ONTOMO MOOK

11月号

オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年11月号、好評発売中!

■ Stereo 2018年11月号 【定価】¥972 (税込) 【判型】B5 【発行】2018年10月 【商品コード】051811 ≫本誌のお買い求めは こちらから 【特集】いまこのオーディ...
2018年

【イベント情報】 audiounion DAY vol.6 で鳥型バックロードホーン「シュモクドリ」が鳴く!

Stereo編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」で紹介された鳥型バックロードホーン・スピーカー『シュモクドリ』。設計者である炭山アキラ氏自身の解説で試聴会が開催されます。当日は併せてフォステクスの新...
MOOK

秋葉原 コイズミ無線主催イベントのお知らせ

 Stereo 編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」に掲載されている作例の解説および試聴会が、秋葉原のコイズミ無線にて予定されています。 ■ コイズミ無線「最新作バックロードホーン4種の公開試聴会」 ...
2018年

毎年恒例!「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」好評発売中!

毎年恒例、夏に工作号として発売される「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」。今年はマークオーディオ製スピーカーユニット「OM-MF5」の標準機として生形三郎氏が設計した「ダンプドバスレフ型」を採用しました。補強を随所に取り入れ、吸音...
2018年

話題沸騰!「これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編」好評発売中!

マークオーディオといえば、長年、スピーカーユニット専業メーカーとして数々のヒット製品をリリースしている英国製ユニットメーカーで、最近「Stereo」にも度々製品が紹介され注目されているメーカーでもあります。今回、オーナーのマーク・フ...
2018年

長岡鉄男ファン必携!「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」好評発売中!

スピーカーシステムのエンクロージュア(キャビネット)の一方式であるバックロードホーン型。故・長岡鉄男氏が自宅のリファレンススピーカーに採用したことのある方式で、スピーカーユニットの性能を発揮させ、多くはハイスピードなサウンドが得られるとされ...
2018年

秋葉原 コイズミ無線「最新作バックロードホーン 4種の公開試聴会」のお知らせ

7月19日(木)の発売が迫ってきた Stereo 編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」の発売に合わせ、誌面で紹介されている4人の作者の最新作を、秋葉原のコイズミ無線にて、二回にわたり作者自身の解説付きで試聴...
MOOK

夏のムック3部作(「OM-MF5」追加情報あり)

Stereo 編 ONTOMO MOOK●これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット予約受付中! 【発売日】2018年7月19日(木)【...
2018年

「マークオーディオ」代表 マーク・フェンロン氏スペシャルインタビュー

夏の風物詩(?)、月刊ステレオ編集部とメーカーとの共同企画による新開発スピーカーユニットが、今年も登場します! 今年は香港発・気鋭のメーカー「マークオーディオ」による8cm径フルレンジ。その名も「Model OM-MF5」! ...
MOOK

stereo編 ontomo mook 「快音!真空管サウンドに癒される 」好評発売中!

Stereo編 ONTOMO MOOK 「快音!真空管サウンドに癒される 」 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット 【定価】 14,040 円 ( 本体13,000 円) 【判型・頁数】 ...