ハイエンドオーディオの饗宴「大阪サウンドコレクション2018」のお知らせ

今年も、オーディオの夏は大阪が熱い!

オーディオメーカー・輸入商社による「大阪サウンドコレクション」が、今月下旬に行われます。入場はもちろん無料。本格ハイエンドオーディオが一挙に集まるこの機会に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

「OSAKA SOUND COLLECTION 2018」

・開催日時:
(初日) 2018年7月21日(土)10:30~19:00
(二日目)7月22日(日)10:30~17:00
・開催場所: 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-5-24
ハートンホテル心斎橋別館 エソテリックブース: 5F 「ルピナス」
・特別講演会場 : 2F 「松」

・主催:大阪サウンドコレクション委員会
・後援:(株)ステレオサウンド
・協賛: (株)音楽出版社、(株)音楽之友社、(株)音元出版、(株)誠文堂新光社
・試聴製品 Grandioso K1/C1/M1, Avantgarde DUO XD(2F 松)
K-01Xs,N-03T, TANNOY Autograph mini/GR(5F ルピナス)予定

・入場料:無料
※ご来場特典として、アンケートにお答えいただくと抽選により記念品をプレゼント

・特別講演 :「バラエティに富んだ魅力溢れるスピーカーシステムの饗演」
・講師:和田 博巳氏(両日共)
7月21日(土)14:00~16:30
7月22日(日)13:00~15:30
※ 開場前に部屋の周囲で待機したり、お並びいただくことはご遠慮ください
※ 開場後はお席の場所はご自由にお選びいただけます

ミューズの方舟「自作スピーカーコンテスト2018」出品者募集のお知らせ

オーディオサークル「ミューズの方舟」では、毎年恒例自作スピーカーコンテストを今秋もまた実施します!

今年のテーマは

「SCANSPEAK 10F/8414G10を1発」

高品質なユニットを数多く供給しているSCANSPEAK。その中から 10F/8414G10 を使用してのコンテストを行います。過去のSCANSPEAKのユニットを使ってのコンテストでは多くの名SPが生み出されてきました。

今回もどんなスピーカーが現れるか楽しみです。

出品を希望される方には募集要項をお送りいたしますので、以下までご請求ください。参加申し込みの締切りは、2018年8月25日(消印有効)です。皆様のご応募をお待ちしています!

 名称 > ミューズの方舟『自作スピーカーコンテスト2018』
 問い合わせ・資料請求先 > ミューズの方舟(井上)
Eメール:muses-ark@mbr.nifty.com
ブログ: http://d.hatena.ne.jp/musenohakobune/

 日程 > 2018年12月上旬~2019年1月上旬の日曜日(祝日または振替休日の場合あり)
 会場 > 品川区中小企業センター ※日程および会場は予定です。

※ 音楽之友社主催の「スピーカーコンテスト」とは別イベントです。
※ テーマの SCANSPEAK 「10F/8414G10」はオンラインショップ ONTOMO Shopでの取り扱いはございません。他の取扱店またはウェブなどから入手してください。
※ 「Stereo」2012年8月号付録「10cm スピーカーユニット (スキャンスピーク製) 10F/8422-03」は完売し、現在在庫はございませんので予めご了承ください。

2017年に行なわれた ミューズの方舟「自作スピーカーコンテスト2017」の表彰式の様子

公開トークイベント「音楽から見るロシアの今」のお知らせ

2018 FIFAワールドカップでは、日本が初戦を制したこともあり盛り上がっていますね!

さて、そのワールドカップの開催国でもあるロシアは、近いようで遠い国でもあります。
その国土の広さからか、茫漠としたイメージしか沸かない方も多いのでは。

音楽的には、ロシア5人組をはじめ、ラフマニノフやプロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ etc…魅力的な作曲家を多数輩出しているアツい国でもあります。

何がロシアの音楽を生んだのか? そもそもロシアってどんな国? ロシアはいま何が面白いのか?

ロシアの専門家がロシアについて語る座談会を、公開トークイベントとして開催します!

