今年の特別企画スピーカーユニットは、MOOKの付録として2モデル!

工作の夏が近づいてきた!!

というわけで、2017年7月19日(水)発売予定のMOOKについてお知らせです。今年はフォステクス製とパイオニア製のフルレンジを付録としたMOOKが2冊同時発売、さらにパイオニア製スピーカー対応のエンクロージュアを付録としたMOOKが1冊の合計3冊が発売されます。

1. ONTOMO MOOK Stereo編「これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編」
[特別付録] フォステクス製 フェイズプラグ付き8cmフルレンジ・スピーカーユニット「OMF800P(ペア)」

大好評を頂いた「Stereo」2016年8月号付録のフォステクス8cmスピーカーユニットをさらにグレードアップして付録に。昨年のユニットもフォステクスのフルレンジ初のアルミ製振動板採用で大きな話題を呼びましたが、今回はさらにフォステクス初となる「フェイズプラグ」(振動板中央の円錐状のもの)も採用。高域の位相特性を改善させる効果を持っており、加えてマグネットも大型化。大きくクオリティアップされた付録です。

OMF800PA
OMF-800PB■ OMF800P 規格

・形式:8cmコーン型フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:117Hz
・再生周波数帯域:f 0~32kHz
・出力音圧レベル:83dB/w(1m)
・入力(NOM):5W
・mo:2.38g
・Qo:0.64
・実効振動半径:3.0cm
・マグネット質量:112g
・総質量:320g
・バッフル開口寸法:φ79mm
・推奨エンクロージュア方式:バスレフ、バックロードホーン

■ OMF800P 特長

・アルミコーン振動板
・アップロール・ラバーエッジ
・アルミ切削フェイズプラグ
・φ65mm フェライト外磁型磁気回路
・M800 同寸法 鉄板フレーム

※ 本ユニットの振動板は変形し易いので出来るだけ触れないよう、取り扱いにはご注意ください。
※ 昨年7月刊行「スピーカー工作の基本&実例集 2016年版」のエンクロージュア・キット対応。

———————————————————————————————————————————–

2. ONTOMO MOOK Stereo編「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」
[特別付録] パイオニア製 6cmフルレンジ・スピーカーユニット「OMP-600(ペア)」

パイオニアは日本で初めてハイファイダイナミック型スピーカーを開発後、多くの名作スピーカーシステムを世に送り出しているメーカー/ブランド。その血統を受け継ぐのがこちら。6cm口径と小さいながらとても大きなマグネットを持っていて、小口径を活かしたデスクトップ用の小型スピーカーはもちろん、低音を稼ぎ出す長いホーンを持つバックロード型スピーカーにも対応。駆動力の高さからレスポンスのよい音が楽しめます。
OMP-600A

OMP-600X■ OMP- 600 規格

・形式:6cmコーン型フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:130Hz(1V)
・定格周波数範囲:80Hz~20kHz(-10dB)
・出力音圧レベル:82dB(300 400 500 600 Hz平均、1m/1W)
・定格入力:10W(400cc相当Box 入り)、5W(ユニット)
・最大入力:15W(400cc相当Box 入り)、10W(ユニット)
・質量:約218g
・バッフル開口寸法:φ58mm

■ OMP- 600 TSパラメーター

Electrical Parameters
Re  7.42 Ohm   electrical voice coil resistance at DC
Le  0.194 mH    frequency independent part of voice coil inductance
L2  0.113 mH    para-inductance of voice coil
R2  0.93 Ohm   electrical resistance due to eddy current losses
Cme 144.96 μF   electrical capacitance representing moving mass
Lces 5.62 mH   electrical inductance representing driver compliance
Res  37.48 Ohm  resistance due to mechanical losses
fs  176.4 Hz    driver resonance frequency

Mechanical Parameters
(using laser)
Mms  1.583 g       mechanical mass of driver diaphragm assembly including air load and voice coil
Mmd  1.509 g       mechanical mass of voice coil and diaphragm without air load
Rms   0.291 kg/s  mechanical resistance of total-driver losses
Cms   0.514 mm/N mechanical compliance of driver suspension
Kms  1.94 N/mm mechanical stiffness of driver suspension
Bl   3.304 N/A   force factor (Bl product)
Lam  0.135          suspension creep factor

Loss factors
Qtp  0.997   total Q-factor considering all losses
Qms   6.021   mechanical Q-factor of driver in free air considering Rms only
Qes    1.193   electrical Q-factor of driver in free air considering Re only
Qts  0.995   total Q-factor considering Re and Rms only

Other Parameters
Vas  0.1925 l   equivalent air volume of suspension
n0    0.085 %   reference efficiency (2 pi-radiation using Re)
Lm  81.5 dB       characteristic sound pressure level (SPL at 1m for 1W @ Re)
Lno  81.83 dB nominal sensitivity (SPL at 1m for 1W @ Zn)

rmse 7.1 %        root-mean-square fitting error of driver impedance Z(f)
rmse 3.67 %      root-mean-square fitting error of transfer function Hx (f)

Seri 0 Ohm        resistance of series resistor
Sd 16.26 cm2    diaphragm area
———————————————————————————————————————————–

3.ONTOMO MOOK Stereo編 「スピーカー工作の基本&実例集 2017年版」
[特別付録] パイオニア製 6cmフルレンジ・スピーカーユニット対応 エンクロージュア・キット

夏恒例の大好評 “スピーカー工作” 第7弾!同時発売の MOOK「これならできるスピーカーユニット パイオニア編」の付録 6cmユニット「OMP-600」に対応するエンクロージュア・キットが付いています。このキットを組み立て、パイオニア 6cmユニットをつけるだけでスピーカーシステムが完成します。今回は ONTOMO MOOK としては初めて QWT(市販のスピーカーシステムには採用例がほとんどない、共鳴管方式とも呼ばれる)方式を採用。6cmユニットとは思えない低音が楽しめます。

———————————————————————————————————————————–

2017年7月19日の発売が待ち遠しい! 詳細は、「Stereo」誌でも逐一取り上げる予定です。ご期待ください!!