秋葉原 コイズミ無線に 浅生昉氏設計「ASB2081Sol」来たる!

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

20cmフルレンジのウルトラスーパーモデルFE208-Sol(フォステクス製)」を使用するバックロードホーン「ASB2081Sol」の試聴会が、秋葉原コイズミ無線 本店で行なわれます!

当日は、「Stereo」11月号に掲載された浅生氏の「ASB2081Sol」のほか、フォステクスカンパニーが販売したバックロードホーン型スピーカーボックス 「BK208-Solの試聴を予定しており、しかもそのそれぞれに限定発売ユニット「FE208-Sol」を取り付けて試聴。 いずれにもT90A-Super(フォステクス製 ホーンスーパートゥイーター)」を追加します。

最新強力フルレンジ・ユニットの迫力をお楽しみいただけたらと思います。是非足をお運びください!

コイズミ無線試聴会FE208-Solを聴く(Ⅲ)

・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
・日時:2017年10月28日(土) 13:00~15:00
・講師:浅生 昉 氏
・参加費:無料

■ 紹介システム

・ASB2081Sol バックロードホーンシステム
・BK208-Sol バックロードホーン型スピーカーボックス

オーディオの総合月刊誌「Stereo」2017年11月号 好評発売中!

[特集]秋のオーディオクリニック
コンポの点検から修理工房紹介

①オーディオ問診票 ~あなたの装置が正常に機能しているか調べる方法(石渡博)
②秋恒例!オーディオ修理工房を訪ねて
HardOff新潟紫竹山店(新潟市)
A&Vテクニカル(八王子市)
アイテック(厚木市)
CMJ(さいたま市)
③機器のセルフチェックはこの一枚で! 
オーディオチェック・ディスク便覧(生形三郎)
④オーディオメーカーのコンポ保証制度と修理の現状を探る
アキュフェーズ、ラックスマン(上田高志)
“月刊ステレオの音”が楽しめるラジオ 集合! ミュージックバードの広場へ
Bonnes Notes 新型DRESSINGを聴く (生形三郎)
カートリッジ物語「ダイナベクター」(井上千岳)
ベルリンで目撃したオーディオの現在・未来~IFA2017を廻って(山之内 正)
スピーカーコンテスト作品展示会・授賞式の案内

■ stereo試聴室★話題の新製品を聴く

 (石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))

[CDプレーヤー]オーディオラボ 8300CD
[プリ・メインアンプ]オンキヨー A-9150/オーディオラボ 8300A/ラックスマン L-505uX
[スピーカーシステム]モニターオーディオ Silver200/エラック ADANTE AS-61/ソナス・ファベール Amati Tradition

■ 連載

 The Great Component「ピエガの故郷を訪ねて」(石田善之)

藤岡 誠の組み合わせの世界
サウンドフォーカス 塚谷水無子「トッカータとフーガ~バッハオルガン作品集Ⅱ」(生形三郎)
音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:藤井宏樹さん(田中伊佐資)
いい音いい場所いいお店「新空間」(上田高志)
MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー (植村和紀)
編集部へのお客様 アバンギャルド(鈴木 裕)
編集部へのお客様 モニターオーディオ/ロクサン(小林 貢)
音溝に刻まれた昭和流行歌史(篠田寛一)
ロック・ポップイワタ塾(岩田由記夫)
今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
音の余白に(岩出和美)
テラシマ円盤堂(寺島靖国)
オーディオを科学する「TIASに見る最新アナログ事情」(柴崎 功)
使い方を知る~オーディオの新常識~ (福田雅光)
オーディオ・エクスプローラー 新たな音世界を求めて (生形三郎)
ヴィニジャン~アナログの壺~ (田中伊佐資)
クラフト・ヴィンテージ (キヨトマモル)
オーディオクラフト FE208-Sol使用バックロードホーンの製作(浅生 昉)
149 火の鳥電機 (峰尾昌男)

■ 注目製品ファイル

①ラックスマンL-509uX2(井上千岳)
②キャッスル Knight1(林 正儀)
③PASS X350.8(小林 貢)
④オルトフォン MC Windfeld Ti(鈴木 裕)
⑤エソテリック E-02(井上千岳)
⑥マークオーディオ ネイチャーコレクションズ(林正儀)
新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)

