オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年10月号、好評発売中!

■ Stereo 2018年10月号

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年9月
【商品コード】051810
本誌のお買い求めは こちらから

【特集】秋の夜長の真空管

・オーディオ用真空管の歴史を辿る(菱 博嘉)
・真空管が聴けるCAFE & BAR(上田高志)
・この価格から楽しめる! ハイC/Pの愛すべき真空管アンプ(鈴木 裕)
・初めての真空管アンプキット製作~映画監督が作るサンバレー300Bプリメイン(高橋慎一)
・プレミアムクラスの真空管アンプ紹介(小林 貢/潮 晴男)
・今年もやります!真空管付録MOOK

【特別企画】

 ・バスレフ禁止!!密閉?それともパッシブラジエーター?~本誌筆者によるスピーカー競作2018
(浅生 昉/石田善之/生形三郎/小澤隆久/佐藤勇治/須藤一郎)
・FPSのヘッドスピーカーF-01(山之内 正)
・アナログマジックでレコード再生周りを厳密調整(潮 晴男)
・愛機を語る「A-250編」(石田善之)
・自作スピーカーの達人がFALを選んだ理由(編集部)
・デノンDNP-800NE デジタル再生の使いこなし術(土方久明)
ONTOMO Shop 既製品にないユニークな企画のスピーカー3選

【短期集中連載】

 ・もっと低音を! 第1回 サブウーファーを用いた低域増強法(生形三郎)
※誌面で使用した音源「究極のオーディオチェックCD 2014~ハイレゾバージョン データディスク~」は、こちら(ONTOMO Shop)でお求めいただけます。
 ・マランツPM-12で鳴らす最新スピーカー4選(鈴木 裕)


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[フォノイコライザー] パス XP-17
・[プリ・メインアンプ] ロクサン K3 Integrated AMP
・[プリ・メインアンプ]ミュージカルフィデリティ M6si
・[スピーカーシステム] ダヴォン Twist
・[スピーカーシステム]タンノイ EATON


注目製品ファイル

・[ CD/SACDプレーヤー] エソテリックエ K-05Xs(鈴木 裕)
・[ ステレオ・パワーアンプ] アキュフェーズ A-75(井上千岳)
・[ スピーカーシステム] アンフィオン ARGON7LS(小林 貢)
・[スピーカーシステム] ファインオーディオ 501(生形三郎)
・[ スピーカーシステム] ソナス・ファベール Sonneto VIII(鈴木 裕)
・[プリ・メインアンプ]マランツ PM-12(林 正儀)
・[コアレス・ストレートフラックス型カートリッジ] トップウイング 朱雀(岩井 喬)

・アクセサリーファイル
 [レコード除電器] CSポート IME1(林 正儀)
・新製品ニュース(峰尾昌男)


連載

音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:菅沼洋介さん(田中伊佐資)
・いい音いい場所いいお店「ドルフィン」(上田高志)
・カートリッジ物語「DSオーディオ」(井上千岳)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン
・藤岡 誠の組み合わせの世界(藤岡 誠)
・ポップ・ロックイワタ塾(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・柴崎印!オーディオを科学する「真空管を科学する2」(柴崎 功)
・使い方を知る~オーディオの新常識~ (福田雅光)
・ヴィニジャン~アナログの壺~ (田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
・音の余白に「カーペンターズはMQAで」(岩出和美)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・火の鳥電機(峰尾昌男)
・編集部へのお客様/Dr.ポール・ミルズ


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正ニ)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](富澤一誠)


・今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)
・私の特選! ミュージックファイル 今月の選者:角田郁雄
・次号予告
・BOOKS
・TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)


お詫びと訂正

Stereo誌10月号におきまして以下の誤りがありました。
P2の「表紙は語る」の型番がTVR-35SEとなっていますが、TRV-35SERの誤りでした。
読者の皆様および、関連各位に謹んで、訂正ならびにお詫び申し上げます。


編集部だより

芸術の秋がやってきました。オーディオで芸術的な演奏を堪能するならやっぱり真空管が最適です。というわけで10月号は真空管特集です。オーディオで使用されることの多い定番の真空管の歴史を解説。時代背景とともに、それぞれの球がもつ音質の傾向を体系的に理解できます。その他、聴いてみたいけど、自宅ではちょっと…という方には、真空管が聴けるカフェやバーも紹介してますので、パートナーをお誘いの上足を運んでみたらいかがでしょうか。真空管アンプを購入したい人には、エントリークラスから、高級なクラスまで音質レポートをお届けします。真空管の奏でる独特な音を堪能しましょう。

