チャンネルデバイダーの利点と接続方法

スポンサーリンク
2014年

今回は晩秋に発売予定のMOOK「Stereo編 マルチアンプでスピーカーの楽しみ倍増法(仮題)」の付録チャンネルデバイダーの便利な点と接続方法を紹介します。

チャンネルデバイダーのここが便利! ●様々なスピーカーユニットの組合せに対応します。 ●ネットワークの難しい計算や組立は必要ありません。 ●チャンネルデバイダー本体のつまみを操作することで、簡単に調整ができます。 ●コイル、コンデンサーなどの素子を使ってネットワークを組むよりも安上がりです。

接続方法 CD プレーヤーなどの出力をチャンネルデバイダーの入力に接続します。チャンネルデバイダーの出力は2 系統あり、右チャンネルの高域、低域と左チャンネルの高域、低域と分かれています。左右チャンネルの高域側出力をアンプの入力へ、低域側をもう一方のアンプへ接続します。また、高域信号が入力されたアンプのスピーカー出力はそれぞれトゥイーターへ、低域信号が入力されたアンプの出力はそれぞれウーファーへ接続します。アンプはスピーカーの左右で分けてもかまいません。

タイトルとURLをコピーしました