■ STEREO TOPIC 

フォステクス オーダーカラーモデルを全国のプレミアムショップにて受注開始(編集部)
オントモ・ヴィレッジニュース

■ ステレオ・ディスク・コレクション

 今月の優秀録音(峰尾昌男)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
今月の話題盤
[クラシック](浅里公三)/[ジャズ](市川正二)/[ロック・ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](増渕英紀)
今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)

私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:角田郁雄
次号予告/訂正とお詫び
LP新譜情報 ゲスト:村井裕弥
BOOKS
TOWNS

■ 編集部だより

本号の特集は、この2年、11月号で取材掲載している「メンテナンス&修理」の最新版である。近年オーディオの動向は落ち着き、新製品一辺倒の風潮から、良い物を長く使っていこうという意識が高くなった。さらに、ビンテージ市場に注目が集まり、それらをレストアする、オーバーホールするといった動きも盛んである。そこで注目が集まるのが、オーディオメーカーの保証や修理対応である。さらに、修理メンテナンスを引き受けてくれる工房も、だ。

 以前から、音楽ファンに愛されてきたラックスマンの38FDの修理事情や交換球についてはこの分野で話題になってきた。皆さん「長く使いたい」、「修理したいが、音が変わるのはごめんだ」といったアンビバレンツな状況が出現した。さらに近年は、オーディオブーム全盛の頃人気を博したサンスイのアンプ群である。この修理が可能かどうか微妙な時代になってきた。そうした事情があり修理が、オーディオ業界の大問題になっている。

 オーディオ機器は基本電機製品だ。当然メーカーの保証する寿命とか、経年による不具合は必ずある。ということで本来ならばある程度の年数で買い換えるのが筋である。しかし基本は基本で、オーディオ機器は愛用品という側面もあり、長く愛着を持って音楽芸術を再生するという部分が重要となる。

 電機製品であるから、古くなれば様々な危険がともなう。しかし耳に馴染んだ愛機はそうそう捨てられるものではない。ひょっとすると一生使い続ける方も多いのかも知れない。そこで安全性や、不具合を修正する、メンテナンスやオーバーホール、修理といった作業が重要になる。ここではそれら修理についての現状を特集している。

 その中で注目して頂きたいのは、ラックスマンとアキュフェーズを例に取った、保証サービスの実例である。愛着のあるオーディオ製品を長く使っていただくため、保証期間の延長や、中古品所有者への便宜が盛り込まれている。今後高級オーディオ製品のあり方を問うシステムを報告した。

本誌のお買い求めはこちらから→ https://www.ongakunotomo.co.jp/magazine/stereo/

オントモ・ヴィレッジ「音質向上キャンペーン」実施中!

「オントモ・ヴィレッジ」オンラインショップでは、毎回好評をいただいている音質向上キャンペーンを実施しています。静かな夜、贅沢に音楽を楽しむひととき、ついつい上質な響きを求める気持ちに……。そんなときの試行錯誤の音質改善に、ぜひどうぞ!

 

 

 

 

 

キャンペーン対象商品をお買い上げの方先着50名様に、オーディオ評論家 福田雅光著 Stereo編 「オーディオベーシック講座 使い方を知る オーディオの新常識」をプレゼント!「オーディオは音が良くなければ面白くない」と語る氏の、高音質研究の極意が網羅された一冊です。なお、用意している冊数に限りがありますので、数に達し次第、終了とさせていただきます。

 

 

 

 

 

キャンペーン対象商品を一度のお買い物で15,000円(税抜)以上お買い上げの場合、もれなくエミライ製「USBノイズフィルター ES-OT4」を特典としてお付けします。なお、基板のみでUSBケーブルとカバーは付きませんのでご了承ください。

 

 

 

 

キャンペーン対象商品を一度のお買い物で30,000円(税抜)以上お買い上げの場合、もれなくエミライ製「USBノイズフィルター ES-OT4」と、ラックスマン製「ショートピン LXJ-OT5 2個セット」の両方を特典としてお付けします。なお、「USBノイズフィルター ES-OT4」は基板のみでUSBケーブルとカバーは付きませんのでご了承ください。

 

 


キャンペーン対象商品のラインナップは下記の通りです。

キャンペーン初登場商品。神楽坂の家具工房「アクロージュ・ファニチャー」とのコラボ企画商品!

