オーディオの総合月刊誌「stereo」2020年7月号、好評発売中!

スポンサーリンク
2020年
stereo 2020年7月号

【定価】¥990 (税込)
【判型】B5
【発行】2020年6月
【商品コード】052007

≫ 本誌のお買い求めは こちらから

【特集1】10万円で何を買おう?

わずかな投資でプライスレスの喜びを得るーー。
オーディオファンならこんな経験を一度二度としたことがあるだろう。
今回は「10万円、これをどう使ってハッピーになるか」がテーマ。
6人の筆者に、その価値を何倍にも高められそうな使い方・目の付けどころ・発想・妄想 etcをたずねてみた。

・10万円、これが私の使い方。
生形三郎「特別な状況下にはスペシャルなアイテムで自作に挑もう」
榎本憲男「雑音を排除しつつ『+10デシ』を果たす方法」
鈴木 裕「ステイホームできる環境を整えたい。そこで部屋と電源だ」
田中伊佐資「こんなチャンスにしか実行できない! 浮上した3つのプラン」
澤村 信(「ステレオ時代」編集長)「中古オーディオがターゲットなら、かなりの国産明記が射程に」
矢口 誠(翻訳家)「ローエンド・ユーザーならではの10万円活用法」

・10万円であの製品・この製品が射程距離!
・10万円でお釣りが来る! デスクトップ・オーディオの新提案(土方久明)
・国民ケーブル ~ニッポンの定番ケーブルって何だ?~ (井上千岳)
・一点特化でタップを作る(高橋慎一)

【特集2】在宅ヘッドフォンのススメ

スピーカーとは違うヘッドフォンの魅力。それはどこでも自由に、そして高音質で音楽を楽しめることにある。
密閉型(遮音性重視)とオープン型(開放的な音を楽しめる)の使い分けが必要ではあるが、その技術やサウンドのクオリティは年々向上している。
10万円内で高音質なヘッドフォンを選び、日々の生活の潤いにしようというのが本特集の主旨だ。

・自宅で快適高音質♪ ステイホームのお供にヘッドフォンはいかが?(小岩井ことり×岩井 喬)
・大きな音が出せない時は本格ヘッドフォンがある(生形三郎)

注目記事

・超高音質の極み!特別なLP登場 ベルリンフィル/ダイレクトカット盤(山之内正)
・[特別企画] 音楽本に耽る時、それは今
(編集部/生形三郎/榎本憲男/鈴木裕/田中伊佐資/菅野 聖/高橋慎一/藤木TDC/矢口 誠)
・[特別レポート] エソテリックの強化電源GrandiosoPS-1を導入しました(岩田由記夫)
・[特別企画] 試聴室のGTラックをキレイに補修する「第1回」(炭山アキラ)

stereo試聴室★話題の新製品を聴く

石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
・[フォノイコライザー]アキュフェーズ C-47
・[SACDプレーヤー]ラックスマン D-10X
・[スピーカーシステム]タンノイ Tannoy Platinum F6
・[スピーカーシステム]ダリ DALI MENUET SE

注目製品ファイル

・[ スピーカーシステム ]モニターオーディオ Monitor 50(井上千岳)
・[ レコードプレーヤー ]プロジェクトX2(潮 晴男)
・[ システムコンポ ]on and on Luft Eu★S2(小林 貢)
・[プリ・メインアンプ ]マッキントッシュ MA352(井上千岳)
・[ アクティブスピーカー ]エアパルス A80(岩井 喬)
・[ レコードプレーヤーシステム ]オーディオテクニカAT-LPW50PB(小林 貢)

アクセサリ-ファイル

・[ スピーカーケーブル ]ナノテックシステムズ Cayenne-T-W-M(小澤隆久)
・[ 仮想アース ]光城精工 Crystal E(林 正儀)
・[ 電源タップ ]オヤイデ OCB-1 DXsⅡ(炭山アキラ)

新商品ニュース(峰尾昌男)

連載

・ ザ・グレート・コンポーネント「構想2年、トップエンドレコードプレーヤーを完成」(潮 晴男)
 音の見える部屋 オーディオと在る人 (田中伊佐資)
  今月の人: 守屋良介さん「布団に音に、潜り込む心地よさ。我がオーディオには春夏秋冬コタツが欠かせない⁉」
 動画はこちら→ http://stereo.jp/?p=4753
・ いい音いい場所いいお店 音楽とオーディオが出会う時CMJ(上田高志)
・ 音楽人巡礼~音のプロフェッショナルとたずねて (今津 甲)
 「巡礼先:オーディオクリティック、ラジオディレクター 鈴木 裕邸」
・サウンドフォーカス 音楽とオーディオが出会う時(炭山アキラ)
 「JVCケンウッド・マスタリングエンジニア新・主任 東野真哉)

 ポップ・ロック イワタ塾(岩田由記夫)「オーディオ誌であまり試聴されることのないハードロックやヘヴィメタル…」
 今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)「聴くべき新譜は猛烈な数がリリースされている…」
 オーディオを科学する(柴崎 功)「トーンコン、GEQ関連」
・ 使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)「スピーカーケーブルの末端処理端子の性能を調べる」
・ ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)「ディスクユニオン生島昇さんとの往復書簡」
 クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)「CDのサウンドをアナログ化(仕上げ編)」
 火の鳥電機(峰尾昌男)「ステレオ・パワーアンプ2台をBTLでモノブロック化する」
 テラシマ円盤堂(寺島靖国)「ジャズの難物、アドリブを…」
 音の余白に(岩出和美)「レコードを磨いて清々しい気持ちになる…」
・ 榎本憲男の俺にロックを鳴らさせろ(榎本憲男) 「悟りーオーディオ・ロック」

ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正二)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)
・今月のSACD(岩間哲男)

stereo TOPICS

・ステレオ8月号工作号特集「工作人間」大募集!!
 月刊ステレオ8月号にて、今年も恒例企画「工作人間大募集」を実施します。スピーカーからアンプ、アクセサリー類など、あなたのご自慢のオーディオ自作品を写真と一緒に撮り、コメントとご自身の写真(任意)を添えてお送りください。誌面上で紹介をいたします。たくさんのご応募をお待ちしています!
【その他の必要事項】 自宅の郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレス
【応募先】 〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30 音楽之友社 月刊ステレオ編集部「工作人間」係
【受付E-mailアドレス】request_stereo@ongakunotomo.co.jp
【応募締切 2020年6月23日(火)必着

・付録マークオーディオのスピーカーユニットは8月発売に決定!
 stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編」 特別付録:マークオーディオ製6㎝フルレンジ・スピーカーユニット(OM-MF4)
 stereo編 ONTOMO MOOK「これならできるスピーカー工作 2020」 特別付録:マークオーディオ製6㎝フルレンジ・スピーカーユニットOM-MF4対応エンクロージャー・キット

これならできる特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編
$冠、商品タイトル、サブタイトルを半角スペース空けてつなぐ

・ONTOMO MOOK「音の最終調整 グラフィックイコライザーの調べ」発売中!

音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ
特別付録:ラックスマン製 真空管グラフィック・イコライザー・キット

ONTOMO MOOK、ラックスマン真空管キットシリーズ第4弾は、真空管グラフィックイコライザー。 オーディオは音量や部屋、スピーカーやその他機器など様々な要素によって周波数特性が変化する。グラフィックイコライザーがあれば、状況に合わせて心地良い音が作り出せる。キットだが、シャーシのネジ止めだけなので、プラスドライバーがあれば、だれでも簡単に確実に作ることができる。接続方法は、アンプのREC OUTとイコライザーの入力をRCAケーブルで接続、アンプのPLAYもしくはMONITORをイコライザーの出力とRCAケーブルで繋ぐ。グラフィックイコライザーは5バンド(55Hz/220Hz/880Hz/3.5kHz/14kHz)と扱いやすく、±8dBで可変可能。また、イコライザーのオン/オフスイッチがあるので、即座に効果を聴き比べることができる。

音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ

・ BOOKS
・ 次号予告、お知らせ

・ TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)
・編集後記

ONTOMO Shop information

ラックスマン製 真空管キット対応 ブラックウォールナットケース再販売決定!

