ONTOMO Shop information(2022年3月)

スポンサーリンク
オンラインショップ「ONTOMO Shop」

・誌面で紹介した商品、または紹介しきれなかった商品情報をお届けします!
・ONTOMO Shopでは、合計10,000円(税抜)以上ご購入の場合、送料は当ショップが負担します。10,000円(税抜)未満の場合はお客様負担となります。
・お支払い方法は、クレジットカード決済、コンビニ前払い、Amazon Pay、商品代引き(代引き手数料が別途かかります)がご利用いただけます。

スポンサーリンク

お使いのアンプやDACの音が化けるかも!? 手巻き仕上げのトランス電源アダプター「PT140EI」ご予約受付中!

今春、注目の強化電源が発売されます。手巻きで仕上げられたトランスリニア電源「PT70EI」をさらにグレードアップさせた強化版、その名も「PT140EI」! シャーシは「PT70EI」のデザインを踏襲してアルミ削り出し、片手で持つのが難しい(約4.2kg)ほどの重さで、よりその存在感・重厚感が増しています。

マークオーディオグループ・フィディリティムサウンド中島社長に詳細と概要をお伺いした動画を現在公開中です。

▲手巻き仕上げのトランス電源アダプター「PT140EI」発売記念【前編】
「PT70EI」の詳細と概要編

▲手巻き仕上げのトランス電源アダプター「PT140EI」発売記念【後編】
「PT140EI」の詳細と概要、そして試聴編
※ 一部楽曲は著作権の都合で音をお出しできないため、無音でお送りしています。また、著作権フリーの楽曲はカメラで録音した音声のため画面越しでは細かい音の表現などを伝えきれない可能性がありますが、雰囲気をお楽しみいただけたら幸いです。

オーディオキャンペーン情報(まもなく終了! 2022年3月31日まで!)

商品の外箱が潰れていたり、外箱がなかったりするほか、在庫残りわずか、もしくは多くの方におためしいただきたい、そういった商品を、お求めやすい価格でご提供! 早い者勝ちのアウトレットセールです!

エミライ製 USBノイズフィルター 「ES-OT4」(基板のみ・USBケーブルなし)

(基板のみの参考価格 税込2,066円)
⇒キャンペーン特価 税込1,000円(数量限定)
※上記に「カートに入れる」ボタンが表示されていない場合は販売終了となっています。

オーディオの大敵ノイズの侵入経路として、最も影響の多い USBケーブル からのノイズを取り除くべく設計されたノイズフィルター。パソコンと USB DAC の間に接続することで、ノイズを低減、音質向上を狙います。

この商品には別途USBケーブル が2本必要となりますが、キャンペーン特別セットのためUSBケーブルは付属していません。 USB DAC 側の入力端子がミニBの場合、「ES-OT4」とUSB DAC の間に一方がAタイプで、 もう一方がミニBタイプのケーブルを使用すると接続が可能です。また、USBケーブルはハイスピード(High Speed / USB 2.0)対応のものをご使用ください。

スペック
・ES-OT4 基板(エミライ製)
・基板のサイズ:W50mm × H12mm× D60mm(支柱とカバーを取り付けた際の高さ(H)は28mm)
・専用カバー(支柱とネジ4個セット)
※ACアダプター・USBケーブルは付属していません。

≫USBケーブル(25cm/オヤイデ電気製) が1本付属する通常販売分は、こちらからお求めください。

パイオニア製 スルータイプUSBサウンドアップグレーダー DRESSING「APS-DR000T」

通常販売価格 税込5,060円
⇒キャンペーン特価 税込3,000円(数量限定)
※上記に「カートに入れる」ボタンが表示されていない場合は販売終了となっています。また、2022年4月1日(金)以降は通常販売価格に戻りますのでご了承ください。

本機は、PCやプレーヤー、テレビなどのUSB端子に接続して電源ノイズを低減するほか、USB出力端子を搭載しているため、それらの機器とUSB接続する機器の間に接続することで、電源ノイズとともに信号ノイズも低減することができます。ポータブルオーディオ、カーオーディオへの使用もお勧めです。なお、この商品は「USB サウンド クオリティ アップグレーダー」であり、USBメモリーとしてはご使用いただけませんのでご注意ください。

Stereo編 ONTOMO MOOK「きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 for All Sound Gear」より 実際に比較試聴した生方三郎氏の評価
「まずは終端接続で使用してみる。その差は歴然で、ヴォーカルに立っていた音のエッジが綺麗に消え去り、音に刺々しさがなくなる。弦楽器が木管楽器の音色の質感が、柔らかく繊細なものへと変化し、シンバルがヒットされた時のアタックの鋭さも軽減される。これまでの再生で感じられていた中高域の刺々しい質感が改善され、低域方向の再生音にも、適度な締まりと重量感が生まれ、メリハリの効いたサウンドが楽しめるようになった。続いて、スルー接続を試す。すると、上記の音傾向はさらに顕著なものとなり、本機によって得られる効果がより強力になる。全体的な音の厚みやプレゼンスが向上するのだ。一方で、音の鮮度感はやや穏やかになるようだ。」

