「モノとオト」~チボリオーディオ輸入代理店 NAVYS に行ってみた!

スポンサーリンク
その他

stereo読者であればチボリオーディオ(Tivoli Audio)のラジオを聴いたことがあるという方も多いことだろう。簡単に説明しておくと、チボリオーディオはアメリカのマサチューセッツ州都のボストンで、ヘンリー・クロスと彼の長年のビジネスパートナーであるトム・デベストによって「高品質で使いやすく、手頃な価格の製品」製作を目的に2000年に設立されたオーディオメーカーだ。もともと、マサチューセッツ工科大学に在学していたヘンリー・クロスが、1950年代にボストン交響楽団の演奏をFM放送で実況中継するために、最初の音響サスペンションラウドスピーカーを設計したのがすべての始まりだったという。

そのチボリオーディオの日本正規輸入代理店が、株式会社ネイビーズ(NAVYS Inc.)だ。彼らが運営するオンラインショップ「モノとオト」は、“SIT BACK & RELAX”をテーマに、気持ちのいい音楽(=「オト」)を体験するための「モノ」を提供している。

ちなみに“SIT BACK & RELAX”とは、椅子にもたれてリラックスするという意味から「まったりと過ごそう」という意味があるらしい。ネイティブフレーズらしい。……勉強になる。

実は、そのオンラインショップ「モノとオト」は、さる2020年10月20日(火)に行なわれた「カラーミーショップ大賞2020」にて、初登場にしていきなり【優秀賞】を受賞するというとてつもない快挙を成し遂げたショップだ(ちなみに、当ブログでも告知させていただいたが、音楽之友社直営のオンラインショップONTOMO Shopは、【Amazon Pay賞】を受賞した)。今回、そんな縁もあり、株式会社ネイビーズのオフィスにお邪魔する機会を得た。

「カラーミーショップ大賞2020」の【優秀賞】のトロフィーが、オーディオに囲まれて誇らしげに輝いていた。

出迎えていただいたのは、クリエイティヴ・ディレクター 高崎 昇氏、営業部長 松野康晴氏、セールスマーケティングディレクター 東條路以氏。

オフィスは表参道にあるが、立地のお洒落さに引けを取らないお洒落なオフィスで、FM放送も流れている。センスの光るオーディオに囲まれ、こうゆうのが好きな人にとっては毎日快適に仕事ができそうな雰囲気の職場だ。そう、なんだかオーディオというよりお洒落雑貨や家具に囲まれているようで、妙に落ち着く。

実際、NAVYSで扱っている商材、特にチボリオーディオはリッツカールトンやマリオットホテルといった有名5つ星ホテルに供給している。また、最近ではTVドラマで主人公が愛用しているオーディオという位置づけで使用された商材もあるという。

お勧めの商材を訪ねると、ちょうど取材日であった11月11日(水)に発売されたブルートゥース・スピーカーREVIVE(リバイブ)』を紹介された。「蘇らせる、復活する」という意味の由来を持つ本商品は、チボリオーディオ創設20周年を記念してリリースされたデザインスピーカーだ。

スピーカー部分はキューブ型になっており、左右にそれぞれ15°ずつ回転する。ニアフィールドでダイレクトに聴きたいときには本体を動かさずともスピーカーを動かせばよいわけだ。しかもスピーカー上部は4段階の調光機能付きLED照明になっている。完全にベットルームや書斎で使用されることを想定しているのだろう。“SIT BACK & RELAX”のコンセプトをそのまま表しているかのような商品だ。

しかも、QI充電(ワイヤレス充電)機能装備、Bluetooth5.0対応、嬉しい充電用USBポートも付いている。オーディオにはあまり興味がないという方へのプレゼントとしても、これだったらインテリアとしても申し分ないだろう。

なお、銀座シックスで期間限定(2021年2月28日(日)まで)のコンセプトショップを展開している。チボリオーディオはもちろん、フランスのオーディオブランド『ラ•ボワットコンセプト』のフラッグシップモデルであるレコードプレーヤー一体型のスピーカーシステム“LX TURNTABLE“など、ここに紹介しきれなかった商品も多数展示販売している。是非、足を運んでみてはいかがだろうか。

ソリッドウォールナット使用のターンテーブル付きHi-Fiスピーカーシステム「LX TURNTABLE」。Clément Hellégouarchによるデザインで、正真正銘の Made in France だ。

オンラインショップ「モノとオト SIT BACK & RELAX
https://monotooto.com
※表参道オフィスでの試聴・販売は行なっておりません。

モノとオト SIT BACK & RELAX 銀座シックスショップ
https://ginza6.tokyo/shops/80212
営業時間 10:30 – 20:30
※営業状況は、急遽変更する場合があります。詳しくは店舗へお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました