ONTOMO MOOK

スポンサーリンク
MOOK

stereo編 ONTOMO MOOK「夏の工作号」大好評発売中!

「伝えたいのは音質ではなく音楽の本質」。オンキヨー製の話題のスピーカーがいよいよ登場! スピーカーユニットの付録は、オーディオの総合月刊誌「stereo」にて2010年から続く夏の特集(いわゆる「工作号」)の企画として始まりました。...
9月号

オーディオの総合月刊誌「stereo」2021年9月号、好評発売中!

【特別定価】¥1,430 (税込)【判型】B5【発行】2021年8月【商品コード】052109≫ 本誌のお買い求めはこちらから今月号の表紙のテーマは「サブウーハーの最先端」。表紙モデル機:KEF KC62 Subwoofer撮影場所:KE...
MOOK

ONTOMO MOOK「これならできる」シリーズ2021年版、予約開始!

「伝えたいのは音質ではなく音楽の本質」 国内老舗ブランドの技術で作りこまれた10cmフルレンジ・スピーカーユニットが付録に! 今回の付録ユニットはオンキヨーが設計製造した10㎝口径のフルレンジ。振動板には「バイオミメティクス...
スポンサーリンク
スピーカーコンテスト

ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版」付録ユニット用エンクロージャー作例の音ってどうなんだ?

ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編」では、スピーカーユニット(マークオーディオ製 6cmフルレンジ・スピーカーユニット「OM-MF4」)を付録にするのみではなく、「第11回自作ス...
MOOK

夏のONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版」特別付録決定!

毎年夏の恒例となっている特別付録付き2021年7月発売予定の stereo編ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版 オンキヨー編」。先日オンラインで行なわれた「第11回自作スピーカーコンテスト 結果発...
MOOK

「オーディオ超絶音源探検隊 バックロードホーン・スピーカーを相棒に」好評予約受付中!

stereo誌で50回以上の掲載回数を誇る人気連載「この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権!」。その50回分のまとめに加え、バックロードホーン型(BH)スピーカーの製作記事などを加えたムック本の登場です。 連載「~変態ソフト選手権」...
MOOK

「保存版 迷うもまたよし!  クラシック・レーベルの歩き方」好評予約受付中!

最先端を行く“レーベル聴き”のガイドブック。 ぜひ聴きたい158のクラシック・レーベルを世界中から選定し、その強みをおすすめディスクとともに紹介。『レコード芸術』執筆陣ならではの熱量の高い筆致で、知れば知るほどハマる世界へと誘う。各...
MOOK

「レコ―ドが覚醒する! EQカーブ調整型真空管フォノイコライザー」予約開始!

毎回好評を得ているONTOMO MOOKの「ラックスマン真空管シリーズ」。早いもので第5弾となります。今回は、いままで読者から最も付録化のリクエストが多かったフォノイコライザーが満を持しての登場です。 今回の特徴はなんといっ...
MOOK

マークオーディオ製 付録スピーカーユニット第三弾「OM-MF4」、 対応エンクロージャー「ラビリンス・バスレフ型」同時発売!

すっかり毎年恒例となった ONTOMO MOOK のスピーカーユニットの付録。今年2020年は、マークオーディオ製6㎝フルレンジ・スピーカーユニット『OM-MF4』を付録とした「これならできる特選スピーカーユニット 2020年版マークオー...
MOOK

もう入手しましたか!? 話題のラックスマン製真空管グラフィックイコライザー・キット、大好評発売中!

stereo編 ONTOMO MOOK 真空管キットシリーズ第4弾として「真空管グラフィックイコライザー・キット(LXV-OT9)」を付録にした、「音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ」。2020年6月からの発売以...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました