ハクエイ・キムのニューアルバム発売

ハクエイ・キム“トライソニーク”『ボーダレス・アワー』
UCCJ-2113 SHM-CD仕様 ¥3000(tax-in)

「Stereo」2011年1月号付録“究極のオーディオチェックCD”でデビュー・アルバムを取り上げたハクエイ・キムの最新作にして、自身初となるエレクトリック・サウンドに特化したアルバムがリリースしました。

ハクエイがリーダーを務め、杉本智和(b)、大槻KALTA英宣(ds)という実力派ミュージシャンによるトリオ=トライソニーク名義での作品です。

本作でハクエイはピアノだけでなく、神奈川工科大学の研究チームが開発した新型の電気鍵盤楽器=ネオヴィコードを使用。クラヴィコードの発音機構を用いつつ,調律の安定性やメンテナンス性,各部の調整機能を有する楽器として開発され、本作での様々な場面で活躍しています。オーディオチェックCDとしてご利用ください。

http://www.universal-music.co.jp/hakuei-kim/

<収録曲>
1.イントロ / Intro
2.ジャッキー・オン・ザ・ラン / Jackie On The Run
3.パラレル・ブルース / Parallel Blues
4.クロック・ワーク・ロック / A Clockwork Rock
5.レクイエム / A Requiem
6.ゲートウェイ / The Gateway
7.メソポタミア / Mesopotamia
8.アンティキテラ・メカニズム / Antikythera Mechanism
9.オン・ザ・ホライズン / On The Horizon
10.モノリス / Monolith

2013年2月26~28日ビクタースタジオにて録音
All songs written by ハクエイ・キム
All songs arranged by トライソニーク
Produced by トライソニーク
Executive Producer:靑野 浩史(area azzurra)
Recorded and Mixed by 高田 英男 at ビクタースタジオ
Mastered by袴田 剛史 at ビクタースタジオ
Piano Technician: 辻 秀夫

“A Borderless Hour” リリース・ツアー決定!

8/30 (金) ビルボードライブ 大阪
9/13 (金) ビルボードライブ 東京
9/15 (日) 鈴鹿どじはうす
9/16 (月・祝) 金沢もっきりや
9/17 (火) 長野バックドロップ
9/21 (土) 甲府コットンクラブ
9/22 (日) 袋井マムゼル
9/23 (月・祝) 名古屋ジャズイン・ラブリー
9/25 (水) 桐生ビレッジ
9/26 (木) 福島いわきバークイーン
9/27 (金) 秋田ザ・キャットウォーク
9/28 (土) 盛岡カフェバーS
9/29 (日) 宇都宮RADIO BERRY FM栃木

ゾノトーン 新製品モニター募集

ケーブルメーカー ゾノトーンより新製品のモニター募集が発表されました。

この機会にゾノトーン製品を体験してみてはいかがでしょうか?

 

【対象製品・募集人数】
①(フォノ/トーンアームケーブル製品)
6NTW-6060 Meister (S) ストレート5Pin端子-RCA(1.2m) 5名様
(※長さ1.2mはモニタープレゼント用特別仕様となります。)

②(フォノ/トーンアームケーブル製品)
6NTW-6060 Meister (L) L型ネック5Pin端子-RCA(1.2m) 5名様
(※長さ1.2mはモニタープレゼント用特別仕様となります。)

③(フォノ/トーンアームケーブル製品)
6NTW-6060 Meister (RCA) RCA-RCA(1.2m) 5名様
(※長さ1.2mはモニタープレゼント用特別仕様となります。)

④(デジタルケーブル製品)
Silver Meister HD-10000(1.0m) 3名様

【応募方法】
①インターネット(弊社ホームページ 応募フォーム特設ページ)
②普通はがきによる郵送
(送付先)
〒164-0001
東京都中野区中野1-28-11
株式会社前園サウンドラボ 東京営業所「新製品モニター」係

【応募期間】
2013年8月1日~2012年8月31日

【締切り】
インターネット・郵送とも、2013年8月31日(土)まで。郵送は当日の消印まで有効。

【発表】
9月上旬に厳正なる抽選を実施後、当選の方には直接メール、もしくはお電話にてご連絡をさせて頂きます。
(ホームページ等での発表は実施致しません。)

【応募にあたっての注意事項】
①約1ヶ月間製品をご試用後、アンケートにお答え頂きます。
②モニター終了後は製品のご返却は不要です。
③アンケートにお答え頂きましたご感想やご意見は、弊社ホームページ、広告等で使用させて頂く場合がございます。

【モニター募集掲載弊社Webページ】
http://zonotone.co.jp/news/news2013-07-22.html

イベント情報:スフォルツァート×アコースティックエンジニアリング共同試聴会

●Acoustic Audio Forum スフォルツァート×アコースティックエンジニアリング共同試聴会のお知らせ

ネットワークオーディオ再生の旗手 ㈱スフォルツァートとリスニングルームや音楽室などの設計・施工で実績のある ㈱アコースティックエンジニアリングによる異色?のコラボが実現。
ハイレゾDSD再生をテーマに、全2回にわたり、それぞれのショールームにゲストを招いて開催される。

Part1:九段北セッション
日時:7/28(日) 13時~15時/15時30分~17時30分
会場:アコースティックエンジニアリング・ショールーム
試聴機材:
DSD対応ネットワークプレーヤー スフォルツァート sfzDSP-03
DSD配信対応NAS BUFFALO LS421D0402P
解説:村井裕弥氏
定員:各回10名 

Part1:高幡不動セッション
日時:8/4(日) 13時~15時/15時30分~17時30分
会場:スフォルツァート 試聴室
試聴機材:
DSD対応ネットワークプレーヤー スフォルツァート sfzDSP-03
DSD配信対応NAS BUFFALO LS421D0402P
解説:未定
定員:各回15名

※参加は各会場ともすべて予約制

参加申込・お問合せは
オーディオショップ カンタービレ
■連絡先
info@cantabile.jp
tel: 042-707-8041 / 050-3631-2496

stereo8月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

前回登場・小笠原宣さんのオーディオ仲間だという後藤薫さん。案内された部屋にはディナウディオのEvidence Temptationが計7本。その土台を支える肝として、FMアコースティクスのアンプコンビが鎮座している。愛知~岐阜県編第3回目も、世界は打って変わる。

付録ユニットで競おう!自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ

8月号に今年もスピーカーユニットの付録がつきました。今回はデンマーク・スキャンスピークが本誌のために開発を行なった50㎜ 径フルレンジ完成品。ステレオ50周年を記念してのなんとも粋なオマケです。ならば今年も、やらないわけにはいきません! この付録フルレンジスピーカー・ユニットを使用しての自作スピーカーコンテストの開催をここに告知させていただきます。

本誌が主催する自作スピーカーコンテストも、2003〜2008年に毎年行なわれたコンテストとあわせ、今回でちょうど10回目。おかげさまで“月刊ステレオのスピコン”は回を重ねるごとに応募者数を更新しています。そこで新たな試みとして「匠」「一般」「共作」という3つの部門を設け、作品の募集をいたします。作品規定に従ってスピーカーを製作し、必要書類を下記の宛先までお送りください。写真や図面等による一次選考を行なった上で、試聴と書類による最終選考を実施。10月27日の作品展示会・授賞式にて各賞を発表させていただきます。本誌筆者による自作スピーカーも霞むほどのオリジナリティ溢れる名機のご応募、今年もお待ちしています!

●作品規定

8月号付録のフルレンジスピーカー・ユニットのみを使用し、エンクロージュアの高さ100 ㎝以下、幅・奥行き50 ㎝以下、重さ30kg 以下のもの

●募集部門

部門」

対象:2010~2012 年「本誌付録ユニットによる自作スピーカーコンテスト」、2003 ~ 08 年「本誌主催・自作スピーカーコンテスト」において受賞歴がある方の作品
※ 前述のコンテスト受賞時に中学生以下だった方は除きます

一般部門」
対象:前述のコンテストにおいて受賞経験がない方の作品
※ 前述のコンテスト受賞時に中学生以下だった方は、「一般部門」の対象になります

「家族共作部門」
対象:「親子で」「夫婦で」「兄弟・姉妹で」「孫と」など、家族内2 人以上での共同製作による作品
※ 下記の必要記載事項に加えて、「共同で製作を行なった方それぞれの担当作業内容」を明記し、「共同製作時の様子がわかる写真」と「製作を行なった方それぞれの感想コメント」を添付してください

●必要書類(全部門共通)

・スピーカーの完成写真・内部構造がわかるようなもの(図面、工程写真など)
・作品の紹介文

●必要記載事項(全部門共通)

応募部門、氏名、年齢、職種、自宅の郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス

●締切り

2013 年9 月10 日(火)必着

●コンテスト応募先

〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30㈱音楽之友社 「Stereo」編集部
「自作スピーカーコンテスト」係宛
※ 一次選考の結果は通過者のみの連絡とさせていただきます
※ 一次選考通過作品は、10月8日(火)までに上記のコンテスト応募先まで作品をお送りいただくことになります。なおその際の送料ならびに作品展示会・授賞式にお越しになる場合の交通費等はご負担ください
※ 作品展示会・授賞式が終了次第、作品は宅急便で返送させていただきます。細心の注意を払って取り扱わさせていただきますが、万一作品に破損などございましてもご容赦ください

