「第8回 自作スピーカーコンテスト」第二次審査レポート

来たる12月16日(土)に行なわれる「第8回 自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式」を前に、先月行われた第一次書類審査を通過した作品を、実際に音を鳴らして評価する第二次審査が音楽之友社視聴室にて行われました。


審査員は、石田善之氏


須藤一郎氏


小澤隆久氏


佐藤勇治氏(ワイエスフラフト )


野原光久氏(パイオニア サウンドビジネス担当部長)

といった錚々たる5名により審査されました。

「音」のみならず、ときには近くに寄って「よく出来てるなあ」「これはどうなっているんだ?」などと話しながら、その形状、仕組み、肌触りに至るまであらゆる方向から作品を評価。


作者に敬意を表しつつ、作品と向かい合う姿は真剣そのもの。


さあ、今年はどのような結果となるか…!? 「第8回 自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式」は、12月16日(土)です!

■ 第8回 自作スピーカーコンテスト 作品展示&試聴会・授賞式開催のお知らせ

・表彰内容(予定)
1.「匠部門」:テクニカルマスター賞 他
2 .「一般部門」:第1位、第2位、第3位 他
3. 「シンプルワーク部門」:第1位、第2位、第3位 他

・会場:音楽之友社本社内 音楽の友ホール 〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
・日時:2017年12月16日(土) 12:00~18:00(予定)
※当初12:30からとお知らせしておりましたが、都合により12:00からに変更となりました。
・アクセス:東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩約1分、都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩約7分、各線飯田橋駅より徒歩約12分
※駐車場はございませんので、ご来場には公共交通機関をご利用ください。
・入場:無料(どなたでもご来場いただけます。作品を応募されていない方でもお気軽にどうぞ!)

「信州ハイエンド オーディオ&ビジュアル フェア」のお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

毎年恒例、冬の展示即売会が今年も開催されます。

国内外協賛有名ブランド出展55社以上を集め、この冬の話題の新製品や注目商品・人気モデル等を展示即売する本イベント。当日は、会場内の別室にて出展オーディオーメーカーによる時間別試聴会を行います。

また、会場内特別ルームではホームシアターの展示4Kプロジェクターの視聴が可能。また、話題の有機ELディスプレイや8K液晶ディスプレイの映像をご覧頂くことが可能です。最近なにかと話題のアナログレコードソフトの販売、CDソフト・アクセサリーなどの販売も予定されています。

お近くにお立ち寄りの際には、是非足をお運びください!


■信州ハイエンド オーディオ&ビジュアル フェア

・開催日時:2017年12月2日(土) 10:00~18:30 / 2017年12月3日(日) 10:00~17:00
・入場:無料
・主催:ロイヤルオーディオ TEL:0263-35-2219
・会場:松本めいてつショーホール
〒390-0837 長野県松本市鎌田2丁目8-10

【詳細続報】手づくりオーディオの祭典「ハイレゾパーク with 8cmクラブミーティング」

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

雑誌、楽譜、書籍の出版社「音楽之友社」と、オーディオおよびビジュアルに関連する趣味の専
門誌出版社「ステレオサウンド」は、来たる12月1日(金)、2日(土)の二日間にわたり、東京・
神田神保町の大型総合書店「書泉グランデ」7階ホールにて、手づくりオーディオの祭典「ハイレ
ゾパーク with 8cmクラブ ミーティング」を開催いたします。

今回のイベントではこれら雑誌の付録を用い、いい音を実現するためのノウハウ提供とさまざまな実例の展示、各種パーツ類の販売が実施される予定です。また、新しい音楽ソフトの規格MQA方式によるハイレゾ音源を体験しよう」というテーマを設定、さらに良い音で音楽をお聴きいただくこと
ができるよう工夫しています。

また、出展社ごとにテーブルを設置し、オーディオ関連機器の試聴、解説を実施。いい音を手軽に楽し
むために何を揃え、どう使えばいいのか、そして本格的な発展のさせ方を理解し、実践できるよう
来場者のみなさまをリードします。

音楽之友社としては、前回の「 8cmクラブミーティング」に続き、オントモ・ヴィレッジブースを設置。様々なグッズを取り揃えてお待ちしております。話題の「サウンド・ドキュメント 日本の自衛隊」復刻版(2枚組)/「富士総合火力演習」点検射(45回転)【アナログセット(LP)】」も販売します。しかも、書泉グランデさんのレジを通すこともあり、今回はカード支払いが可能

特別プログラムでは、『コサギ』と『スーパースワン』の試聴のほか、

12月1日(金)17:00よりパイオニア 野尻和彦氏を迎えてサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING(ドレッシング)」最新機種の紹介と、ダウンファイア型Bi-Directionalポート・エンクロージュア「BSP000」の試聴、12月2日(土)14:30よりVintageJoin代表キヨトマモル氏を迎えて「パッシブラジエーター型エンクロージュア・キット」の解説と試聴、を行います。「仕上げないエンクロージャーは意味がない」と語るキヨト氏が、本ブログでも紹介している試作キットを仕上げて持ってきてくれる予定ですので、どうぞご期待ください。

また、フォステクスからのデモンストレーションとして、「8cmスピーカーの低音拡張テクニックとサブウーファーのうまい使い方」と題し、小口径スピーカーの特徴を活かしながら、弱点である低域方向のレンジをいかに伸ばすかをテーマに解説していただきます。まずは小口径ならではの長所を感じていただき、一方で、どうしても不足する部分を認識していただきます。その上で、フォステクスの小型サブウーハー PM-SUBmini2 を用いて不足する部分を補います。特に自作ファンには抵抗感のあるアクティブ・サブウーハーですが、上手に使うことでとフルレンジの良さ、小口径の良さを損なうことなく「質の高い」低音再生が可能になります。どのようにセッティングし、カットオフやボリュームをどのようにするのか… などショールームの試聴会でも好評のプログラムから特に参加者の反応が良かった内容を抽出するとのことで、日ごろ低音やサブウーファーの使い方で悩んでいらっしゃる方には耳より情報が得られるかもしれません。

■ 今回のイベントではこんなことをやります!

・ 各雑誌付録の基本的な使い方、作り方の説明、ガイダンス
・ 雑誌付録を活かすための周辺機器、オプション製品の展示とご案内(販売)
・ 今、大きな話題を集めている、小型PCラズベリーパイの始め方講座
・ フェイスブックグループ「8cmクラブ 懇談」
・ 会場限定 お買い得商品の特別販売

<特別プログラム>

■2017年12月1日(金)
・【第一回】15:30~16:30
「音質は? 再生方法は? どんな曲が揃う? そろそろMQAが気になってきた?」
講師:ハイレス・ミュージック 鈴木秀一郎氏

・【第二回】17:00~18:00
「パイオニアから登場した新製品紹介 &『コサギ』と『スーパースワン』の聴き比べ」
特別ゲスト:パイオニア 野尻和彦氏

・【第三回】18:30~19:30
「8cmスピーカーの低音拡張テクニックとサブウーファーのうまい使い方」
講師:フォステククスカンパニー 乙訓氏/フォステククスショールーム 荒谷氏

■2017年12月2日(土)
・【第一回】13:00~14:00
「音質は? 再生方法は? どんな曲が揃う? そろそろMQAが気になってきた?」
講師:ハイレス・ミュージック 鈴木秀一郎氏

・【第二回】14:30~15:30
「オントモ・ヴィレッジ新製品紹介 &『コサギ』と『スーパースワン』の聴き比べ」
特別ゲスト:VintageJoin キヨトマモル氏

・【第三回】16:30~17:00
「8cmスピーカーの低音拡張テクニックとサブウーファーのうまい使い方」
講師:フォステククスカンパニー 乙訓氏/フォステククスショールーム 荒谷氏

■ 出展予定(2017年11月27日現在)

