年末の「ベスト・バイ・コンポ」と「年間最優秀コンポ」について

「ベスト・バイ・コンポ」と「年間最優秀コンポ」の時期が入れ替わります。

変更点

●毎年12月号に実施していました「ベスト・バイ・コンポ」は1月号(2013年12月19日発売)になります。
●毎年1月号に実施していました「年間最優秀コンポ」は12月号(2013年11月19日発売)になります。
●12月号にて実施していました「もう1つのベスト・バイ(USB-DAC、ネットワークプレーヤーなど)」は12月号の「年間最優秀コンポ・ファイルオーディオ編」として新たに出発します。
●2014年から「ベスト・バイ・コンポ」は毎年6月号に実施します。このため2014年の号は1月号と6月号にて「ベスト・バイ・コンポ」を実施予定です。

Stereo9月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

3回で終了予定だった愛知~岐阜編が大型化。今回も引き続き、愛知県は名古屋市にお住まいの日比野学さんのお部屋を訪問する。メインスピーカーは、このページの最小口径記録を更新する12㎝径フルレンジ型。そこには紆余曲折を経てたどり着いた境地があった。

Stereo9月号 実況!録音オーディオの世界―デジタル録音/再生情報局 ●生形三郎 ZOOM H6

Stereo9月号よりスタートした、新連載「実況!録音オーディオの世界-デジタル録音/再生情報局」。第1回目はズーム H6。実際にナマロクした音を聴いてみよう!


matsuri-01_XY
matsuri-02_XY
matsuri-03_MS

地域の阿波踊り大会の様子を収録。踊り手と演奏者は幅10m程の道路を右から左にゆっくりと移動していく。そのすぐ道路脇から収録した。01はスタート地点付近での収録で、演奏者が手前側で停まって演奏し、その向こう側を踊り手が掛け声と共に通り過ぎていく。そのあとにゆっくりと後を追って演奏者が左側に移動していく。ほぼ全員が左側に過ぎ去ったところで、右端で次の団体が掛け声を出しスタートしているのが分かる。楽器を演奏しながら歩き回っている様子や、太鼓の音の厚みがしっかりと捉えられている。02は踊り手と演奏者が右から左へ通り過ぎていく様子を収録。右から左に移動していく際のXY特有の定位の良さに加え、太鼓の演奏のバチさばきが小気味よく録れているのがわかる。
03は阿波踊り会場の道路脇に展開する露店前の人混みで収録したもの。MSマイクが捉える左右の音とセンターの音が際立ち、会場の雰囲気が立体感よく収録されている。


morning_XY
morning_MS
内蔵マイクの種類による広がり感やS/Nなど音の違いを比較するため、早朝の住宅街で収録した音風景。手前に大きめの空き地があり、それを囲む様に住宅が並ぶ。空き地の草むらでは虫が鳴いており、その脇にある電信柱にとまっている雀の鳴き声が住宅に反射し空き地に響き渡っている。また、数百m程先の国道を走る車の音も微かな低音として聴こえる。MSマイクでは、左右の響きも大きく収録され、高域の強さもあって広さや立体感、明瞭感のある響き。XYマイクでは、国道を走る車が響かせる重低域をよく拾っており低域特性の良さが伺える。また右側のマンションの窓から漏れるテレビの音声も僅かに聴き取れ、定位の良さや繊細さがわかる。


piano_XY
ピアノレッスン用の小さな小部屋にある小型のグランドピアノを強引に録音した。狭い部屋のためピアノと充分な距離が取れず、中域が強調されてしまっているが、響板でうねる弦の余韻が、マイクのセルフノイズに埋もれることなく綺麗に収録されているのがお分かり頂けると思う。ハッキリくっきりとした音が特徴のピアノだったが、H6の内蔵XYマイクが高域を僅かに上品に収録するのと、低域もしっかりと拾うことが相まって、近距離からの録音でも耳に痛い音になりにくく、柔らかめの音で収録できた。また、打鍵に伴う細かいハンマーの動作音やイスのきしみ、高域と低域の弦の場所の違いも明確に聴き取れる。最後に最低音を弾いたが、その低域もしっかりと録音されている。


train_MS
train_XY
踏切手前から、目の前を横切る列車を収録。MSマイクでは左右からの音を大きく拾い、目前を電車が通り過ぎる様子がダイナミックに描写される。(後半に風によるフカレ有り)XYマイクでは、MSマイクの様な派手さは無いものの、目前を通る電車が遠くからやってくる移動の過程がリアルに聴き取れる。また線路のつなぎ目を通過する時に発せられる重低音もきちんと収録されている。


hanabi_XY
花火大会のフィナーレ付近を収録。フィナーレ間際に駆け込みでのゲリラ的収録だっため、土手の上に立見ですし詰め状態の中から収録。最大に伸ばした三脚の先にレコーダーを取り付け、それを頭上1m程に掲げて録音。向かいの対岸から、やや左前方の空に向かって花火が打ち上げられている。打ち上げ場所までは約350m程。花火や歓声と共に、ホーン型のスピーカーから拡声された音楽が、風に流されながら辺りに響き渡っている様子が、臨場感豊かに収録されている。


douro_MS
片側2車線、合計4車線の国道脇で収録。電車同様、ダイナミックな車の移動が捉えられている。映像音声などに使用する場合に特に効果的であろう。最後に奥側の斜線を車が右に通過していく様子が、道路を挟んで向かい合っている建物に反射する音でよくわかる。その直後に信号が変わり、左側前方から歩行者が横断歩道を渡りこちらに向かい話しながら歩いてくる。

ステレオ9月号は8月19日(月)発売!!