1. 無垢オーディオボード ハードメイプル ※受注生産
2. 無垢オーディオボード ブラックウォールナット ※受注生産

キャンペーン初登場商品。ラック内の機器への装着に便利なロシアンバーチ(白樺)の板状インシュレーター。

3. レイヤーフェイス・ボード・インシュレーター 2本セット

大人気!ケーブルに通すだけのノイズフィルター。「アモルメットコア」シリーズのみで合計10,000円(税抜)以上お買い上げいただくと、キャンペーン特典のほかに「RCAケーブル・キット」をお付けします。

4. アモルメットコア NS-095B (2個ペア)
5. アモルメットコア NS-115 (2個ペア)
6. アモルメットコア NS-145 (2個ペア)
7. アモルメットコア NS-221 (2個ペア)
8. アモルメットコア NS-285 (2個ペア)
9. アモルメットコア NS-295 (2個ペア)

10. アモルメットコア NST-105 (2個ペア)
11. アモルメットコア NST-159 (2個ペア)
12. アモルメットコア NST-198 (2個ペア)
13. アモルメットコア NST-241 (2個ペア)


サウンドアップグレードの頼れるアイテム。お求めやすい価格帯なのも魅力!

14. ヘッドフォンアンプ付 USB-DAC LXU-OT2
15. USBノイズフィルター ES-OT4(USBケーブル/特殊カバー付き)
16. RCAケーブル・キット
17. RCAケーブル・プレミアム
18. [セット商品] USBオーディオ・セット

キャンペーン初登場商品。パイオニア発の話題のサウンドクオリティアップグレーダー。USB端子に接続するだけ!

19. 「Bonnes Notes」 DRESSING(ドレッシング) APS-DR000
20. 「Bonnes Notes」 DRESSING(ドレッシング) APS-DR001 ※購入特典付き
21. 「Bonnes Notes」 DRESSING(ドレッシング) APS-DR002 ※受注生産
22. 「Bonnes Notes」 DRESSING(ドレッシング) APS-DR003 ※受注生産
23. 「Bonnes Notes」 DRESSING(ドレッシング) APS-DR005 ※予約受付


キャンペーン初登場商品。アナログオーディオもよい音で!

24. ヴィニジャンオリジナルリードワイヤー(VJ-KS-TripleC/ハイファイ路線)
25. ヴィニジャンオリジナルリードワイヤー(VJ-KS-WE/往年のウェスタン製)
26. [セット商品] 特製リードチップ ブラックキャット Matrix AR-C3 付属 ヘッドシェル AR-HD1

※当キャンペーンは、2017年12月10日(日)までです。

Stereo11月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:藤井宏樹さん

「藤井宏樹さんと会うのは12年ぶりになる。たいそう久しぶりのはずだが、藤井さんの人柄がそうさせるのか、ものの数十秒で「やあー」といった感じになった。奥様の雰囲気も変わりがなく、大きく変わったことといえば柴犬の楽くんが家族の一員になったことと、ずばりオーディオシステムだろう。当時から何セットもの複数システムを可愛がっていたが、その全貌はメインスピーカー・システムを除いてすっかり様変わりしている。…」

新展開!「DRESSING」シリーズに新しい上位モデル「APS-DR005」、お試し版「APS-DR000T」登場!

再び「DRESSING」の季節がやってくる!