・Meridian ハイレスミュージック 株式会社
・フォステクス フォステクスカンパニー
・N2 Factory 株式会社 N2 Factory
・emerge+ 株式会社 あおごち
・Olasonic 株式会社 インターアクション
・エス・アイ・エイ 有限会社 エス・アイ・エイ
・株式会社 伊藤屋国際
・株式会社 プラストワーク
・e-onkyo music
・ラズパイオーディオの会
・Stereo 株式会社 音楽之友社
・DigiFi 株式会社 ステレオサウンドDigiFi 株式会社 ステレオサウンド

■ ハイレゾパーク with 8cmクラブ ミーティング

・開催日時: 12月1日(金) 11:00~20:00 / 12月2日(土) 11:00~18:00
・入場料:無料(入退場自由)
・主催:ハイレゾパーク実行委員会 電話03-5412-7887
・会場 神田神保町 書泉グランデ 7F イベントホール 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-2
・アクセス:都営地下鉄三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩約1分
※神保町駅A7出口を出ていただき、靖国通りを秋葉原方面に進み、1分ほどで右手に見えます。
※専用駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用いただくか、有料駐車場をご利用ください。
https://www.shosen.co.jp

■ 8cmクラブとは…

8cmクラブは「いじれるオーディオ、遊べるオーディオ」をコンセプトに誕生した、フェイスブックの新しいグループです。「8cm」といっても、異なるサイズのユニットを排除するとか、スピーカーに限定するというものではありません。「いじれるオーディオ、遊べるオーディオ」が実現するのであれば、どんなことでも投稿可能。「8cm」は、一つの象徴としての表現です。

「8cmクラブ」への参加に特別な資格はありません。所有しているオーディオ機器に関する制限や条件もありません。好きな音楽をいい音で聴きたい、その情熱だけあればOKです。メーカー、輸入商社、出版社、編集者の方々などの商業利用にも制限は設けていません。誰でも参加できます。イベントの告知や、商品の販売促進などにお使いいただいて構いません。

本格オーディオへの入口となる、情報交換とコミュニケーションの場。それが、この「8cmクラブ」です。

フェイスブックをされていない方でも「8cmクラブ」のグループページを閲覧することは可能です。【+グループに参加】というボタンを押して管理人から承認が得られ次第、書き込みや投稿が可能になります。自慢の自作スピーカーをここで公開してみませんか !?

【フェイスブックページはこちら】https://www.facebook.com/groups/8cm.club/

太鼓の原理で鳴らす!「パッシブラジエーター型エンクロージュア・キット」予約受付中!

太鼓の原理で鳴らす!素材の交換もできる「パッシブラジエーター型エンクロージュア・キット」の予約を開始しています。

「Stereo」で連載中の記事『craft vintage(クラフト・ヴィンテージ)』より、キヨトマモルさんによる設計のこのキットは、バスレフのような低域でのピーク、そしてピーク下の急激な下がりもないので、自然な音場感、スケール感があります。

『craft vintage』の記事でさまざまな素材を組み合わせて実験をした結果、パッシブラジエーターには「ゴムエッジ+マホガニー天然木シール+バックボード紙」という組み合せが良好であったため、これらの素材を付属。

セッティングの際に壁との距離を調整しやすいように薄型のデザインとなっており、製作した後のチューニングや、吸音材の出し入れ、パッシブラジエーターの変更、改良のしやすさを考慮したリアバッフル取り外し式です。しかも交換用リアバッフルも同梱されているため、自分で試してみたい素材を用意して比較試聴を楽しむことができます。

吸音材は、設計者のキヨトマモル氏が秘蔵している貴重なヴィンテージ品。手触りもよく、音を吸いすぎず調整しやすい1970年代の日本製です。

■ 商品名:パッシブラジエーター型エンクロージュア・キット(OMP-600対応)
■ 販売価格:9,000円(税込9,720円)
■ 発送時期:12月上旬頃予定

■ スペック
・MDF9mm カット一式 10枚×2台
・サイズ: W166×H215×D112㎜(端子含まず)

