オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年4月号、好評発売中!

■ Stereo 2019年4月号
表紙:LINN SELEKT DSMシリーズ

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年3月
【商品コード】051904
≫ 本誌のお買い求めは こちらから

【特集】部屋&セッティング

「部屋&セッティング」と特集テーマだけ聞けば話は単純明快なイメージだが、とかくオーディオはさまざまな要素が絡み合い、ひしめき合うもの。場所は動き出すわけでもないひとつの部屋といっても、ひとつの音をしっかり鳴らしきるためには、広く見る目と近くを見る目、両方の使い分けが重要になってくる。そこでまずは冒頭、3人の本誌筆者の言葉に耳を傾けたい。リスニング環境の整え方、不安な芽の摘み方等々具体的な手法もさることながら、部屋における視点の持ち方の参考となってくるはずだ。

・筆者が語る「部屋での攻め方」
「ニアフィールド的にポジションをとり常に意識するのは吸音と反射のバランス」(生形三郎)
「昨今、部屋といったら『電源ノイズ』『電磁波』等々に対するケアが欠かせない」(鈴木 裕)
「吸音よりは拡散で反射波対策 スピーカーとは反対側の壁にも目を向けて」(山之内 正)

実践! ルームチューニング対決 アコースティックリバイブ × カイザーザウンド(生形三郎)
・良い音楽を聴くための部屋づくり(村井啓一)
・ケーブルセッティングから音場調整まで アクセサリーでグレードアップ(炭山アキラ)


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ プリ・メインアンプ ] パトス Logos MkⅡ
・[ プリ・メインアンプ ] エレクトロコンパニエ ECI 6
・[ パッシブコントローラー ] フェーズメーション CM-2000
・[ スピーカーシステム ]モニターオーディオ Studio
・[ スピーカーシステム ]アンフィオン Argon3S
・[ スピーカーシステム ]フォーカル Kanta N°1


注目製品ファイル

・[ パワーアンプ ] アキュフェーズ P-4500(井上千岳)
・[ プリアンプ ] メロディ WE2688 SIGNATURE(福田雅光)
・[ スピーカーシステム ] ヤーン 12WP(潮 晴男)
・[ スピーカーシステム ] ディナウディオ Evoke20(小林 貢)
・[ スピーカーシステム ] エラック Vela FS409(潮 晴男)
・[ パワーアンプ ]マッキントッシュ MC312(井上千岳)

・アクセサリーファイル

[ インシュレーター ]ウィンドベル OS-25,OS-50(林正儀)
[ スペーサー ]山本音響工芸 GS-9(林正儀)
[ ステレオヘッドシェル ]シルバーハート モノリス

・新商品ニュース(峰尾昌男)


連載

・ サウンドフォーカス ~音楽とオーディオが出会う時/
「ボサノヴァを奏でるその音が生まれる瞬間」ジャズ・サックスプレーヤー 纐纈歩美(鈴木 裕)
・ザ・グレートコンポーネント「エソテリック、Grandioso P1X、D1Xの核心に迫る」(岩井 喬)
・音の見える部屋 オーディオと在る人 第87回 今月の人:有吉 純さん(田中伊佐資)
・いい音いい場所いいお店「OWL」(上田高志)
・藤岡 誠のオーディオコンポーネンツ
組み合わせの世界 Season2「STUDIOとネオクラシコII」(藤岡 誠)
・カートリッジ物語「音溝のマイスター列伝」 第17回:ナガオカ(井上千岳)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン 最終回「TBSの制作現場で活躍するオヤイデケーブル」
・ポップ・ロックイワタ塾 第43回「熱狂的なファンを持つマルチプレイヤー ピーター・ブロデリックの新作は伝説的孤高のミュージシャン アーサー・ラッセルのリビュート」(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権 第34回「大編成中心の選択になりがちだが、違ったジャンルにも挑戦」
(炭山アキラ+高崎素行)
・柴崎印! オーディオを科学する「ルームチューンを考える 電磁波吸収、振動抑制、吸音などリスニングルームの音質改善ポイント」(柴崎 功)
・使い方を知る オーディオの新常識「極細スピーカーケーブルをテストする」(福田雅光)
・Stereo AUDIO CRAFT 「最新の16cmフルレンジFE168NSを活用するオーソドックスな形状のバックロードホーン『ASB168NS』」(浅生 昉)
・ヴィニジャン~アナログの壺~ 第68回「ホーボーレコードカフェに集う人々」(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ 第22回「アナログプレーヤー用静電気除去アームの制作」(キヨトマモル)
・テラシマ円盤堂「ガラティーと『空間を叩くドラマー』が切り開く更新スタンダードの世界」(寺島靖国)
・火の鳥電機 STUDY2「電気工作基礎:ハンダ鏝(こて)」(峰尾昌男)
・新感覚オーディオクラフト 俺流スピーカー! 邪道を往く
第4回「ホーントゥイーターを埋め込め」(アクロージュファニチャー 岸邦明×編集部吉野)

 

短期連載

■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(最終回)(須藤一郎 )
「”CB’18” 製作記」基本に戻っての小型密閉型ブックシェルフ 塗装もしっかり、が最大の課題 !?

■ どう聴けばいいのか? MQA-CD ~MQA-CDでハイレゾ再生を楽しむためのイロハ~(土方久明)


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](岡崎正通)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](富澤一誠)


注目記事

■「来場者が選ぶ No.1 スピーカー」も発表! MOOK付録スピーカーユニットで競い合う!
第9回自作スピーカーコンテスト 栄誉を手にした名機たち(カラー掲載)
特別企画:MOOK付録スピーカーユニットで競い合う! 第9回自作スピーカーコンテスト
作品展示&試聴会・授賞式 詳細レポート(林 正儀)
特別企画:モノラル駆動バイアンプの実験(石田善之)
■ LINN SELEKT DSMが導く 新たな音楽体験(生形三郎)
■ Stereo編集部の使ってみました BASS Channel Divider編(音楽之友社 編集部「み」)
■ Stereo TOPICS「高音質で甦った、第二次世界大戦下のフルトヴェングラーとベルリンPOの記録」(生形三郎)
■ 今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)
■ 音の余白に 本誌編集顧問が聴く見る書く!(岩出和美)

■ 次号予告、訂正とお詫び、お知らせ
■ BOOKS
■ TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

4月号はオーディオをやってる人なら誰もが悩みとなる部屋とセッティングについてです。どんな立派なオーディオシステムを持っていても、部屋がダメだと、その実力を発揮できません。さらにセッティングも疎かにすると本当の実力を引き出せてないという事になります。この基本にして奥深い世界で、個性豊かな登場人物たちが、華麗なるセッティング技でオーディオのポテンシャルを引き出します。

>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年3月号、好評発売中!

