Stereo2月号付録CD詳報その3

コンセプトの“原音再生”のために収録環境にもこだわりました。壁や天井に吸音処理が施された半無響室は反響がほとんどない部屋です。この環境で録音することにより楽器の微細な音も捉えることができました。

Stereo2月号付録CD『究極のオーディオチェックCD 2014』ドラムセット編
演奏:吉岡優三さん

Stereo2月号付録CD詳報その2

2月号付録CD『究極のオーディオチェックCD 2014』パイプオルガン編①
Track No.20■J.S.バッハ:コラール「我唯一の神、父を信ず」BWV740
演奏:塚谷水無子さん

山梨県にあるフィリア美術館の展示室内に設置してあるパイプオルガンです。パイプオルガンを設置することを前提に設計された建物は響きがとてもきれいです。

フィリア美術館外観b
フィリア美術館外観

IMG_8396z
パイプオルガンは美術館1階の第1展示室に設置してあります

フィリア美術館
http://www.philia-museum.jp/

1月号(付録LXA-OT3)いよいよ発売です!

book

●Stereo 2014年1月号 特別定価3,700円、12月19日(木)発売●

ot3001
★新春特別付録
 ラックスマン&Stereo共同企画「オリジナルデジタルアンプLXA-OT3」
      ―出力増大・音質対策版!―

増大特集
本誌筆者が選ぶお買い得コンポ ベスト・バイ・コンポ2013
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正)
・トップモデルはこれだ!!(製品解説:遠藤正奥)
・選考方法・入賞モデル一覧
・選考にあたって
・デジタルプ関連レーヤー部門
・プリ・メインアンプ部門
・コントロールアンプ部門
・パワーアンプ部門
・スピーカーシステム部門

●特別企画 特別付録デジタルアンプLXA-OT3でオーディオを楽しもう!(村井裕弥/編集部)
●自作スピーカーコンテスト授賞式・作品展示会 詳細レポート 後篇(鈴木裕)
●stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[カートリッジ部門]オーディオテクニカ AT-ART9
[プリ・メインアンプ部門]ソニー TA-A1ES/オクターブ V110
[スピーカーシステム部門]フォーカル Aria926/ディナウディオ Excite X14

●Stereo試聴室★話題の新製品を聴く《別館》・デジタルファイル・コンポ編
(鈴木 裕/角田郁雄/山之内 正、プロフィール&使用感:生形三郎)
・HDDオーディオプレーヤー ソニー HAP-Z1ES
・USB DAC ノーススターデザイン Excelsio
●連載「音の見える部屋」今月の人:花村圭さん(田中伊佐資)
●いい音、いい場所、いいお店「ラトックシステムズ」(上田高志)
●創刊50周年記念企画 「ステレオ誌面に見るスピーカー隆盛史⑤」(村井裕弥)
●注目製品ファイル
①エラック BS314(藤岡 誠)
②エソテリック Grandioso P1/D1/M1(鈴木裕)
③ミューテック LM-H(篠田寛一)
④JBL (石田善之)
⑤オーロラサウンド PREDA(岩井喬)
●アクセサリーファイル
●新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
●「海外ブランド インタビュールーム」
・フォーカルの気骨が生んだ新たな「メイド・イン・フランス」~Aria 900シリーズ誕生(石田善之)
・クリアオーディオによる秋のニューフェイスに「アナログ・ネバー・ダイ」の覚悟を見た(石田善之)
・グレードアップされた中枢シリーズ。タンノイはまた、新たな〝プレステージ〟へと突き進む(鈴木裕)
●テラシマ円盤堂(寺島靖国)
●レコード芸術恒例!レコードアカデミー賞決定
●ヴィニジャン~アナログの壺~「ガラード301が欲しくなったので、生き字引に会ってみた」の巻
●使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
●実況! 録音オーディオの世界―デジタル録音/再生情報局―(生形三郎)
●ステレオクラブ~読者の広場~
●ステレオ・ディスク・コレクション
・今月の優秀録音(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
・今月の話題盤:[クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](増渕英紀)
●今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
●「特選 ファイルミュージック」今月の選者:生形三郎
●BOOKS
●タウン

Stereo2月号付録CD詳報その1

録音を担当した生形三郎氏

録音を担当した生形三郎氏

Stereo2月号付録CD『究極のオーディオチェックCD1 2014』は全曲(ボーナストラックを除く)新規録音で構成されています。様々な楽器をピックアップし収録を行いました。曲目及び収録時間を紹介します。

cdj04のコピー

究極のオーディオチェックCD 2014~目指せ!原音再生 

チェック信号編
1 チャンネル・チェック 左ch/右ch/センター 0:22
2 高域チェック ホワイトノイズ 左ch/右ch/センター 0:19
3 低域チェック ピンクノイズ 左ch/右ch/センター 0:19
4 残響チェック 瞬間的なホワイトノイズ 左ch/右ch/センター 0:24
5 サイン波スウィープ 20Hz~20kHz -6dB 1:30

