本日は「Stereo」8月号 および MOOK 3冊の発売日です!

関東甲信、東海、近畿、中国地方はいよいよ梅雨明けとなりましたね!全国一斉に…とは残念ながら行きませんでしたが、工作の夏が始まった感を抑えきれない編集部一同です。さて、以前より予告していた通り、「Stereo」に毎年恒例のスピーカーユニットの付録は今年は付きません。その代わり、MOOKでパワーアップして登場!もうその手に取られましたか?

——————————————————————————————————————————————

【1】 Stereo 8月号(詳細・ご注文はこちら)特別価格 1,080円(本体価格 1,000円)
4910054410877

【増大特集】「自作でGO! 前人未到の音に向かって オーディオクラフト2017」

 

 

 

 

 

 

 

・カラーグラフ・工作人間大集合2017!
・クラフトマンの地力を蓄える~“音”を知り、スピーカーを知り、その先の構想へ(佐藤勇治[ワイエス クラフト])
・オーディオ用品&身近な物で大実験! 吸音処理の達人になる(小澤隆久)
・ネジの素材、ユニットの留め方で最終的な音を仕上げる(キヨトマモル)
・バッファーが世界を救う!? CDをアナログの音にするためのバッファーアンプ製作(峰尾昌男)
・気持ちいい響きがする樹種を探せ!~無垢材の聴き比べ~(田中伊佐資、岸邦明、編集部)
・真空管ミニパワーアンプ・キットの製作(遠藤正奥)
・ムック付録ユニット採用 ~自作スピーカー作例一斉試聴会
・第8回 自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ
・特別企画「バクーンのKUMAMOTOサウンドと復興への支援」(村井裕弥)
・【短期連載】PM-10の可能性を極める
・PM10でロック、ジャズ向けスピーカーを聴く(岩井 喬)
・【短期連載】音響イベント・レポート
・「防音工事をすると音が良くなる ~防音が音の満足度を上げる」(炭山アキラ)
・本誌評論家が選ぶ「ハイCPコンポグランプリ」修正版(岩井 喬/田中伊佐資)

——————————————————————————————————————————————

【2】Stereo編 ONTOMO MOOK「スピーカー工作の基本&実例集 2017年版」(詳細・ご注文はこちら) 定価 4,320円(本体価格 4,000円)
962690

【特別付録】 パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット 対応エンクロージュア・キット

同時発売のMOOK[スピーカーユニット パイオニア編」の付録「6cmユニット」に対応するエンクロージュア・キットが付いています。このキットを組み立てて、パイオニア6cmユニットを付けるだけでスピーカーシステムが完成します。今回はONTOMO MOOK付録キットとしては初めてQWT(市販のスピーカーシステムには採用例がほとんどない共鳴管方式とも呼ばれる)方法を採用。6cmユニットとは思えない低音が楽しめます。

——————————————————————————————————————————————

【3】Stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」(詳細・ご注文はこちら) 定価 3,780円(本体価格 3,500円)
962670

【特別付録】 パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット

パイオニアは日本で初めてハイファイダイナミック型スピーカーを開発後、多くの名作スピーカーシステムを世に送り出しているメーカー/ブランド。その血統を受け継ぐのがこちら。6cm口径と小さいながらとても大きなマグネットを持っていて、小口径を生かしたデスクトップ用の小型スピーカーはもちろん、低音を稼ぎ出す長いホーンを持つバックロード型スピーカーにも対応。駆動力の高さからレスポンスのよい音が楽しめます。

——————————————————————————————————————————————

【4】Stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット フォステクス編」(詳細・ご注文はこちら) 定価 4,968円(本体価格 4,600円)
962680

【特別付録】 フォステスク製8cmフルレンジ・スピーカーユニット

大好評頂いた「Stereo」2016年8月号付録のフォステクス製8cmスピーカユニットをさらにグレードアップして付録に。昨年のユニットもフォステクスのフルレンジ初のアルミ製振動板採用で大きな話題を呼びましたが、今回はさらにフォステクス初となる「フェイズプラグ」(振動板中央の円錐状のもの)も採用。高域の位相特性を改善させる効果を持っており、加えてマグネットも大型化。大きくクォリティアップされた付録です。

※対応エンクロージュアは オンラインショップ「オントモ・ヴィレッジ」で取扱中!9月10日(日)まではキャンペーン実施中。キャンペーン期間中、エンクロージュアをお買い上げの方にもれなく 8cmメタルコーン・フルレンジ「M800」をお付けします! 本誌付録「OMF800P」と付け替えて音の違いをお楽しみください!