■ Stereo 2019年3月号

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年2月
【商品コード】051903
≫ 本誌のお買い求めは こちらから

【特集】やっぱりアナログな音が好き

・毎日がちょっと楽しくなりそう、そんな最新のレコードプレーヤー8機種を聴こう(山之内 正)
・緊急企画!(便乗企画?)Queenのレコードも聴いてみない?(フレディ波多江  [Gueen] )
・カートリッジの専門誌登場LPカートリッジ読本について
・レコードプレーヤー再構成・最終章(岩田由記夫)「トーンアームの交換」
・洗えば応えるビニール盤
 「厳選 クリーニングマシン試用レポート」(石田善之)
 「レコード・クリーニングアクセサリー」(井上千岳)
 「洗った後は……」(新納広倫 [ Ninonyno2 ])
・音溝掲示板「レコードクリーニング編」(ビニール愛好家の皆さん)
・注目度抜群のレコード洗浄マシン体験レポート 「カーマスオーディオ KA-RC-1」(鈴木裕)
・今どきのカセットテープの愉しみ「カセットデッキ&テープ現行モデルで出来ること」(岩井喬)
・ミュージックテープを買いに行こう(編集部)


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ DAC搭載プリ・メインアンプ ] ヘーゲル H190
・[ プリアンプ ] アキュフェーズ C-2150
・[ プリアンプ ] ヤマハ C-5000
・[ スピーカーシステム ]JBL 4312G
・[ スピーカーシステム ]エラック VELA FS407
・[ MC昇圧トランス ]オーディオテクニカ AT-SUT1000


注目製品ファイル

・[ マルチメディアプレーヤー ] カクテルオーディオ X45(鈴木裕)
・[ スピーカーシステム ] トライアングル COMETE EZ(潮晴男)
・[ D/Aコンバーター ] イレブンオーディオ SagraDAC(鈴木裕)
・[ スピーカーシステム ] エラック VELA FS409(潮晴男)
・[ SACDプレーヤー ] エソテリック K-50Xs(小林貢)
・[ プリ・メインアンプ ]エソテリック  F-03A(小林貢)
・[ MCカートリッジ ]JICO 瀬戸彫/SETO-HORI(田中伊佐資)
・[ プリ・メインアンプ ]

・アクセサリーファイル

[ インシュレーター ]ウィンドベル AVC-25、50(林正儀)

・新商品ニュース(峰尾昌男)


連載

・ サウンドフォーカス ~音楽とオーディオが出会う時/
「ストラディヴァリウスの響き 魅惑のイザイ」ヴァイオリニスト 米元響子(山之内 正)
・ 音の見える部屋 オーディオと在る人 第86回 兵庫編(3) 今月の人:瀬尾佳宏さん(田中伊佐資)
・ いい音いい場所いいお店「BUNJIN」(田中伊佐資)
・藤岡 誠のオーディオコンポーネンツ 組み合わせの世界 Season2「CM-2000」(藤岡 誠)

・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン 第11回「テープデッキへの録音ケーブルを聴き比べる」
・ポップ・ロックイワタ塾 第42回「ジャネール・モネイ、The1975といったコンピューター社会や、現代の問題点に迫るメッセージを投げかける音楽家達」(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権 第33回「試聴用圧縮音源で、印象が違い呆然とすることもある」
(炭山アキラ+高崎素行)
・カセットテープ&デッキを科学する「カセットデッキ周りの問題点」(柴崎 功)
・使い方を知る オーディオの新常識「MOOK付録フォステクス製 BASSチャンネルデバイダーをテストする」(福田雅光)
※記事内で使用されているスキャンスピーク製フルレンジはこちらからお求めいただけます
・ヴィニジャン~アナログの壺~ 第67回「牛舎でRCAシステム」(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ 第21回「冬にオススメの静電気対策アイテムを使った音質改善 D.I.Y」(キヨトマモル)
・火の鳥電機 STUDY1「電気工作基礎:ハンダ」(峰尾昌男)
・新感覚オーディオクラフト 俺流スピーカー! 邪道を往く
第3回「トゥイーターを上手く追加しろ」(アクロージュファニチャー 岸邦明×編集部吉野)

不定期連載

■  Stereo Audio CRAFT「和三盆V2」(生形三郎)
最新強力ロクハンフルレンジ・ユニットで重量級大型変形バックロードホーン

ー 構想と設計「以前の作例で手応えがあった逆スパイラルホーンに再挑戦」
ー 組み立て工程
ー 完成
ー 試聴「十分に厚みのある低音と特有のホーン臭さが抑えられたナチュラルな質感が実現できた」

短期連載

■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(5)(佐藤勇治 [ワイエスクラフト] )
「”Duo” 製作記」無垢材の自然な響きに改めて着目、2発のフルレンジと箱で聴かせるスピーカー

■ どう聴けばいいのか? MQA-CD ~MQA-CDでハイレゾ再生を楽しむためのイロハ~(土方久明)


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(山之内 正)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正二)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)


注目記事

■ Davone 意匠と音の美学―ブラッシュアップされた3機種を聴く(山之内 正)
■ 第9回 スピーカーコンテスト作品展示&試聴会・授賞式のお知らせ
■ お待たせしました! BASS Channel  Divider 付録ムック いよいよ発売です!!
■ こんなキットを待っていた! BASS Channel Divider を組み合わせて使えるサブウーファー・キットが発売です!!  ONTOMO Shop新商品「サブウーファー・キットP1000SW」のお知らせ

■ 音の余白に 本誌編集顧問が聴く見る書く!(岩出和美)
■ 今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)

■ 次号予告
■ BOOKS
■ TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

3月号は編集部員が大好きなアナログの特集です。アナログブームから数年が経ち、新製品のアナログプレーヤーも出揃ってきた感があるこの頃、実力派のアナログプレーヤーを集めて聴いてみました。そして、レコードマニアには避けて通れないレコードクリーニングも深掘りしてます。加えて今話題のカセットテープを、現在の環境でどのように楽しむかを検証してみました。みんなでアナログライフを満喫しよう。アナログ最高!