 >> 本誌のお買い求めは こちらから

【イベント情報】第24回 真空管オーディオ・フェア

今年もまた、真空管があたたく感じる季節の到来です。

第24回を迎える「真空管オーディオ・フェア」に、音楽之友社も参画します。
入口付近にブースを設け、雑誌やグッズなどを取り揃えて皆様のご来場をお待ちしています。

また、10月8日(祝)には、「Stereo」主催の記事連動企画として毎年恒例の筆者競作によるお披露目&鳴らし比べを開催予定です。なにやら、今年の競作のテーマは『バスレフ型禁止!』だとか!? 果たしてどうなってしまうのか、当日をお楽しみに!
※ 9月19日(水)発売の「Stereo」10月号に上記競作企画の記事が掲載されます。

=================================

第23回 真空管オーディオ・フェア

【初 日】2018年10月7日(日) 10:00~19:00
【最終日】2018年10月8日(月・祝) 10:00~17:30

・第一会場:損保会館(外神田)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目9
・第二会場:ホテルマイステイズ御茶ノ水 コンファレンスセンター
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-6

・入場料:500円(2日間有効、高校生以下無料)
・主催:真空管オーディオ協議会

※音楽之友社(月刊誌『Stereo』主催イベント)

・2018年10月8日(月・祝) 12:45~14:15(於:損保会館5F イベントホール)
「本誌筆者によるスピーカー競作2018」

・講演者・作品名・簡易概要(予定、敬称略):
浅生 昉 作「AS1002KF」 天板のTWで音場感を拡張、使いこなしのアイデアもあり
石田善之 作「SKS2018 “Cashmere IV”」 パッシブラジエーターでロクハンの限界に迫る
生形三郎 作「STB-1 “Mont Blanc”」 スピード&音場重視の低域再現、ハイエンドを希求した密閉器
小澤隆久 作「チャレンジャー」 軽量振動板繊細表現を狙うタンデム構成内包の小型機
佐藤勇治 作「Duo」 異なる12cmフルレンジ2本が奏でる無垢材の素直な響き
須藤一郎 作「CB’18」 シンプルながら高剛性の箱で8cm一発を丁寧に鳴らしきる

オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年9月号、好評発売中!

 

 

 

 

 

■ Stereo 2018年9月号

【定価】¥972 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年8月
【商品コード】051809

本誌のお買い求めは こちらから

 


【特集】いまを生きる長岡鉄男流

・いまに残る、長岡流の轍~長岡鉄男 直筆の書
・長岡スピーカー愛好者の生態系
・長岡スピーカーの感動はいまも鮮明に(羽田圭介 [小説家] )
・長岡番編集者が語る長岡サウンドの魅力(最上鉦三郎/小川洋)
・読者投稿・私と長岡流
・長岡鉄男が選んだベスト・バイ・コンポ(村井裕弥)
・スワンの誕生(炭山アキラ)
・スワン型マトリックススピ-カー MX-101を作る(編集部)
・長岡鉄男 ソフトを聞く(村井裕弥)

【特別企画】

・コラボ企画 ステレオ時代@ステレオ試聴室
 ~今を生きる!? PCMプロセッサー&80年代B級アイドル(藤木TDC/編集部)
・デノンPMA-800NE、DCD-800NE、DNP-800NE “800シリーズ”の「進化と継承」(石田善之)
・TAOC創業35周年企画「制振と整振!音と科学の融合」
・第9回自作スピーカーコンテスト 開催のお知らせ
・Stereo × パイオニア × 共立電子 3社共催クラフトオーディオイベントレポート(炭山アキラ)
・演奏の意図まで聴きとりたい!飯田有抄のデスクトップ環境改善奮闘記(飯田有抄×生形三郎)


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ アナログプレーヤー ] プロジェクト 2Xperience SB S-shape
・[ SACDプレーヤー ] アキュフェーズ DP-750
・[ プリアンプ ] パス XP-12
・[ ステレオ・パワーアンプ ] ロクサン K3 Power AMP
・[ スピーカーシステム ] タンノイ ARDEN


注目製品ファイル

・[ レコードプレーヤー ]  オーディオテクニカ AT-LP7(岩井喬)
・[ スピーカーシステム ]  FOCAL Aria906PW(小林貢)
・[ フォノイコライザー ]  PASS XP-17(潮晴男)
・[ アナログプレーヤー ] Tien Audio TT5 + Viroa 10inch(岩井喬)

・アクセサリーファイル
 [ テストレコード/PC用測定ソフト ] analogmagik(潮晴男)
・新製品ニュース(峰尾昌男)


連載

・ザ・グレート・コンポーネント「ソナス・ファベール AIDAⅡ」(潮晴男)
・音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:和田雅文さん(田中伊佐資)
・MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー [ 最終回 ] (植村和紀)
・マランツPM-12 徹底試聴(山之内正)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン
・いい音いい場所いいお店「ノートランクス」(上田高志)
・サウンドフォーカス「キャメロン・カーペンター」(生形三郎)
・カートリッジ物語「フェーズメーション」(井上千岳)
・ポップ・ロックイワタ塾(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
・ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
・柴崎印!オーディオを科学する「真空管を科学する」(柴崎功)
・クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
・火の鳥電機(峰尾昌男)
・音の余白に「女性ジャズボーカル」(岩出和美)

・編集部へのお客様(石田善之):ファインオーディオ ポール・ミルズ
FYNE AUDIO  Technical Director  Dr. Paul Mills


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音(山之内 正)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正ニ)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)


・今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)
・私の特選! ミュージックファイル 今月の選者:村井裕弥
・次号予告
・BOOKS
・TOWNS


編集部だより

9月号は、亡くなられてから約20年経った今なお、多大な影響力を持つカリスマオーディオ評論家長岡鉄男特集です。長岡氏が日本のオーディオ界に残した大きな足跡を改めて振り返るとともに、氏の魅力とその人物像を様々な証言や視点から炙り出します。永久保存版。

 >> 本誌のお買い求めは こちらから

毎年恒例!「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」好評発売中!

毎年恒例、夏に工作号として発売される「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」。今年はマークオーディオ製スピーカーユニット「OM-MF5」の標準機として生形三郎氏が設計した「ダンプドバスレフ型」を採用しました。補強を随所に取り入れ、吸音材をうまく利用することでポートでの不要共振を抑え、クリアでタイトな低域を狙います。

特長1【末永く使えるデザイン】~これまでのキットには無い、高いデザイン性~

V字カットとフロントバッフル45度面取りの採用で、木口を見せないシャープなデザインを纏っています。塗装をせずとも、キットを組み立てだけで美しいフォルムのスピーカーが完成します。工作を楽しんだ後も、末永く使用できるとともに、工作ファンだけでなく、インテリア性を重視する一般層へも高い訴求力を備えています。コンパクトサイズとなっているため、エントリー層の購入意欲を阻害しません。

特長2【誰でも簡単に、美しく】~極めて容易かつ美しく仕上がる組み立て手順~

V字カットされた板をテープで留めて接着するだけで、ほとんどの作業が完了します。他の部材も切り込み加工が施されているので、工作が苦手なユーザーでも、簡便かつ、確実に美しく仕上げることが可能。工作難度が極めて低いので、幅広い層へ向けて訴求可能です。

特長3【驚異的な解像度 】~既製品スピーカーに迫る音質~

限られたコストの中で、既製品に負けない音質を確保。エンクロージュア内部に適切な補強を入れるとともに、バスレフ型の弱点を克服するべく、低音の解像度を向上するダンプドバスレフ型を採用。高性能ユニットの素性を活かし、小型ながら65Hzからのフラットな低域特性を確保。音楽再生の要となる低音の下支えを持った、豊かな聴き心地を獲得。また、綿密な計算に基づく寸法設計により、内部の共鳴を効果的に抑え込み、濁りの無い明瞭な音色を再現することが可能。これまでのキットにはない音質的完成度を持っています。



Stereo編 ONTOMO MOOK
「スピーカー工作の基本&実例集 2018年版」
特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット対応エンクロージュア・キット (生形モデル ダンプドバスレフ型エンクロージュア・キット)

【定価】 4,968 円 ( 本体4,600 円)
【判型・頁数】 A4・24頁
【発行年月】 2018年7月
【ISBNコード】 9784276962842
【商品コード】 962840

>>お買い求めは こちらから

 

 

・標準ユニットについて
・工作の基本・理論編~板取図と設計の狙い
・工作の基本・実践編1
・工作の基本・実践編2
・実例集・使いこないと試聴
- 素の状態でも楽しめるが、ここからどう変化するのか
- 吸音材にも気を配ってみよう
- スピーカーケーブル、内部配線を交換してみる
- ちょっと上級編、ハンダ付けのイロハ
- インシュレーターで千変万化
- 制作後記


生形三郎氏のもうひとつの作例、ONTOMO Shop 限定取扱中!

板材には、バッフル面にオーク(楢材。ウイスキーやワインの樽でもお馴染み)の無垢材を、それ以外の面には赤松の集成材を使用。設計者でもある生形三郎氏は、実際に商品の試聴を行い下記のように評価しました。

「ユニットが持てる豊かな低域再現能力をきちんと引き出しながらも、スリット型ならではのタイトな低域が実現されている。同時に、マークオーディオらしい元気でビビッドな高域描写も健在だ。また何よりも、硬いオークと少し柔らかい赤松材のコンビネーションによって、ブレのないダイナミックな音響描写と適度に柔らかみを含んだ音色表現が両立されており、美しい外観と併せて無垢の木材ならではの味わいを十二分に楽しめるエンクロージュアであると自負している。組み立ても極めて簡単なので、是非とも皆様にお楽しみいただければ幸いだ」-「Stereo」2018年8月号より


UBUKATA MODEL DBR-3

■ スペック
・フロントバッフル 18mmオーク無垢材、音道板、補強板、赤松集成材 合計8枚×2台
・サイズ:W156×H310×D210(上部165)mm(端子含まず)

[付属品]
・ターミナル(マークオーディオ製)
・取付板2個
・配線用ケーブル(オヤイデ電気 エクスプローラーV2 2.0sq)赤・黒各2本
・吸音材(サーモウール)
・紙ヤスリ
※スピーカーユニットは付属しません。

■販売価格50,000円(税込54,000円)
≫ お求めは こちらから

話題沸騰!「これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編」好評発売中!

