「来場者が選ぶNo.1 スピーカー」も発表! MOOK付録スピーカーユニットで競い合う! 第9回自作スピーカーコンテスト 栄誉を手にした名機たち

2018年12月19日を応募締切日として行なわれた、第9回目の月刊ステレオ主催・自作スピーカーコンテスト。今回は昨年7月に弊社より発売されたMOOK「これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編」の付録スピーカーユニットというレギュレーションの下、「一般部門」と「匠部門」あわせて205通のご応募をいただきました。まことにありがとうございました。

書類による一次審査と、書類&試聴による二次審査を経て2月23日に開催された作品展示&試聴会・授賞式の詳細レポートは Stereo 4月号内の記事をご高覧いただくとして、まずは見事受賞を果たした全作品をここに紹介! 作品展示&試聴会・授賞式にご来場の皆さまの投票によって決定した「来場者が選ぶ№1スピーカー」第1位作品も発表します。


審査員(敬称略)

写真左より、岩出和美(本誌編集部顧問)・生形三郎・石田善之・中島紀夫(フィディリティムサウンド)・須藤一郎


作品規定


2018年7月19日発売のMOOK「これならできる 特選スピーカーユニット マークオーディオ編」の付録であるマークオーディオ製8㎝フルレンジ・スピーカーユニットのみを使用。また、エンクロージュアの高さ・幅・奥行きそれぞれが100㎝以下、総重量30kg以下のもの。


一般部門 第1位

北山真一さん作「ひびき」

オールヒノキ材・五角形加工+カシュー塗料で箱鳴りを味方に。低音獲得を狙う外付け型ネットワークで鬼に金棒。

「工作精度が高く丹念な仕上げが美しい。信号系にも補正を施し8㎝ユニットとは思えない低域の伸びと厚みである。ユニットに鉛のデッドマスを取り付けるなど工夫をし、雑味なく滑らかな音は、特にオーケストラの弦パートが印象的。補正回路無しでもストレートな高い質感ながら、それを通すことで音楽にスケール感とダイナミズムが加わる」(石田)


一般部門 第2位

東山宗一さん作「セブルバ」

発送の原点はスターウォーズ。デザイン性と音質の両得を測るキューブ連結機。

「『スターウォーズ』の惑星タトゥイーンのレーサー「セブルバ」をイメージしたというユニークなデザインには、開放感に優れた出音の雰囲気が重畳するからじつに面白い。軽快な躍動感もハイスピードで楽しい。抜けが良いコーラスの響きの美しさや、心地よい低域の支えも印象的である」(須藤)


一般部門 第3位

塚田郁男さん作「スフィンクス」

点音源で表現される音像をバックロードホーンの低音が下支え。中に仕込んだ大谷石もミソ。

「石像をモチーフとしたユーモラスな作品。モティーフとして猫を扱うだけでなく、優れた音場形成に寄与するヘッド部分、そして、よく伸びた低域を実現する音道が格納された胴体部分など、形状が音質にも直結している点が秀逸だ」(生形)


ステレオ賞

澤 佑亮さん & 高柳祐希さん作「Hexahorn」

大工では困難な形状に3Dプリンターで挑戦! 六角形がテーマのバックロードホーン型システム。

「クラフトも時代が変わりつつある。鋸や鉋からいまや、CADや3Dプリンターである。本機もその典型。複雑なバックロードホーンをコンパクにまとめてある。そのサウンドは、BLホーンのクセを感じさせないフレッシュで、音場感溢れるもの。“鳥型”という言葉を知らない世代がつくった逸品だ」(岩出)


マークオーディオ賞

山田哲也さん作「フラゴン・オマージュ」

2次元CADから3Dプリンターまで。最新系技術で表現されたオマージュ。マークオーディオの祖に捧ぐ・・・・・・

「ジョーダン・フラゴンのデザインをみて、さてどんな音だろうと音出しすると、かなり本格的でした。その違和感こそフラゴンと共通したところか。音域を欲張ってはいませんが、何度も調整したバランスの良さが心地よい。軽すぎてケーブルに負けますが(笑)」(中島)