パイオニアは、IT機器などのUSB端子に接続するだけで電源ノイズや信号ノイズをカットし、高音質化を実現するUSBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」 シリーズに、新たに「DRESSING APS-DR005」を追加し、12月に発売する。

「オントモ・ヴィレッジ」のオンラインショップでも、本日より予約注文を開始、12月19日(火)から発売開始する予定だ。

音楽媒体において、CDなどの「記録メディア」が減少し、「データ」の構成が高まる中、オーディオ機器ではなくPCなどのIT機器で音楽を楽しむ方が増えている。PCをはじめとするIT機器は、手軽に音楽を楽しめる一方で、その構造上、音質に悪影響を及ぼす数多くのノイズが存在しており、音源本来の音質で音楽を楽しめる環境ではなかった。そうした背景を捉え、同社は昨年10月に新たなブランド「Bonnes Notes」を立ち上げ、PCオーディオの音質を高める製品を、「Bonnes Notes」シリーズとして展開。

その第1弾として、昨年12月に、USB端子に接続するだけでIT機器の電源ノイズや信号ノイズを低減し、高音質な音楽を楽しめるUSBサウンドクオリティ・アップグレーダー「DRESSING」3モデル「APS-DR001/002/003」を発売した。

「DRESSING」のネーミングは、サラダの「ドレッシング」や着衣の「ドレス」のように、“新しい何か”ではなく、それを使うことで既存のものを良くするアイテムであることを意味している。そして、その「DRESSING」シリーズの中核を担うモデルとして、出力端子を搭載した「APS-DR005」を新たにラインナップに追加する。

■「APS-DR005」

本機は、USB出力端子を搭載しており、IT機器のUSB端子に接続して電源ノイズを低減するほか、IT機器とUSB接続する機器の間に接続することで、電源ノイズとともに接続機器への信号ノイズも低減することができる。また、製品着脱時に持ちやすいプリズム形状の起伏を外装部に配している。

・商品名:USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」
・型番:APS-DR005
・カラー:ガンメタリック
・希望小売価格(税別):15,000円
・発売時期:2017年12月19日(火)

・インターフェース:USBタイプA
・外形寸法:21mm(W)×13mm(H)×59mm(D)
・質量:13g

只今「オントモ・ヴィレッジ」にて好評予約受付中!

———————————————————————————

また、USBスルー接続タイプのお試し版として分かりやすい効果が体感できる「APS-DR000T」が、2017年12月19日(火)発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器」の特別付録となることも決定した。

前回大好評を博した「APS-DR000」の ”バージョンアップ版” として、要望の多かった別のUSB接続が可能なスルータイプとなることから、「スルー(Through)」の頭文字より「APS-DR000”T”」と命名されたそうだ。オーディオ・ファンはもちろん、カーオーディオ・ファン、ヘッドフォン・ユーザーなど「音」にこだわるすべてのユーザー向けに幅広く満足いただけることだろう。

■「APS-DR000T」

・Stereo編 ONTOMO MOOK「きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器」の特別付録
パイオニア製 USB サウンドクオリティ・アップグレーダー APS-DR000T
・予価:4,600円 (税別)
・発売時期:2017年12月19日(火)

・出力口(USBメス)付タイプのお試し版としてMOOK付録へ採用
・APS-DR005の高音質ノウハウを取り入れた音チューニング
・低域から高域までバランスよくチューニング
・解像度と音場感を1ランクアップ
・抜き差ししやすいプリズムカットデザイン

新型「DRESSING」については、今後「Stereo」誌 2017年11月号から2018年1月号にかけて紹介記事が組まれ、詳細や最新情報を随時掲載してゆく予定だ。

 

「女性も欲しくなるかわいいオーディオ」 INTERIOR AUDIO & CAFE のお知らせ

女性だって、オーディオを楽しみたい!

そんな女性目線で選んだインテリアに馴染むかわいらしいオーディオや、美味しいスイーツでおもてなしする INTERIOR AUDIO & CAFE が来たる11月18日(土)~11月20日(月)の3日間、東京都国立市のお洒落なアンティークショップ「room103」にて行われます。

出展される製品は、「Stereo」誌でも執筆いただいている キヨトマモル 氏が代表を務める、代々木のVintage Joinが取り扱うドイツブランドを中心としたヴィンテージ・ラジオスピーカーをはじめ、デンマークB&O playのBluetoothスピーカーイヤホン、同じくデンマークVifaのハンドバッグ型スピーカー、イタリアCarot Oneの小型真空管アンプなどなど実にユニークなラインナップ。

しかも、価格はオーディオシステム全体、または単体で8万円までの製品で統一。スマートフォンによるファイル再生&アナログレコードの試聴も行うほか、アナログレコードの販売も予定しています。

また、当日は国立市在住の料理家 瀬戸口しおり さんのオリジナルスイーツもリーズナブルな料金で楽しめますので、聴いて楽しい、見て楽しい、そして食べて嬉しいイベントになること間違いなし!入場無料ですので、オーディオに興味のある女性はもちろん、奥様や娘さんとご一緒に是非足を運んでみてください!

