アムトランスが8月30日にバーゲン・セール開催

オーディオショップアムトランスが、東京神田淡路町アムトランス本社1階「オーディトリアム」にて「一日限りのサマー・バーゲン・セール」を開催!

■日時:8月30日(土)10時〜18時(1日のみ)

■場所:アムトランス「オーディトリアム」
東京都千代田区神田淡路町2-10-14ばんだいビル1F

■担当者からのPRコメント:
特価真空管(300B,KT88,12AX7など)、特価中古トランス、中古オープンリールテープ(Scotch,Sony,7号,10号)、中古レコード、特価真空管アンプ(Ay**,Sun******)
等々..掘り出し物多数..現金支払い大歓迎!皆様のご来店を心からお待ち申し上げます。

問合せ:
TEL:03-5294-0301

アムトランス セール1

アムトランス セール2

チャンネルデバイダー外観変更

cdivider02a
ONTOMO MOOK「Stereo編 マルチアンプでスピーカーの楽しみ倍増法」付録のFostex製チャンネルデバイダーのデザインが少し変更になりました。写真のようにクロスオーバー周波数の切り替えつまみのまわりに点がつき、見やすくなりました。また、ステレオ9月号にて発表したとおり、発売日も決定しました。
cdivider04a
リアパネル
入出力端子は使いやすいRCA型です。

cdivider_h100.indd
ONTOMO MOOK
「Stereo編 マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法」
特別付録:ステレオ2WAY型チャンネルデバイダー
11月19日発売予定
予価5,900円[本体価格5,463円]

Stereo9月号 訂正とお詫び

本誌9月号「特集 知っておきたい! ハイレゾをよりよい音質で楽しむための攻めドコロ」内65頁で、「スフォルツァート DSP-05にはNASからダイレクトにLANケーブルを装着できる機能がある」とありますが、これはDSP-05の機能ではなく、NASのDELA N1Zの機能です。ここに訂正し、関係者の方々にお詫び申し上げます。(編集部)

オントモヴィレッジ Stereoオリジナル商品第2弾 本日発売開始!

1.究極のオーディオチェックCD ハイレゾバージョン

究極のオーディオチェックCD2014~ハイレゾバージョン~ ¥2,500+税

究極のオーディオチェックCD 2014をハイレゾバージョンで発売します!
2014年2月号付録「究極のオーディオチェックCD2014」のマスター音源である192kHz/24bit WAVデータをDVD-Rに収めて発売します。また今回はボーナストラックとして、無響室で録音した音源の無加工バージョンを収録。純粋なハイレゾ音源の素晴らしさをご堪能ください。

e-onkyo(http://www.e-onkyo.com/music/)にて試聴できます

※通常のCDプレーヤー、DVDプレーヤーでは再生できません。
PCやNASにデータをコピーしてお使いください。再生方法は付属の説明書をご参照ください

2. スキャンスピーク 5㎝スピーカーユニット

unit2013
スキャンスピーク 5㎝スピーカーユニット¥2,500+税(ペア)

大好評だった2013年8月号付録「スキャンスピーク5cmフルレンジユニット」。特別に数量限定でご用意しました。様々なスピーカーと組み合わせてお使いください。デンマークのスキャンスピーク製高性能5㎝フルレンジユニットを数量限定で販売します。ネオジウム採用マグネット、ボイスコイル径は26㎜。スキャンスピークの代表的技術「シンメトリカル・ドライブ」の採用など、この価格からは信じられないようなパフォーマンスを発揮します。今秋発売予定「チャンネルデバイダー」と組み合わせれば可能性無限大!

3.2014年Stereo8月号付録 フォステクス2wayスピーカーユニット対応 2wayバックロードホーンエンクロージュア・キット  ACST-1


ACST-1 ¥8,000+税・ペア

IMG_2385
皆様のご要望にお応えし8月号付録「2wayスピーカーユニット」に対応したバックロードホーン・エンクロージュアキットを発売します。作り方は簡単。数字が刻印された板を順にボンドで接着していくだけ。特殊な工具は一切必要ナシ。このチャンスを見逃すな!

