stereo5月号モニタープレゼント当選者レポート 47 Laboratory鹿革ターンテーブルシート

スポンサーリンク
未分類

<使用システム>
スピーカー:Fundamental RM10Z
プリメインアンプ:Octave V40SE(Blac Box使用)
レコードプレーヤー:Technics SL-1200GAE
カートリッジ:Phase Tech P-3G
昇圧トランス:Phase Tech T-3
フォノイコライザ:Shelter Model216

純正のターンテーブルシートに鹿皮を置くと音が柔らかくなり、また空間の広がり(定位感)が整っているように感じます。
音が柔らかくなって音のキレ感がなくなるかとも思ったのですが、全くそんなことはなくシンバルなどの音のキレは失われてはおりません。
これは私のリスニングルームは ログハウス の約10畳の専用部屋となっており、周囲の家とも離れているため夜でも気兼ねなしに大きな音で再生することができるため不満感が出ないのかもしれません。
(それでも、爆音と呼ぶほど大きな音では再生しませんが)
もしアパート等でボリュームをかなり小さくしているときは、多少不満が出るのかもしれません。
結論としてはとても満足度の高いターンテーブルシートであり、今後も常用していこうと考えています。(相羽様)

タイトルとURLをコピーしました