究極のオーディオチェックCD2016~心に響く音~②

究極のオーディオチェックCD2016~心に響く音~

ハープ編
グランドハープ/アイリッシュハープ
演奏:麻由
ハープが奏でる万華鏡のような音世界をご堪能ください。
IMG_7009

 

 

 

 

 

 

フィールドレコーディング編
今回はレトロな気道車(ディーゼル)が走る千葉県のいすみ鉄道を収録。車内音は鉄道界の鉄人、元カシオペアの向谷実氏が収録。日本の原風景の収録に挑みました。
また本誌でも鉄道の魅力、聴きどころを語っていただきました。その他、鐘の音、波の音も収録。
DSC_4840のコピー
_37A1225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6943

 

 

 

 

 

 

 

 

その他ボーナストラックとして、ステレオ2015年10月号連載「イクリプスがひらく音楽の世界」でご紹介した、大島花子さんのコンサートから『親父』を収録。スガダイローピアノトリオのバイノーラル録音も収録しています。今年のオーディオチェックCDは超豪華メンツによるバラエティ豊かな内容となっていおります。1月19日発売!こうご期待!

究極のオーディオチェックCD2016~心に響く音~①

もはや毎年2月号恒例となりました付録「究極のオーディオチェックCD」。2016年のテーマは『心に響く音』。音質のクォリティはもちろんのこと、音に集中するための最も大事なエモーショナルな部分を追及しました。様々な観点から心に響く音を収録。目を閉じてじっくりと音に集中していただけたらと思います。

stereo_2016_2gatu_1225

Stereo2月号
特別定価1350円(本体1250円)
1月19日発売
音楽之友社
特別付録:究極のオーディオチェックCD 2016
[本誌内容]
特別企画:どこまで鳴らしきれるか!? 究極のオーディオチェックCD2016 徹底解説
特集:2015年の音質/音楽的な優秀作品勢揃い! 本誌執筆陣が選んだ「ベスト5ディスク」

 

 

 

 

 

収録内容その1

フリージャズ編

suga
スガダイロー
ピアニスト。米バークリー音楽大学に留学。帰国後渋さ知らズ、鈴木勲OMA SOUNDで活躍し、坂田明や森山威男、田中泯とも共演を重ねる。2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(二階堂和美 参加)発表。自己のトリオでの活動のほか、向井秀徳、中村達也、志人、灰野敬二、U-zhaan、MERZBOW 等と即興対決を行う。2011年『スガダイローの肖像・弐』でメジャーデビュー、2012年志人との共作『詩種』、2013年 飴屋法水、近藤良平、酒井はな、contact Gonzoなど身体表現家との共演。2014年「山下洋輔×スガダイロー」、2015年「Suga Dairo Solo Piano at Velvetsun」を発表。FMヨコハマにて「ジャズニモマケズ」放送開始。舞台「ペール・ギュント」音楽担当。http://sugadairo.com/

東保光
スガダイロートリオのベーシストとして活動するほか、様々なグループやセッションでサポートを務める。
自身のプロジェクトとして自作曲を演奏する活動を積極的におこない、日本に古くから伝わる文化のコンセプトを取り入れた西洋楽器と日本の楽器によるアンサンブル『古事変奏集団』を主催。日本の祈りとダンスの音楽イベント『古事変奏プロジェクト』では、作曲のほかに演出も手掛け、意欲的な作品やイベントを制作している。

池澤龍作(drum.objects)
幼少の頃に体感した自由な発想で表現する音楽家を敬愛し、自らも志すようになる。古澤良治郎、大坂昌彦に師事。その後、アメリカ留学を経て帰国後はボーダーレスに様々な音楽家と共演を重ねる。
スガダイロー率いる「リトルブルー」、ケイタイモ(ex Beat Crusaders)率いる「WUJA BIN BIN」、「Oncenth Trio」などのユニットに参加。
2012年に1st SOLO音源「Ikezawa Ryusaku」がミミノコプロよりリリースされた。

ピアノソロ/ベースソロ/ピアノ&ベースduo/ドラムソロ/ピアノ&ベース&ドラム トリオ演奏

stereo 1月号「音の見える部屋オーディオと在る人」

今月の人:万木康史さん

「新しくレコードのブラシをつくった人がいるんですよ、試してみませんか…と送られてきたのが、アナログリラックスの除電ブラシだった。少しして、開発者であるZOOT Communication代表・万木康史さんから、どうですかと連絡があり、せっかくなのでちょっとお会いしましょうということになった。それが今年の5月のことだ。…」

Stereo 1月号は12月19(土)発売です!


●Stereo 2016年1月号 特別定価1,500円、12月19日(土)発売●

★別冊付録①
編集部オススメのセッティング技&音質アップテクニック16

★別冊付録②
オールカラー版「究極のヘッドフォン27ブランドの世界」

特集
本誌筆者15人による 私のイチ押し!アクセサリー2015
(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正/井上千岳/岩井 喬/柴﨑 功/炭山アキラ/田中伊佐資/角田郁雄/林 正儀/村井裕弥)

特別企画
2015年の№1自作スピーカーが決定!

 自作スピーカーコンテスト作品展示会・授賞式 詳細レポート
参加者投票のナンバー1はこれだ!(炭山アキラ)
デジタルの音をもっと良くしたい~最高のDACデバイスに挑戦するAKMの熱き思い(鈴木 裕)

Stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[カートリッジ] オーディオテクニカ AT150Sa
[SACD/CDプレーヤー] TAD TAD-D1000MK2
[マルチメディアプレーヤー] カクテル・オーディオ CA-X40
[ネットワークプレーヤー] スペック RMP-X1
[プリ・メインアンプ] ヤマハ R-N602/デノン DRA-100/アキュフェーズ E-370/アクースティック・アーツ POWER ES MK2/パス INT-60
[スピーカーシステム] ダリ OPTICON8/B&W 805D3

藤岡誠のオーディオコンポーネンツ 組合せの世界(藤岡 誠)
いい音いい場所いいお店「BUNCA」(上田高志)
イクリプスがひらく音楽の世界(生形三郎 ゲスト:朴葵姫さん)
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:万木康史さん(田中伊佐資)
アクセサリーファイル
Nitro(村井裕弥)/6NSP-Granster7700α(村井裕弥)/ラムダ SR-L500、SRM-353X(岩井 喬)/Benefit‐4(林 正儀)
注目製品ファイル
① ラックスマンB MQ-300(小林 貢)
② エラックア DebutB6(石田善之)
③ ディナウディオ Emit M20(小林 貢)
④ タンノイ Mercury7.4(須藤一郎)
⑤ ディナウディオ Emit M10(小林 貢)
⑥ PSオーディオ NuwaveDSD(岩井 喬)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
ポップ・ロック再生イワタ塾「南房総ポップス三昧」(岩田由記夫)
“月刊ステレオの音”が楽しめるラジオ 集合! ミュージックバードの広場へ(編集部)
FE108-Sol登場!バックロードホーンの製作実例(浅生あきら)
コンポリバイバル。国産機の名ビンテージを見る聴く(村井裕弥)
ネットワークプレーヤーはじめました(編集部)
2015年度 第53回「レコード・アカデミー賞」受賞ディスク一覧
使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて(生形三郎)
ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
Stereo Topics
録ってもよいコンサートレポート(鈴木 裕)
ポニーキャニオンのベストシリーズでみるUHQCDの実力(岩間哲男)
編集部へのお客様「デビッド・ザルツ」
短期集中連載
目で見てナットク! みじんこ荒川&炭山アキラの「オーディオ実験工房」
ステレオ・ディスク・コレクション
今月の優秀録音(福田雅光)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](増渕英紀)
今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
私の特選!ミュージックファイル 今月の選者(鈴木 裕)
BOOKS
LP新譜情報 ゲスト:村井裕弥
TOWNS

Stereo編 ムック「ゼロから理解するオーディオ入門帳」本日発売!

ABC 表紙「Stereo」から待望のオーディオ入門が発売!
Audio Beginner’s Club From Zero
「ゼロから理解するオーディオ入門帳」

前作「ABC EX」から約3年、その間に大きく変化を続けるオーディオの世界をわかりやすく解説した、オーディオ初心者からマニアまで幅広いファンまで『オーディオ座右の銘』となるMOOKが完成!
この一冊があればオーディオの本当の基礎知識から最新トレンド、さらにはその歴史に至るまでを身に付けられるということ間違いなし!
巻末には新版・オーディオ用語辞典を付録として掲載。“ゼロ”からの初心者でもこの入門帳を片手に、自分なりのオーディオの楽しみ方を追求し趣味を深めよう!

 

 

〔ONTOMO MOOK〕
Audio Beginner’s Club From Zero
ゼロから理解するオーディオ入門帳
Stereo 編
【定価】 1,620 円 ( 本体1,500 円)
【判型・頁数】 B5・200頁

※訂正とお詫び
MOOK「ゼロから理解するオーディオ入門帳」に掲載の情報につき、 以下の誤りがありました。
P51
CS-PCM放送とありますが、CS-PCM放送は2011年7月で終了しており、正しくは、MPEG1-LAYER2の規格で圧縮した16bit-48KHzの衛星デジタル放送です。
お詫びして訂正申し上げます。