・開催日時
2017年11月18日(土) 11:00~20:00
2017年11月19日(日) 11:00~20:00
2017年11月20日(月)11:00~17:00

・開催場所
room103  東京都国立市北2-13-48-103
TEL:042-577-34521(小道具屋 LET’EM IN
※JR中央線 「国立」駅より徒歩約10分

・お問い合わせ
(株) 音元出版 オーディオアクセサリー編集部
TEL:03-3255-3439

神楽坂の文化祭「まち飛びフェスタ」に音楽之友社も参加 街頭演奏&試聴会を開催!

 

1999年に「まちに飛び出した美術館」として神楽坂で始まったまち飛びフェスタは、年々規模を拡大、今や東京でも有数の地域イヴェントとなった。

音楽之友社は2010年から、最終日11月3日文化の日を飾る一大イヴェント「坂にお絵描き」に合わせ、別館前テラス特設ステージで、サックス奏者・小串俊寿さん率いるハッピー・サックス・アンサンブルの演奏で参加を続けている。テラス前でロールペーパーに絵を描いている子供たちが思わず踊り出す微笑ましい光景が評判を呼び、年々お客様は増加、昨年は300人を超えた。今年も11月3日(金・祝)の13時と14時30分、ハッピー・サックス・アンサンブルの無料街頭演奏が行われる(雨天中止)。

また今回は、神楽坂で無垢家具を製作するアクロージュファニチャーと、月刊「ステレオ」(音楽之友社)がコラボし、試聴イベントも開催される。

両社のコラボの始まりは、2016年秋に「ステレオ」誌から「人気のオーディオ評論家、石田善之氏が製作し、記事で紹介した無垢材スピーカーを製品化できないか」と相談したこと。すぐにアクロージュファニチャーが快諾し、「ステレオ」誌付録のスピーカーユニットを、銘木ブラックウォールナットを贅沢に使ったキャビネットに収めたIshida modelが誕生した。

今回のイベントでは、試聴の場をアクロージュファニチャーの工房内に設け、最初のコラボ製品「Ishida model」や、新たに誕生したばかりの無垢オーディオボード ハードメイプル/ブラックウォールナットの2モデル、そして、このコラボに刺激を受けたアクロージュファニチャーの代表がデザインする家具としてもエレガントなラック一体型スピーカーなどを出展する。

無垢の木を扱う職人たちや、数多くのオーディオに触れてきた月刊「ステレオ」編集部が、それぞれの英知を結集した無垢オーディオシリーズは、期間中、来場者が持参したCDやスマートフォンなどの音楽を鳴らして試聴できるようにする。※但し、イベントの内容は変更することがあります。

人気の街・神楽坂を堪能したあとは、無垢を贅沢に使った豊かな響きを味わってみては?

※詳しくは、こちら


【まち飛びフェスタ2017】
2017年10月14日(土)~11月3日(金・祝)

1999年7月に開催された「アートがまちに飛び出していき、まち全体がアートスペースになる企画~まちに飛び出した美術館」を前身とし、その後、神楽坂ゆかりのさまざまなイベントを加えて発展継承され、今年で19 回目を迎える。
http://machitobi.net/

【無垢オーディオシリーズ 試聴イベント日時】
10月29日(日)~11月3日(金)15:00~19:00
※CDやLPなどの音源持ち込みできます。

【開催場所】
東京都新宿区築地町6番地 北星ビル2F
家具工房 アクロージュファニチャー ショップにて
※木のテーブルウェアの展示も同時開催

【問合せ】
家具工房アクロージュファニチャー
Tel.03-6265-0241
info@acroge-furniture.com
www.acroge-furniture.com

第23回 真空管オーディオ・フェア 出展のお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

秋深し…。そうだ、真空管のイベントに行こう!