Stereo7月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:山本浩司さん

「『オーディオ評論家の山本浩司さんの音は聴いておいたほうがいいですよ』と教えてくれたのはDU BOOKS編集部の渡邉淳也さんだった。山本宅のスピーカーがJBL K2 S9900で、ウーファーとトゥイーターはぼくが使っているものと兄弟であること、音楽的な志向に共通点があることなどを踏まえたうえでの助言だったのかもしれない。もしかして自分のオーディオに何かヒントになるかもと、さっそく和光市にあるマンションに伺った。…」

Stereo6月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:中島平太郎さん
「なんぼオーディオの歴史に疎いぼくだって、中島平太郎さんの名前は知っている。デジタル・オーディオの先駆者とか草分けとか、いろいろな称号はあるんだろうけど、なんといってもソニーの責任者としてフィリップスと共同でCDを誕生させた立役者だ。そういうドえらい方に会う機会はそうなかなかあるものではないのだが、縁あってお宅にお邪魔することができた。…」

「究極のオーディオチェックCD2017~Reel to Reel~」予約受付中!

STCD-117A「アナログ回帰」という言葉が叫ばれて久しい昨今ですが、アナログレコードやアナログオープンテープにも今まさに熱い注目が注がれています。そんな中、アナログファンの期待に応えるべく、オーディオ評論家・石田善之氏プロデュースによるアナログオープンテープを「オントモ・ヴィレッジ オンラインショップ」限定で予約を受け付けています。

「Stereo」2017年4月号の付録『究極のオーディオチェックCD 2017』のCD用・ハイレゾ配信用の録音と並行してアナログ用に同時録音されたオリジナルマスターから、石田善之氏が6曲をセレクト。さらに、石田氏自らオリジナルマスターから1本ずつダイレクトコピーしてゆきます。受注生産で、裏面にシリアル番号を付けています。

みずからシリアル

 

■ 収録曲目(ディキシーランド・ジャズ)

  1. インディアナ Indiana
  2. ザッツ ・ ア ・ プレンティ That’s A Plenty
  3. ダーク ・ アイズ Dark Eyes
  4. セント ・ ジェームス ・ インファーマリー St. James Infirmary
  5. オールド ・ ラグド ・ クロス Old Rugged Cross
  6. セント ・ ルイス ・ ブルース St. Louis Blues

■ 使用マイク #1~#3:1940年ー1960年代

  • ノイマン M269(トランペットに使用)●RCA 77D,77DX(クラリネット、ピアノに使用)●ノイマン U-47(トロンボーンに使用)●東芝 Aベロ(バンジョーとジャズギターに使用)●アルテック 639B(チューバに使用)●ソニー C37A(ドラムスオーバートップ用)●サンケン MS2(バスドラム用)

■ 使用マイク使用マイク #4~#6:1960年代後半ー80年代が中心

  • ソニー C575(トランペットに使用)●AKG SOLID TUBE(クラリネット)●ノイマン U87(トロンボーン)●ノイマン KM86(バンジョー ジャズギター)●オーディオテクニカ AT4050(ピアノ)●AKG 414EB(チューバ)●ノイマン KM84(ドラム オーバートップ)●エレクトロ・ボイス RE20(バスドラム)

■ 演奏:Dixie Japan ディキシー・ジャパン

中川喜弘(トランペット)
1942年生まれ 15歳の時にトランペットを始め、16歳「南里雄一郎とレッドペッパー」ジャスオーケストラでプロ入り。自己のバンドのほか、北村英治オールスターズ、谷啓とスーパーマーケット、津村イリュージョン(ジョージ川口、世良譲、北村英治、稲葉国光、中川英二郎、中川喜弘) 宮川泰(宮川組) そのほかジャズフェスティバルではソロプレーヤーとしても活躍。

中川英二郎(トロンボーン)
5歳でトロンボーンを始め、高校在学中に初リーダー作をニューヨークで録音。名だたるビック・アーティストとの共演を始め、映画、CM、TVなど多くの録音でも知られる。2007年、日本人として初めて米「トニー賞」授賞式に出演し2008年にはNHK連続テレビ小説『瞳』のメインテーマを演奏。国内主要オーケストラとも共演するなど、多彩な才能を発揮し、日本を代表する世界的トロンボーン奏者として幅広い活動を行っている。

花岡詠二(クラリネット)
我が国を代表するクラリネット・プレーヤー。 クラリネットを大野恒一、大橋幸夫、北爪利世各氏に師事。在学中より自己のコンボを率いる。ベニー・グッドマン・スタイルのスイング・コンボ「花岡詠二スヰング・オールスターズ」をメインに、その他コンボからオーケストラまで様々なスタイルのグループを編成し、多彩な芸達者振りを披露している。よくスイングする明るい演奏で、また古典落語にも造詣が深く話術も巧み、ユーモア溢れる人柄でファンも多い。