>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年2月号、好評発売中!

■ Stereo 2019年1月号

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2019年1月
【商品コード】051902
≫ 本誌のお買い求めは こちらから

【特集】<声>

・人は〈声〉を聴かずにはいられない(鈴木裕)
・魅惑の〈声〉ディスク(鈴木裕/石田善之/生形三郎/北村昌美/小林 貢/真保安一郎/田中伊佐資/寺島靖国/福田雅光)
・平面バッフルで聴くボーカル(岩出和美)
・モノラルも聴こう!~ステレオシステムに組込むモノ盤歌もの再生術(キヨトマモル)

【特別企画】沖縄オーディオ見聞録

オーディオスポットに照準を合わせた編集部員が、沖縄に単身足を踏み入れる。
紛れもない、今の沖縄のオーディオ事情をここにお届けする。(編集部・野呂)

・紹介されたお店

コーヒーハウス 響
沖縄県沖縄市八重島2-7-48
営業時間 13:00~19:00(火・土曜日、公休日定休)
クラシックとコーヒーと、復帰前のコザの空気を心ゆくまで

知名御多出横(知名オーディオ)
沖縄県沖縄市中央3-13-11
営業時間 10:00~18:00(日曜日、正月・旧盆定休)
沖縄発のオーディオメーカー、満を持しての活発活動宣言!

音楽喫茶 音猫
沖縄県那覇市首里金城町3丁目22
営業時間 10:00~夕方(日曜日、気分曜日定休)
旨に寄せるダブルウーファのたおやかな音圧

ブラック・ハーレム
沖縄県那覇市牧志2-7-22 コスモビル6F
営業時間 21:00~6:00(1ヶ月に1日、不定休)
昨日も今日も明日も。そのままそこに在るソウルの園

サウンドショップ ヨハナ
沖縄県那覇市古島1丁目24-3
営業時間 10:00~19:00(日曜日定休)
「待つ、丁寧に向き合う」がモットーの老舗オーディオショップ

ハードオフ那覇小禄店
沖縄県那覇市赤嶺1-1-10
営業時間 11:00~21:00(年中無休)
那覇空港から気軽に立ち寄りたい


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ CDプレーヤー ] デノン DCD-800NE
・[ プリ・メインアンプ ] オゥヴィック U-150
・[ ステレオ・パワーアンプ ]アキュフェーズ P-4500
・[ ステレオ・パワーアンプ ]ヤマハ M-5000
・[ スピーカーシステム ]エラック VELA BS403
・[ MC昇圧トランス ]オーディオテクニカ AT-SUT1000


注目製品ファイル

・[ スピーカーシステム ] JBL 4312G(潮 春男)
・[ レコードプレーヤー ] マグレブオーディオ ML1(井上千岳)
・[ CDプレーヤー ] ロクサン BLAK CD PLAYER(小林貢)
・[ プリ・メインアンプ ] ロクサン BLAK INTEGRATED AMPLIFIER(小林貢)
・[ MCカートリッジ ] オルトフォン SPU Century(井上千岳)
・[ MCカートリッジ ] EMT JSD VM(潮 春男)
・[ スピーカーシステム ] アバンギャルド UNO XD FINO(林正儀)
・[ プリ・メインアンプ ] パトス LOGOS Mk II(鈴木裕)

・アクセサリーファイル

[ デジタルケーブル ]サエク STRATOSPHERE DIG-1/BNG(岩井喬)
[ ラインケーブル ]ゾノトーン 7NAC-ShupremeX(林正儀)
[ 電源ケーブル ]アクロリンク 8N-PC8100 Performante(岩井喬)

・新商品ニュース(峰尾昌男)


連載

・ サウンドフォーカス ~音楽とオーディオが出会う時/
「クロマティックハーモニカの愉悦」クロマティックハーモニカ奏者 山下伶(生形三郎)
・ 音の見える部屋 オーディオと在る人 第85回 兵庫編(2) 今月の人:凪正成さん(田中伊佐資)
・ いい音いい場所いいお店「オーディオ南海 ANNEX MITO」(上田高志)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン 第10回「アースケーブルが凄っごいんですよっ!」
・音溝に刻まれた昭和流行歌史 第38回「コロムビアの躍進」(篠田寛一)
・ポップ・ロックイワタ塾 第41回「スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ」(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権 第32回「『2018年変態ソフト大賞』1位は…」(炭山アキラ+高崎素行)
・オーディオを科学する「最新デジタルケーブル事情」(柴崎 功)
・ヴィニジャン~アナログの壺~ 第66回「交換針のJICO本社へ行く」(田中伊佐資)
・火の鳥電機 第15回「ノイズを伴い片チャンネルが飛んだプリ・メインアンプ」(峰尾昌男)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・新感覚オーディオクラフト 俺流スピーカー! 邪道を往く
第2回「エンクロージュアの容積は聴いて決めろ」(アクロージュファニチャー 岸邦明×編集部吉野)
・クラフト・ヴィンテージ 第20回「ラックスマンハイブリッドAMP用電源フィルターの制作(2)」(キヨトマモル)
・カートリッジ物語・偉人伝 第二回「追悼、森芳久さん」(井上千岳)