第23回を迎える「真空管オーディオ・フェア」が今年もまた開催されます。
ここでしか見ることができない貴重なものや、
趣向を凝らした多様なデモや公演などは一見の価値あり。

音楽之友社も、もちろん参画します。
入口付近にブースを設け、雑誌やグッズなどを取り揃えて皆様のご来場をお待ちしています。

また、10月9日(祝)には、「Stereo」主催の記事連動企画として
「サブロク1枚で対決! ~本誌筆者によるスピーカー競作2017」と題し、
「Stereo」10月号にて発表された浅生 昉氏、石田善之氏、生形三郎氏、小澤隆久氏、佐藤勇治氏、須藤一郎氏といった錚々たるメンバーの作例を、本人による解説と共に実際に音を鳴らします。

真空管愛好家の方はもちろん、
「真空管かぁ…。興味あるけどちょっと敷居が高いな…」と思っている方も大歓迎!
その日だけは、どっぷり真空管の魅力に取りつかれてみませんか!?

=================================

第23回 真空管オーディオ・フェア

【初 日】2017年10月8日(日) 10:00~19:00
【最終日】2017年10月9日(月・祝) 10:00~17:30

・第一会場:損保会館(外神田)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目9
・第二会場:ホテルマイステイズ御茶ノ水 コンファレンスセンター
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-6

・入場料:500円(2日間有効、高校生以下無料)
・主催:真空管オーディオ協議会

※音楽之友社(月刊誌『Stereo』主催イベント)

・2017年10月9日(月・祝) 13:00~14:30(於:損保会館5F イベントホール)
「サブロク1枚で対決! ~本誌筆者によるスピーカー競作2017」

講演者・作品名(予定、敬称略):
・浅生 昉 作「AS1082HSD」 10cmウーファー2本で16cm1本級の良質な低音を
・石田善之 作「ソラチネ」 点音源で狙う明瞭な音像と空間の大きな音場感
・生形三郎 作「旅まくら」 饒舌な中域表現と自然でワイドバンドな再生を両立!
・小澤隆久 作「バイエル」 BH型のハイスピードサウンドが安価に楽しめる
・佐藤勇治 作「Shuttle 88」 高性能フルレンジ+SWのワイドレンジ2way
・須藤一郎 作「T.P.B.(Twin Port Basic)」 両側面のスリット孔が10cmフルレンジをサポート

2017東京インターナショナルオーディオショウ 出展のお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

この週末は「有楽町で逢いましょう!」

第35回目を迎える「2017東京インターナショナルオーディオショウ」が、いよいよ明日9月29日(金)から10月1日(日)にかけて 東京国際フォーラム にて開催されます。

もちろん Stereo も出展!「音楽之友社」ブース(ガラス棟地下一階受付前)にて、皆様のご来場をお待ちしております。雑誌・書籍の販売はもとより、オンラインショップ「オントモ・ヴィレッジ」で取り扱っている話題の無垢オーディオ素材に触れることもできますので、秋の散歩がてら是非足を運んでみてください!

【入場無料!】
ただし、入場には入場パスの着用が必要です。入場パスは、ガラス棟B1ショウ受付で入場登録用紙のご記入と引換えにお渡しします。入場登録用紙は、事前にIASJウェブサイトからも入手できます。

【会場】
東京国際フォーラム
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
※JR線・地下鉄 有楽町駅隣接

【開場時間】
・2017年9月29日(金)10:00 ~ 19:00
・2017年9月30日(土)10:00 ~ 19:00
・2017年10月1日(日)10:00 ~ 17:00

※詳しくは下記の「2017東京インターナショナルオーディオショウ」のホームページをご参照ください。
http://iasj.info/tokyo-international-audio-show/2017/
※WEBパンフレット(出展社ブース情報等)
http://iasj.info/…/17_audioshow_8p_pamfhlet_web%E7%94%A8.pdf

tias2017