登壇するのは、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の新訳でミリオンセラーを打ち出したロシア文学者・亀山郁夫氏、朝日新聞論説委員であり、長年モスクワ支局でロシアを取材してきた駒木明義氏。そして、Webマガジン「ONTOMO」エディトリアルアドバイザー/音楽ジャーナリストの林田直樹氏がホストを務めます。

「音楽」を軸にロシアについて語る、Webマガジン「ONTOMO」ならではのイベントです。
トーク終了後は、岩波書店から発売された亀山郁夫さんの近著『ショスタコーヴィチ 引き裂かれた栄光』のサイン会も開催。貴重な機会をお見逃しなく!

「ONTOMOオープン記念特別座談会  公開トークイベント
『音楽から見るロシアの今』亀山郁夫 × 駒木明義 × 林田直樹」

・開催期日:2018年6月23日(土) 17:30開演(17:00開場)
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・開催場所:BOOK LAB TOKYO
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 2-10-7 新大宗ビル1号館 2F
JR・東京メトロ・東急・京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩約5分
※駐車場はありませんので、公共交通機関か最寄の有料駐車場をご利用ください。

・入場料:一般 前売¥1,200(当日¥1,500)
前売りチケットはこちらよりお求めください
※ 前売りチケットのイベント当日のキャンセル、欠席をされた場合の返金には応じかねますので、あらかじめご了承ください。

今週末開催予定のイベント情報:OTOTEN 2018

 

国内最大級のオーディオの祭典「OTOTEN 2018(AUDIO・VISUAL FESTIVAL)」が、来たる6月16日(土)・17日(日)に東京国際フォーラムで行われます。音楽之友社もブースを出展し、「Stereo」誌やMOOK、ONTOMO Shopのオーディオ関連商品を販売いたします。

・イベント名称:OTOTEN 2018
・入場料:無料(但し、入場には受付が必要です。事前登録フォームはこちら

・会期:【初日】2018年6月16日(土) 10:00~19:00/【2日目】2018年6月17日(日) 10:00~16:00
・会場:東京国際フォーラム 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。


音楽之友社主催イベントのお知らせ

6月16日(土)12:00から、本誌名物企画「この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権!」の筆者、高崎素行氏・炭山アキラ氏と、生形三郎氏によるイベントを開催します。

「オーディオは音か音楽か」という永遠のテーマを背景に、とにかく凄い音のするソフトを試聴しようという趣旨の本イベント、最近超絶音源を製作していると話題の生形三郎氏も参加して、氏の録音音源も試聴します。

さらに、20世紀国内オーディオ界の偉人 長岡鉄男氏が推奨していた音源も楽しむということで、炭山氏が超絶と自負する「ハシビロコウ」を用意。鳥族スピーカーの最高峰をお楽しみいただけます。みなさまの奮ってのご参加をお待ちしています。

「この音を聴け!変態ソフト選手権! ~オーディオの醍醐味、超絶音源、長岡音源試聴」
・開催日時:2018年6月16日(土) 12:00~13:00
・開催場所:D棟5F ホールD5

 

 

 

 

写真:左:炭山アキラ氏 右:生形三郎氏

 


京浜東北線を利用して有楽町駅へお越しのお客様へ

6月17日(日)は品川駅線路切替工事が行われる影響で、始発から10:40分頃まで一部列車の運休が予定されていますのでご注意ください。詳しくは、JR東日本のホームページをご覧ください。

■ 運休予定(6月17日(日)始発~10:40頃まで)

・京浜東北線(品川~上野間 運休)
※並走する山手線は通常通り運転する予定です。

イベント情報:アナログオーディオフェア 2018

アナログレコードが、さらに楽しくなるイベント「アナログオーディオフェア」が、今年もまた東京の損保会館で開催されます。音楽之友社もブースを出展し、「Stereo」誌やMOOK、ONTOMO Shopのオーディオ関連商品を販売いたします。

・イベント名称:アナログオーディオフェア 2018
・入場料:無料

・会期:【初日】2018年6月9日(土) 12:00~19:00/【2日目】2018年6月10日(日) 10:00~18:00
 ※本イベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・会場:損保会館 〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2丁目9番地
・アクセス:JR秋葉原駅 電気街口・御茶の水駅 聖橋口より徒歩約5分