マークオーディオといえば、長年、スピーカーユニット専業メーカーとして数々のヒット製品をリリースしている英国製ユニットメーカーで、最近「Stereo」にも度々製品が紹介され注目されているメーカーでもあります。今回、オーナーのマーク・フェンロン氏が日本のクラフトファンにぜひ使ってもらいたいと情熱をもって設計した、8cmフルレンジモデル「OM-MF5」が付録として付いてきます。


<付録スピーカーの特長>
マークオーディオが最も得意とするマグネシウム/アルミのハイブリッドコーン、使用したフェライト・マグネットも、三段階あるランクの最上級のものを採用し、実際に1台5,000円(ペア10,000円)で販売されている製品と変わらないクオリティを実現。

他社の同サイズのフルレンジユニットに較べ、駆動性能に優れ、音の分解能(特に高域)が高く、フルレンジユニットにありがちな“広く薄く平均的”な音にならず、各音域でメリハリの利いた、いわゆる「元気な音」を出すことができます。

この度、マークオーディオ創始者でありユニット開発者でもあるマーク・フェンロン氏にインタビューを敢行。今回のスピーカーへの情熱やこだわりを伺っています。



Stereo編 ONTOMO MOOK
これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編
特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット

【定価】 5,616 円 ( 本体5,200 円)
【判型・頁数】 B5・24頁
【発行年月】 2018年7月
【ISBNコード】 9784276962828
【商品コード】 962820
>>お買い求めは こちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

・初心者でも迷わない! はじめてのスピーカー工作(生形三郎)
- スピーカーの構造 ~スピーカーはどのような構造で成り立っているの?
- スピーカーユニット ~フルレンジユニットの魅力
- エンクロージュア ~その役割と仕組み
- はじめてのスピーカー設計
- 実際のスピーカー作り ~はじめの一歩と制作のコツ

・付録ユニットOM-MF5 その驚愕の性能とは?
-マークオーディオ総帥、マーク・フェンロン氏インタビュー

・付録ユニットOM-MF5向け エンクロージュア4選
-スピーカーデザイナー スコット・リンドグレン氏によるOM-MF用エンクロージュア紹介

・マークオーディオ 製品ラインナップ&ショップ
生形三郎氏設計「UBUKATA MODEL DBR-3」解説
・カリスマショップオーナーが指南する オリジナルスピーカー製作(オーディオみじんこ 荒川 敬)
・コンテストに参加してみよう

[ OM-FM5 主要スペック ]

・振動板材質:マグネシウム・アルミハイブリッドコーン
・インピーダンス:4Ω
・出力音圧レベル:85.4dB
・定格入力:8W
・最低共振周波数Fo:124Hz
・バッフル開口径:φ70mm
・外径寸法:φ103mm

[ T/S parameter ]

・Revc. = 4Ohm
・Fo = 124 Hz
・Sd = 0.0028 m²
・Vas = 0.9 Ltr
・Cms = 0.80 ㎜/N
・Mmd = 1.96 g
・Mms= 2.05 g
・BL= 2.62 TM
・Qms= 2.58
・Qes= 0.79
・Qts= 0.60
・SPLo= 85.4 dB
・Power = 8 Watts(Nom)
・X max = 3.5 mm (1 way)

 

長岡鉄男ファン必携!「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」好評発売中!

スピーカーシステムのエンクロージュア(キャビネット)の一方式であるバックロードホーン型。故・長岡鉄男氏が自宅のリファレンススピーカーに採用したことのある方式で、スピーカーユニットの性能を発揮させ、多くはハイスピードなサウンドが得られるとされています。

市販スピーカーシステムの多くはバスレフ型や密閉型が採用されていますので、このバックロードホーン型のサウンドを得るには自作するしかほぼありません。本書では自作するに必要な仕組みや設計法などを炭山アキラ氏が紹介しています。

また、設計からのチャレンジだけでなく、D-101SスーパースワンやD-58ES、D-77などの長岡鉄男氏の設計した傑作バックロードホーン・スピーカー図面も掲載しました。またクラフト系評論家4氏による競作や市販キットも紹介していますので、設計に自信がなくても、ご自身の工作レベルに合わせた作例を選んで自作することができます。ぜひバックロードホーン・サウンドを手に入れてください。