板材:10㎜MDF
サイズ:W110×H385×D210㎜
重量:約2.5kg
※スピーカーユニットは付属しません

4.炭山アキラモデル 多機能スピーカー・キット
ACS-2 TEAM


ACS-2 TEAM ¥12,000+税

DAC内蔵アクティブスピーカー。片方にはUSB-DAC(LXU-OT2)を仕込み、もう一方にはアンプ(LXA-OT3)を内蔵。USB DACからアンプへ接続してもよし、RCAケーブルで他の機器につなぐもよしと多機能。アンプ単体としても、スピーカー単体でも使用可能。小型にすることで設置性にも優れる。それぞれのパーツが単独使用できて、力を合わせることでUSBアンプ内蔵スピーカーとして活躍することから、今作は「チーム」と名づけることとした。(炭山アキラ)
内容:エンクロージュアキット、スピーカーユニット(スキャンスピーク5cm・ペア)USB-DAC(LXU-OT2)、アンプ(LXA-OT3)
形式:バスレフ
板材:10㎜MDF
サイズ:W120×H75×D235㎜(端子含まず)
重量:約600g

第1弾の商品も継続して販売しております。
詳細はオントモヴィレッジオンラインSHOPにて
https://www.ontomovillage.jp/ontomo/kau/list.html

Stereo9月号発売です!

st1409
8月19日(火)発売 特別定価1,300円[本体1,204]

特別付録
「保存版Stereo的オーディオケーブル総目録」冊子
オーディオ向け国内主要ケーブルブランドと製品インデックス

表1

特集
凄いぞ! ハイレゾ!!
~あの曲をいい音で聴く、
これから始めるハイレゾ再生

これぞハイレゾ
~ハイレゾの素晴らしさがわかる厳選音源集
●岩井 喬/上谷直子/生形三郎/鈴木 裕/角田郁雄/成田 正/林 正儀/広瀬大介/
本間孝男/村井裕弥/山之内 正/岩出(本誌)
ハイレゾって何だ!? ●山之内 正
こうすればハイレゾが聴けます ●山之内 正
本誌編集長のハイレゾ再生顛末記
「おやじもすなるはいれぞ」●本誌 岩出
凄いぞハイレゾ 体験編
~本音で語るハイレゾの館~ ●生形三郎+Stereo編集部
知っておきたい!
ハイレゾをよりよい音質で楽しむための攻めドコロ ●鈴木 裕
ハイレゾ・デジタルファイルPCライブラリー
保存テクニック ●上谷直子

Stereo試聴室 ★ 話題の新製品を聴く
●石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説)
CDプレーヤー部門
マランツ CD5005
SACDプレーヤー部門
エソテリック K-01X
プリ・メインアンプ部門
マランツ PM5005
コントロールアンプ部門
ムーン Neo 350P
スピーカーシステム部門
B&W 686 S2/ATC SCM7/フォーカル Aria 906
エラック BS263

Stereo試聴室 ★ 話題の新製品を聴く「別館」
デジタルファイル・コンポ編
●鈴木 裕/角田郁雄/山之内 正、プロフィール&使用感:生形三郎
USB対応DAC搭載プリ・メインアンプ
マランツ PM7005
USB対応DAC
コード Hugo

音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:ジョナサン・ナイトさん ●田中伊佐資
いい音いい場所いいお店 「アポロ電子」●上田高志
特別企画 LPをデジタル、ハイレゾ化するいくつかの方法●炭山アキラ
柴﨑印! オーディオアクセサリーを科学する「USBグッズ関連」●柴崎功
隔月連載「月刊ステレオの音が楽しめるラジオ
集合! ミュージックバードの広場へ」●編集部
集中連載 第2回目「イクリプスがひらく音楽の世界」 ゲスト:冨田 勲さん ●生形三郎

注目製品ファイル
❶ KEF Reference5 ●貝山知弘
❷ ラックスマン D-06u ●須藤一郎
❸ クリアオーディオ PerformanceDC Type S ●篠田寛一
❹ ジェネレック G two ●林 正儀
❺ ケンブリッジオーディオ Azur851E、851W ●須藤一郎
Accessory File バニラハウスVH-218