フィディリティムサウンド賞
作品展示&試聴会・授賞式の来場者投票による
「来場者が選ぶ№1スピーカー」
(W受賞)

尾崎 彰さん作「OJJ SOUND 2018エントリーMODEL」

治具製作、スプルース材の曲げ成形からクリアブラック塗装、鏡面仕上げまで丁寧な仕事ぶりが光る逸品。

「何よりも美しい。治具の数や膨大なプロセスなど、普通ではゴールにたどり着けないレベルの努力ですね。じつは試聴室に持ち帰ってじっくり聴きましたが、やはり材質仕上げの良さや細かい調整に起因する繊細な再生音がしっかり感じとれました。200Hz近辺の落ち込み以外はプロ以上です」(中島)


匠部門 テクニカルマスター賞

海老沢 正さん作「Cyndrome II(振動労無 Ver.2)」

自宅でクラシックが聴けるシステムを! ダブルバスレフ型本体を支える土台は、磁石の反発を利用した免震構造。

「低音感、スケール感が見事。もっともワイドレンジで豊かな低音感が得られていた。注目のポイントは、放出される低音を360度方向に拡散して豊かな低音感を得るために、音を濁したりする2k~3kHz付近の成分を吸音ボックスで処理してしまおうという考え方。システム全体を振動から回避させようという反動キャンセラーも機能している」(石田)

TOWER ACADEMY presents 音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディ」

「音楽を題材とした映画」の音楽の部分をアカデミックに解説していく講義。初回の題材はアカデミー賞4部門を受賞した「ボヘミアン・ラプソディ」。クイーンを初期、黄金期、中期~後期、そしてソロ期以降と全4回に分け、各アルバムがリリースされた時の時代背景やメンバーの音楽のルーツ、ライヴ演奏の聴きどころ等を解説。

【イベント内容】
時代背景や楽曲の成り立ち等を解説しながら演奏を聴く。音楽の友ホールの音響の良さを最大限に生かし、高品質の音源をハイスペックなオーディオで楽しむ。1stセッションの大貫氏は、QUEENを初めて体験した日本人として、その時代感や彼らのルーツ、与えた影響について解説予定。2ndセッションのフレディ・エトウ氏は特にレコーディングされた音源とライヴ・パフォーマンスでの違いに注目し解説の予定。
※講義であり、QUEENESSのライヴ公演はありません。

第1回開催日時:2019年4月6日(土)
1stセッション:13時~15時/2ndセッション17時~19時(客は入れ替え)

解説者
1stセッション:大貫憲章
2ndセッション:サンプラザ中野くん+フレディ・エトウ(QUEENESS

MC:矢口清治 (敬称略)
場所:音楽の友ホール(東京都新宿区神楽坂6-30)

チケット代 ¥3,000(税込)https://tower.ac/ より申込受付

主催:タワーレコード
協賛:(株)ロッキーインターナショナル、アキュフェーズ(株)
取材協力:月刊ステレオ

【イベント情報】2/23「第9回 自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式」開催のご案内

MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット マークオーディオ編」(音楽之友社刊)の付録マークオーディオ製8㎝フルレンジ・スピーカーユニットをレギュレーションとした、第9回目となるステレオ主催・自作スピーカーコンテスト。今回もたくさんのご応募をいただきました。ご応募いただいたすべての方に御礼申し上げます。

既に二次審査は終了しております。そして来たる2月23日(土)に一次審査を通過した全32作品が一堂に会し、さらに二次審査を通過した15作品の音出しを行います。入場は無料で、どなたでもご来場いただけます。ぜひ皆様お誘い合わせの上、東京・神楽坂の音楽の友ホールへお気軽にお越しください。