Stereo編 ONTOMO MOOK
「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」

【定価】 1,512 円 ( 本体1,400 円)
【判型・頁数】 B5・136頁
【発行年月】 2018年7月
【ISBNコード】 9784276962835
【商品コード】 962830
>> お買い求めは こちらから

 

 

 

・バックロードホーン・スピーカーに魅せられた男
大井剛史さん(指揮者)/柄沢伸吾さん(KS-Remasta代表)
・バックロードホーン型の仕組みと設計法(炭山アキラ)
[基礎編]バックロードホーン・スピーカーの歴史や仕組み・構造、そして設計法を知る
[実践編]性格の異なる2つのユニットのバックロードホーン型エンクロージュアの設計・製作
・これがオレのバックロードホーン・スピーカーだ!!(評論家4名による競作)
- 浅生 昉「ASB852WK」: FF85WK2個縦使い、スリムな形状のトールボーイ形。
- 炭山アキラ「シュモクドリ」: FE126En使用、鳥形バックロードホーン 。
- 小澤隆久「スーパーバイエル」:FE126En使用、トールボーイ形 。
- 生形三郎「RBH-04 和三盆(わさんぼん)」:  FE108EΣ使用、独自の逆スパイラル型。
- 完成お披露目試聴会~オレのが一番!
・バックロードホーン・スピーカー キットで挑戦!!(小澤隆久)
・長岡鉄男、バックロードホーンの歴史(長岡鉄男)
・傑作バックロードホーン・スピーカー図面集
- 長岡鉄男 設計編
D-150 モア/D-3MKⅡ/D-10 バッキー/D-37/D-57/D-58ES/D-77/D-83 フラミンゴ/
D-88 スーパーフラミンゴ/D-100/D-101 スワン/D-101a スワンa/D-101S スーパースワン/
D-102MKⅡ/D-103 エスカルゴ/D-108 コブラ/D-121/D-164/D-168 スーパーレア/RD-
10 スーパータワーリング・インフェルノ
- 炭山アキラ氏による長岡作品解説
- 浅生 昉 設計編
・バックロードホーン・スピーカー向け フォステクス製フルレンジ・ユニットの歴史(佐藤勇治(ワイエス クラフト))
・バックロードホーン・スピーカーならこれを聴け!!(炭山アキラ)


イベントのお知らせ

既に本ブログでの告知しておりますが、本誌に掲載されている4人の作例機を、東京秋葉原のコイズミ無線にて、解説・試聴会を予定しています。ふるってご参加ください!

コイズミ無線「最新作バックロードホーン4種の公開試聴会」

・会期:第一回 7月21日(土) 13:00~15:00> 講師:小澤 隆久 氏、浅生 昉 氏
第二回 8月4日(土) 13:00~15:00 > 講師:炭山 アキラ 氏、生形 三郎 氏
・入場料・参加費:無料

【7月21日 予定試聴機ラインナップ】
・小澤隆久氏 作:「スーパーバイエル」 FE126En使用、トールボーイ形 。
浅生 昉氏 作:「ASB852WK」  FF85WK2個縦使い、スリムな形状のトールボーイ形。

【8月4日 予定試聴機ラインナップ】
・炭山アキラ氏 作:「シュモクドリ」  FE126En使用、鳥形バックロードホーン 。
生形三郎氏 作:「RBH-04 和三盆(わさんぼん)」  FE108EΣ使用、独自の逆スパイラル型。

・会場:コイズミ無線 本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階
TEL:03-3251-7811



バックロードホーンは、ONTOMO Shopで!

オンラインショップ「ONTOMO Shp」では、浅生 昉氏の設計によるエンクロージュアや、バックロードホーンを多数取り揃えています。5,000円以上の購入で送料無料となります。

https://ontomo-shop.com/?mode=cate&cbid=2092495&csid=10

 

西も東も! この週末はオーディオイベントで楽しもう!

厳しい暑さ・・・という言葉が生ぬるく感じるほどの異常な暑さが続く今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。かねてより告知しておりました通り、明日7月21日(土)は、大阪で「Stereo×パイオニア×共立電子 3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」と「大阪サウンドコレクション 2018」が、東京で「バックロードホーン4種の公開試聴会」が開催されます。お近くにお越しの際は、是非ご参加ください!

