2013-11

2014年

『究極のオーディオチェックCD 2014』パイプオルガン収録

CDの収録も佳境です。フィリア美術館(山梨県小淵沢)のパイプオルガン録音に行ってきました。パイプオルガンを導入することを前提につくられた建物なのでとても響きがきれいでした。パイプオルガンはストップと呼ばれるスイッチで音調を変えることがで...
1月号

LXA-OT3詳報その7

  電源あれこれ 専用ACアダプターがついてきますので、そのまま楽しめるこのアンプですが、電源を別のものにして楽しむこともできます。上記の写真は編集部が製作したアナログ電源です。詳しくは1月号で紹介しますが、アナログ電源にすると更にS/...
2014年

Stereo2月号の付録は『究極のオーディオチェックCD 2014~目指せ! 原音再生』

2014年2月号には付録としてCDがつきます。今回もこのCDのために新規に収録した音源が満載です。現在、制作途中ですが内容を少しずつ紹介していきたいと思います。先日、収録した楽器はヴァイオリン、チェロ、アルトサックス、そして、ドラムセットで...
12月号

Stereo12月号 訂正とお詫び

Stereo12月号 年間最優秀コンポ P49 オクターブ HP300SE 音声入力端子にPhono(MM)とありますが、phono(MM)には対応しておりません。 謹んで訂正の上お詫び申し上げます。
MOOK

オーディオ「お助け」ハンドブック 予約受付中!

オーディオシステムの調子が心配だ! コンポを修理したい! コンポを売買したい! あの頃の名機を入手したい! そんなファンのための一冊 ONTOMO MOOK オーディオ「お助け」ハンドブック 「チェック&メンテ、修...
12月号

Stereo12月号録音オーディオの世界 ●生形三郎

いよいよ本日発売!待望のDシリーズ6年ぶりの新製品、ソニーPCM-D100を試用。 実際に録音した音源は以下のサイトで公開中!
12月号

訂正とお詫び

Stereo12月号で以下の間違いがありました。 P111の上段写真のキャプション モノラルブロックはステレオパワーアンプの誤りです。 また 最下段右から2行目、6BQ5EL64は6BQ5(EL84)の誤りです。 P112の最...
1月号

LXA-OT3詳報その6

サイズはLXA-OT1と同じ LXA-OT3の基板サイズ、ボリュームや各端子の位置と大きさはLXA-OT1と同じですので、LXA-OT1のケースがそのまま使えます。コンデンサーの高さが少し違いますが、端子より低いので影響ありません。
12月号

12月号 使い方を知る~オーディオの新常識 ●福田雅光

12月号は、福田雅光氏が考案したスーパー・スピーカーマトリックスの方法をStereo8月号の付録、MOOKダブルバスレフキットを使って紹介。通常のマトリックス方式と違い、アンプを2台使って再生をする。アンプは2014年1月号付録デジタル...
12月号

Stereo12月号は明日発売です!

Stereo 2013年12月号 特別定価1,000円  11月19日(火)発売 [内容] 増大特集:これが2013年の№1だ! 「年間最優秀コンポ」これがトップモデルだ! 2013年 私のNO.1!  (石田善之/神崎一雄/須...