2013年6月号予告

5月18日発売のステレオ6月号は鋭意制作中です。
特に特別付録の「SMEトーンアームの徹底研究」は
全てのトーンアーム調整に通じる解説でアナログファン必携の冊子です!

Stereo 2013年6月号
(5月18日発売)
特別定価1000円(本体952円)

【内容】
創刊50周年特別付録
故瀬川冬樹氏がStereoに遺した
「SMEトーンアームの徹底研究」

「記念企画」
本誌筆者の「私の50年とオーディオ」

[特集]
①スピーカーを熱く鳴らせ!
②常識を打ち破るスピーカーセッティング法

●TV連動企画:奥村愛の気になるオーディオ(ゲスト・大萩康司)
  リンMajikDSM、KIKO
●特別企画 アコースティックデザインシステム第3弾・「小高邸の実例を体験する」
●特別企画 パイオニア&エアースタジオのコラボを探る
●特別企画 クリプトン/高音質配信の世界
●編集長「聴く見る書く」音の余白に
 「FM放送・バラカン名盤片面に迫る」
●新連載 テラシマ円盤堂
●リニューアル・オーディオクラフト
 スキャンスピーク2ウエイスピーカーの製作
●ヴィニ・ジャン~アナログの壷
●使ってみました/ノードストのチェックCD

速報! 2013年8月号付録はスキャンスピークの5㎝スピーカーユニット!

今年もやります!
スキャンスピーク×Stereo合同企画進行中。
ステレオ8月号(7月19日発売/予価2,990円)にはスキャンスピーク製スピーカーユニットが付録でついてきます。今回はデスクトップオーディオにも最適な口径5㎝のフルレンジユニットです。そして、8月号と同時発売の「スピーカー工作の基本&実例集2013年版」は2パターンを用意しています。実例集の中身も違いますが、何と言っても付録のエンクロージュア(スピーカーボックス)キットが今までのバスレフ型から進化、ダブルバスレフ型とバックロードホーン型に決定! 

ステレオ8月号特別付録 超強力マグネット採用5㎝フルレンジユニット

ステレオ8月号特別付録
超強力マグネット採用5㎝フルレンジユニット

スピーカー工作の基本&実例集2013年版 特別付録:ダブルバスレフ型エンクロージュアキット 予価3,780円

スピーカー工作の基本&実例集2013年版
特別付録:ダブルバスレフ型エンクロージュアキット
予価3,780円(スピーカーユニットは付属しません)

スピーカー工作の基本&実例集2013年版 特別付録:バックロードホーン型エンクロージュアキット 予価3,990円

スピーカー工作の基本&実例集2013年版
特別付録:バックロードホーン型エンクロージュアキット
予価3,990円(スピーカーユニットは付属しません)

2013年5月号「使い方を知る オーディオの新常識~福田雅光」

5月号のテーマは「メッキによる音の違い」。金メッキ、ロジウムメッキ、プラチナなど多様な種類があるが、それぞれどういった傾向があるのか? RCAケーブルを自作し、RCAプラグのメッキの違いによる音質の違いを検証。

2013年ステレオ5月号発売中!

933305【価格】¥900 (税込) 【判型】B5 【発行】2013年4月 

ステレオ5月号の内容

●創刊50周年特別企画
音の館80’s傑作選
「かつての人気企画の精粋です」

●特集
1月号付録LXU-OT2読者カスタマイズ大全集
~なんと73人の読者が作例発表

●Stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[カートリッジ部門]オルトフォン SPU Spirit
[イコライザーアンプ部門]スペック REQ-77S
[パワーアンプ部門]トライオード TRX-M300
[スピーカーシステム部門]ハーベスMonitor 20.1/ピエガ Premium5.2/タンノイ Definition DC10A
[アクセサリー部門]ナノテック・システムズ POWER STRADA 3J/オヤイデ電気 FF-20/オヤイデ電気 INS-BD、INS-SQ/ティグロン TMZ-4

