オーディオの総合月刊誌「stereo」2022年9月号、好評発売中!

スポンサーリンク
9月号

・特別定価:1,155円 (本体1,050円+税)
・判型・頁数:B5
・発行年月:2022年8月
・JANコード:4910054410921
・商品コード:052209

  • ≫ 本誌のお買い求めは こちらから
  • 今月号の表紙のテーマは「昭和の面影が色濃く残るジャズ喫茶」
  • 撮影場所:ジャズ喫茶「映画館」
スポンサーリンク

【増大特集】厳選!オーディオスポット巡礼

・マスターに聞く音のこだわり(編集部)
【#1】JAZZ喫茶映画館(東京都文京区)
【#2】いーぐる(東京都新宿区)
【#3】名曲喫茶ライオン(東京都渋谷区)

・厳選! オーディオスポット巡礼(編集部)
【#1】アマンダ(埼玉県川越市)
【#2】ジャズ喫茶 アルテック(東京都足立区)
【#3】ヴィオロン(東京都杉並区)
【#4】(埼玉県朝霞市)
【#5】Jazz Bar T(埼玉県さいたま市)
【#6】スケッチブック(山梨県北杜市)※現在休業中、近日再開予定
【#7】三州亭(Misty)(茨城県取手市)
【#8】BLUE NOTE MOK.KIN.DOO(モッキンドー)(埼玉県入間市)

・個性の塊! 福岡オーディオ店巡り(編集部)
【#1】マックスオーディオ 福岡店(福岡市中央区草ヶ江)
【#2】アートクルー(福岡市早良区西新)
【#3】吉田苑(福岡市中央区那の川)

・音楽の街『盛岡』で朝から晩まで『良い音』に浸る!!(澤村 信)
【#0】三共無線(岩手県紫波郡矢巾町)
【#1】SOUND CHANNEL(盛岡市菜園)
【#2】CHINEMA MUSIQUE(盛岡市愛宕町)
【#3】コーヒーの店 響(盛岡市東緑が丘)
【#4】パノニカ(盛岡市菜園)
【#5】BAR CAFE THE S(盛岡市菜園)
【#6】music cafe Bar Brooklyn(盛岡市南大通)
【#7】GRAND SONS(盛岡市大通)

注目記事

・ザ・グレートコンポーネンツ「クリーク Voyage シリーズの再度注目すべきポイント」(岩井 喬)
・音大の授業で電源ケーブルを自作!?(今泉晃一)
・音のプロが聴くイクリプスTDシリーズ ゲスト:大川健(今津 甲)
・(株)ナスペック 岐阜の本社と新視聴室拝見!(編集部)
・38センチ2ウェイ用ネットワーク製作(炭山アキラ)
・Polk Audio創業50周年 その歩みを振り返る(藤原陽祐)

Stereo試聴室 話題の新製品を聴く

(石田善之/岩井 喬/生形三郎/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥(解説))
[ MCカートリッジ ] LINN KENDO
[ MCカートリッジ ] オルトフォン MC Verismo
[ フォノイコライザー ] プロジェクト Phono Box DS2
[ CDプレーヤー ] デノン DCD-900NE
[ スピーカーシステム ] エラック UBR62

注目製品ファイル

[ プリアンプ ] マッキントッシュ C12000(潮 晴男)
[ スピーカーシステム ] 
クアドラル SIGNUM 70(井上千岳)
[ オーディオ用スイッチングハブ/光遮断機
 エディスクリエーション JPEMシリーズ(岩田由記夫)
[ プリ・メインアンプ ] 
YBA Heritage A200S Integre/Heritage CD200 CD Player(潮 晴男)
[ 管球プリ・メインアンプ ] アイオンオーディオ ScorpioⅡ(小林 貢)
[ MCカートリッジ ] JICO SETO-HORI REMODEL(井上千岳)

アクセサリーファイル・特別版

[ マグネシウム製アナログアクセサリー ] セレニティ SRT-1/SRS-1/SRP-1(井上千岳)
[ HDMIケーブル ] ワイヤーワールド Sphere48/Radius48/Starlight(林 正儀)
[ ノイズ・アブソーバー ] ユキム PNA-RCA01/PNA-USB1(林 正儀)

新製品ニュース(峰尾昌男)

連載

・音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:豊嶋藤夫さん(田中伊佐資)
・いい音上田のオーディオさんぽ「on and on」(上田高志)
・ピーター・バラカンの新・音楽日記 「Peter Barakan’s Music Film Festival」
・オーディオの新常識「仮想アースはどこにつなぐのか? 効果的な使い方を探る」(福田雅光)
・火の鳥電機「続・計測器を学ぶ」(峰尾昌男)
・ヴィニジャン~アナログの壺~「安くてウマい! 穴盤認定会開催」(田中伊佐資)
・今月の変態ソフト選手権「製作から8年、まだまだエージングが終わっていなかった」
(炭山アキラ/高崎素行)
・クラフト・ヴィンテージ「アイドラーターンテーブルのキャビネット製作 その2」(キヨトマモル)
・ロック・ポップイワタ塾「マナーバンド」(岩田由記夫)
・オーディオの基礎と焦点「HDMI接続の現状」(柴崎 功)
・テラシマ円盤堂「音楽がオーディオを聴くための道具になっている」(寺島靖国)
・音の余白に「『木まんま工房 木こり』の紫檀ヘッドシェル」(岩出和美)

ステレオ ディスクコレクション

今月の優秀録音(山之内正)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/真保安一郎/田中伊佐資)
・今月の話題盤
[クラシック]浅里公三 [ジャズ]市川正二 [ロック/ポピュラー]宇田和弘 [日本のポピュラー]増渕英紀
・今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)

stereo TOPIC

ONTOMO MOOKの 注目の4冊 です!