不定期連載

■  Stereo Audio CRAFT「16cmフルレンジスピーカー FE108NS 作例」(炭山アキラ)
16cmレギュラーユニットを使用し少ない床面積だがバックロードのよさを楽しめる「グース」の制作

ー 狙い「床面積が小さく製作容易なバックロードホーン」
ー 板材の選択「極めて廉価で堅いバーチクルボード使用」
ー 組み立て「基本的には横方向のU字を4段積み重ねる格好」
ー 試聴「BHらしいスピード感や軽やかさを聴かせる」
ー トゥイーター追加「単体でも充分な高域だがトゥイーターを載せると明らかに質が向上」

【お知らせ】1月26日(土)13:00より、「グース」のお披露目試聴会がコイズミ無線本店で行われます。詳しくはこちらをご参照ください。

短期連載

■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(4)(小澤隆久)
「”チャレンジャー” 製作記」
突破口はタンデム方式、密閉の小型でバスレフ型なみの低音を得るために

どう聴けばいいのか? MQA-CD ~MQA-CDでハイレゾ再生を楽しむためのイロハ~(土方久明)
第4回「今、旬な対応モデルを再び集め、MQA-CDの聴こえのよさを探る」

■ もっと低音を!第5回 BASS Channel Dividerを大型本格システムに組み入れる
ー4ウェイ・マルチシステムに組み込んでみた(炭山アキラ)
ー自宅メインシステムの低域増強を企む(生形三郎)

※ 誌面で紹介した BASS Channel Divider は、
2019年2月19日発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」
特別付録です。


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(峰尾昌男)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](岡崎正通)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](富澤一誠)


注目記事

■ 鳥型バックロードホーン「チュウサギ」登場 共立電子産業イベントレポート(炭山アキラ)
■ 理科フェスを追え! ~スピーカー甲子園のその後(榎本憲男)
第9回 自作スピーカーコンテスト作品展示&試聴会・授賞式 開催のご案内

■ 音の余白に(岩出和美)
■ 今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)

■ 次号予告
■ BOOKS
■ TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

2月号の特集は〈声〉です。

オーディオで、いい音で聴きたいと言えば真っ先に思い浮かぶのは声じゃないでしょうか。趣味としてのオーディオの中で録音された声をリアルに再生できた時の興奮は何物にも代えがたい喜びです。そして人間の耳にとって最もダイレクトに感情を揺さぶるのは声だと思います。そんな声の魔力が封じ込められた音源を紹介します。オーディオでどんな声を聴きたいですか?

特別企画は編集部Nたっての希望で沖縄のオーディオ事情を探りました。
乞うご期待!

>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年1月号、好評発売中!

■ Stereo 2019年1月号

【特別定価】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年12月
【商品コード】051901

本誌のお買い求めは こちらから


【特集】デザインするオーディオ

・なんてったってデザインが好きなのだ(田中伊佐資)
・我が愛しのデザイン、忘れられないコンポ
(山之内 正/鈴木 裕/生形三郎/岩井 喬/上田高志/編集部)
・コレクターズ・チョイス ヒストリカル・デザイン・オーディオ(キヨトマモル)
対談 オーディオの音とデザインの調和は可能か
~格好のよいコンポが欲しい(潮 晴男 × 土方久明)
コラム オーディオデザイナーは語る「必要な条件が形に反映されるレコードプレーヤーやアームのデザインが楽しい」(47研究所 木村準二)
特別企画 ビートルズプレーヤーってどうなの?
ー ジャケ論 レコード・ジャケットデザインの変遷~(植村和紀)
ー ビートルズプレーヤーってどうなの?(植村和紀×田中伊佐資)

第2特集】アナログ音質アップ大作戦

・窮極の音質チューニング analogmagikでセットアップはここまで追い込める(鈴木裕)
・最新アナログアクセサリー徹底検証(林正儀)
1.ヘッドシェル:ポイントは素材と重さ
2.アースケーブル:高級素材が続々投入
3.リード線:微小ながら決定的効果
4.フォノケーブル:線材、構造。百花繚乱
5.除電・消磁:レコード盤の大敵に備える

短期集中特集】

■ もっと低音を!第4回 サブウーファー専用スピーカーを用意する(ワイエスクラフト 佐藤勇治)
ーサブウーファーにはどんなスピーカーがいいのか
ー既存のスピーカーシステムをサブウーファーとする場合
ーサブウーファー専用のものを用意する場合
ー試聴
※ 誌面で紹介した BASS Channel Divider は、2019年2月19日発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」の特別付録です。

■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(3)(生形三郎)
目指せ、ハイエンド機のクォリティ 木工の心得がなくともリファレンス音質は譲れない!
「STB-1 “Mont Blanc” 製作記」


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ アナログプレーヤー ] ラックスマン PD-151
・[ SACDプレーヤー ] エソテリック K-07Xs
・[ プリ・メインアンプ ]デノン PMA-800NE
・[ プリ・メインアンプ ]オーラ vita Premium Black Edition
・[ プリ・メインアンプ ]アキュフェーズ E-480
・[ スピーカーシステム ]クリプトン KX-3Spirit
・[ スピーカーシステム ]JBL L100 Classic


注目製品ファイル

・[ プリアンプ ] ヤマハ C-5000/M-5000(小林貢)
・[ プリ・メインアンプ ] ヘーゲル H190(井上千岳)
・[ フォノイコライザーアンプ ] オーロラサウンド Vida Prima(鈴木裕)
・[ スピーカーシステム ] エラック Vela FS407(小林貢)
・[ スピーカーシステム ] モニターオーディオ Studio(井上千岳)
・[ スピーカーシステム ] ファインオーディオ F502(林正儀)

・アクセサリーファイル

[ MC昇圧トランス ]オーディオテクニカ AT-SUT1000シリーズ(岩井喬)

・新商品ニュース(峰尾昌男)


新連載

・俺流スピーカー!邪道を往く(アクロージュファニチャー × 編集部)
・カートリッジ物語・スペシャル企画 カートリッジ偉人伝 第1回「海老沢 徹」(井上千岳)