青木研(バンジョー)
1978年千葉県流山市出身。ライブハウス、ホール、イベント、テーマパーク、ホテル、レストラン、客船、内外ジャズフェスティバルやバンジョーフェスティバル、ラジオ、TV等で演奏。バンジョー主体の演奏の他、数多くのディキシーランド/スイングジャズの演奏家をはじめ、ブルーグラス、ジャグバンド奏者、管弦楽団、吹奏楽団との共演、ソリスト、歌手等のサポートなど多種のステージを通し、楽しげなステージングと華麗なテクニックで観客を魅了している。日本では数少ない、ソリストとして演奏することのできるバンジョー奏者。

家中勉(チューバ)
東京都葛飾区生まれ。日本大学芸術学部音楽科卒業。在学中より、在京オーケストラや吹奏楽団にエキストラとして出演。ジャズ゙、クラシック、ポルカ、ポピュラー、スタジオ等、多彩なジャンルで活動。また、自ら「ブラス・ベース」と名乗り、チューバ゙の新たな可能性を探り、その認知に努めている。現在、アルプス音楽団、中川喜弘&BarBarBarディキシーJAZZオールスターズ、渡辺正典とキングクレオール、ブラスクインテット・ザ・ガッツのメンバー等として活躍。

小林創(ピアノ)
早稲田大学在学中より都内ライブハウスやバーを中心として演奏活動をはじめ,全国各地のジャズフェスティバル、ホテルや客船のクルーズにおいても多数演奏。ストライド奏法などを使った古いスタイルのジャズピアノからモダンなピアノまで、どんな奏者ともサウンドする演奏に定評がある。メジャーアーティストをはじめ、数多くのレコーディングやライブ等を行いつつ映画のサウンドトラックなどの作編曲なども手がけている。

楠堂浩己(ドラムス)
力強いビートを持ったダイナミックなドラマー。日本のディキシー界ではNo.1の存在。ジーン・クルーパー スクールの安定したリズムと豪快な大車輪のドラムソロを身上とし、笑顔を絶やさない明るいステージマナーは、ディキシーランドジャズの雰囲気を大いに盛り上げる。また、楽しいパフォーマンスを見せるウォッシュボード(洗濯板)の演奏も見逃せない。現在は、所属のディキシーキングスの他、自らリーダーを務める、楠堂浩己DIXIE BOMBERS、楠堂浩己Finest Jazz Men、楠堂浩己Dixie Angel、花岡詠二 スヰングオールスターズ、中川喜弘とディキシーサミットオールスターズ等で活躍中。

録音 : オーディオテクニカ アストロスタジオ

■ 商品スペック ■

・2トラック38cm/sec、オリジナルマスターからダイレクトコピー
・イコライザーポジション:NAB
・オリジナル レコーダー:NAGRA IV-S(Nagra Master)to Studer A810(NAB)
・オープンリールテープ:RMGインターナショナル SM911

■ 販売価格 50,000円(税別)受注生産

なお、本商品は現在では入手が困難な生テープを使用することと、石田氏が手作業でダイレクトコピーを行なってゆく関係で、注文を受けてから商品をお届けするまで、時期によってお時間を頂戴する場合があります。

【予約はこちら】 http://ontomovillage.shop-pro.jp/?pid=114873919(オントモ・ヴィレッジ)
【キャンペーン期間中の予約はこちら】 http://ontomovillage.shop-pro.jp/?pid=118085383(2017年7月10日まで)

最後に、「Stereo」2017年5月号に掲載された石田氏の記事より、一部を抜粋してを紹介します。

「アナログ方式はデジタルと異なりコピーが大変苦手で、コピーを重ねれば重ねるほど鮮度感がどんどん低下する。そこで、今回はコピー用のマスターテープを作るのではなく、オリジナル録音されたものからダイレクトに1本ずつバイアス調整を行ない、手作りしている。

使用テープだが、オリジナル録音にはストックしていたマクセルXLIPROを使用したが、現在ではこうした生テープの入手が非常に難しい。かつてのスコッチやアンペックス、BASFなどはすでに生産されていないようで、今回採用したテープはフランスのRMGインターナショナルのSM911というものだ。どうやらこのテープはドイツBASFのLPR35の流れを組むものらしい。チェックしてみたが、バイアスやF特、その安定性など問題はなく、充分に信頼できると判断している。

重ねて申し上げるが、真にピュアなアナログの音を味わっていただけたら幸いだ。」(石田善之)

「究極のオーディオチェックCD2017~歴史をとらえたマイクたち~」

これまで毎年2月号の恒例付録としていた「究極のオーディオチェックCD」。今年は時期をずらしての付録となりました。既にお楽しみいただいた方はお気づきかと思いますが、これまでの左右のチャンネルチェックやフェーズ(位相)チェックといったいわゆる「チェックCD」とは趣向を変え、聴いて楽しい、音楽そのものも味わってもらえる内容に挑戦しました。

プロデューサーには石田善之氏を迎え、「歴史をとらえたマイクたち」というテーマのもと、氏が所蔵してきた50年代から80年代の歴史的名器と呼ばれたマイクを使用しています。それぞれの音の違いから、時代によって音はどう変化していったか、その変遷を感じていただきつつ、豪華演奏陣による卓越したテクニックと、ディキシーランド・ジャズの色あせない往年の雰囲気と、ギターソロの美しい音色をお楽しみください。

201704

 

Stereo4月号
特別定価1350円(本体1250円)
2017年3月18日発売
音楽之友社
特別付録:究極のオーディオチェックCD 2017
[本誌内容]
特別付録特集:~歴史をとらえたマイクたち~ 究極のオーディオチェックCD2017 徹底解説
特別企画:コンパクトオーディオの世界「小型を生かして音質追求」

 

 

 

※「究極のオーディオチェックCD 2017」ディキシーランド・ジャズ編のマスターデータを発売中!ACCD2017-A

 

 

 

 

・「DSD5.6MHz/1bit版」 の商品の詳細、ご購入はこちら(mora)
・「PCM192kHz/24bit版」の商品の詳細、ご購入はこちら(mora)
・「PCMハイレゾデータディスク版」の商品の詳細、ご購入はこちら(オントモ・ヴィレッジ)

※「究極のオーディオチェックCD 2017」ディキシーランド・ジャズ編のオープンテープも発売中!STCD-117A

 

 

 

 


「Reel to Reel版」の商品の詳細、ご購入はこちら(オントモ・ヴィレッジ)
キャンペーン期間中はこちら(2017年7月10日まで)

※ 過去の「究極のオーディオチェックCD 」ハイレゾ音源ダウンロード配信の詳細はこちらをご参照ください。

Stereo5月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」 

今月の人:松波祥文さん
「玄関を開けるとそこはスピーカーのなかだった--。滑り出しの1行目は音を聴く前にそう決めた。いきなりそう言われてもなんのことかわからないだろうが、当初ぼくも松波祥文さんの説明に当惑し、やっとその意味を呑み込めたのはオーディオルームに通されてからのことだ。…」

Stereo4月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:平井和成

「『ではこちらです』と平井和成さんに案内されて、分かれ道がいくつもあるような長い廊下を歩きようやくオーディオルームに到着した。しかし編集者もカメラマンも一向後から付いて来ない。どうやらちょっとの隙にぼくらを見失って迷子になっていたようだ。まさか家の中でそんなことが起こるとは。広い場所を指して千畳敷と呼ぶことがあるが、たとえではなく実際にそれ以上広いのだ。…」

 

 

Stereo3月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

「映画プロデューサー業と並行して、オーディオ評論の道を歩いてきた貝山知弘さん。その文章には、本業があったからこそ音楽とオーディオを楽しんでいる、趣味人としての余裕がある。そこがいいなぁと思う。きっと「ボワ・ノアール」と名付けられたオーディオルームの音もずいぶんを変わっただろうからと、久方ぶりにお宅にお伺いする今年にした…」。

3月号連載オーディオエクスプローラー FE88 Solを使った自作スピーカー■生形三郎

「FOSTEX FE88-Sol」を使ったバックロードホーン型スピーカーの紹介動画です。
「Stereo」2017年3月号内の連載「Audio Explorer」で筆者の生形三郎氏が設計、制作しました。詳細は本誌でご覧頂けます。

動画内の音声は、すべて、実際のスピーカーから再生された音を録音したものです。
より高音質な音声再生をお楽しみ頂く為に、動画の再生解像度は「HDモード」でご覧下さい。

【収録環境】
両スピーカーユニットの軸上60cmに、それぞれ無指向性マイクを設置して収録。
レコーダー : TASCAM DR-100mk3
マイクロフォン : SHURE KSM141
音楽ソース : 究極のオーディオチェックCD 2014~ハイレゾバージョン
究極のオーディオチェックCD 2016~ハイレゾバージョン
収録・動画作成 : 生形三郎

Stereo1月号掲載 アイテックΛ8.24 for Digitalの使用方法について(林 正儀)

「Stereo 1月号特集内で「イチ押しアクセサリー」として筆者が推薦したアイテックのインシュレーターの使い方にミスがあったので、お詫びして訂正する。上下どちらを上にしても効果は全く変わらないのだが、ベースの面を上にして機器を乗せると滑り落ちる危険性があるため、必ず滑り止めの樹脂を上にしてセットして欲しい」(林)
Λ8.24