ステレオ8月号(2013年)付録スキャンスピーク50㎜スピーカーユニット試聴レポート

先日、音楽之友社第2試聴室にてステレオ8月号付録のスキャンスピーク製50㎜フルレンジ・ユニットの試聴会を行いました。

エンクロージュア(スピーカーボックス)は8月号と同日発売(7月19日)のMOOK「(仮)スピーカー工作の基本&実例集2013年版」付録エンクロージュアキットです。2種類発売予定でダブルバスレフ型(予価3,780円)とバックロードホーン型(予価3,990円)です。この2種類と編集部製作の段ボール製エンクロージュアで試聴しました。個人的な感想としては音場感豊かでゆったりしたバックロードホーン型、スピード感があってきっちりと音像を描くダブルバスレフ型といった印象です。ユニットの音に関しても期待を上回る音で昨年のユニットよりも完成度が高いのではと思わせるものです。今回の試聴会の内容はMOOKに掲載予定ですが、それぞれのエンクロージュアの音、特色をステレオ7月号(6月19日発売)でも紹介する予定です。スキャンスピークのスピーカーユニットが付録についてくるステレオ8月号(予価2,990円)は7月19日発売です。ご期待ください!

2013年8月号付録のスキャンスピークの50㎜フルレンジ・ユニットとMOOK「(仮)スピーカー工作の基本&実例集2013年版」付録のダブルバスレフ型エンクロージュアキットを組み合わせたもの

2013年8月号付録のスキャンスピークの50㎜フルレンジ・ユニットとMOOK「(仮)スピーカー工作の基本&実例集2013年版」付録のダブルバスレフ型エンクロージュアキットを組み合わせたもの

同じく8月号付録ユニットとMOOK付録のバックロードホーン型エンクロージュアキットの組合せ

同じく8月号付録ユニットとMOOK付録のバックロードホーン型エンクロージュアキットの組合せ

編集部Yのつくった段ボール製スピーカー

編集部Yのつくった段ボール製スピーカー