連載

・ サウンドフォーカス ~音楽とオーディオが出会う時/
「THE STELLAR NIGHTS GRAND ORCHESTRA = 星降る夜はオーケストラ」吉田 健・奥村 愛
(生形三郎)
・ 音の見える部屋 オーディオと在る人 第84回 兵庫編(1) 今月の人:古城資久さん(田中伊佐資)
・ いい音いい場所いいお店「Jammin’」(上田高志)
・ カートリッジ物語「音溝のマイスター列伝」/第16回「デノン」(井上千岳)
・ オーディオクラフト予告編:新登場 フォステクス FE168NS
・この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・楽しいポップ・ロック再生! イワタ塾(岩田由記夫)
・どう聴けばいいのか?MQA-CD(土方久明)
・使い方を知る~オーディオの新常識~「アクセサリー試聴会」(福田雅光)
・火の鳥電機「ランプのLED化」(峰尾昌男)
・音溝に刻まれた昭和流行歌史「ビクターの草創期」(篠田寛一)
・オーディオを科学する「TIASの厳選注目モデル」(柴崎 功)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・ヴィニジャン~アナログの壺~「2018年散財白書」(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ「真空管ハイブリッド・プリメインアンプ用電源フィルターの制作」(キヨトマモル)
・編集部へのお客様
トライアングル顧問 Derek W. Cheng デレク W.チェン (小林貢)
アバンギャルド国際セールス Jerome Andre ジェローム・アンドレ(林 正儀)

不定期連載

・家庭音楽再生機への招待「ラックスマンの真空管セパレートアンプ」(生形三郎)


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正二)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)


Stereo TOPICS

・「ベルリン・フィル・レコーディングスが2018年秋・冬のリリースを発表」


注目記事

■ 緊急企画!  あのGuitar magazineが、(お土産片手に)試聴室にやってきた!!
■ ステレオ時代@Stereo試聴室~試聴室に充満するセクシーボイス(藤木TDC)
■ ONTOMO Shop商品のルーツを求めて
新日本無線(JRC)訪問記~小さなデバイスがもたらす大きな変化!~
■ 2018年度(56回) レコード芸術 レコードアカデミー賞総評 受賞ディスク一覧

■ 音の余白に(岩出和美)
■ 今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)

■ マークオーディオ専任デザイナー Dr.スコットが新商品2機種を解説!
第2回「コンパクトフロアスタンド」

※ オンラインショップ ONTOMO Shopにて予約受付中の「コンパクトフロアスタンド」解説

■ 次号予告
■ BOOKS
■ TOWN INFORMATION(オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

オーディオとは、生活空間を豊かにするものです。

趣味としてのオーディオはつい音質の面ばかりが語られることが多いものですが、今回はあえてオーディオをデザインから捉えてみました。あくまで私見ですが、デザインのいいオーディオって見てるだけでも楽しめるし、音が多少ショボくても許せるものです。ステレオ的な感性でデザインから捉えた時、今までにあまり知られてこなかった、新たな名機がほんのり浮き彫りとなりました。

真剣に音質にのめり込むのもいいですが、たまにはこういうのもどうでしょう?

>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

注目の真空管付録シリーズ 第2弾発売!「朗音! 真空管アンプの愉悦」

とうとう、真空管アンプが付録になりました!
コンパクトで、組み立て簡単でも、音は本格派。

発売後、即完売となった「快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット」に続く、真空管付録シリーズ第2弾。いよいよ真空管ハイブリッド・プリメインアンプ・キットの登場です!

プリ部に真空管12AU7、パワー部はA/B級のアナログアンプというハイブリッド構成で、真空管サウンドが簡単かつコンパクトに楽しめるアンプです。しかも今回は入力を2系統設けたので、PCやCDプレーヤーなどをスイッチで簡単に切り替えられます。本誌では、キットの製作に加え真空管やコンデンサの交換、シャーシのドレスアップなども掲載。自分好みのアンプにアレンジする楽しみも満載です。

[目次]

- 真空管ハイブリット・プリメインアンプ・キットを組み立てる
-LXV-OT7回路図
-真空管ハイブリッド・プリメインアンプ こだわりのポイントを聞く
(インタビュー ラックスマン開発陣)
-真空管ハイブリット・プリメインを改造
-初級編/真空管を交換して音の違いを楽しむ
-中級編/シャーシをデコレーションして楽しむ 製作例(ARMY Model,Wood Model,Leater Model)(取材協力・文=キヨトマモル)
-上級編/コンデンサを交換して自分好みにカスタマイズ(取材協力・文=キヨトマモル)
-カップリングコンデンサを交換、出力段のコンデンサを交換
-ジャンル別 コンデンサ組合せを楽しもう
(ジャズ編/ロック編/クララシック編(文=キヨトマモル)
-真空管ハイブリッド・プリメイン改造モデル大試聴会
-ラックスマン最新の真空管アンプ
-ネオ・クラシコⅡシリーズを聴く(文=鈴木裕)
-真空管案で聴きたい、AOR10枚 玉の名曲選

[主な仕様]

本体 LXV-OT7 

・定格出力:3W+3W(8Ω)、5W+5W(4Ω)
・入力感度:180mV
・入力インピーダンス:50kΩ
・周波数特性:20Hz~100kHz(-2.0dB)
・全高調波歪率:0.13%(1kHz)
・S/N(IHF-A):94dB
・消費電力:9.3W(電気用品安全法による)、3.4V(無信号時)
・重量:656g(本体のみ)
・外形寸法:W138 × H120 × D88mm (ノブ、端子含む)
・電源:DC15V

付属ACアダプター(BYX-1501500)

・定格電圧・定格周波数:100-240V~・50/60Hz
・定格電流:0.43A

[内容物]

・シャーシ(底板、天板、フロントパネル、リアパネル)
・完成基板
・真空管(12AU7)
・ゴム脚
・ボリュームつまみ
・アンプIC用放熱板
・基板固定用リベット(3個)
・セレクタースイッチノブ
・アンプICと放熱板、シャーシを固定するネジセット
(ナベワッシャーヘッドネジ、スプリングワッシャー、ナット)
・ボリュームつまみとシャーシを固定するネジセット
(ナット、ワッシャー2個)
・基板上アース用ネジ
・シャーシ及び端子類固定ネジ(15本)
・電源コード
・ACアダプター