▲ 二次審査の様子。二次審査では、実際に音を出してその音質、形、独自性、手触り・・・・・・さまざまな角度から公平なる審査を行ないます。写真は左奥より、生形三郎氏、中島紀夫氏(フィディリティムサウンド)、岩出和美ステレオ編集顧問、石田善之氏、須藤一郎氏。


「第9回 自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式」

・開催日時:2019年2月23日(土)
12:30 開場
13:00 開会挨拶、ユニット紹介
13:45 二次審査通過作品試聴(第一部)
14:45 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」ご紹介
15:00 (休憩)
15:30 二次審査通過作品試聴(第二部)
16:45 総評・表彰式・閉会
※ プログラム内容は当日の状況により予告なく変更されることがあります
※ 第一次審査通過作品、協賛各社の出展は常時展示いたします
※ このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・会場:音楽之友社 音楽の友ホール 東京都新宿区神楽坂6-30

東京メトロ東西線 神楽坂駅(T05)1番出口より徒歩約1分
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅(E05)A3出口より徒歩約7分
東京メトロ東西線(T06)・有楽町線(Y13)・南北線(N10)、都営大江戸線(E06)
飯田橋駅B3出口より徒歩約11分
JR 飯田橋駅(JB16)西口より徒歩約12分

※当日の交通費はご負担ください。なお、当ホールには駐車場の用意はございません。
公共交通機関をご利用いただくか、最寄のコインパーキングをご利用ください。

・表彰内容(予定):
「匠部門」 テクニカルマスター賞
「一般部門」 第1位/第2位/第3位/他

・作品規定:2018年7月19日発売のMOOK「これならできる 特選スピーカーユニット マークオーディオ編」の付録であるマークオーディオ製8㎝フルレンジ・スピーカーユニットのみを使用。また、エンクロージュアの高さ・幅・奥行きそれぞれが100㎝以下、総重量30kg以下のもの。

・コンテスト募集部門:

「匠部門」

対象:2003~08年「本誌主催・自作スピーカーコンテスト」、2010~13年「本誌付録ユニットによる自作スピーカーコンテスト」において受賞歴がある方の作品。および2014~17年「自作スピーカーコンテスト・一般部門」において第1位を受賞した方の作品

「一般部門」

対象:前述の「匠部門」の対象に該当しない方の作品
※前述の2つのコンテストで受賞時に中学生以下だった方の作品も「一般部門」の対象

・審査員(敬称略):石田善之、須藤一郎、生形三郎、中島紀夫(フィデリティムサウンド

・協賛:池田工業株式会社共立電子産業株式会社、株式会社フィディリティムサウンド吉本キャビネット株式会社(BearHorn)


▲ 前回の作品展示会・授賞式の様子


本誌筆者自作のスピーカー群を、当日授賞式会場で一挙放出!

月刊ステレオやONTOMO MOOKの企画内で筆者により製作された数々の自作スピーカーを、無料で一挙放出します。丁寧につくられた筆者のハンドメイド・スピーカーは、そのままメインスピーカーとして使うも良し、どんどんカスタマイズして自分の色に染め直すも良し! 放出品の引き取りには条件がありますので、下記の事項を必ずご確認ください(詳しい説明は当日にも行います)。

・当日の持ち帰りが可能な方、もしくは、後日 音楽之友社 まで直接引き取りに来ることができる方のみを対象とさせていただきます。
・輸送対応(着払い等の配送)はいたしません。
・スピーカーユニットのみを外しての持ち帰りはご遠慮願います。
・放出品の引き渡しは、イベント内の休憩時間中(15:00~15:30ごろ)に行ないます。
・ひとつの放出品に引き取り希望者が重複した場合は、畏れ入りますが抽選で引き渡し先を決定いたします。

【イベント情報】2/16・17「ヨドバシカメラ×PIONEER BonnesNotes 共催イベント2019」(ヨドバシ梅田)

空いているUSBポートに挿すだけで解像度と音場感をアップさせるUSBノイズクリーナー「Bonnes Notes DRESSING」。今回は、DRESSING 「APS-DR008」販売開始記念として開発者の解説に加えて、オーディオライター炭山アキラ氏を招いて高級リファレンス機から自作スピーカーまで、さまざまな機器に使用できる当製品の魅力を語り尽くします!

