秋葉原 コイズミ無線「最新作バックロードホーン 4種の公開試聴会」のお知らせ

7月19日(木)の発売が迫ってきた Stereo 編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」の発売に合わせ、誌面で紹介されている4人の作者の最新作を、秋葉原のコイズミ無線にて、二回にわたり作者自身の解説付きで試聴します。各日で解説者・紹介作例が異なりますのでご注意ください。

■ コイズミ無線「最新作バックロードホーン4種の公開試聴会」

<第一回 7月21日(土) 13:00~15:00> 講師:小澤 隆久 氏、浅生 昉 氏

・小澤 隆久氏 作:「スーパーバイエル」
FE126En使用、トールボーイ形 。

・浅生 昉氏 作:「ASB852WK」
FF85WK2個縦使い、スリムな形状のトールボーイ形。

<第二回 8月4日(土) 13:00~15:00 > 講師:炭山 アキラ 氏、生形 三郎 氏

・炭山 アキラ氏 作:「シュモクドリ」
FE126En使用、鳥形バックロードホーン 。

生形 三郎氏 作:「RBH-04 和三盆(わさんぼん)」
FE108EΣ使用、独自の逆スパイラル型。

・入場無料
・会場:コイズミ無線 本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階
TEL:03-3251-7811

 


MOOK誌面では、ここに紹介した4作例のそれぞれの
板取り図、組立て図などの詳細に加え、
各人のバックロードとの思い出話などを盛りだくさんで掲載!

 

 

 

Stereo 編 ONTOMO MOOK
バックロードホーン・スピーカーをつくる!

【定価】 1,512 円 ( 本体1,400 円)
【判型・頁数】 B5・136頁
【発行年月】 2018年7月
【ISBNコード】 9784276962835
【商品コード】 962830

≫ ご注文はこちらから

 

スピーカーシステムのエンクロージュア(キャビネット)の一方式であるバックロードホーン型。故・長岡鉄男氏が自宅のリファレンススピーカーに採用したことのある方式で、スピーカーユニットの性能を発揮させ、多くはハイスピードなサウンドが得られるとされています。

市販スピーカーシステムの多くはバスレフ型や密閉型が採用されていますので、このバックロードホーン型のサウンドを得るには自作するしかほぼありません。本書では自作するに必要な仕組みや設計法などを炭山アキラ氏が紹介しています。また設計からのチャレンジだけでなく、D-101SスーパースワンやD-58ES、D-77などの長岡鉄男氏の設計した傑作バックロードホーン・スピーカー図面も掲載しました。

また、クラフト系評論家4氏による競作や市販キットも紹介していますので、設計に自信がなくても、ご自身の工作レベルに合わせた作例を選んで自作することができます。ぜひ、バックロードホーン・サウンドをその手に!

【内容】

・バックロードホーン・スピーカーに魅せられた男
 大井剛史さん(指揮者) / 柄沢伸吾さん(KS-Remasta代表)

・バックロードホーン型の仕組みと設計法 【炭山アキラ】
[基礎編]バックロードホーン・スピーカーの歴史や仕組み・構造、そして設計法を知る
[実践編]性格の異なる2つのユニットのBH型エンクロージュアの設計・製作

・評論家4名による競作 
これがオレのバックロードホーン・スピーカーだ!!
浅生 昉「ASB852WK」 /  炭山アキラ「シュモクドリ」 /
小澤隆久「スーパーバイエル」 / 生形三郎「RBH-04 和三盆」
完成お披露目試聴会 ~オレのが一番!

・バックロードホーン・スピーカー
 キットで挑戦!! 【小澤隆久】

・長岡鉄男、バックロードホーンの歴史 
長岡鉄男

・傑作バックロードホーン・スピーカー図面集

[ 長岡鉄男 設計編 ]
D-150 モア/D-3MKⅡ/D-10 バッキー/D-37/D-57/D-58ES/D-77/D-83 フラミンゴ/
D-88 スーパーフラミンゴ/D-100/D-101 スワン/D-101a スワンa/D-101S スーパースワン/
D-102MKⅡ/D-103 エスカルゴ/D-108 コブラ/D-121/D-164/D-168 スーパーレア/RD-
10 スーパータワーリング・インフェルノ
[ 炭山アキラ氏による長岡作品解説 ]
[ 浅生 昉 設計編 ]

・バックロードホーン・スピーカー向け 
フォステクス製フルレンジ・ユニットの歴史
【佐藤勇治(ワイエス クラフト)】

・バックロードホーン・スピーカーならこれを聴け!! 
【炭山アキラ】

オリジナルマスターの感動を凝縮した究極のアナログ盤登場! オフコース BEST “ever” (アナログレコード2枚組)

1970年にデビューしたオフコース。長い年月を超えて愛されてきた彼らの名曲には、心に深く刻み込まれた甘くせつない想いを呼び起こさせてくれる魅力があります。

デビュー45周年の2015年に発売された『ever』は、「ファンが選ぶベストアルバム」として、今なお名盤として愛され続けています。この歴史的名盤を最高のクォリティを備える2枚組のアナログレコードが、ステレオサウンド社より発売されます。この魅力的なサウンドを、是非ご自身のオーディオシス
テムでお楽しみください。


すべては、オフコースを愛するオーディオファイルのために。

「あの時」を刻むレコードを最高の音に仕上げたい。

「ever」アナログ盤の制作プロジェクトでは、ユニバーサル ミュージックとアリオラジャパンの協力のもと、日本歌謡界の大御所のレコード制作に携わってきた、日本コロムビア株式会社のエンジニア・武沢茂チーフにその腕を揮っていただきました。

武沢エンジニアは、「オフコースのオリジナルマスターテープの質感」をアナログレコードで最大に引き出すため、細心の注意をもって、きわめてていねいにマスタリングを実施。ステレオサウンドのアナログレコード制作で評価の高い、独ノイマン社製の名カッティングマシーン「VMS70」と、そのカッ
ターヘッド「SX74」の能力を極限まで駆使し、レコードの原盤となる「ラッカー盤」としてカッティングされました。

一般のマーケットに流通しているアナログレコードの多くは、このラッカー盤から起こせる一枚の「ファーストメタルマスター」を元にして何枚もの「マザーメタル」をつくり、さらにそこから製作した「メタルスタンパー」を使って量産(プレス)する手法をとりますが、今回のプロジェクトでは、貴重な「ファーストメタルマスター」を使って、ダイレクトにレコードをプレスする手法を採用いたしました。

これは、音の伸び、鮮度感を極限まで保つためには最良の手法ですが、その一方、「ファーストメタルマスター」からは多くのレコードをプレスすることはできないという難点があります。そのため「ラッカー盤」を幾枚もカッティングして「ファーストメタルマスター」を作らなければなりません。これはすなわち、一般的なレコード制作とは比べものにならないほどのコストと時間が必要となることを意味します。まったくもって合理的ではないけれど、究極なまでに生々しい音を求めた結果です。このプロジェクトの根幹となるコンセプトを守るために、ステレオサウンドはあえてこの手法で「ever」を制作いたしました。

■カッティング エンジニア:武沢 茂(日本コロムビア株式会社)
■型番:SSAR-034~035
■33回転 180g 重量盤 2枚組
■完全限定生産


オフコース BEST “ever” (アナログレコード2枚組)

発売日:2018年7月31日
※只今絶賛予約受付中! こちらからお求めいただけます。

[Disc 1]

●Side A
1. 水曜日の午後 (1973)
2. でももう花はいらない (1973)
3. 眠れぬ夜 (1975)
4. 雨の降る日に (1975)
5. 愛の唄 (1975)
6. 秋の気配 (1977)

●Side B
1. 夏の終り (1978)
2. 愛を止めないで (1979)
3. 思いのままに (1979)
4. 生まれ来る子供たちのために (1979)

[Disc 2]

●Side A
1. さよなら (1979)
2. Yes-No (1980)
3. 一億の夜を越えて (1980)
4. I LOVE YOU (1981)

●Side B
1. 愛の中へ (1981)
2. 言葉にできない (1981)
3. YES-YES-YES (1982)
4. 君住む街へ (1988)

時代問わず、新しい音楽は自由な発想から生まれた。Suchmos(サチモス)の新譜が好評発売中!

2018年 NHK サッカーテーマVOLT – AGE(ボルテージ) や、Honda 『VEZEL』のCMソング808(ハチマルハチ)を含む、Suchmos(サチモス)の約1 年ぶりとなるミニアルバム『THE ASHTRAY(ジ・アッシュトレイ)』が好評発売中だ。

Suchmosは、2013年に神奈川県で結成されたロックバンド。ROCK と JAZZ、HIP HOP などのブラックミュージックにインスパイアされた YONCE(Vo) 、 HSU(Ba) 、 OK(Dr)、 TAIKING(Gt)、 KCEE(Dj) 、TAIHEI ( Key ) の 6 人編成のグループだ。

バンド名の由来は、ルイ・アームストロングの愛称サッチモから引用しているという。洗練された音楽性のみならず、ストリート出身ならではの存在感にも注目が集まり、ファッションやカルチャー誌の表紙を飾ることも多く、ミレ二アル世代を代表するアーティストとして、頭ひとつ抜けた活躍を見せている。今後、日本の音楽シーンのみならず、ユースカルチャーを牽引する存在となることは間違いなさそうだ。


Mini Album THE ASHTRAY

2018.06.20 Release
[ 初回生産限定盤(CD+DVD) ] KSCL 3060-3061 ¥3,000(+tax)
[ 通常盤(CD) ] KSCL 3062 ¥2,000(+tax)
*初回仕様に『横浜アリーナワンマンライブ 2days』先行予約応募券封入

2018.07.03 Release
[ 限定盤(LP) ] KSJL 6200 ¥3,000(+tax)

1. 808
2. VOLT-AGE
3. FRUITS
4. YOU’VE GOT THE WORLD
5. FUNNY GOLD
6. ONE DAY IN AVENUE
7. ENDROL


Suchmos THE LIVE YOKOHAMA

2018年11月24日(土)・25日(日)
会場:神奈川 横浜アリーナ
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
料金:全席指定 ¥6,500
Info:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999


Suchmos Twitter:@suchmoz
Suchmos Instagram:scm_japan
F.C.L.S. Twitter:@FCLS_SCM
F.C.L.S. Instagram:f.c.l.s.official

第3回 Stereo × パイオニア × 共立電子 「3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」開催のお知らせ

さる7月1日(日)より、共立電子産業からパイオニア製10cmフルレンジユニットが発売されました。これに合わせ、7月21日(土)~7月22日(日)にイベントを開催する予定です。関西にお住まいのみなさま、是非足を運んでいただき、その音を見て、聴いて、触れてみませんか!?

▲「コサギ」の作者としても知られる 炭山アキラ氏が登壇し、解説します!


・イベント名:第3回 Stereo × パイオニア × 共立電子 3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏

・会期:7月21日(土)~7月22日(日)11:00~17:00【両日とも】
・入場料・参加費:無料

・特別試聴会:第1回 11:00~ / 第2回 13:30~ / 第3回 15:30~【両日とも。各1時間半程度の予定】
※ 炭山アキラ先生とパイオニア&ステレオ誌 “中の人”に聞くフラフトオーディオの極意と質疑応答
※ 7月発売「Stereo編 ONTOMO MOOK」付録 マークオーディオスピーカーユニット対応エンクロジュア試聴
※「DVC-1000」対応エンクロージュア試聴。炭山アキラ氏の新作「チュウサギ(鳥型バックロードホーン)」「名称未定(鳥型マトリックスBH)」
※ BonnesNote「DRESSING」試聴

・会場:大阪日本橋シリコンハウス3F(ものづくり工作室)
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目8-26

■ 先行展示ブースも設置予定!
イベントに先駆け、7月19日(木)よりシリコンハウス1Fにて、ステレオ誌を中心とした特設販売ブースを設置する予定です。

■ 関連イベント
メイカーズバザール大阪(7月7日・8日(土・日)) にて3社イベント用展示ブースを設置する予定です。


共立電子産業オリジナル 10cmフルレンジスピーカー・ユニット好評発売中!
パイオニア製 BonnesNotes ダブルボイスコイルユニット「DVC-1000」
ペア 5,000円(税抜) ※シングル販売有り

「原点に帰り、原点を超えた」オーディオの新しい思想が、このユニットに開花します。日本で初めてハイファイダイナミック型スピーカーを開発したパイオニアが、創業80周年に満を持して世に送り出すのが、巨大マグネット・ダブルボイスコイル採用のこのスピーカー・ユニット。共立電子ヨドバシカメラで入手できます。


 


ユニットの販売にあわせ、専用キャビネットも登場。

KP-BSP006 バスレフ型エンクロージャーキット レゾンデートルBR ペア(2本1組)
※7月13日(金)発売予定。只今予約受付中

スピーカー・ユニットの特性を活かすべく設計された標準機。スピーカーユニットは別売りです。シングル販売もあります。

KP-BSP007 マトリクススピーカーエンクロージャーキット レゾンデートルMX

空間合成でサラウンド音場を生成するマトリクス・エンクロージャーの組み立てキットです。「DVC-1000」を3個使用。 ノーマルスピーカーユニット3個では実現できなかった、バランス出力(BTL)アンプに対応します。スピーカーユニットは別売りです。

ハイエンドオーディオの饗宴「大阪サウンドコレクション2018」のお知らせ

今年も、オーディオの夏は大阪が熱い!

オーディオメーカー・輸入商社による「大阪サウンドコレクション」が、今月下旬に行われます。入場はもちろん無料。本格ハイエンドオーディオが一挙に集まるこの機会に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

「OSAKA SOUND COLLECTION 2018」

・開催日時:
(初日) 2018年7月21日(土)10:30~19:00
(二日目)7月22日(日)10:30~17:00
・開催場所: 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-5-24
ハートンホテル心斎橋別館 エソテリックブース: 5F 「ルピナス」
・特別講演会場 : 2F 「松」

・主催:大阪サウンドコレクション委員会
・後援:(株)ステレオサウンド
・協賛: (株)音楽出版社、(株)音楽之友社、(株)音元出版、(株)誠文堂新光社
・試聴製品 Grandioso K1/C1/M1, Avantgarde DUO XD(2F 松)
K-01Xs,N-03T, TANNOY Autograph mini/GR(5F ルピナス)予定

・入場料:無料
※ご来場特典として、アンケートにお答えいただくと抽選により記念品をプレゼント

・特別講演 :「バラエティに富んだ魅力溢れるスピーカーシステムの饗演」
・講師:和田 博巳氏(両日共)
7月21日(土)14:00~16:30
7月22日(日)13:00~15:30
※ 開場前に部屋の周囲で待機したり、お並びいただくことはご遠慮ください
※ 開場後はお席の場所はご自由にお選びいただけます