[必要なもの]

・プラスドライバー(本キットはタッピングネジを採用しています。刃先がしっかりした、力を入れやすいドライバーをご用意ください)


Stereo 編  ONTOMO MOOK 朗音! 真空管アンプの愉悦
特別付録:ラックスマン製真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット

【定価】 16,200 円 ( 本体15,000 円)
【判型・頁数】 A4・24頁
【発行年月】 2018年12月
【ISBNコード】 9784276962873
【商品コード】 962870

ご注文はこちらから。

【イベント情報】 11/10 サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider” 発売前先行お披露目・説明会


2019年2月19日発売予定の Stereo編 ONTOMO MOOK 『これで決まる! 本物の低音力』にて、Stereo × Fostexの特別企画サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider” が特別付録として付くことが決定しました。

詳細および解説は Stereo 11月号掲載の記事をご参照いただきたいのですが、肝心の音はどうなのか? 実際にどのように使ったらよいのか? 接続法や調整法は? と色々と疑問を持たれた方も多いことと思います。

そこで、サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider”の発売前先行お披露目・説明
会を開催します! 入場は無料、是非ご参加ください。


Stereo × Fostex 特別企画 サブウーハー用チャンネルデバイダー “BASS Channel Divider” 発売前先行お披露目・説明会

・出演:生形三郎氏
・日時:2018年11月10日(土)14:00~16:00
・入場料:無料
・場所:東京都世田谷区玉川3-9-3 Stream Tamagawa 1F-A Fostexショールーム Anfelit
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場誠にありがとうございました。


Stereo編 ONTOMO MOOK
これで決まる! 本物の低音力
特別付録:フォステクス製 サブウーファー用チャンネルデバイダー(BASS Channel Divider)

・B5判:24ページ
・予価: 8,500円+税

本書の付録は、フォステクス製の「サブウーファー用チャンネルデバイダー」です。この“BASS Channel Divider”は、低音用に特化したチャンネルデバイダーとし、200Hz以下の低域信号を抽出・コントロールする機器といっていいでしょう。

メインのスピーカーシステムに対し低域を増強・拡張するために用いる一般的な機器はアクティブ型サブウーファーですが、スピーカー部分とアンプ部分が一体で構成されています。

本書の付録“BASS Channel Divider”は、低域信号の抽出とコントロールを行なう機器で、サブウーファーに用いるアンプ部分やスピーカー部分を自由に組み合わせることができます。アンプ部分はステレオ誌付録アンプから超強力パワーアンプも、スピーカー部分も付録スピーカーユニットで製作したスピーカーから大口径ウーファーユニットを使って自作した大型スピーカー、はたまた既存のスピーカーシステムなども組み合わせることができ、お仕着せシステムではない、自分だけのBASSシステムをつくることができます。またサブウーファーのコントロール部が離れたような本付録は、操作が容易で調整がしやすく、簡単にサブウーファー帯域を付けたすことが可能です。使い方や組合せ例は本書で紹介しています。

■ 主要目次

BASS Channel Dividerとは~フォステクス開発者に聞く機能と接続法
BASSシステムの組み合わせ例の紹介~自作スピーカー編/手持ちのスピーカーシステムを使って/今までのStereo誌などの付録を用いたオール付録システム
サブウーファー用スピーカーの設計法と作例

※ 内容は予定です。タイトル名などは変更の可能性があります。
※ 2019年2月19日(火)発売予定です。
≫ 詳細・ご予約はこちらから

オーディオの楽しみ方のオイシイところ、この一冊に凝縮しておきました「音質アップのアイデア集」

オーディオ・ファンの皆さまが興味あるテーマを集めました!
楽しみ方のオイシイところをこの一冊に凝縮!

オーディオコンポの買い替えや追加はオーディオの醍醐味ですが、費用の捻出などのこともあり、その回数はあまり多くを望めない方も多いのではないでしょうか。あまりお金をかけずに音を良くする方法があったなら…。実はそこ、Stereo誌が得意なところです。

Stereo誌では機器の使いこなしなど、機器を交換する以外で音を良くする手法なども数多く紹介してきました。本MOOKはそのStereo誌に掲載された連載記事から“オーディオをもっと楽しめる”と思う記事を集めたものです。それぞれの執筆者が得意の分野でオーディオについて語る連載は、奥が深く知識を深め、ためになることが多く語られています。これらの話を集めた本書はきっとオーディオライフを豊かにしてくれることでしょう。

[主要目次]

■実践 音質向上テクニック
「オーディオコンポの点検ポイント」
「ニアフィールドリスニング」
「“究極のオーディオチェックCD 2015”で実践チューニング」
「スピーカーのネットワーク方式とマルチアンプ方式」
「機器のシャーシアース対策」
「アモメルメットを使って」
「カートリッジの針先とケア」

■高音質化研究
「低音再生」
「板材と音質」
「電源ボックスの脚と音の関係」
「注目の200V電源」
「音質の大敵! 家庭内ノイズと照明」
「マンション/賃貸の防音」
「レコード振動まわりの改善」
「カートリッジ接続」
「フォノイコライザーの形式とEQカーブ」

■音質アップの自作オーディオアクセサリー
「新ZOBEL回路」
「低域ブースト回路」
「お手軽ローノイズ電源」
「アナログプレーヤー用アイソレーションボックス」
「スペーサーでカートリッジをチューニング」
「千円できるアナログディスク系音質改善アクセサリー」
「シュアM44のウッドボディを製作する」

■オーディオライフを豊かに
「日本縦断パラゴンの旅」
「ド迫力! 片貝四尺玉花火を録る!」

ほか

※ 掲載、タイトル名、順などは変更の可能性があります。
※ 2018年11月19日(月)発売予定です。ご予約・ご注文はこちらから。


Stereo編 ONTOMO MOOK
オーディオはもっと楽しめる! Stereo流 音質アップのアイディア集

【定価】 1,512 円 ( 本体1,400 円)
【判型・頁数】 B5・152頁
【発行年月】 2018年11月
【ISBNコード】 9784276962880
【商品コード】 962880

オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年11月号、好評発売中!