新製品ニュース ●遠藤正奥/峰尾昌男
海外ブランド インタビュールーム
ソナス・ファベール Extremaが体現する、創立30周年の極限 ●鈴木 裕
使い方を知る ~オーディオの新常識~ ●福田雅光
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて ●生形三郎ヴィニジャン ~アナログの壺~ 「SP-10MK3 meets TT-3」の巻●田中伊佐資
TOPICS
オリジナル盤を目指して制作されたビートルズのMONO LPが登場する●田中伊佐資
本誌関連、秋のイベント案内
JBLショップ&HMVアナログレコード店
テラシマ円盤堂
オントモヴィレッジ オンラインショップ
Stereoオリジナルアイテム 第2弾発表!
チャンネルデバイダーを使ってみよう! ●編集部
スピーカーコンテスト案内

ステレオ・ディスク・コレクション
今月の優秀録音盤 ●神崎一雄
今月の特選盤 ●石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥
今月の話題盤
クラシック ●浅里公三
ジャズ ●市川正二
ロック/ポピュラー ●宇田和弘
日本のポピュラー ●増渕英紀
今月のSACD ~復刻盤編 ●岩間哲男
私の特選! ミュージックファイル 今月の選者:上谷直子
books
タウン
編集後記

stereo9月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

ジョナサン・ナイトさんに会ったのはもう何年も前のことだ。38㎝・2トラックのオープンリール・テープをなんと1300本近く所有していると聞いて、いつかこのテープの音を聴いてみたいとずっと心に引っ掛かっていた。そこで今回、よりにもよって真夏のさなかだったけど、日本有数の猛暑地帯、埼玉県の熊谷市に向かった。

アコースティックオーディオフォーラム追加講演のお知らせ

音楽を愉しむ「場」を提供する音響・建築のプロフェッショナル、アコースティックデザインシステム。同社が主催する音楽とオーディオを考える「Acoustic Audio Forum」が、先日好評のうちに終了した11回に引き続き、急きょ追加講演を開催する。

第11.1回と銘打つ今回は、オーディオライターとして多くの雑誌記事を執筆する炭山アキラ氏のナビゲートにより、自作スピーカーを中心とした試聴イベントとなる。

Acoustic Audio Forum 11.1

http://acoustic-group.cocolog-nifty.com/audio/

■[日時]
8/22 (金) 18:30開場 19:00開演

■[会場]
東京都千代田区九段北2-3-6 九段北二丁目ビル1F
※地下鉄「九段下駅」 一番出口から徒歩約5分
http://www.acoustic-eng.co.jp/company/kudan/

■[ナビゲ-タ-]
オーディオライター 炭山アキラ氏
■[テーマ]
自作スピーカー視聴会

※ナビゲーターからのメッセージ
6月30日に音楽之友社から発売された故・長岡鉄男氏のムック「現代に甦る究極のオーディオ観音力」に掲載された氏の設計となるスピーカー。今回製作したD-3MkⅡ(改)、MX-1、MX-10の3種類の解説および視聴を行いたいと思います。

■「予約・問い合わせ先」
アコースティックデザインシステム
TEL:03-3239-2021(オーディオフォーラム担当者まで)

チャンネルデバイダーの利点と接続方法

ブログ02
今回は晩秋に発売予定のMOOK「Stereo編 マルチアンプでスピーカーの楽しみ倍増法(仮題)」の付録チャンネルデバイダーの便利な点と接続方法を紹介します。

チャンネルデバイダーのここが便利!
●様々なスピーカーユニットの組合せに対応します。
●ネットワークの難しい計算や組立は必要ありません。
●チャンネルデバイダー本体のつまみを操作することで、簡単に調整ができます。
●コイル、コンデンサーなどの素子を使ってネットワークを組むよりも安上がりです。

cddconne
接続方法
CD プレーヤーなどの出力をチャンネルデバイダーの入力に接続します。チャンネルデバイダーの出力は2 系統あり、右チャンネルの高域、低域と左チャンネルの高域、低域と分かれています。左右チャンネルの高域側出力をアンプの入力へ、低域側をもう一方のアンプへ接続します。また、高域信号が入力されたアンプのスピーカー出力はそれぞれトゥイーターへ、低域信号が入力されたアンプの出力はそれぞれウーファーへ接続します。アンプはスピーカーの左右で分けてもかまいません。