Stereo_09.7.25Stereo9月号 定価900円

特集
変貌するアンプ
~現代のオーディオアンプ像

■本誌筆者が注目するアンプ動向●石田善之/藤岡 誠/林正 儀/岩井 喬/角田郁雄
■現代アンプ事情●柴﨑 功
■オーディオ界の趨勢、ここに極まる!?
徹底試用! USB接続対応プリ・メインアンプ●鈴木 裕
■音と映像の近未来を担うAVアンプ●山之内 正
■音量調節機構が深化
ボリューム回路による聴こえ方の違いを探る●生形三郎
■ここに注目! 新化するアンプの技術●村井裕弥

特別企画

■ピュアオーディオファンにも、PC派にも使えるパーフェクトウエーブシリーズ●藤岡 誠/岩井 喬■バッファローからオーディオ向けのネットワーク機器が登場した!●角田郁雄
■本誌協賛! コルグ第4回 MR倶楽部『鉄道を録る』レポート●石田善之
■この夏、入魂の自作サブウーファー「スタンドウーファー2013製作記」●石田善之

連載

Stereo試聴室 ★話題の新製品を聴く

●石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正: 遠藤正奥(解説)
プリ・メインアンプ部門:マッキントッシュ MA5200
パワーアンプ部門:アキュフェーズ P-4200
スピーカーシステム部門:KEF Q900(Version UP)、ピエガ Premium 3.2、ソナス・ファベール Venere 3.0 WH

音の見える部屋 オーディオと在る人●田中伊佐資
[今月の人:日比野 学さん]

いい音いい場所いいお店「チャレンジャー音響」●上田高志

アクセサリーファイル特別版:エソテリック 新MEXCELシリーズ

注目製品ファイル
❶エラック BS312 ●岩井 喬
❷レベルオーディオ M105/F208●林 正儀
❸マニュファクチュール Ellipse Ⅱ●林 正儀
❹ノーススターデザイン Impluso●角田郁雄
❺ProAc Studio100●林 正儀
❻プロジェクト Phono Box DS●篠田寛一
❼マランツ PM6005/CD6005●林 正儀

Stereoトピックス
プラチナSHM登場!●岩間哲男
鬼太鼓座SACD BOX発売●生形三郎

予告! Stereo試聴室『別館』話題のデジタルファイルコンポを聴く

年末恒例の『ベストバイ』、『年間最優秀コンポ』の変更点について

編集長が「聴く見る書く」 音の余白に

「FMチューナー、そしてラジオの楽しみ」

新製品ニュース●遠藤正奥/峰尾昌男

短期連載:120%のオーディオ環境!?“光冷暖システム”の愉楽●村井裕弥

使い方を知る ~オーディオの新常識~●福田雅光

ヴィニジャン ~アナログの壺~
凝縮取材! 大阪16インチ・プラッター愛好会の巻(前編)●田中伊佐資

テラシマ円盤堂 ●寺島靖国

ステレオクラブ ~読者の広場~

新連載 実況! 録音オーディオの世界●生形三郎

ステレオ・ディスク・コレクション
今月の優秀録音盤 ●神崎一雄
今月の特選盤 ●石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥
今月の話題盤
クラシック●浅里公三
ジャズ●市川正二
ロック/ポピュラー●宇田和弘
日本のポピュラー●増渕英紀

私の特選! ミュージックファイル ●今月の選者 : 上谷直子

近日発売予定!? LXA-OT1+LXU-OT2セット

IMG_6232a

2012年1月号付録のデジタルアンプLXA-OT1と2013年1月号付録のヘッドフォンアンプ付USB-DACのLXU-OT2を少量入手しました。オリジナルケースに入れてこのセットを販売する予定です。今回限りの限定品となります。詳細は後日改めて発表します。

FMラジオでスピーカー工作の基本&実例集2013年版の付録が紹介されます

book01book02

 ジャパンエフエムネットワーク(JFN)の全国放送情報番組「デイリーフライヤー」8月16日(金)13時~13時30分放送の「欲しくなる付録」特集で『ONTOMO MOOK STEREO編スピーカー工作の基本&実例集2013年版』付録のエンクロージュアキットが紹介される予定です。お時間のある方はぜひ聞いてみてください。

◆番組名     :JFN 全国情報番組 『 デイリーフライヤー 』
           http://www.jfn.jp/RadioShows/daily
◆放送日     :8月16日(金) 13時~13時30分 放送予定
◆パーソナリティ:月火金曜:大橋俊夫   水木曜:井門宗之
◆放送局ネット :全国28局ネット各FM局

オーディオ&ビジュアル専門店 アバック 秋葉原本店が大幅リニューアル!