なお、参加される方は水分をこまめにとるなど、暑さ対策をしっかりとお願いします。
※こちらに紹介したイベントはすべて終了しております。たくさんのご来場ありがとうございました。


Stereo×パイオニア×共立電子
3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏

・会期:7月21日(土)~7月22日(日)11:00~17:00【両日とも】
・入場料・参加費:無料

・特別試聴会:第1回 11:00~ / 第2回 13:30~ / 第3回 15:30~【両日とも。各1時間半程度の予定】

・炭山アキラ先生とパイオニア&ステレオ誌 ”中の人”に聞く、 クラフトオーディオの極意と質疑応答 ・マークオーディオSPユニットムックに掲載エンクロージャーの試聴
・「DVC-1000」搭載エンクロージャーの試聴
・BonnesNotes「DRESSING」試聴

【試聴機(予定)ラインナップ】
ボンノート 06エンクロージャー(2台1組) / KP-BSP000
バスレフ型エンクロージャーキット レゾンデートルBR ペア / KP-BSP006
マトリクススピーカーエンクロージャーキット レゾンデートルMX / KP-BSP007
・BSP009 チュウサギ バックロード
・BSP010 イソシギ コーナーバックロード
UBUKATA MODEL DBR-3(ONTOMO Shopオリジナル エンクロージュアキット)
「オーディオクラフトショップ オーディオみじんこ」オーナー荒川敬氏 ブックシェルフスピーカー AM-MF5
マークオーディオ用ダブルバスレフエンクロージャー組立キット / WP-SPMF5
20cmバックロードホーンエンクロージャー組立キット / WP-720BH

※内容、試聴機器は都合により予告なく変更されることもありますので予めご了承ください。

・会場:大阪日本橋シリコンハウス3F(ものづくり工作室)
〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目8-26


OSAKA SOUND COLLECTION 2018

・会期:(初日) 2018年7月21日(土)10:30~19:00 /(二日目)7月22日(日)10:30~17:00
・入場料・参加費:無料
※ご来場特典として、アンケートにお答えいただくと抽選により記念品をプレゼント

・特別講演 :「バラエティに富んだ魅力溢れるスピーカーシステムの饗演」
・講師:和田 博巳氏(両日共)
7月21日(土)14:00~16:30
7月22日(日)13:00~15:30
※ 開場前に部屋の周囲で待機したり、お並びいただくことはご遠慮ください
※ 開場後はお席の場所はご自由にお選びいただけます

・会場: 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-5-24
ハートンホテル心斎橋別館 エソテリックブース: 5F 「ルピナス」
・特別講演会場 : 2F 「松」

・主催:大阪サウンドコレクション委員会
・後援:(株)ステレオサウンド
・協賛: (株)音楽出版社、(株)音楽之友社、(株)音元出版、(株)誠文堂新光社
・試聴製品 Grandioso K1/C1/M1, Avantgarde DUO XD(2F 松)
K-01Xs,N-03T, TANNOY Autograph mini/GR(5F ルピナス)予定


コイズミ無線「最新作バックロードホーン4種の公開試聴会」

・会期:第一回 7月21日(土) 13:00~15:00> 講師:小澤 隆久 氏、浅生 昉 氏
第二回 8月4日(土) 13:00~15:00 > 講師:炭山 アキラ 氏、生形 三郎 氏
・入場料・参加費:無料

【7月21日 試聴機(予定)ラインナップ】
・小澤 隆久氏 作:「スーパーバイエル」 FE126En使用、トールボーイ形 。
浅生 昉氏 作:「ASB852WK」  FF85WK2個縦使い、スリムな形状のトールボーイ形。

【8月4日 試聴機(予定)ラインナップ】
・炭山 アキラ氏 作:「シュモクドリ」  FE126En使用、鳥形バックロードホーン 。
生形 三郎氏 作:「RBH-04 和三盆(わさんぼん)」  FE108EΣ使用、独自の逆スパイラル型。

・会場:コイズミ無線 本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階
TEL:03-3251-7811

オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年8月号、好評発売中!

 

 

 

 


■ Stereo 2018年8月号

【特別定価】¥1,080 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年7月
【商品コード】051808

 >> 本誌のお買い求めは こちらから


【増大特集】至高のDIYサウンド~オーディオクラフト2018

・工作人間大集合2018
・第1回 学生対校・スピーカー甲子園
現地レポート~学生達が繰り出した、「バックパッカーの旅」の行方を見届けよ!
(レポート:榎本憲男)
・スピーカー甲子園 参加作品製作記
参加大学:神奈川工科大学/首都大学東京/東京電機大学/東京都市大学
日本工学院八王子専門学校/立命館大学
審査員:林正儀、生形三郎
・学生が挑んだMOOK付録スピーカーユニットを匠が料理
(石田善之)

・Stereo編 ONTOMO MOOK「スピーカー工作の基本&実例集2018年版」のご案内
・第9回 自作スピーカーコンテスト 開催のお知らせ
・マークオーディオを使った「UBUKATA MODEL DBR-3」詳細
・ぶらりアキバ散歩 オーディオパーツショップ探訪(生形三郎)
・自作派の力強い味方 オーディオ・クラフト・ショップ情報
・真空管アンプキット注目の新製品
・バックロードホーン読者製作例


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[カートリッジ] プラタナス 3.5S
・[アナログプレーヤー] アコースティックソリッド Solid Vintage System
・[アナログプレーヤー] テクニクス SL-1000R
・[CDトランスポート] ニュープライム CDT-8
・[CDプレーヤー] YBA GENESIS CD4
・[SACDプレーヤー] マッキントッシュ MCD350