作品展示会・授賞式概要

●日時:10月27日(日)12時30分〜18時00分(予定)
●場所:音楽之友社 音楽の友ホール
●表彰内容(予定)
グランプリ/ステレオ賞(以上、全体から選出)
「匠部門」:テクニカルマスター賞/他
「一般部門」:テクニカルマスター賞/他
「家族共作部門」:ベストコンビネーション賞/他
●タイムスケジュール(予定)
14時00分〜15時00分 表彰式
15時30分〜17時00分 受賞作品の試聴会
※常時展示予定……最終選考参加作品、協賛各社の出展
■審査員
石田善之、須藤一郎、小澤隆久(敬称略、予定)

〈作品展示会・授賞式のご案内〉

作品展示会・授賞式は一次選考の応募や結果に関係なく希望者の入場が可能です。ただし定員150名様までのご案内とさせていただきますので、入場を希望される方は必要事項(下記参照)を記載の上、ハガキ、ファックスまたは電子メールにて下記宛先までご応募ください。
●必要記載事項
氏名、年齢、職種、自宅の郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、入場申し込み人数
〈宛先〉
㈱音楽之友社 「Stereo」編集部
「自作スピーカーコンテスト 作品展示・授賞式」
応募係宛
〈応募締切〉
2013年10月11日(金)必着
〈受付住所〉
〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
〈受付FAX 番号〉
03-3235-2102
〈受付E-mail アドレス〉
st_craft_contest@ongakunotomo.co.jp
※ 当日の交通費はご負担ください。なお、弊社に駐車場の用意はございません

ステレオ8月号発売中!

ステレオ8月号 特別定価2,990円[本体2,848]

ステレオ8月号
特別定価2,990円[本体2,848]

お待たせしました。
ステレオ8月号の発売です!

unit2013

★豪華特別付録★
スキャンスピーク製 高性能強力マグネット搭載50mm
フルレンジスピーカー・ユニット(ペア完成品)

小口径ながらも高価な高性能パーツを贅沢に投入した逸品です! 

増大特集
創り上げる! 楽しみつくす! 私だけの音世界 オーディオクラフト2013
・付録のスピーカーユニット“スキャンスピーク5F/8422T03”の全貌(石田善之)
・梱包箱エンクロージュアのつくりかた
・付録ユニットにエンクロージュアをつくってあげよう!(小澤隆久)
・これは簡単! 付録ユニット用エンクロージュア・キット
・スピーカー競作2013 本誌筆者6人の主張「付録の50㎜径ユニット、私ならこう使う!」
 (石田善之/須藤一郎/浅生昉/小澤隆久/炭山アキラ/村井裕弥)
・工作人間大集合2013
・オーディオクラフトショップ情報2013

連載

Stereo試聴室 話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[プリ・メインアンプ部門]ニューフォース IA-18
[スピーカーシステム部門]KEF Q300 Version UP/ソナス・ファベールVenere 1.5 Wood/エラック BS 312/ピエガ TMicro 6/ウィーンアコースティクス/Beethoven Baby Grand Symphony Edition/ダリ EPICON 8

音の見える部屋 オーディオと在る人(田中伊佐資[今月の人:後藤薫さん])
いい音いい場所いいお店「タカシン電気」(上田高志)
アクセサリーファイル
 中村製作所 NIP-02SQ、NIP-03(村井裕弥)
 iFIオーディオ iDAC iLINK(生形三郎)
注目製品ファイル
 ①プロジェクトCD Box S(林 正儀)
 ②プロジェクトHead Box DS/Head box S USB(林 正儀)
 ③ヘーゲル H300(角田郁雄)
 ④ティアック CD-H750(鈴木 裕)
 ⑤ティアック PD-H01(鈴木 裕)
 ⑥オラソニックNANO-D1(角田郁雄)
新製品ニュース (遠藤正奥/峰尾昌男)
編集長が「聴く見る書く」音の余白に:「イクリプスに見るフルレンジの魅力と可能性」
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
短期連載 120%のオーディオ環境!? “光冷暖システム”の愉楽(村井裕弥)
Stereoトピックス 100% Pure LP第2弾(岩間哲男)
 イベント情報:フォステクスHR振動板の進化
使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
ステレオクラブ~読者の広場
Stereo迎賓館:「アバンギャルド/ピーター・ブラウン」(林 正儀)
ステレオ・ディスク・コレクション
 今月の優秀録音(峰尾昌男)
 今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
 今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/ [日本のポピュラー](富澤一誠)
BOOKS
タウンインフォメーション