オーディオ&ビジュアル専門店 アバック秋葉原本店が、この夏 生まれ変わる!

 

関東圏を中心に全国にショップを展開するA&Vの専門店アバックの秋葉原本店が、フロアを改装し、8月中旬にリニューアルしてオープン。

今回のリニューアルで、1Fをハイエンドオーディオ、2Fをミドルクラス&中古オーディオスペースとして、商品ラインアップも大幅に増強される。

ハイエンドオーディオに関してはJBL「DD6700」を中心に、800DiamondやELIPSAといった人気スピーカー、MarkLevinsonの「No52」を中心にMcIntoshやJEFF ROWLAND、EsotericやLINNといった高級コンポーネントが試聴できるスペースに。

ミドルクラス&中古オーディオフロアはJBLやB&W、ELACやTANNOY、などの人気海外スピーカーを中心に、LUXMANやmarantz、DENONやONKYOの国内人気コンポーネントの試聴が可能となる。
併せて掘り出し物が見つかる中古オーディオ商品も同時に展示し、実機を確認しながら中古購入を検討する事ができるそうだ。

8/15(木)から展開予定。

詳しくはこちらまで

エンクロージュア・キット音質向上テクニック

book02book01

好評を頂いています「ONTOMO MOOK STEREO編スピーカー工作の基本&実例集2013年版」の付録エンクロージュア・キットについて、ちょっとした音質アップ技を紹介します。

●吸音材の変更

皆さん、キットに含まれていた吸音材をそのままお使いになっているかと思います。キットの吸音材でもそこそこの音質になりますが違う素材に変えると音も違ってきます。かつては絹などの天然素材がいいと言われていましたが、最近はいろいろなものがあるので身近なもので試してみると良いでしょう。布だけでなく水槽ろ過用フィルターなど他の用途のものでも以外に良いものがあるようです。IMG_0417aのコピー
スピーカーユニットを外して吸音材をいれかえます。ユニットの取り付け、取り外しの際はドライバーを振動板に刺したりしないように注意してください。写真はダブルバスレフ型ですが、バックロードホーン型も同様です。

IMG_0416aのコピー
バックロードホーン型はユニットを取り外して空気室の吸音材を変える方法のほかにホーン出口の奥に少量吸音材を詰めるという方法もあります。

●仕上げテクニック

IMG_0418
編集部員が作ったダブルバスレフ型は100円ショップで購入した塩ビシートを貼って仕上げました。塗装は汚れるし面倒だという方におすすめです。

 

IMG_6249aq

先日ビックロで試聴イベントを行ないましたがダブルバスレフ型の方が人気がありました。どちらがいいか迷っている方には音楽のジャンルを選ばないダブルバスレフ型がおすすめです。

誰でもできる! 自作でオーディオアクセサリーpart.2(特別付録:RCAケーブル・キット)発売決定!

ONTOMO MOOK Stereo編
誰でもできる! 自作でオーディオアクセサリーpart.2
特別付録:RCAケーブル・キット

【判型・頁数】B5・24頁
【発売日】2013年10月19日(土)
【定価】3885円(予価)

 2012年10月発行の「誰でもできる!自作でオーディオアクセサリー」で好評をいただきました特別付録:電源ケーブル・キットの第2弾。今回の付録はStereo読者のみなさまからのご要望も高かった特別付録:RCAケーブル・キット!!
RCAケーブルも完成品だけでなく、切り売りケーブル、プラグ単体で販売されており、ハサミとドライバーがあれば簡単に自作することができる。未経験の方も、これを機会にオーディオの楽しみを体験してみてはいかがでしょうか。

【内容(予定)】
●RCAケーブルを知ろう
・RCAケーブルの構造、役割について説明
  RCAケーブルのタイプ、同軸構造、シールド構造などの特徴、本誌付録のPCOCC-Aの説明。
  その他、OFC、6N,7Nなどの説明
・RCAプラグのタイプ
  コレットチャック、メッキの種類、ネジ止めタイプ/ハンダタイプ

●自作RCAケーブル 作り方/使い方
・付録RCAケーブルキットの作り方、使い方を説明

●オススメ自作RCAケーブル
・RCAプラグ―切り売りケーブルオススメの組み合わせ

●ケーブルの「音の館」 
ステレオ編集部でオススメ自作RCAケーブル、ケーブルに巻く、貼る、長さ、セッテイング、などいろいろな実験を行い試聴する
・付録RCAケーブルを使ってみました
  プロミュージシャンに実際に作っていただき、現場でも使っていただきレポートする

◎特別付録
RCAケーブルキット 1mペア

ケーブルは導体に0.9mmφPCOCC-A単線を採用したシールドレス仕様
Stereo×オヤイデ共同開発のオリジナルモデル

RCAプラグ(金メッキ、ネジ止め式)もStereo×オヤイデ共同開発
オリジナルモデル

 
★下記のWebサイトで予約受付中
アマゾン
セブンネットショッピング
ブックサービス