音楽之友社主催イベントのお知らせ

アナログオーディオフェアでの第1回目のイベントでは、LPでロックを爆音再生。第2回目はSP再生ときて、第3回目となる今年はカセットテープの音を炸裂させます。

テーマは『伝説のカセットデッキを聴く』。ゲストはステレオ誌連載でもおなじみ、福田雅光氏。氏がリファレンスとする、アイワ XK-S9000 を持参。氏曰く「これはナカミチドラゴンよりいいからねぇ」。

この話をカセットデッキに造詣が深い雑誌『ステレオ時代』編集長 澤村氏、ディスクユニオン Jazz TOKYO 店長生島氏にしたところ「その勝負、受けて立ちます。ドラゴンを持ってゆきましょう」。

後日さらに、その噂を聞きつけた「懐かしのカセットテープ博物館」館長の加藤氏も緊急参戦。ドラゴンキラーと呼ばれたノルウェイのタンバーグ 3014Aを持参とのことで、ワールドクラスの究極のカセットデッキ3台がガチンコ勝負します。この歴史的な機会を見逃すな!

※本イベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

工作の夏、近し。君たちはどう作るか。ステレオ8月号工作号特集 「工作人間」大募集!!

今年も“自慢の季節”がやってきました!

月刊ステレオ8月号(7月19日発売予定)にて、毎年恒例企画「工作人間大集合」を実施します。スピーカーからアンプ、アクセサリー類など、あなたのご自慢の自作品を写真に撮り、コメントとご自身の写真(任意)を添えてお送りください。誌面上で紹介をいたします。

たくさんのご応募をお待ちしています!

【必要記載事項】自宅の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス
【応募先】
〈宛先〉音楽之友社 月刊ステレオ編集部「工作人間」係宛
〈受付住所〉〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
〈受付E-mailアドレス〉request_stereo@ongakunotomo.co.jp

【応募締切り】6月13日(水)必着

たまには、こんな贅沢もいいじゃないか。「ヤマハリゾート葛城北の丸」で音楽三昧!

株式会社ステレオサウンド (代表取締役 原田 知幸)は、株式会社ヤマハリゾート(代表取締役社長 安藤貞敏)と共催で、袋井市のホテル「葛城北の丸」の離れ「梅殿」に設置された本格オーディオシステムを使い、ステレオサウンドが制作した最高音質の音楽ソフトをお愉しみいただける期間限定イベント、「ステレオサウンド プレミアム ミュージックラウンジ at ヤマハリゾート葛城北の丸」を開催することとなりました。

下記期間中は、ヤマハが誇る高級オーディオシステムが設置された「梅殿」にて、ステレオサウンドが制作した音楽ソフトをお楽しみになれます。もちろんお好みのソフトをお持ちいただいて構いません。ご宿泊せず「梅殿」だけのご利用も承ります。また葛城北の丸フロント近くの「椿殿回廊」(2階ギャラリー) には、カジュアルなオーディオシステムをセッティングいたしますので、そちらでもご試聴可能。

なお、葛城北の丸のギフトショップでは、ステレオサウンドの高音質ソフトをお求めいただくことができます(一部の作品を除く)。

・期間:2018 年 3 月 17 日(土) ~3 月 24 日(土)、4 月 3 日(火) ~ 4 月 15 日(日)
・会場:ヤマハリゾート葛城北の丸 梅殿
・利用時間:10:00~21:00(1 回のご利用は 2 時間まで)※要予約(空き状況を必ずご確認ください)
・音源:ステレオサウンド社にて用意するソフトの他、お客様の音源持ち込みも可。但し、CD、SACD、レコードのみとさせていただきます。
・利用料:無料 ※この期間に限り、ご宿泊いただかなくても「梅殿」だけのご利用も承ります。
・協力:株式会社ヤマハミュージックジャパン


オーディオ評論家の小野寺弘滋氏を迎えて特別試聴会も開催!