当日は、DRESSINGの話だけにとどまらず、関連機器や、間もなく発売開始となる Stereo編 ONTOMO MOOK 「これで決まる! 本物の低音力」の特別付録『フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー(バスチャンデバ)』についても語っていただく予定です。

 

「ヨドバシカメラ×PIONEER BonnesNotes 共催イベント2019」

■ 時間:
2019年2月16日(土)
【1】12:00-13:00 【2】14:00-15:00 【3】16:00-17:00
2019年2月17日(日)
【1】12:00-13:00 【2】14:00-15:00 【3】16:00-17:00
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

■ 講師:炭山アキラ先生
■ 協賛:共立電子産業 / 音楽之友社Stereo

■ 会場:ヨドバシカメラ マルチメディア梅田3Fオーディオコーナー
(アクセス)〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1-1
JR大阪駅・阪急梅田駅と地下直結

【イベント情報】2/16「オントモムック新刊に付属されるBASS Channel Dividerのお披露目」(コイズミ無線)

Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる!本物の低音力」の2月19日(火)発売に先駆け、来たる2月16日(日)に 特別付録『フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー(バスチャンデバ) 』の お披露目を行います。 ムック本誌に掲載のスピーカーシステムとサブウーハーの他、新製品FE168NSも使用し、 バスチャンデバの活用方法を詳しく解説いたします。

登場作品
  • BASS Channel Divider (バスチャンデバ)
  • SW108HS(FW108HS密閉サブウーハー作例)
  • P1000SW(P1000を使用したサブウーハー作例)
  • FW168HS+BK165WB2の組み合わせ
  • PM-SUB8
  • FE168NS+BK165WB2の組み合わせ
  • 2018年オントモムック付録スピーカー(OM-MF5+エンクロージュアキット)

※本イベントはコイズミ無線主催のイベントです。お問い合わせは下記までお願いします。

「オントモムック新刊に付属されるBASS Channel Dividerのお披露目」

■ 開催日時:2019年2月16日(土) 13:00~15:00
■ 会場:コイズミ無線 本店((東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
■ 講師:佐藤 勇治 氏 (ワイエス クラフト)
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

【イベント情報】2/16・17「AUDIO FESTA in NAGOYA 2019」(名古屋国際会議場)

東海地区最大規模のオーディオ&ビジュアルのイベント
オーディオフェスタ・イン・ナゴヤが今年も開催されます。
期間は2月16日(土)〜 17日(日)の2日間、場所は名古屋国際会議場

今回より新たにMcIntoshを扱う株式会社エレクトリを加え、
国内オーディオメーカー、海外輸入機器オーディオメーカーの最高級機器が
一同に集結する催事として、皆様の期待を担っております。

次世代オーディオの世界を垣間見る絶好の機会であり、
オーディオファンへの最新最高の情報を提供。
さらに高音質CDや貴重なアナログレコードの販売コーナーもございます。

入場は無料、皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

■日程:2019年 2月16日(土)〜 17日(日)
■会場:名古屋国際会議場 2号館(1F~3F)
〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番1号
(アクセス)
地下鉄名港線「日比野」駅、または名城線「西高蔵」駅より徒歩5分
名古屋駅よりタクシー約20分、栄よりタクシー約15分
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

【イベント情報】1/25・26 TOKYO AUDIO BASE 2019

 

「オーディオで音楽を愉しむ、オトナの秘密基地」こと TOKYO AUDIO BASE が、来年も東京にて行なわれます。次回のAUDIO BASEは金・土曜日主催なので、仕事帰りに是非足を運んでみてください。自分だけの趣味に没頭する秘密基地を探しに、出かけてみませんか?