大好評! ラックスマン製真空管キットに対応するオリジナル無垢材ウッドケースが、多くのリクエストにお応えして再販売決定! 真空管キットをはめ込めば、あの伝統のラックスマン38シリーズのミニチュア版に! 無垢材スピーカー「Ishida model」、無垢材オーディオボードを手がけた神楽坂の家具工房 アクロージュ・ファニチャー による、銘木ブラックウォールナットを使用した木箱ケースです。

対応する真空管キットシリーズ
・ONTOMO MOOK付録 「真空管ハーモナイザー・キット(LXV-OT6)」
・ONTOMO MOOK付録 「真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット(LXV-OT7)」
「ラックスマン製 真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット『LXV-OT7 mkII』」
・ONTOMO MOOK付録 「真空管FMチューナー・キット(LXV-OT8)」
・ONTOMO MOOK付録 「真空管グラフィックイコライザー・キット(LXV-OT9)」

・サイズ:W197mm × H96 × D97 mm
・板厚:10mm

在宅工作キャンペーン実施中!

本格的な梅雨の季節を迎え、自宅で過ごす時間も多くなっているこの時期。こんな時こそ、音楽の力で乗り越えるべく、DIYに適したキャンペーン「在宅工作キャンペーン」を延長して実施中。ONTOMO Shop初お目見え商品を大放出! しかも、対象商品購入者には stereo編 ONTOMO MOOK 「甦る! 究極のヴィンテージオーディオ JBL PARAGON」付録『ペーパークラフト・キット』をプレゼント!

※ 当キャンペーンは2020年7月10日(金)まで実施予定です。また、用意している在庫数に限りがあるため、在庫がなくなり次第終了となることがあります。

編集部だより

緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだコロナウイルスの脅威は存在している。オーディオ業界全体に不景気の懸念も大きいが、自宅での時間が増えた今、オーディオで新たな投資をし、皆で盛り上げていきましょう。新型コロナウイルスはまだ収束したわけではありませんが、次号からは可能な範囲で取材をしていこうと思います。

>>  本誌のお買い求めは こちらから
>> 「stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。  
   詳しくは こちらから
>> 「stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

お客様へのお知らせ~オンラインショップ「ONTOMO Shop」での雑誌購入について

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために書店・楽器店などが休業している中で、ご購入や外出が難しい方のために オンラインショップONTOMO Shopにて緊急時限的に雑誌の販売を行ないます(数に限りがございます)。なお、通常はONTOMO Shopでは雑誌を取り扱っておりませんが、先述の理由による下記該当誌のみの限定取扱いとなります。7月10日(金)までの対応予定です。


<取り扱い雑誌>音楽の友/レコード芸術/stereo/バンドジャーナル/教育音楽(小学版)/教育音楽(中学・高校版)/ムジカノーヴァ
<対象月号>2020年6月号・7月号 ※「バンドジャーナル」は7月号のみの取り扱い
<購入方法>クレジットカード決済、Amazon Pay、代金引換(代引き) ※代金引換(代引き)には別途送料・代引き手数料がかかります。
<ご注文完了から発送までの時期>平日11:30までの受注当日に発送予定・平日11:30以降の受注翌営業日に発送予定
※土日祝日は休業日です。
<配送費・お支払い方法>
クレジットカード、Amazon Payで決済の場合→ポスト投函で配送完了となる「ネコポス」で配送(送料全国一律385円(税込)
代金引換(代引き)で決済の場合→通常の宅配便で配送(送料・代引き手数料が別途かかります)

タイトルとURLをコピーしました