■ Stereo 2018年11月号

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年10月
【商品コード】051811
本誌のお買い求めは こちらから

【特集】いまこのオーディオショップが熱い
「この秋、好みの音を探しに行こう」

■ 老舗から新鋭まで本誌注目ショップ紹介

グレイ(千葉県銚子市)/
レコードコレクターによる音楽の為のオーディオ
ハードオフ オーディオサロン 吉祥寺店(東京都武蔵野市)/
圧倒的規模のネットワークから厳選された装置が集う究極のオーディオショップ2号店
グローバルオーディオ(山梨県甲府市)/
音場調整と、セッティングを詰めて最良のサウンドでコンポの実力が体験できる
サウンドテック(山口県防府市)/
地域のユーザーに的を絞ったサービスと次世代のお客様に向けてのフロア作りに注目
テレオン(東京都千代田区)/
「sound 110」に中古フロアが移転開設、ますます充実する “オーディオの総合百貨店”
逸品館(大阪府浪速区)/
「出会えて良かった」をお届けしたいひと味違う専門店
マックスオーディオ(福岡県福岡市・北九州市)/
ゆったりと寛ぎながら出逢ってほしい体験型オーディオショップ
マツシタハイファイ(東京都千代田区)/
折り目正しいぱりっとしたビンテージはこの店で穏やかな接客でのんびりとサウンドを楽しみたい
オーディオスペースコア(福井県福井市)/
音楽の感動を伝えるため、モノを売るだけにとどまらない
オーディオサトー(栃木県宇都宮市)/
音場調整と、セッティングを詰めて最良のサウンドでコンポの実力が体験できる
クリアーサウンドイマイ(富山県富山市)
ベーブ・ルースの音響も担当した富山の歴史あるお店

■ もう怖くない! 某有名オーディオチェーン店員に聞く オーディオショップ攻略法(生形三郎)
■ リペアショップ店長が語る、オーディオ修理の手ほどき(武山万亀男[A&Vテクニカル])

【特別企画】

 ■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(1)(石田善之)
以前から興味のあったパッシブラジエーター型でロクハンの能力の限界に挑む
「SKS2018 “Cashmere IV”」製作記

【短期集中連載】

■ もっと低音を! 第2回 来年2月発売予定MOOK付録を先行露出!(生形三郎)

※ 誌面で紹介した BASS Channel Divider は、2019年2月19日発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」の特別付録です。
※ Fostex ショールームにて、BASS Channel Divider の発売前先行お披露目・説明会が開催されます。
出演:生形三郎氏/日時:2018年11月10日(土)14:00~16:00/ご予約・お問い合わせは Fostexショールーム Anfelit(TEL:03-6672-1124(11:00~19:30 水曜定休))まで

■ 家庭音楽再生機への招待 トライオードのプリメイン(井上千岳)
オーディオがもう一度インテリアに戻る トライオード真空管アンプに注目

■  DENON 800NEシリーズ 開発者インタビュー ( サウンドマネージャー 山内慎一氏× 土方久明)
“音のマジシャン” が作り上げた驚異の音楽性を誇るエントリーモデル

■ どう聴けばいいのか?MQA-CD ~MQA-CDでハイレゾ再生を楽しむためのイロハ~(土方久明)

【不定期連載】

■ いい音で聴きたい、毎日を! ゲスト:湯川れい子
■ コンポリバイバル 古いコンポよ! 甦れ(編集部)


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[レコードプレーヤー] エリプソン OMEGA 100 Carbon
・[CD/SACDプレーヤー] エソテリック K-05Xs
・[プリ・メインアンプ]マランツ PM-12
・[ステレオ・パワーアンプ] アキュフェーズ A-75
・[スピーカーシステム]ソナスファベール SONETTO  I
・[スピーカーシステム]ファインオーディオ F501


注目製品ファイル

・[ スピーカーシステム] JBL STAGE A130/STAGE A190(生形三郎)
・[ スピーカーシステム] ファインオーディオ F500(生形三郎)
・[ スピーカーシステム] エラック DEBUT F5.2/B5.2(小林 貢)
・[ MCカートリッジ ] ゴールドリング ETHOS-MC(小林 貢)
・[ SACD/CDプレーヤー ] マッキントッシュ MCD600(井上千岳)
・[ 管球式プリ・メインアンプ/CDプレーヤー ]ラックスマン SQ-N150/D-N150(潮 晴男)
・[ D/Aコンバーター ] iFiオーディオ Pro iDSD(岩井 喬)
・[ DACプリアンプ ]Manhattan DAC II(鈴木 裕)

・アクセサリーファイル
[ USBアキュライザー ] オルソスペクトラム UACU-700(村井裕弥)
[ スピーカースタンド ] TAOC BST-60L(村井裕弥)

・アクセサリーファイル・特別編
[ ヘッドスピーカー ] F01 W/B(村井裕弥)
[ レコードクリーナー ]カーマスオーディオ KA-RC-1(編集部)

・新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)


連載

・グレートコンポーネント 注目機の細部に迫る
「アバンギャルドの記念碑トリオ・ラクシュリーエディション26を体験する」
・藤岡 誠の組み合わせの世界(藤岡 誠)
・サウンドフォーカス/葉加瀬太郎
・音の見える部屋 オーディオと在る人
今月の人:浅川満寛さん(田中伊佐資)
・いい音いい場所いいお店「サウンドライフハーモニー」(上田高志)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン
・カートリッジ物語「エクセルサウンド」(井上千岳)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・ポップ・ロックイワタ塾(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・オーディオを科学する「電源ケーブル」(柴崎 功)
・使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
・ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
・音の余白に「MQA導入」(岩出和美)
・クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
・編集部へのお客様 特別版(林 正儀)
analogmagik CEO:Richard H Mac(リチャード・マック)