連載

・火の鳥電機 拡大版(峰尾昌男)CASE10:スピーカー・セレクターを作る
・短期連載 プリメインアンプ マランツ PM-12 その破格の設計思想に迫る(山之内 正)

・いい音いい場所いいお店「クロスオーディオ」(上田高志)
・MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー (植村和紀)
・オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン(近藤正隆)
・オーディオを科学する「アナログ最新情報」(柴崎 功)
・藤岡 誠の組み合わせの世界(藤岡 誠)
・アクセサリーファイル Focal Clear(岩井 喬)

・新製品ニュース (遠藤正奥/峰尾昌男)
・カートリッジ物語「トップウイング」(井上千岳)
・使い方を知る~オーディオの新常識~ (福田雅光)
・クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・ポップ・ロックイワタ塾(岩田由記夫)

・編集部へのお客様(鈴木 裕):Pro-Ject President Heinz Lichtenegger

・Stereo TOPIC

-ミュンヘン「HIGHEND」レポート(山之内 正)


注目製品ファイル

1:PASS XP-12(潮晴男)
2:ミュージカルフィデリティー M6S DAC(岩井喬)
3:タンノイ Autograph mini/GR(林正儀)
4:Pro-Ject 2Xperience SB S-shape(小林貢)
5:アキュフェーズ DP-750(井上千岳)
6:DAVONE Twist(井上千岳)
7:Audience 1+1V2(小林貢)


ステレオ・ディスク・コレクション

今月の優秀録音(福田雅光)
今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
今月の話題盤
[クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック・ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠)


・今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)
・私の特選! ミュージックファイル 今月の選者:土方久明
・次号予告
・BOOKS
・TOWNS


編集部だより

いきなりですが今年は異様に暑くないですか?

ステレオ8月号も負けないくらいアツい内容となっております。8月号は毎年恒例、夏の工作号なわけですが。今年は第1回スピーカー甲子園を開催しました。大学別に同じユニットでスピーカーを作ってもらい、それを競うという内容です。製作期間はたった3週間と短かったものの(段取りが悪くてゴメンナサイ)大学生たちの作ってきたスピーカーのクオリティの高さには感激しました。

ナウいヤングなアイデアが豊富で、伝統あるスピーカー工作の世界に新風が巻き起こる気配を感じました。試聴室に集まった学生たち(全員男)の熱気にはクラクラしました。見てるだけでエネルギーをもらえること必至!

是非8月号お手に取って見てください。

 >> 本誌のお買い求めは こちらから

「私の長岡式スピーカー」 読者体験談&失敗談大募集!

オーディオ評論の巨星、スピーカークラフトの達人 長岡鉄男氏が亡くなって18年が経とうとしています。しかし、氏にインスパイアされたファンはいまだにバックロードやバスレフ、鳥型、そしてマトリックスなどのスピーカーを自作しています。

オーディオ製品が高額化した現在、その傾向は再び顕著となっており、それは氏の専売特許ではないにせよバックロードホーンや、オリジナルのスワン製作にチャレンジする方が多いという事実が証明しているといえるでしょう。

Stereoでは、9月号の特集として「長岡鉄男とスピーカー(仮題)」を企画しています。そこで、是非みなさまから「長岡式スピーカー」にまつわる体験談、失敗談、製作モデルを紹介する予定です。長岡式作例だけでなく、インスパイアされたものでもOKです。

聴いた、作った、いまも聴いている・・・・・・。そんなあなたの体験談を下記の要項に沿って、是非ともご応募ください。

・分量:体験談、製作談、失敗談、試聴感想など400字前後
・必要なもの:製作機、ご本人の写真(ご本人の写真は必須ではありません)
・締切日:2018年7月10日(火)
※ この応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。
・宛先:〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30 音楽之友社ステレオ編集部長岡係
・e-mail:ステレオ編集部宛て

※ 採用された方には、図書券を差し上げます。

オーディオの総合月刊誌「stereo」2018年7月号、好評発売中!

 

 

 

 


■ Stereo 2018年7月号

【特別価格】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年6月
【商品コード】051807

 >> 本誌のお買い求めは こちらから


【増大特集】ベスト・バイ・コンポ2018 いま最高のコンポはこれだ!