[連載]
●聴いてみたい!見つけた!この一品
奥村愛の気になるオーディオ「ディナウディオ CONTOUR S1.4」ゲスト:須川展也さん
●「音の見える部屋 オーディオと在る人」(田中伊佐資 [今月の人:松浦洋三さん])
●いい音、いい場所、いいお店「サウンドハイツ」
●新製品ズームアップ!ラックスマン DA-06(山之内 正)
●ヴィニジャン~アナログの壺~クオシモード 松岡’matzz’高廣と行くレコードプレス工場見学(田中伊佐資×編集部)
●Stereo50周年 AUDIO温故知新シリーズ・革新の瞬間2 デノン(藤岡 誠)
●注目製品ファイル
 ①ソニー ICD-SX1000(石田善之)
 ②ヘーゲル P20(林正儀)
 ③ヒット研究所 LTC101055S(篠田寛一)
 ④フォステクス GX-100Limited(鈴木裕)
 ⑤オラソニック NANO-UA1(村井裕弥)
 ⑥ソニー SS-NA2ESpe(林正儀)
 ⑦キットヒット HIT-ST1W/HIT-ST10(鈴木裕)
 ⑧ティアック S-300NEO(林正儀)
 ⑨プロジェクト PhonoBoxRS(篠田寛一)
 ⑩マックトン XX-550/MS-1500DA-06(村井裕弥)
●新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
●特別企画 パイオニアA-70で聴く感動(生形三郎)/アクロリンク10周年の成果(貝山知弘)
●使い方を知る~オーディオの新常識~
●新連載・編集長の「聴く見る書く」音の余白に「ビートルズのミュージックテープ他」
●新連載 編集スタッフが“使ってみました” オプソル 端子クリン
●新連載 ジャズオーディオマスターがお薦めする 「テラシマ円盤堂」(寺島靖国)
●Stereo Topics
 StudioAのイベント情報
 パイプオルガン録音会
 イベント/当選者発表
●ステレオクラブ~読者の広場~
●ステレオ・ディスク・コレクション
 今月の優秀録音(峰尾昌男)
 今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
 今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/ [ジャズ](市川正二)/ [ロック/ポピュラー](宇田和弘)/ [日本のポピュラー](増渕英紀)
●今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
●「私の特選! ミュージックファイル」今月の選者:相場ひろ
●books
●タウンインフォメーション

2013年ステレオ5月号LXU-OT2カスタマイズコンテスト受賞作品

ステレオ5月号(4月19日発売)では読者の1月号付録LXU-OT2のカスタマイズ作品を掲載しています。その中からコンテスト受賞者の作品を紹介します。作品の詳細はステレオ5月号をご覧ください。

◎カスタマイズ大賞  ☆LEGOを使ってケース作成

◎カスタマイズ大賞
☆LEGOを使ってケース作成

[編集部コメント 縦型かつスタンドも兼ねているタイプは他にないアイデア。それをLEGOで作製している点もユニーク

[編集部コメント
縦型かつスタンドも兼ねているタイプは他にないアイデア。それをLEGOで作製している点もユニーク

☆iPhoneのお供

☆iPhoneのお供

[編集部コメント] iPhoneからの給電でポータブル使用。iPhoneの電池が心配だが携帯利用はかっこいい

[編集部コメント]
iPhoneからの給電でポータブル使用。iPhoneの電池が心配だが携帯利用はかっこいい

☆セミハードケース

☆セミハードケース

[編集部コメント] 存在感ある据え置き型へのカスタマイズが多い中、壁に吊り下げて使えるような軽装にまとめている点が目を引く

[編集部コメント]
存在感ある据え置き型へのカスタマイズが多い中、壁に吊り下げて使えるような軽装にまとめている点が目を引く

☆Linuxとmtdで鳴らしています [編集部コメント] オーディオ専用PCがコンパクトなケースに収まり、USBメモリー内の音源を再生。近未来を先取り!?

☆Linuxとmtdで鳴らしています
[編集部コメント]
オーディオ専用PCがコンパクトなケースに収まり、USBメモリー内の音源を再生。近未来を先取り!?

☆トーンコントロール回路追加 [編集部コメント] トーンコントロール回路の増設は今回唯一。小音量再生時の使いこなしを見習いたい

☆トーンコントロール回路追加
[編集部コメント]
トーンコントロール回路の増設は今回唯一。小音量再生時の使いこなしを見習いたい

☆天板と土台は厚さ3㎜の銅板 [編集部コメント] 銅板でサンドイッチ、シールド効果はもちろん、音質にも相当寄与するのでは

☆天板と土台は厚さ3㎜の銅板
[編集部コメント]
銅板でサンドイッチ、シールド効果はもちろん、音質にも相当寄与するのでは

☆六花―Rocka―&コーノ [編集部コメント] スピーカー工作で工作レベルの高さはお馴染み。毎度ながら素晴らしい仕上げ

☆六花―Rocka―&コーノ
[編集部コメント]
スピーカー工作で工作レベルの高さはお馴染み。毎度ながら素晴らしい仕上げ

☆ランプ付きケース [編集部コメント] ランプ付きケースはインパクト大。LEDの灯りで精神面にもリラックス効果があるのでは

☆ランプ付きケース
[編集部コメント]
ランプ付きケースはインパクト大。LEDの灯りで精神面にもリラックス効果があるのでは

☆電気的特性の向上に重点

☆電気的特性の向上に重点

[編集部コメント] 熱心な比較検証には頭が下がる。9冊のお買い上げありがとうございます。

[編集部コメント]
熱心な比較検証には頭が下がる。9冊のお買い上げありがとうございます。

☆部品交換が簡単

☆部品交換が簡単

[編集部コメント] 簡単に部品交換を行なえる構造はマニアにとってとてもうれしいこと。聴き比べがとても楽になる

[編集部コメント]
簡単に部品交換を行なえる構造はマニアにとってとてもうれしいこと。聴き比べがとても楽になる

☆外装=CL-88 [編集部コメント] ラックスマンのシステムに似せた作品は数多いが、唯一CL-88をモデルに選択している。OT1と合わせての収め方もきれい

☆外装=CL-88
[編集部コメント]
ラックスマンのシステムに似せた作品は数多いが、唯一CL-88をモデルに選択している。OT1と合わせての収め方もきれい

☆モバイルUSB-DAC&HPアンプ

☆モバイルUSB-DAC&HPアンプ

[編集部コメント] 強度とシールド性能は不安だが、革製ケースは斬新かつデザイン性に優れる

[編集部コメント]
強度とシールド性能は不安だが、革製ケースは斬新かつデザイン性に優れる

☆ストラップ付きポータブル型

☆ストラップ付きポータブル型

[編集部コメント] 2機種製作したうちのとりわけ携帯型の箱内収め方、ストラップ取り付け可能なデザインのポイントが高い

[編集部コメント]
2機種製作したうちのとりわけ携帯型の箱内収め方、ストラップ取り付け可能なデザインのポイントが高い

☆本物のカーボン仕様

☆本物のカーボン仕様

[編集部コメント] アルミの上にカーボン貼り付けは“シールド&整振”と捉えると音質にも相当メリットがあるのでは

[編集部コメント]
アルミの上にカーボン貼り付けは“シールド&整振”と捉えると音質にも相当メリットがあるのでは

●コンテスト選考について●
編集部内で投票を行なっています。音質で選考するものではないこと(文章と画像だけの投稿ですので)、また、弊誌が技術雑誌ではないことを踏まえ、アイデアを重視した選考基準となっております。

イベント情報! ディーアンドエム恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部

毎月第2金曜日に、D&Mの恵比寿ショールームで行われているクラシック、ジャズ、ポップスの厳選された新譜CDなどが聴ける「恵比寿オープンスタジオ音楽倶楽部」(協力:タワーレコード)

今月は12日の15:00から20:00の間で行われます。

当日の内容は以下の通り

15:00 今月の推薦盤・リクエストなど
16:30 ~生誕200年、リヒャルト・ワーグナー特集~
17:15 今月の推薦盤・リクエストなど
18:00 ~ワーグナー特集II ショルティの指輪~
18:45 今月の推薦盤・リクエストなど

詳しくは
http://www.denon.jp/jp/ebisu/event.html まで

目指せ! 耳の達人~クラシック音楽7つの“聴点”~ 発売します

ONTOMO MOOK
音楽」と「音」の匠が語る 目指せ! 耳の達人~クラシック音楽7つの“聴点”~

宇野功芳/山之内正 共著
定価1680円(本体価格1600円+税) 2013年4月19日発売

‚Ý‚Ý‚½‚Â2

クラシックを聴く際に、どんなことに目を向けるだろうか。「演奏者の音楽性」や「演奏の巧拙」? しかし、そういった評価は、実は聴く環境によってまるで変わってしまうことがある。コンサートによく行く人なら、ホールや座席によって印象が大きく変化することを知っている。レコード・ファンなら録音の良し悪しも気になるだろうし、オーディオ・ファンなら自分の再生装置でどんな音で鳴るかも興味の対象になる。しかし、それらは決して独立した要素ではなく、リスナーは様々な状況下において、それらを含んだ状態で音楽を聴いているのだ。
この本では、「レコード芸術」を始めとして各所に歯に衣着せぬ音楽評論を寄稿し、自らもオーケストラや合唱の指揮を行なう“音楽の匠”宇野功芳と、「Stereo」などのオーディオ誌におけるオーディオ評論や「レコード芸術」の録音評などを手掛け、自身もコントラバスを弾きクラシックにも造詣が深い“音の匠”山之内正の2人が、各々の実体験を交えながら、「クラシック音楽を聴く」という行為に深く関わる、しかしこれまで意外に語られなかった要素について対談。「ホールの響きと演奏に対する評価の関連性」「響きが演奏者の耳にどう影響するのか」「録音という行為がクラシックをどう変化させたか」「映像でわかること、わからないこと」「生の演奏とレコードで聴く演奏の違い」「再生装置によって音楽性はどのように変化させられるのか」など大きく7つのポイントについて激論を展開する。これまでとは少し違う視点を得て、より広く深く音楽を聴ける“耳の達人”を目指すための手引きともなるだろう。互いのリスニング・ルームを訪問し、気になるディスクや「ちょっと困った録音」を持ち合い、聴きながら意見を交換するシーンも興味深いところである。

Constellation Audioから新プリアンプVIRGO II が登場

Constellation Audio の主力プリアンプでVIRGOが、電源を強化しさらにグレードアップした VIRGO II が発売されます。

リファレンスモデル ALTAIR と同様の3独立電源による強力なドライブ力により、さらにスケールが広がりました。

□ ステレオプリアンプ VIRGO II (ヴァーゴII)
□ 定価 :3,300,000(税別)
□ 受注開始 2013年4月8日

※ 従来型 VIRGO も継続販売いたします。[2013年4月1日より \ 2,800,000(税別)]
また、VIRGO からのバージョンアップも可能です [バージョンアップ価格 \ 800,000(税別)]

詳しくは株式会社ステラ http://stella-inc.com/ まで