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(峰尾昌男)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正ニ)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)


Stereo TOPICS

・あの “オーディオ刑事”が再登場。待望のリシーズ第2弾・小説「ブルーロータス」発売
・「morel(モレル)杉並ギャラリー」がオープン(鈴木 裕)
・向谷実が躍動する! 25年ぶりソロ・アルバム リリース&ホール・ツアー開催


・今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)
・私の特選! ミュージックファイル 今月の選者:林正儀

・ラックスマン製 真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キットの全貌をチラ見せ

※ 誌面で紹介した 真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット は、2018年12月19日発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「朗音! 真空管アンプの愉悦」(好評予約受付中!)の特別付録です。
※ 衛星デジタルラジオ「ミュージックバード THE AUDIO(124ch)」にて、diskunion Jazz TOKYO 店長・生島昇氏がパーソナリティーを務める『オリジナル盤レコードの世界』にて付録アンプを持って参戦します。【放送日:12月1日(土)10:00~11:00/12月8日(土)21:00~22:00 再放送:12月15日(土)10:00~11:00/12月22日(土)21:00~22:00】

・これぞマークオーディオの実力! 高音質キット増殖中!
生形三郎氏が、ONTOMO Shopにて12月以降に発売予定のマークオーディオのスピーカーデザイナー、スコット・リンドグレン氏設計の新作モデルを試聴

・次号予告
・BOOKS
・TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

今月の特集は、ステレオ編集部が注目した全国のオーディオショップを紹介します。昨今は何でもインターネットで購入する時代ですが、オーディオに関しては、やはり実際に自身の耳で聴き、感性に合ったものを選んで欲しい。オーディオショップでは未知の様々な音を聴けるので、刺激的な体験となること間違いなしです。それでもオーディオショップに行くのは抵抗がある方には、「もう怖くない! 某有名オーディオチェーン店員に聞く オーディオショップ攻略法」を参考ください。最後に、安心してください。オーディオと音楽を愛する人はヒトクセもフタクセもあるけど大抵いい人です。

 >> 本誌のお買い求めは こちらから
 >> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから

【イベント情報】第24回 真空管オーディオ・フェア

今年もまた、真空管があたたく感じる季節の到来です。

第24回を迎える「真空管オーディオ・フェア」に、音楽之友社も参画します。
入口付近にブースを設け、雑誌やグッズなどを取り揃えて皆様のご来場をお待ちしています。

また、10月8日(祝)には、「Stereo」主催の記事連動企画として毎年恒例の筆者競作によるお披露目&鳴らし比べを開催予定です。なにやら、今年の競作のテーマは『バスレフ型禁止!』だとか!? 果たしてどうなってしまうのか、当日をお楽しみに!
※ 9月19日(水)発売の「Stereo」10月号に上記競作企画の記事が掲載されます。

=================================

第23回 真空管オーディオ・フェア

【初 日】2018年10月7日(日) 10:00~19:00
【最終日】2018年10月8日(月・祝) 10:00~17:30
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・第一会場:損保会館(外神田)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目9
・第二会場:ホテルマイステイズ御茶ノ水 コンファレンスセンター
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-6

・入場料:500円(2日間有効、高校生以下無料)
・主催:真空管オーディオ協議会

※音楽之友社(月刊誌『Stereo』主催イベント)

・2018年10月8日(月・祝) 12:45~14:15(於:損保会館5F イベントホール)
「本誌筆者によるスピーカー競作2018」

・講演者・作品名・簡易概要(予定、敬称略):
浅生 昉 作「AS1002KF」 天板のTWで音場感を拡張、使いこなしのアイデアもあり
石田善之 作「SKS2018 “Cashmere IV”」 パッシブラジエーターでロクハンの限界に迫る
生形三郎 作「STB-1 “Mont Blanc”」 スピード&音場重視の低域再現、ハイエンドを希求した密閉器
小澤隆久 作「チャレンジャー」 軽量振動板繊細表現を狙うタンデム構成内包の小型機
佐藤勇治 作「Duo」 異なる12cmフルレンジ2本が奏でる無垢材の素直な響き
須藤一郎 作「CB’18」 シンプルながら高剛性の箱で8cm一発を丁寧に鳴らしきる

【イベント情報】 「8cmクラブミーティング with ハイレゾパーク」開催決定!

ステレオサウンド社と音楽之友社の共同主催イベント「8cmクラブ with ハイレゾパーク」のイベントが来たる10月6日(土)に音楽之友社内にて開催されます。当日は各機種の試聴はもちろん、グッズの販売や新商品のお披露目なども予定されています。

今回のテーマは「マークオーディオで遊ぼう!」。より深くマークオーディオを知るために、16:00~17:00の試聴会コーナー(オーディオセミナー)ではマークオーディオ代理店フィディリティムサウンド代表の中島紀夫氏をお招きし、無垢材で作られた「UBUKATA MODEL」をはじめ、マークオーディオのフラグシップモデルなどを鳴らしつつ、その魅力を解説をしていただきます。

「オーディオ好き!」「音楽が好き!」という方はもちろん、「なんとなく神楽坂が好き!」という方でも大歓迎。秋深まる神楽坂探索がてら、是非足をお運びください。

・会場:株式会社音楽之友社内
セミナーブース「フェニックス」
〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
東京メトロ東西線「神楽坂(T5)」駅 神楽坂出口より徒歩1分

・日時:2018年10月6日(土) 11:00~18:00
※本イベントは大好評のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・オーディオ試聴セミナー:
第1回 14:00~15:00 「ラズパイオーディオの実力とは?(ラズパイオーディオの会)」
第2 回 16:00 ~17:00 「マークオーディオを聴く(MarkAudio Group フィディリティムサウンド)」
※内容は機材手配等の都合により変更となることもあります。

・予定出展者:株式会社フィディリティムサウンド(MarkAudio Group)、N2 Factory、ラズパイオーディオの会、株式会社ステレオサウンド、株式会社音楽之友社 ほか