ONTOMO MOOK「オーケストラ興亡記」好評発売中!

スポンサーリンク
MOOK

・音楽の友、レコード芸術 編
・定価 1,760円 (本体1,600円+税)
・判型・頁数 B5・144頁
・発行年月 2022年2月
・ISBNコード 9784276963405
・商品コード 963400

≫詳細・お求めはこちらから

現代につながる名門オーケストラが生まれた19世紀、2度の大戦や冷戦を経た20世紀、そして技術革新の21世紀――。オーケストラとその時代時代の指揮者たちとの関わり合いにフォーカスして、彼らをめぐる流れと音楽を俯瞰する。時に戦禍や政治に翻弄され、時に人間愛と芸術への敬虔な想いが昇華する、熱いドラマがここにある。クラシック・ファンのみならず、歴史やビジネスに興味のある読者必読。

スポンサーリンク

目次

第1章 欧州のオーケストラ運動

・英国オーケストラの20世紀
・社会主義体制とオーケストラ
・ウィーン・フィル、ベルリン・フィルの20世紀、そして現在
・放送局のオーケストラ
・消えた名門オーケストラ

第2章 アメリカのオーケストラ運動

第3章 欧州のオーケストラ運動

・アウトゥーロ・トスカニーニ
・ブルーノ・ワルター
・オットー・クレンペラー
・ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
・ハンス・クナッパーツブッシュ
・シャルル・ミュンシュ
・ジョージ・セル
・ヘルベルト・フォン・カラヤン
・レナード・バーレンスタイン
・カルロス・クライバー
・名指揮者たちのラスト・レコーディング

第4章 古楽オーケストラを率いたマエストロたち

・オリジナル楽器運動の波
・インタヴュー(フランス・ブリュッヘン/グスタフ・レオンハルト/バルトルド・クイケン/フィリップ・ヘレヴェッヘ/トン・コープマン/鈴木雅明/ジョン・エリオット・ガーディナー/トレヴァー・ピノック/アンナー・ビルスマ)

第5章 日本のオーケストラの隆盛

・日本のオーケストラ 巨匠たちとの共演史
・激動の戦後オーケストラ界
・築き上げた黄金コンビ
・朝比奈隆 × 大フィル
・秋山和慶 × 東響 …ほか


音楽の友、レコード芸術 編 ONTOMO MOOK
オーケストラ興亡記 19~21世紀の楽団と指揮者をめぐる物語
≫詳細・お求めはこちらから

タイトルとURLをコピーしました