イベントレポート アムトランス主催 もっとたくさん音楽を楽しむ会

オーディオショップと音楽家、異色のコラボが実現。
もっとたくさん音楽を楽しむ会
「クラリネットのお国柄~ベルリン・フィル首席クラリネット奏者ヴェンツェル・フックス氏とともに~」

去る7月6日(土)、アムトランス㈱が運営するオーディオショップ「オーディトリアム」にて、オーディオと音楽を楽しむ会、「クラリネットのお国柄~ベルリン・フィル首席クラリネット奏者ヴェンツェル・フックス氏とともに~」が催された。

オーディオショップで、音楽家による楽器の解説を中心にしたイベントというと少し違和感があるかもしれないが、企画したアムトランスの草薙社長によると、停滞が続くオーディオ業界を盛り上げるためには、広く「音楽」という観点から全体を盛り上げるといった機運が必要ということで、今回このイベントを開催したとのことだ。

当日は、古典クラリネットからドイツ式、ウィーン式、フランス式、さらにはアメリカ式まで、クラリネットの各国あるいは地域ごとの形状や演奏方法の違いと、それに関わる発達の歴史などを、当時の貴重な楽器を実際に見せながらの解説が行われ、それぞれ代表的なレコード及びCDで演奏を鑑賞する一方、東京藝術大学の招きで来日中のベルリン・フィル首席クラリネット奏者であるヴェンツェル・フックス氏と、東京都交響楽団首席クラリネット奏者の三界秀実氏も来店し、それぞれのクラリネットの音の違いを、実際に吹いて聴かせてくれたり、クラリネット二重奏を披露してくれたりと、大いに会場を盛り上げてくれた。

アムトランスでは今後もこういったイベントを企画していきたいというので、オーディオファンのみならず音楽ファンとしても楽しみだ。

フックス

新宿東口ビックロにてStereo8月号/MOOK「スピーカー工作の基本&実例集2013年版」発売記念イベント開催

Stereo8月号(特別付録:スキャンスピーク製5㎝フルレンジユニット)、MOOK「スピーカー工作の基本&実例集2013年版」(特別付録:ダブルバスレフエンクロージュア・キット)、MOOK「スピーカー工作の基本&実例集2013年版」(特別付録:バックロードホーンエンクロージュア・キット)の3冊同時発売を記念して、新宿東口ビックロにてイベントを開催します。

イベントでは、スキャンスピーク フルレンジスピーカーユニットの紹介。ダブルバスレフ型エンクロージュア・キット/バックロードホーン型エンクロージュアキットの紹介と試聴会を行います。

また当日 ビックロ ビックカメラ新宿東口店にてStereo8月号とMOOK「スピーカー工作の基本&実例集2013年版」を2セットで購入していただき、イベントにご参加頂いた各回先着10名様に特典プレゼントを用意しております。

是非、ご参加ください。

≪イベント日時≫
7月20日(土) 第1回:13時スタート、第2回:14時スタート
7月21日(日) 第1回:13時スタート、第2回:14時スタート

≪場所≫
ビックロ新宿東口店4階 オーディオ試聴室
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-29-1

大きな地図で見る

ステレオ8月号 特別定価2,990円[本体2,848]

ステレオ8月号
特別定価2,990円[本体2,848]

スピーカー工作の基本&実例集2013 年版 特別付録:ダブルバスレフ型エンクロージュア・キット 定価3,780 円〔税込〕 B5 判

スピーカー工作の基本&実例集2013 年版
特別付録:ダブルバスレフ型エンクロージュア・キット
定価3,780 円〔税込〕 B5 判

 

スピーカー工作の基本&実例集2013 年版 特別付録:バックロードホーン型エンクロージュア・キット  定価3,990 円〔税込〕 A4 判

スピーカー工作の基本&実例集2013 年版
特別付録:バックロードホーン型エンクロージュア・キット 
定価3,990 円〔税込〕 A4 判

 

8月号 使い方を知る~オーディオの新常識 ●福田雅光

8月号のテーマは「付録スキャンスピーク5㎝スピーカーユニットに効くZOBEL回路」。その他、この秋発売予定「自作でオーディオアクセサリーpart.2」特別付録RCAケーブルキットの試作品をイチ早くレポートします。
詳しくは本誌「Stereo」8月号をご覧ください。