stereo5月号モニタープレゼント当選者レポート トライオード Pearl

スポンサーリンク
未分類
トライオード Pearl ¥80,000
回路構成A級シングル
使用真空管6BQ5×2本、12AX7×2本
バイアス方式自己バイアス
定格出力3W + 3W(8Ω)
周波数特性30Hz~40kHz(±2dB)
SN比88dB
入力端子2系統(RCA)
入力感度260mV
入力インピーダンス100kΩ
スピーカー出力端子1系統 4~8Ω
ヘッドホン端子6.3mm標準ジャック(真空管回路出力)
消費電力45W
サイズ横190×奥行180×高135mm
質量4.7kg
付属品真空管ボンネット、電源ケーブル

まずビックリ‼️したのが、質感がしっかりしていてとても可愛いらしく、愛着が湧く大きさと重みで、アンプ全体が剛性感が高く小ぶりですが、本格的な作り込みの質感で関心しました。ボリュームとかの回した感じも、決して安い感じではなく、重みがある回しの感じで安心できます。自分は、真空管アンプには、とても憧れていて、この真空管アンプが人生で初めてのアンプです。電源を入れて音楽を流したら、それはとても綺麗で繊細で幸せだと思ってしまいました。真空管サウンドの、マジックなのでしょかね? 本当に安心できて、いつまでも聞いて入れれるサウンドです。押しつけがましく無く、神経質な音でも無く、聴いていてほっとして楽しくなります。この、真空管アンプは、パワーは3ワットなのですが、時計で言うボリュームの位置は、8時まで回せば自分の環境では充分に良い音量になります。真空管アンプは、スペック的な数値より何倍もパワー感が有ると聞いていましたが、本当にそのとうりです。アンプのボディの大きさや、小ぶりな真空管からは、決して想像出来ないパワー感があります。あと、なんといっても、真空管が時間と共にあったまってきて、綺麗にほのかな光を放ち、何度も何度も見てしまいます。自分の中ではアートです。幸せのひと時です。音楽を流しながら、真空管アンプならではの素晴らしいさを感じます。再生音楽が生活の一部になりました。幸せを噛みしめられます。ありがとうございます。真空管アンプから生まれて流れ出す再生音楽は素晴らしいです。沢山の人に、良さが伝わると良いなと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました。このような、真空管アンプを作ってくれている、トライオードさんには、感謝します。(山崎様)

タイトルとURLをコピーしました