカーを彷彿とさせる鳥形スピーカーとして、オンラインショップ ONTOMO Shop(旧オントモ・ヴィレッジ)にて昨年秋に発売された炭山アキラ氏設計の「コサギ」。小柄なイメージのその名からは想像もつかないその音が話題となり、発売から間もなく完売となってしまいました。その後で「もう購入できないのか」と問い合せを多く頂戴しており、ご迷惑をおかけしておりましたが、現在、共立電子さんより「コサギ」が発売されております。見逃してしまった方、この機会に是非「コサギ」のあの音を手に入れてください!

こちらは昨秋に発売していたオリジナルタイプの「コサギ」。

 

 

 

 

 

 


鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル「コサギ」 KP-BSP003

概要 6cmユニットとは思えない重低音と音場感! 炭山アキラモデルの鳥型バックロードホーンがキットになって登場! 通常のバックロードホーン型スピーカと比較して場所を取らない鳥形(スワン形)のバックロードホーンスピーカーの組み立てキットです。部材はカット済みで手軽に組み立てられます。スピーカーはパイオニア製6cmフルレンジユニット「OMP-600」が付属します。

・形式:バックロードホーン型
・商品構成:2本1組
・付属スピーカーユニット:パイオニア製 6cmフルレンジ「OMP-600」
・材質:MDF(厚さ15mm)
・サイズ:180(W)×230(D)×900(H)mm

販売元:共立電子の店 エレショップ
※7月20日現在、在庫わずか!

 

 

オリジナルマスターの感動を凝縮した究極のアナログ盤登場! オフコース BEST “ever” (アナログレコード2枚組)

1970年にデビューしたオフコース。長い年月を超えて愛されてきた彼らの名曲には、心に深く刻み込まれた甘くせつない想いを呼び起こさせてくれる魅力があります。

デビュー45周年の2015年に発売された『ever』は、「ファンが選ぶベストアルバム」として、今なお名盤として愛され続けています。この歴史的名盤を最高のクォリティを備える2枚組のアナログレコードが、ステレオサウンド社より発売されます。この魅力的なサウンドを、是非ご自身のオーディオシス
テムでお楽しみください。


すべては、オフコースを愛するオーディオファイルのために。

「あの時」を刻むレコードを最高の音に仕上げたい。

「ever」アナログ盤の制作プロジェクトでは、ユニバーサル ミュージックとアリオラジャパンの協力のもと、日本歌謡界の大御所のレコード制作に携わってきた、日本コロムビア株式会社のエンジニア・武沢茂チーフにその腕を揮っていただきました。

武沢エンジニアは、「オフコースのオリジナルマスターテープの質感」をアナログレコードで最大に引き出すため、細心の注意をもって、きわめてていねいにマスタリングを実施。ステレオサウンドのアナログレコード制作で評価の高い、独ノイマン社製の名カッティングマシーン「VMS70」と、そのカッ
ターヘッド「SX74」の能力を極限まで駆使し、レコードの原盤となる「ラッカー盤」としてカッティングされました。

一般のマーケットに流通しているアナログレコードの多くは、このラッカー盤から起こせる一枚の「ファーストメタルマスター」を元にして何枚もの「マザーメタル」をつくり、さらにそこから製作した「メタルスタンパー」を使って量産(プレス)する手法をとりますが、今回のプロジェクトでは、貴重な「ファーストメタルマスター」を使って、ダイレクトにレコードをプレスする手法を採用いたしました。

これは、音の伸び、鮮度感を極限まで保つためには最良の手法ですが、その一方、「ファーストメタルマスター」からは多くのレコードをプレスすることはできないという難点があります。そのため「ラッカー盤」を幾枚もカッティングして「ファーストメタルマスター」を作らなければなりません。これはすなわち、一般的なレコード制作とは比べものにならないほどのコストと時間が必要となることを意味します。まったくもって合理的ではないけれど、究極なまでに生々しい音を求めた結果です。このプロジェクトの根幹となるコンセプトを守るために、ステレオサウンドはあえてこの手法で「ever」を制作いたしました。

■カッティング エンジニア:武沢 茂(日本コロムビア株式会社)
■型番:SSAR-034~035
■33回転 180g 重量盤 2枚組
■完全限定生産


オフコース BEST “ever” (アナログレコード2枚組)

発売日:2018年7月31日
※只今絶賛予約受付中! こちらからお求めいただけます。

[Disc 1]

●Side A
1. 水曜日の午後 (1973)
2. でももう花はいらない (1973)
3. 眠れぬ夜 (1975)
4. 雨の降る日に (1975)
5. 愛の唄 (1975)
6. 秋の気配 (1977)

●Side B
1. 夏の終り (1978)
2. 愛を止めないで (1979)
3. 思いのままに (1979)
4. 生まれ来る子供たちのために (1979)

[Disc 2]

●Side A
1. さよなら (1979)
2. Yes-No (1980)
3. 一億の夜を越えて (1980)
4. I LOVE YOU (1981)

●Side B
1. 愛の中へ (1981)
2. 言葉にできない (1981)
3. YES-YES-YES (1982)
4. 君住む街へ (1988)