■付属品
・ターミナル:2個
・スピーカー配線コード:270mm赤2本(各1本)
・スピーカー配線コード:270mm黒2本(各1本)
・ターミナル用止めネジ:計4本
・バッフル交換用止めネジ:計8本
・ゴムエッジ:4個
・マホガニー天然木シール:1枚
・バックボード紙 1mm厚:1枚
・吸音材(ヴィンテージ):2枚

■ 適合ユニット
・ OMP-600 (バッフル開口寸法 φ58mm)
※ Stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」特別付録「パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット」
 別売りです。本商品には付属しておりませんので、ご注意ください。

>>ご予約はこちら(「オントモ・ヴィレッジ」オンライン・ショップ)


↑ 製作した後のチューニングや、吸音材の出し入れ、パッシブラジエーターの変更、改良のしやすさを考慮したリアバッフル取り外し式。


↑ パッシブラジエーター部分に使用する「ゴムエッジ+マホガニー天然木シール+バックボード紙」が付属します。


吸音材は、設計者のキヨトマモル氏秘蔵のヴィンテージ品。手触りもよく、音を吸いすぎず調整しやすい1970年代の日本製。


「パッシブラジエーター型エンクロージュア・キット」試聴会のお知らせ!

来たる12月2日(土)の「ハイレゾパーク with 8cmクラブ ミーティング」にて、設計者であるキヨトマモル氏を講師にお招きし、解説を交えながらこのエンクロージュア・キットを実際に鳴らします

■ 「ハイレゾパーク with 8cmクラブ ミーティング」

・開催日時: 2017年12月2日(土)14:30~ 「オントモ・ヴィレッジ」特別プログラム内
※キヨト氏が登壇し、このキットを鳴らすのは上記の12月2日(土)の14:30のみです
※イベント自体は12月1日(金) 11:00~20:00 / 12月2日(土) 11:00~18:00 開催しています

・入場料:無料(入退場自由)
・主催:ハイレゾパーク実行委員会 電話03-5412-7887
・会場 神田神保町 書泉グランデ 7F イベントホール 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-2
https://www.shosen.co.jp

・アクセス:都営地下鉄三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩約1分
※神保町駅A7出口を出ていただき、靖国通りを秋葉原方面に進み、1分ほどで右手に見えます。
※専用駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用いただくか、近隣の駐車場をご利用ください。

執筆者によるスピーカー競作イベントのお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

「Stereo」2017年10月号で紹介された「<特別企画> サブロク1枚で対決!~本誌筆者によるスピーカー競作2017」より、浅生 昉氏作「AS1082HSD」と、佐藤勇治氏作「Shuttle88」の試聴会を行います。

それぞれのこだわりと制作秘話なども聞けるこの機会、皆様のご来場をお待ちしております!

■ 試聴作品
・浅生作品「AS1082HSD」:トールボーイ形バスレフシステム(FW108HS×2+FT28D)を使用
・佐藤作品「Shuttle88」:8cmフルレンジ+16cmサブウーファーの2段重ねタイプ(FE88-Sol+FW168HS)を使用

「STEREO誌 執筆者によるスピーカー競作(1)」
・日時:2017年11月25日(土) 13:00~15:00
・講師:浅生 昉 氏 / 佐藤 勇治 氏
・入場:無料、入退場自由
・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階)
・アクセス:JR「秋葉原」駅より徒歩約6分、東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩約2分
※専用の駐車場はございませんので、公共交通機関または有料駐車場をご利用ください。

手づくりオーディオの祭典「ハイレゾパーク with 8cmクラブミーティング」次回イベントは12月!

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

雑誌、楽譜、書籍の出版社「音楽之友社」と、オーディオおよびビジュアルに関連する趣味の専
門誌出版社「ステレオサウンド」は、来たる12月1日(金)、2日(土)の二日間にわたり、東京・
神田神保町の大型総合書店「書泉グランデ」7階ホールにて、手づくりオーディオの祭典「ハイレ
ゾパーク with 8cmクラブ ミーティング」を開催いたします。

両出版社は、ともに雑誌の付録として、ハイレベルなスピーカーユニット、高音質なオーディオ基板を読者に提供しており、それらを組み合せれば少ない予算で本格的なオーディオシステムを組み上げることができると、アニソンをよく聴く若年層から、かつて趣味としてオーディオに熱中した中高年層まで、近年、高い支持を集めています。

今回のイベントでは、これら雑誌の付録を用いていい音を実現するためのノウハウ提供と、さまざまな実例の展示、各種パーツ類の販売が実施される予定です。また、新しい音楽ソフトの規格MQA方式によるハイレゾ音源を体験しよう」というテーマを設定、さらに良い音で音楽をお聴きいただくこと
ができるよう工夫しています。

音楽之友社とステレオサウンドは、趣味のオーディオの世界を広げるべく、これからも積極的に活動してまいります。

■ 今回のイベントではこんなことをやります!

・ 各雑誌付録の基本的な使い方、作り方の説明、ガイダンス
・ 雑誌付録を活かすための周辺機器、オプション製品の展示とご案内(販売)
・ これら雑誌付録を組み合わせたオーディオセットを使った試聴プログラム(約60分×2/日)
・ 今、大きな話題を集めている、小型PCラズベリーパイの始め方講座
・ オーディオ機器メーカーによる製品デモンストレーション(試聴プログラム、約60分×2/日)
・ フェイスブックグループ「8cmクラブ 懇談」
・ 会場限定 お買い得商品の特別販売
・ 出展社ごとにテーブルを設置し、オーディオ関連機器の試聴、解説を実施。いい音を手軽に楽し
むために何を揃え、どう使えばいいのか、そして本格的な発展のさせ方を理解し、実践できるよう
来場者のみなさまをリードします。

■ ハイレゾパーク with 8cmクラブ ミーティング

・開催日時: 12月1日(金) 11:00~20:00 / 12月2日(土) 11:00~18:00
・入場料:無料(入退場自由)
・主催:ハイレゾパーク実行委員会 電話03-5412-7887
・会場 神田神保町 書泉グランデ 7F イベントホール 
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-2
https://www.shosen.co.jp

・アクセス:都営地下鉄三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩約1分
※神保町駅A7出口を出ていただき、靖国通りを秋葉原方面に進み、1分ほどで右手に見えます。
※専用駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用いただくか、近隣の駐車場をご利用ください。

■ 出展予定(2017年11月2日現在)

Meridian ハイレスミュージック
フォステクス フォステクスカンパニー
N2 Factory 株式会社N2 Factory
emerge+ 株式会社あおごち
Olasonic 株式会社インターアクション
Stereo 株式会社音楽之友社
DigiFi 株式会社 ステレオサウンド

■ 8cmクラブとは…

8cmクラブは「いじれるオーディオ、遊べるオーディオ」をコンセプトに誕生した、フェイスブックの新しいグループです。「8cm」といっても、異なるサイズのユニットを排除するとか、スピーカーに限定するというものではありません。「いじれるオーディオ、遊べるオーディオ」が実現するのであれば、どんなことでも投稿可能。「8cm」は、一つの象徴としての表現です。

「8cmクラブ」への参加に特別な資格はありません。所有しているオーディオ機器に関する制限や条件もありません。好きな音楽をいい音で聴きたい、その情熱だけあればOKです。メーカー、輸入商社、出版社、編集者の方々などの商業利用にも制限は設けていません。誰でも参加できます。イベントの告知や、商品の販売促進などにお使いいただいて構いません。

本格オーディオへの入口となる、情報交換とコミュニケーションの場。それが、この「8cmクラブ」です。

フェイスブックをされていない方でも「8cmクラブ」のグループページを閲覧することは可能です。【+グループに参加】というボタンを押して管理人から承認が得られ次第、書き込みや投稿が可能になります。自慢の自作スピーカーをここで公開してみませんか !?