弦楽器&サックス編 ヴァイオリン:亀井庸州 チェロ:竹本聖子 アルトサックス:中村賢太郎
6 チェロ独奏 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007 プレリュード 2:35
7 ヴァイオリン独奏1 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 BWV1001 第1楽章 抜粋 1:26
8 ヴァイオリン独奏2 特殊奏法を駆使した即興演奏 4:57
9 アルトサックス独奏 A.ピアソラ:タンゴ・エチュード 第3番 3:24
10 トリオ・アンサンブル1 生形三郎:ハーモニーと持続 1:39
11 トリオ・アンサンブル2 生形三郎:リズムと強奏 1:36

ドラムセット編 ドラム:吉岡優三
12 ブラシを用いた演奏 1:11
13 マレットを用いた演奏 1:11
14 スティックを用いた演奏 3:16
15 ドラムセット&エレキベース1 ベース・プログラミング:生形三郎 0:23
16 ドラムセット&エレキベース2 ベース・プログラミング:生形三郎 0:23

パイプオルガン編 パイプオルガン:塚谷水無子
17 C.Ph.E.バッハ:ソナタ ヘ長調 第1楽章 5:24
18 J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV248 第1部 第5曲 コラール「如何にしてわれは汝を迎えまつり」 1:20
19 J.ブラームス:コラール「われ心より焦がれ望む」 2:27
20 J.S.バッハ:コラール「我唯一の神、父を信ず」BWV740 4:51
21 ルフェビュール=ヴェリ:ボレロ・ド・コンセール 4:16
22 フランソワ=ジョセフ・ゴセック:ガヴォットにもとづく即興 1:20

オーケストラ編 昭和音楽大学管弦楽団 with 篠崎史紀 鈴木康浩
23 W.A.モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364より 第3楽章 6:29
24 P.I.チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 作品36より 第4楽章 9:26

生録編
25 雨音(ダミーヘッド・マイクによるバイノーラル録音) 0:31
26 踏切交差点(指向性マイクによるステレオ録音) 1:30

ボーナストラック 『メモリーズ~ベスト・オブ・アリス=紗良・オット』より 
27 フランツ・リスト:ラ・カンパネッラ(パガニーニによる大練習曲から第3番 嬰ト短調) 抜粋 2:00

total 65:49

ステレオ2月号 特別定価1,500円 1月18日(土)発売

Stereo1月号発売記念イベント

ビックロビックカメラ新宿東口店×Stereoコラボイベント
2014年「Stereo」1月号の発刊記念デモ&即売会

一昨年の付録デジタルアンプLXA-OT1がパワーアップ!
“話題の付録デジタルアンプLXA-OT3を試聴体感しよう!”


ot3001

オーディオ専門誌「Stereo」誌とのコラボイベント第三弾!
今回は2014年1月号付録ラックスマン共同企画のデジタルアンプLXA-OT3の試聴イベントを行います。「Stereo」2012年1月号付録LXA-OT1との比較も行い、さらに大型スピーカーでの試聴を行ないます。
当日はビックなプレゼントも用意しています。
この機会にデジタルアンプを試聴体感しましょう。

弊社がここ数年読者に提案し続けている”いい音を雑誌から”の一環で「Stereo」及びMOOKにオーディオ製品を付録にしています。そして読者から大きな反響と期待に応えるために、実際にその付録を使ってデモンストレーションを行っています。今回は、ビックロビックカメラ新宿東口店様のご協力を得て、「Stereo」2014年1月号付録デジタルアンプLXA-OT3を使っていい音を体感してもらいます。身近に聴く音の良さから何かを気づくことを期待して・・。

≪日時≫2013年12月22日(日)第1部 13時~14時/第2部 14時~15時
≪場所≫ビックロ新宿店4Fオーディオ試聴ルーム
http://www.biccamera.co.jp/shoplist/s_higashishin_map.html

≪イベント内容≫
① 2014年「Stereo」1月号付録の企画趣旨説明
② ラックスマン広報担当者による付録の製品内容紹介
③ 会場での実演試聴(「Stereo」2012年1月号付録LXA-OT1との比較試聴含む)

○当日は、12時45分開場となりますが、先着順に入場となり、混雑が予想されます。試聴ルーム(入場可能数約20名)の入場数に限りがあります。定員なり次第入場打ち止めとなりますので、ご容赦願います。
○また当日、試聴体感会後、当該号を購入した方の中から、各回10名様限定で「Stereo」よりビックプレゼントを用意しております。

問い合わせ先
電話:編集部 03-3235-2124
メール:request_stereo@ongakunotomo.co.jp