4月7日(土)には、オーディオ評論家の小野寺弘滋氏を「梅殿」にお迎えし、ステレオサウンド編集長 染谷一氏の解説・進行による「ステレオサウンド制作 高音質ソフト特別試聴会」が開催されます(1日2回 各回10名、ご予約制)。

なお、当日はアナログプレーヤーのプロトタイプをご用意し、滋味深いレコードのサウンドもお愉しみいただく予定です。特別なお客様をお迎えするために組まれた試聴プログラムと、ヤマハの高級オーディオシステムが生み出す「心のごちそう」をどうぞじっくりとご賞味ください。

イベント名:ステレオサウンド制作 高音質ソフト特別試聴会
・開催日:4月7日(土)
1回目 13:00~14:30 10名 / 2回目 16:00~17:30 10名(各回とも先着順)
・講師:小野寺弘滋氏(オーディオ評論家)
・進行・解説 染谷 一(ステレオサウンド 編集長)
・会場:ヤマハリゾート葛城北の丸 梅殿
予約制ですが、ご宿泊いただかなくてもご参加いただけます。
※このイベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

参考出展 ヤマハ 高品位アナログプレーヤー プロトタイプ
特別試聴会限定で、プロトタイプのアナログプレーヤーを用いて、ステレオサウンド制作のLPレコードをお楽しみいただきます。


<期間中は特別な北の丸ご宿泊プランが設定されます>

・「上質な音楽を心ゆくまで愉しめる特別プラン」

お得なプライスで梅殿を 3 時間貸切り、クーポン付
1 泊朝食付き 15,000 円~24,500 円(1 室 2 名様ご予約時の 1 名様料金・税込み)
※クーポンはステレオサウンドソフトご購入時ホテル内ギフトショップのみでご利用いただけます。

・「大切な人へ贈る世界にひとつだけのサプライズプラン」

お好きな音楽を聴きながら、北の丸料理長によるプラン限定・特別ディナーを梅殿(貸切)で。 1泊夕朝食付き 58,000 円~62,000 円(1 室 2 名様ご予約時の 1 名様料金・税込み)
※特典等詳しくは、葛城北の丸ホームページをご覧ください。

●ご予約、お問い合わせ先

イベント内容および再生ソフト、使用予定機器に関するお問合せ
ステレオサウンド 電話:03-5412-7887

特別試聴会、梅殿のご利用、ご宿泊のご予約
ヤマハリゾート葛城北の丸 電話:0120-211-489(受付時間 9:00~18:00)または
0538-48-6118

・共催:(株)ステレオサウンド/(株)ヤマハリゾート葛城 北の丸
・協力:(株)ヤマハミュージックジャパン
※この企画は終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。


〈葛城 北の丸について〉

葛城北の丸は、北陸の失われていく貴重な古民家を移築し、伝統的な日本建築の技術とヤマハが誇る木工技術で造られた建物と、その前に広がる優雅な日本庭園が相まって、平地に建つ「匠の技と感性に裏打ちされた現代の平城」を作り上げました。

また、歴史ある城下町掛川の武家屋敷を模した郭松門(長屋門)や、地元の職人による味わいある遠州瓦を乗せた屋根など、地元遠州の建築をもいかした古き良き日本の美しい造りは、非日常へと誘う安らぎの空間を提供しております。

2002年には、サッカーワールドカップ日本代表のトルシエ監督が、北の丸を「サムライたちが心身を休める場所」と位置づけて合宿地とし、当時の代表選手たちがこの地に集い、試合に向け英気を養いました。

・竣工:1978年9月(北陸の古民家7棟の部材を利用し建築)
・客室数:49室(桜殿4室、萩殿5室、藤殿20室、葵殿20室)
・大浴場:3箇所(湯蔵、湯殿は椿殿、湯屋は葵殿)
・離れ:桂、櫟、欅、楡、楓の5室と催事スペースの梅殿
・宴会場:椿の間、桐殿
・庭:北の丸庭園、花木苑

オーディオルームの室内音響設計について考えてみよう! 「アコースティック・オーディオ・フォーラム Vol.47」のお知らせ

毎月興味深いテーマでオーディオを「聴く」だけでなく「体験」させてくれる、アコースティックラボ社主催の「アコースティック・オーディオ・フォーラム」。今週末、「部屋の形状と定在波について」というテーマでのセミナーを予定しています。

オーディオファンにとって、部屋の形状と定在波についての関係は気になるところなのではないでしょうか?防音・音響設計コンサルティングおよび防音工事を本業とするアコースティック社ならではの経験と実績に基づく内容となっていますので、下記フォームから申し込みの上、ご参加ください。


■イベント名:「アコースティック・オーディオ・フォーラム(Acoustic Audio Forum)Vol.47
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・ テーマ:「オーディオルームの室内音響設計について (1) ~部屋の形状と定在波について~」