【イベント名称】

TOKYO AUDIO BASE 2019

【開催日時】
・2019年1月25日(金)14:00~20:00
・2019年1月26日(土)10:00~17:00
※ このイベントは成功裏に終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

【入場料等】
無料でどなたでも入場可能ですが、ホテルセキュリティ保護のためエントリー登録が必要です。

【会場】
ホテルマイステイズ御茶ノ水
2階Hall C (受付及び物販ブース)、3階会議室フロア(会議室1を除く全室)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目10−6

【アクセス】
・JR「秋葉原」駅下車電気街口より徒歩6分
・JR「御茶ノ水」駅下車聖橋口より徒歩5分
・地下鉄丸ノ内線「淡路町」駅A3出口より徒歩3分
・地下鉄都営新宿線「小川町」駅A3出口より徒歩3分
・地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅B2出口より徒歩5分
※公共交通機関をご利用いただくか、最寄のコインパーキングをご利用ください。
※音楽之友社の出展予定はありませんが、TOKYO AUDIO BASE 2019に協賛しています。


マークオーディオグループ フィディリティムサウンド 出展決定!

マークオーディオの創始者 Mr.マークフェンロン が来日し、新開発の本格的シングルサスペンションスピーカーAlpair7MS、Alpair11MSの試聴と開発内容の紹介をします。

また、限定新製品NC11(MAOP_11)の試聴、Tozzi 1/2とAlpair12PW3Dウーハーでの試聴、高級無垢材の性質とその音の違いを同一設計のモデルで比較試聴など企画しています。 掘り出し物のお年玉を用意してみなさまのご来場をお待ちしております。

【2F/HALL B】

【イベント情報】12/22・23・24 共立電子オーディオイベント 2018冬

第4回を迎える Stereo×パイオニア×共立電子 共同イベント「3社共催クラフトオーディオイベント 2018冬」、今年を締めくくる内容盛りだくさんの大型オーディオイベントとして開催日時が決定しました! 年の瀬の忙しい時期ではございますが、是非みなさまお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。


第4回 Stereo×パイオニア×共立電子 3社共催クラフトオーディオイベント 2018冬

・開催場所:大阪・日本橋 シリコンハウス3F(ものづくり工作室)
・開催日時:2018年12月22日(土)~12月24日(祝)11:00~17:00 【※12/24(祝)のみ15:00まで】
・入場料:入場・特別試聴会ともに無料(どなたでも入場いただけます)

・特別試聴会(約90分)
第1回 11:00~
第2回 13:30~
第3回 15:30~【※12/22(土)・12/23(日)のみ】

※「中の人」として、炭山アキラ先生、パイオニア社エンジニア、ステレオ誌編集者が参加予定です
※ イベント内容、参加者は都合により当日変更となることがあります
※ このイベントは成功裏に終了いたしました。歳末のお忙しい中、たくさんのご来場ありがとうございました。


炭山アキラ先生設計作品を展示・試聴!

・炭山アキラ先生設計・監修
鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル「チュウサギ」(KP-BSP009)
 http://eleshop.jp/shop/g/g402652/

・炭山アキラ先生設計・監修
鳥形マトリクス バックロードホーン「イソシギ」(BSP010)

・炭山アキラ先生設計・監修
鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル「コサギ」 (KP-BSP003)
http://eleshop.jp/shop/g/g402615/


話題の新商品もズラリ!