【フェイスブックページはこちら】https://www.facebook.com/groups/8cm.club/

最高の音を♪大阪に。「大阪ハイエンドオーディオショウ 2017」のお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

ハイエンドオーディオコンポーネント・アクセサー製品を取り扱っているメーカー、商社の有志により、11月10日(金)~12(日)の3日間、「大阪・ハートンホテル心斎橋 本館/別館」で、第27回「大阪ハイエンドオーディオショウ 2017が開催されます。

本年度は新規に株式会社エミライ、OPPO Digital Japanが加わり24社の参加となっており、各ブースとも個性的で魅力ある最新の製品を一堂に展示、紹介、デモンストレーションを展開します。

関西エリアのオーディオファンの方々には、ハイエンドコンポーネント・アクセサリー製品に、より身近に接し、造形、技術、サウンドを体験する絶好の機会! 入場無料なので、ぜひお立ち寄りください。

■ 大阪ハイエンドオーディオショウ 2017
・日時:2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日)
・開催時間:10:30~19:00 ※最終日は17:00終了
・会場:ハートンホテル心斎橋 本館・別館
・主催:大阪ハイエンドオーディオショウ実行委員会
・協賛:各オーディオ・音楽専門誌
・協力:関西エリア有力オーディオ店
・入場無料

※公演/セミナースケジュール等の詳細はこちら
・公式ホームページ:http://ohas.info/

ブラックウォールナットの総無垢材を使用したスピーカー内蔵型オーディオボードを聴きに来ませんか!?

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

東京・ 神楽坂で開催される「神楽坂まち飛びフェスタ2017~伝統とモダンが交差する、まちの文化祭~」にて、家具工房アクロージュファニチャーと、音楽之友社がコラボレーションした試聴イベントが開催されます。

試聴には、ブラックウォールナットの総無垢材を使用したスピーカー内蔵型オーディオボードを用意。ユニットにはフォステクスの120mmコーン型フルレンジを搭載しています。ここにテクニクス往年のレコードプレーヤー「SP-10MK3」などを組み合わせ、各種音源を試聴できます。CDやLP盤の持込みも歓迎! 落ち着いた雰囲気の中で、最高のオーディオから流れる無垢の音の調べを楽しみませんか!? 興味のある方は是非愛聴盤を携えて足をお運びください!

このスピーカー内蔵型オーディオボードについて、設計者であり工房アクロージュファニチャー代表でもある岸邦明氏は下記のように特長を挙げています。

1.高級材であるブラックウォールナットを贅沢に使用した総無垢のオーディオボードスピーカー
(以前、Stereoとの試聴テストにてジャズ系に特に良いという印象のある材を使用)

2.家具として、インテリアとして、美しいと思えるかたち
(一体型のように見えますが、スピーカーは離せます。少し曲面にしてあり、優雅さと内向きに音が出るように工夫しています)

3.狭いマンションのリビング(自宅)で小音量でも、低音や響きが感じられるスピーカーを目指し設計
(ユニットに対し大きな箱・ホーンを外に向けるなど)

4.無垢の木の響きを活かし、楽器のようなスピーカーになることを目指しました
(ホーン式のバスレフ・内部は球状)

5.無垢の木の響きをころさないよう、吸音材を一切入れず、気持ちよく響かせています
(音源をそのまま再生することよりも、楽器のように響かせることを考えています)

6.小型の1Wayを採用し、ハイファイではありませんが、子供にも聴き易い、クリアで優しい音作りを目指しました

当日は先述の、巨大な銘木ブラックウォールナット無垢材で制作したLPBOXを装着したテクニクス「SP-10MK3」のほか、エルプ社のレーザーターンテーブル(レーザーでLPを読み取るため音源にとても忠実です)、石田善之氏が監修し、工房で制作したブラックウォールナット無垢材使用のスピーカー「Ishida model」無垢材オーディオボードも展示して、試聴も可能です。

岸邦明氏は、10代の頃に秋葉原を回りオーディオを楽しんでいたというオーディオ青年だったとのこと。これまで木工職人としてお客様のオーダースピーカーを製作してきましたが、いつかは自分も作ってみたいと思っていたところに、工房が音楽之友社と同じ神楽坂にあったという縁がきっかけで、今年の数々のヒット作を生みだすこととなりました。

昨今のオーディオの世界における無垢材ブームの火付け役となった工房。無垢の良さがどのように音に反映されるのか、また、無垢材がどのように加工されているのか、実際に自分の目と耳で確かめることができる貴重な機会をお見逃しなく!

