第11回アコースティック・オーディオ・フォーラムのお知らせ

最適な防音・音響空間を提供する㈱アコースティックデザインシステムが開催するオーディオと空間を考えるセミナー「acoustic audio forum」。
好評のうちに回を重ね、第11回目を迎える今回は、解説者に「べーレンプラッテ・金子氏」を向かえ、7月25日(金)・26日(土)の二日間に亘り「オーケストラとコンサートホールの響きについて」考える。また、協同電子エンジニアリングの全面協力により、フェ-ズメ-ションの機材をメインに音の世界を展開する。

第11回 acoustic audio forum

■[日時]
7/25 (金) 18:30開場 19:00開演
7/26 (土) 13:30開場 14:00開演

■[会場]
アコースティックエンジニアリング・ショ-ル-ム
東京都千代田区九段北2-3-6

■[ナビゲ-タ-]
べーレンプラッテ店主 金子 学氏

■[テーマ]
オーケストラとコンサートホールの響きについて

※金子氏からのメッセージ
同じ指揮者、同じ曲でもオーケストラが違うと、聴こえてくる音楽がけっこう違ってくる…という体験をしたことはありませんか?
これを、よく「オーケストラの個性」が違うからだと言いますが、それはどこから生まれてくるのでしょうか?
ちょっと考えてみると、オーケストラを育んだ土地柄、歴史、その他いろいろと思い浮かんできますが、そのうちかなり多くのパーセンテージを占めるのが、ホームグラウンドであるホールの建築的要素、特に音響特性が思いつきます。
そこで今回は、世界各地の名門オーケストラの数多い名盤の中から、本拠地であるコンサートホールの音響的なキャラクターが色濃く収録された録音をいくつか選んで、皆さんと共に聴きながら、ホールとオーケストラの関係について 私が実際に体験したことなどをふまえてお話ししたいと思います。

■機材提供
協同電子エンジニアリング

■フェーズメーション フォノアンプ EA-1000
■フェーズメーション プリアンプ CA-3Ⅱ
■フェーズメーション モノラルパワーアンプ MA-1000
■フェーズメーション MCカートリッジ P-1G

■[常設機器]
・RecordPlayer YAMAHA GT-2000
・PhonoAmp Phasemation EA-200
・Pre Amp Accuphase C-2420
・Power Amp Accphase P-4200
・SP B&W 805 Diamond

■「予約・問い合わせ先」
担当 : 伏黒(フシグロ) 090-8462-3021