・巻頭カラー:選者による昨今のオーディオ観+全30カテゴリーのトップモデル一挙紹介
【選者】石田善之、生形三郎、鈴木 裕、須藤一郎、角田郁雄、福田雅光、藤岡 誠、山之内正

・ベスト・バイ・コンポ2018 全30カテゴリー結果
【デジタル関連プレーヤー部門】 まとめと解説:鈴木 裕
【DAコンバーター部門】 まとめと解説:生形三郎
【プリ・メインアンプ部門】 まとめと解説:須藤一郎
【セパレート・アンプ部門】 まとめと解説:藤岡 誠
【スピーカーシステム部門】 まとめと解説:福田雅光
【カートリッジ部門】 まとめと解説:角田郁雄
【アナログレコードプレーヤー部門】 まとめと解説:山之内正


【特集 II】俺的ベスト5・コンポ
~12名の本誌筆者陣による、個人的ベスト・バイ・コンポ

【選者】井上千岳、岩井 喬、潮 晴男、小澤隆久、小林 貢、ゴン川野、逆木 一、柴﨑 功、炭山アキラ、林 正儀、土方久明、村井裕弥


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
解説:遠藤正奥/写真:風間憲二

・[レコードプレーヤー] ロクサン Radius7+NIMA
・[スピーカーシステム] ピエガ Premium 301
・[スピーカーシステム] B&W 704 S2
・[スピーカーシステム] ロジャース LS3/5a(70th aniversaryEdition)


連載

・音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:蓮見 壽さん(田中伊佐資)
・いい音いい場所いいお店「トゥルネラパージュ」(上田高志)
・MJGミュージック・ジャケット・ギャラリー(植村和紀)
・ザ・グレート・コンポーネント「英国流コンポ構築法・クリーク」(小林 貢)
・藤岡 誠の組み合わせの世界(藤岡 誠)

・カートリッジ物語「ミューテック」(井上千岳)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・ポップ・ロックイワタ塾(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
・ヴィニジャン~アナログの壺~(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ(キヨトマモル)
・音の余白に「昭和ポップスの幕開けを聴く」(岩出和美)
・柴崎印!オーディオを科学する「最新デジタルアンプを科学する」(柴崎 功)

-9月号特集のお知らせ 特集予定「長岡鉄男とスピーカー(仮題)」
私の長岡式スピーカー 読者体験談&失敗談大募集
-イベントレポート 5月5日「カフェシングス・クラフトオーディオの会」
-近日開催! 第3回 Stereo × パイオニア × 共立電子「3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」


注目製品ファイル

1:エソテリック K-03Xs  SACD/CDプレーヤー(石田善之)
2:フォステクス CW-250D サブウーファー(炭山アキラ)
3:MAGICO A3 スピーカーシステム(鈴木裕)
4:PLATANUS 3.5 MCカートリッジ(石田善之)
5:ファルコンラボ 503BWG スピーカーシステム(村井裕弥)


アクセサリーファイル・特別版

1:ゾノトーン Grandio SP-1/ZJP-GR1 スピーカーケーブル/ジャンパーケーブル(村井裕弥)
2:ラックスマン JPS-15000 スピーカーケーブル(村井裕弥) 


 ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/広瀬大介)
・今月の話題盤[クラシック](浅里公三)
・今月の話題盤[ジャズ](市川正二)
・今月の話題盤[ロック・ポピュラー](宇田和弘)
・今月の話題盤[日本のポピュラー](増渕英紀)


・新製品ニュース(蜂尾昌男)
・今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
・私の特選!ミュージックファイル 今月の選者:山之内正
・次号予告
・BOOKS
・TOWNS


編集部だより

7月号は毎年恒例のベスト・バイ・コンポです。

今年から選考筆者に生形三郎氏を加え、全8部門、価格帯別30カテゴリーで新旧問わず「今、購入できるコンポ」のナンバー1を投票によって決める企画です。今年度のベストバイを俯瞰してみると、重厚長大なセパレートシステムよりも、高級なプリ・メインアンプが盛り上がっているように見受けられます。今は生活空間に溶け込むシンプルなシステムでいい音というのがトレンドのようです。

一方、多種多様なオーディオの世界でもっとディープな部分を第二特集「俺的ベスト5・コンポ」で紹介してます。こちらは、筆者の個人的なベスト5を挙げていただき、それぞれの趣味趣向が色濃く反映された記事となります。いずれも読者の皆様にとって魅力的な製品が何かしら見つかるのではないでしょうか。

余談ですがアナログオーディオフェアでのイベント「伝説のカセットデッキを聴く」は凄まじい熱気の中、無事終える事ができました。イベントに来場してくださった方ありがとうございました。

 >> 本誌のお買い求めは こちらから

 

※Stereo誌2018年7月号で以下の誤りがありました。(6月20日更新)

P43 2位アキュフェーズ A-70の総合点は69.8であり、誌面の数値と順位は誤りです。順位はA-70が1位、A-47が2位となります。

P44の、ベスト・バイ・コンポ2018「120万以上のパワーアンプ部門において、2位のアキュフェーズP-7300の写真と3位フェーズメーションのMA-1500の写真が入れ違いになっておりました。

p135オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン「平間写真館システム」のサンバレーSV-S1628DがサンバレーSV-2(2010)の誤りでした。

読者の皆様、および、メーカー各位にご迷惑をおかけしたことを謹んでお詫び申し上げます。