・「技術には、その上がある」パイオニア USBサウンドクオリティアップグレーダー
BonnesNotes DRESSING APS-DR008
http://eleshop.jp/shop/g/gIAI311/

・「原点に帰り、原点を超えた」 共立電子産業オリジナル パイオニア製
BonnesNotes「10cmDVC(ダブルボイスコイル)スピーカ:DVC-1000」
 http://eleshop.jp/shop/g/gI5P311/

・DVC-1000専用キャビネット BonnesNotes
KP-BSP006:「【raison d’être】BR」ダウンファイヤ型Bi-Directionalポート搭載バスレフ
http://eleshop.jp/shop/g/g402631/

・マトリクススピーカーエンクロージャーキット レゾンデートルMX
KP-BSP007:「【raison d’être】MX」
http://eleshop.jp/shop/g/g402632/

【イベント情報】12/21・24 Fostexショールームイベントのお知らせ

Fostex 6.5″ 2way Project Phase 7

「ロクハン」2ウェイの開発プロセスを公開するプロジェクトの第7回。

Fostexショールームでは12月21日(金)、6.5″ 2ウェイ モデルの開発プロセスを公開する【Fostex 6.5″ 2way Project】の7回目のイベントを開催します。このプロジェクトは1年間かけて開発する2way スピーカーの開発プロセスを定期的に公開し、製品のコンセプトや技術的アプローチについて弊社エンジニアが解説していくものです。

第7回のテーマも引き続き「ネットワーク」です。前回は1次(6dB/oct)のネットワークを中心に様々なパターンの試聴と検証を行いました。今回は2次(12dB/oct)のネットワークを中心に試聴と検証を行います。

常連の方々のみならず、初めて参加される方もお待ちしております。

※開発プロセスの進捗よって内容は変更となることがあります

【 Fostex 6.5″ 2way Project Phase 7 

●日時 : 2018年12月21日(金) 18:00〜20:30
●場所 : 東京都世田谷区玉川3-9-3 Stream Tamagawa 1FA
Fostexショールーム Anfelit (TEL : 03-6672-1124)

ご予約・お問い合わせ : Fostexショールーム Anfelit(03-6672-1124 / 11:00〜19:30 水曜定休)
ウェブサイトからのご予約はこちらからお願いします。
※当イベントについてはショールームまで直接お問い合わせ下さい。


T96A-RE とバックロードを組み合わせる

ホーンツィーター T96A-RE の様々な使い方をご紹介。

Fostexショールームでは12月24日(祝・月)、新登場のホーンツィーター T96A-RE と様々なバックロード・ホーンを組み合わせる試聴会を開催します。

同じく新登場の FE168NS を使用したバックロード・ホーンや、FE108-Sol 搭載の D101-S(スーパースワン)との組み合わせも試聴/検証します。

バックロード・ホーンと組み合わせた時の T96A-RE のパフォーマンスを是非ご体験ください。

【 T96A-RE とバックロードを組み合わせる 

●日時 : 2018年12月24日(月・祝) 14:00〜15:30
●場所 : 東京都世田谷区玉川3-9-3 Stream Tamagawa 1FA
Fostexショールーム Anfelit (TEL : 03-6672-1124)

ご予約・お問い合わせ : Fostexショールーム Anfelit(03-6672-1124 / 11:00〜19:30 水曜定休)
ウェブサイトからのご予約はこちらからお願いします。
※当イベントについてはショールームまで直接お問い合わせ下さい。

【イベント情報】12/15 「新登場の16cmフルレンジFE168NSとホーンスーパーツィーターT96A-REを聴く」

12月からレギュラー機種として販売が始まる16cmフルレンジFE168NS と、 数量限定で販売されるホーンスーパーツィーターT96A-RE について、その音と性能を探ってみましょう。 FE168NSのエンクロージュアはバスレフ型とバックロードホーンの両方で、 T96A-REの方はバックロードホーンに上乗せしてお聴き頂きます。

試聴機
  • FE168NS+バックロードホーン形エンクロージュア(取扱説明書掲載の作例を使用)
  • FE168NS+バスレフ型エンクロージュア(BK165WB2を使用)
開催
  • 於 :コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
  • 日時:2018年12月15日(土) 13:00~15:00
  • 講師:浅生 昉 氏

※このイベントはコイズミ無線主催のイベントです。詳細は下記へお問い合わせください。
コイズミ無線 本店 http://www.koizumi-musen.com/index.php