【イベントの概要】

・会場:東京都新宿区築地町6番地 北星ビル2F 家具工房アクロージュファニチャー
・日時:2017年10月29日(日)~11月3日(祝・金)の各日16:00~19:00
・アクセス:東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩約4分/有楽町線 江戸川橋駅より徒歩約5分/各線 飯田橋駅より徒歩約13分
※専用の駐車場はございませんので、ご来場には公共交通機関をご利用ください。
・入場:無料

秋葉原 コイズミ無線に 浅生昉氏設計「ASB2081Sol」来たる!

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

20cmフルレンジのウルトラスーパーモデルFE208-Sol(フォステクス製)」を使用するバックロードホーン「ASB2081Sol」の試聴会が、秋葉原コイズミ無線 本店で行なわれます!

当日は、「Stereo」11月号に掲載された浅生氏の「ASB2081Sol」のほか、フォステクスカンパニーが販売したバックロードホーン型スピーカーボックス 「BK208-Solの試聴を予定しており、しかもそのそれぞれに限定発売ユニット「FE208-Sol」を取り付けて試聴。 いずれにもT90A-Super(フォステクス製 ホーンスーパートゥイーター)」を追加します。

最新強力フルレンジ・ユニットの迫力をお楽しみいただけたらと思います。是非足をお運びください!

コイズミ無線試聴会FE208-Solを聴く(Ⅲ)

・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
・日時:2017年10月28日(土) 13:00~15:00
・講師:浅生 昉 氏
・参加費:無料

■ 紹介システム

・ASB2081Sol バックロードホーンシステム
・BK208-Sol バックロードホーン型スピーカーボックス

「女性も欲しくなるかわいいオーディオ」 INTERIOR AUDIO & CAFE のお知らせ

女性だって、オーディオを楽しみたい!

そんな女性目線で選んだインテリアに馴染むかわいらしいオーディオや、美味しいスイーツでおもてなしする INTERIOR AUDIO & CAFE が来たる11月18日(土)~11月20日(月)の3日間、東京都国立市のお洒落なアンティークショップ「room103」にて行われます。

出展される製品は、「Stereo」誌でも執筆いただいている キヨトマモル 氏が代表を務める、代々木のVintage Joinが取り扱うドイツブランドを中心としたヴィンテージ・ラジオスピーカーをはじめ、デンマークB&O playのBluetoothスピーカーイヤホン、同じくデンマークVifaのハンドバッグ型スピーカー、イタリアCarot Oneの小型真空管アンプなどなど実にユニークなラインナップ。

しかも、価格はオーディオシステム全体、または単体で8万円までの製品で統一。スマートフォンによるファイル再生&アナログレコードの試聴も行うほか、アナログレコードの販売も予定しています。

また、当日は国立市在住の料理家 瀬戸口しおり さんのオリジナルスイーツもリーズナブルな料金で楽しめますので、聴いて楽しい、見て楽しい、そして食べて嬉しいイベントになること間違いなし!入場無料ですので、オーディオに興味のある女性はもちろん、奥様や娘さんとご一緒に是非足を運んでみてください!

・開催日時
2017年11月18日(土) 11:00~20:00
2017年11月19日(日) 11:00~20:00
2017年11月20日(月)11:00~17:00

・開催場所
room103  東京都国立市北2-13-48-103
TEL:042-577-34521(小道具屋 LET’EM IN
※JR中央線 「国立」駅より徒歩約10分

・お問い合わせ
(株) 音元出版 オーディオアクセサリー編集部
TEL:03-3255-3439