・開催予定日:
1部:2月16日(金)18時~20時(17時開場・自由試聴時間)
2部:2月17日(土)14時~16時(13時開場・自由試聴時間)

※イベントの前に建築音響相談会および、自由試聴時間を設けます。建築音響相談会に関してご希望の方は、申込フォーム備考欄にご記入、もしくは電話にて事前にご予約ください。
※試聴ソフトの持ち込み大歓迎です。(ファイル音源のみの再生なので、USBメモリをお持ちください)

・お問い合わせ先
TEL:03-5829-6035
E-mail:kusakai@acoustic-designsys.com
担当者名:草階(くさかい)

※ お申込みフォームはこちらをクリック

・会場:蔵前ショールーム
東京都台東区柳橋2-19-10 第二東商センタービル2号館B棟1階
・アクセス:JR総武線各駅停車・都営地下鉄浅草線「浅草橋」駅より徒歩約10分
※駐車場の用意はありませんので、公共交通機関か近隣の有料駐車場をご利用ください。

ヨドバシカメラ×PIONEER BonnesNotes 共催イベント in 大阪!

関西地区にお住まいのみなさま、大変お待たせいたしました!あの USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」を使用した試聴会が決定しました。いくらメディアが「いい!」と言っても、レビューで高評価だったとしても、やっぱり自分の耳で聴いてみないとね…という方には、またとない機会です。

なお、当日はオーディオライターの炭山アキラ氏とパイオニアの開発者を迎えて、分かりやすく解説をいたします。また、「DRESSING」シリーズ全機種の試聴はもちろん、昨年のMOOK付録「OMP-600」を使用した標準機「BSP000」や炭山アキラ氏設計の話題のバックロードホーン「コサギ」など、内容は盛りだくさん。是非、ご参加ください!

■イベント名:BonnesNotes DRESSING 最新USBノイズクリーナー体験会
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・開催日時:
2018年2月17日(土)第一回 13:00~14:00/第二回 15:00~16:00/第三回 17:00~18:00
2018年2月18日(日)第一回 11:00~12:00/第二回 13:00~14:00/第三回 15:00~16:00
・参加費用:入場無料
・解説:オーディオライター 炭山アキラ氏
・試聴予定機器:「DRESSING」全機種、「BSP000」、「コサギ」、新作SP

■会場:ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 3Fオーディオコーナー
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1−1

クラフトの楽しみ満載!「アキバ・クラフトオーディオ同好会 第1回発表会」のお知らせ

「Stereo」誌でお馴染みのスピーカークラフトの達人・小澤隆久氏や、管球アンプ製作の達人・柳沢正史氏などが登場する「第1回発表会」を、来たる2018年2月17日(土)に東京の神田で行います。

スピーカーやアンプなどオーディオ機器の自作をテーマとしたイベントで、アトラクションとしてジャズボーカルのライブも予定されています。

■イベント名:アキバ・クラフトオーディオ同好会 第1回発表会
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・開催日時:2018年2月17日(土)11:30~18:00 ※11:00開場
・主催:アキバ・クラフトオーディオ同好会
・会費:1,000円(ワンドリンク付き)

■イベント内容

(1)小澤ワールド:雑誌の製作記事でおなじみの小澤隆久氏によるスピーカー・クラフトの薦め。
(2)柳沢ワールド: 真空管アンプの制作者でシネマ・SP・LPレコードに造詣が深い、柳沢正史氏によるアンプ・Kルアフトの薦め。
(3)ジャズワールド(LIVE):2017年第33回ジャズボーカル特別奨励賞を受賞した瀬戸カオリさんと、菊地康正(ts)カルテットの生演奏
(4)懇談会:参加者とパネラー、ミュージシャンによる親睦会。

■会場:エッサム神田ホール本社ビル4階 大会議室(こだまホール)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-26-3

・アクセス:
JR 神田駅(山手線・京浜東北線・中央快速線停車)「東口」より徒歩約3分
地下鉄 神田駅(東京メトロ銀座線)「5」出口より徒歩約1分
地下鉄 淡路町駅(東京メトロ丸の内線 )・小川町駅(都営新宿線)「A1」「A2」出口より徒歩約5分