スペック
・型番:APS-DR000T
・カラー:ブラック
・インターフェース:USBタイプA
・外形寸法(W×H×D):21mm × 13mm ×59mm
・質量:13g

≫上位機種「APS-DR005」もキャンペーン対象! こちらからお求めください。

レイヤーフェイス・ボード・インシュレーター 2本セット

通常販売価格 税込8,580円
⇒キャンペーン特価 税込5,000円(数量限定)
※上記に「カートに入れる」ボタンが表示されていない場合は販売終了となっています。また、2022年4月1日(金)以降は通常販売価格に戻りますのでご了承ください。

白樺製作で定評の高い テツヤ・ジャパン 製の白樺耐水合板使用のボード・インシュレーターです。音質的な配慮から床やオーディオ機器との接地面に積層面がくるようにデザインされており、スティック形状にすることによりセッティングもしやすいよう使い勝手のよさも考慮されています。CDプレーヤーやアンプ、スピーカーのセッティングで活用できます。

▲足の内側にダイレクトに置くこともできるような高さになっているため、ダイレクトシャーシ方式でも使用可能です。

▲脚の下に敷くと簡易ボードとして機能します。

Stereo 2017年8月号掲載「オーディオの新常識」にて、実際にこの商品を試した福田雅光氏による評価
「CDプレーヤーの脚の下に設置して試聴した。明るく透明度の高い音質でS/N比は高くスピードのあるレスポンスで立ち上がりに優れ、声楽のニュアンスも澄んでいる。中低域は締まりを効かせる。中低域のボリュームはあまり多くはないが、低音楽器の分解力はしっかりしている。ダンピングを効かせ弦楽器は厚い響きを楽しませる。これを外し直接設置していみると、コントラストや解像度があまくなり、低音弦楽器の旋律は起伏や輪郭がゆるむ」

スペック
・サイズ:幅60mm×高さ25mm×長さ330mm
・ウレタン仕上げ


その他、前回のキャンペーンで好評だったスピーカー・ユニットや、エンクロージャー、音楽雑貨などもキャンペーン対象商品に!
詳しくは、キャンペーン特設ページへ!
2022年3月31日(木)まで特価でご提供中です。キャンペーン期間終了前でも、在庫がなくなり次第取り扱い終了となることがありますのでご了承ください。

注目の新商品

再々入荷しました! 「ムジカノート製 木目仕上げのコンパクトスーパーツイーター『S-STW01』」

※ 上記に「カートに入れる」ボタンが表示されていない場合は在庫切れです。

お手持ちのシステムに簡単にプラスできるスーパーツイーター。40kHzまで再生可能な高性能ハードドームツイーターユニット(2.5cm口径)を、小さく滑らかな曲面のキャビネットへと収めたスーパーツイーター。メインスピーカーの高音域の指向性を補うことによる音場感の改善や、高域成分の増強による全帯域の音のキレ/情報量の向上が期待できます。木目を活かした仕上げで、黒いグリルも目を引く作り。内部のハイパスフィルター用コンデンサーは容易に交換できるよう設計されており、好みに応じて標準の1μFコンデンサーから付け替えて楽しむことができます。

ステレオ2021年9月号掲載 オーディオ評論家の炭山アキラ氏による評価
「インピーダンス4Ωで能率は86dB/W/mといいところを突いた特性で、完成SPシステムのアドオン型スーパーツイーターによし、フルレンジのプラス・ツイーターによし。なかなか使い勝手のよさそうなシステムである。全体にホーン型より穏やかな鳴りっぷりだが決して弱くはなく、むしろスケールの大きな高域を堂々と鳴らすタイプと見た。音場は優雅な艶をまといつつ広大に広がり、声も実体感豊かに伸びる、伸びる! ユニット単体に余分なピーク成分がなく、組み合わされたコンデンサー(Audiophiler製)も良質のものなのであろう。」

スペック
・ 型式: S-STW01
・ JAN:4589804900236
・ ユニット:ハードドームツイーター
・ インピーダンス:4Ω
・ 能率:86dB/W・m (at 20kHz)
・ 再生周波数:ハイパスフィルタのカットオフ周波数~40kHz
・ サイズ:8×7.9×6.4cm(W×H×D)
・ 重量: 0.5kg /本

タイトルとURLをコピーしました