岩田由記夫の Rock & Pop オーディオ入門 音楽とオーディオの新発見

ロック/ポップスが求める良い音、楽しい音は、従来のオーディオシーンで重視されてきたクラシックやジャズのそれとは異なるものである。それは音楽の作り方、つまり生のアンサンブル/セッションから“生まれる”音楽のクラシック/ジャズに対して、録音とマスタリングを前提として“作り上げられる”音楽であるロック/ポップスという、前提条件の大きな違いに起因する。
本MOOKは「週刊FM」などを愛読していた世代の音楽ファンを中心に、オーディオで音楽体験が大きく変わることを伝え、オーディオ・ファンには、音を鳴らすだけでなく、音楽を楽しんで鳴らす愉しさを紹介する。ありそうでなかった、オーディオと音楽を結び付ける書物。新しい感動を音楽ファン、オーディオ・ファンにお届けする。

絶賛発売中!
岩田由記夫 著/stereo 編
・定価:1,980円 (本体1,800円+税)
・判型・頁数:B5・128頁
・発行年月:2022年7月
・ISBNコード:9784276963467
・商品コード:96346

≫詳細はこちら

絶滅危惧種からの生還 真空管グラフィックイコライザー・キットで音を創る

グラフィックイコライザーとは音の帯域ごとに周波数を変え、音質を調整するオーディオ機器である。
当ムックでは、音楽家・関係者による試聴を通して実際の使用方法をご紹介。
また、音楽的アプローチとしては、原音再生ではなくご自身の心地よい音、目指す音に作り替える楽しみ方をご提案。実際に機器を使用しながら、さまざまな方法を試して、グラフィックイコライザーによる音質調整の極意を伝授する。
※付録の真空管グラフィックイコライザー・キットは2020年6月に発売「音の最終調整 グラフィック・イコライザーの調べ」の製品と同一のもの。

2022年8月23日(火)発売!
stereo 編
・定価18,700円(本体17,000円+税)
・判型・頁数:A4・20頁
・発行年月:2022年8月
・ISBNコード:9784276963481
・商品コード:963480

≫詳細はこちら

これならできる特選スピーカーユニット 2022年版マークオーディオ編

スピーカーユニット付録本の通算13回目、ムックとして7回目の企画。今回の付録は驚異の6㎝フルレンジユニットと好評を得た2020年版付録のマークオーディオ製OM-MF4の振動板をペーパー化したバージョン!OM-MF4や同ブランドのユニットの多くがメタル振動板を採用しているが、そのなかで本機がペーパー振動板を採用したのは、ムービングマスをさらに抑えるため。数値的にはOM-MF4比で20%以上も軽量化され、同ブランドの設計理念のひとつともいえる、速い反応をさらに高めた。それに加え今回の振動板にはマイカを混抄して物性をコントロール、優れた高域特性も得ている。このマイカ混抄のペーパー振動板は同ブランドにとって量産モデル初となる。片側4㎜のロングストロークを誇るハイコンプライアンス・サスペンション、大型マグネット、扱いやすい8Ω仕様などはOM-MF4から引き継ぎ、小口径スピーカーの可能性を拡げてくれる。

2022年9月15日(木)発売!
stereo 編
・定価:7,975円(本体7,250円+税)
・判型・頁数:B5・16頁
・発行年月:2022年9月
・ISBNコード:9784276963474
・商品コード:963470

≫詳細はこちら

これならできるスピーカー工作 2022

ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2022年版マークオーディオ編」の付録スピーカーユニットOM-MF4-MICA用に設計したエンクロージャー(スピーカーBOX、キャビネットともいう)のキットが付録になった。スピーカーユニットにはそれを収めるエンクロージャーが必要で、その設計も楽しいのが、いい音を狙うとなると難しいのが実情。本付録のエンクロージャーは、オーディオ機器評論やレコーディング、また多くの自作スピーカーを設計・製作して発表している生形三郎が設計したものをキット化。前年に続いて今回もダブルバスレフという低音の量感や伸びが得られるスピーカー工作マニア御用達の方式だが、市販スピーカーには例をみないもの。バスレフのエンクロージャーを2つ繋いだような構造ながら生形は今回、バスレフのポートを付けない設計をして、シンプルで初心者の方にも組みやすいキットとなっている。

2022年9月15日(木)発売!
stereo 編
・定価8,800円(本体8,000円+税)
・判型・頁数:A4変・16頁
・発行年月:2022年9月
・ISBNコード:9784276963498
・商品コード:963490

≫詳細はこちら


・BOOKS
・次号予告/訂正とお詫び
・TOWNS
・編集後記


>>  本誌のお買い求めは こちらから
>> 「stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

タイトルとURLをコピーしました