ONTOMO MOOK

スポンサーリンク
MOOK

ONTOMO MOOK「レコード誕生物語 その時、名盤が生まれた」好評発売中!

『レコード芸術』誌において、2018年1月号からてスタートした同名タイトルの連載のムック化。2021年8月号で第44回を迎えています。内容は、いわゆる「クラシック音楽の歴史的録音」として語り継がれているレコード(ディスク)の中から1枚を選...
MOOK

ONTOMO MOOK 「低音を自在に操る」好評発売中!

stereo編 ONTOMO MOOK「低音を自在に操る あなたのスピーカーをサブウーファーに!」特別付録:フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー 定価:7,700円 (本体7,000円+税)判型・頁数:B5・24頁発行...
MOOK

ONTOMO MOOK 「電波受信が面白い!」12月18日発売!

stereo編 ONTOMO MOOK「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」特別付録:ラックスマン製真空管FMチューナー・キット「LXV-OT8」 定価:16,500円 (本体15,000円+税)判型・頁数:A4・32頁発行年月:...
スポンサーリンク
MOOK

ONTOMO MOOK「長岡鉄男のレコードえんま帳」同時販売決定!

いまだ多くのオーディオファンの心をつかんでいるオーディオ評論家・長岡鉄男氏。オーディオ機器の批評や自作スピーカー紹介の一方で、ソフト蒐集を精力的に行い、音や映像の質がよいディスクをオーディオ誌などで発表していました。それらをまとめた書籍は...
MOOK

stereo編 ONTOMO MOOK「夏の工作号」大好評発売中!

「伝えたいのは音質ではなく音楽の本質」。オンキヨー製の話題のスピーカーがいよいよ登場! スピーカーユニットの付録は、オーディオの総合月刊誌「stereo」にて2010年から続く夏の特集(いわゆる「工作号」)の企画として始まりました。...
9月号

オーディオの総合月刊誌「stereo」2021年9月号、好評発売中!

【特別定価】¥1,430 (税込)【判型】B5【発行】2021年8月【商品コード】052109≫ 本誌のお買い求めはこちらから今月号の表紙のテーマは「サブウーハーの最先端」。表紙モデル機:KEF KC62 Subwoofer撮影場所:KE...
MOOK

ONTOMO MOOK「これならできる」シリーズ2021年版、予約開始!

「伝えたいのは音質ではなく音楽の本質」 国内老舗ブランドの技術で作りこまれた10cmフルレンジ・スピーカーユニットが付録に! 今回の付録ユニットはオンキヨーが設計製造した10㎝口径のフルレンジ。振動板には「バイオミメティクス...
スピーカーコンテスト

ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版」付録ユニット用エンクロージャー作例の音ってどうなんだ?

ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット 2020年版マークオーディオ編」では、スピーカーユニット(マークオーディオ製 6cmフルレンジ・スピーカーユニット「OM-MF4」)を付録にするのみではなく、「第11回自作ス...
MOOK

夏のONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版」特別付録決定!

毎年夏の恒例となっている特別付録付き2021年7月発売予定の stereo編ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版 オンキヨー編」。先日オンラインで行なわれた「第11回自作スピーカーコンテスト 結果発...
MOOK

「オーディオ超絶音源探検隊 バックロードホーン・スピーカーを相棒に」好評予約受付中!

stereo誌で50回以上の掲載回数を誇る人気連載「この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権!」。その50回分のまとめに加え、バックロードホーン型(BH)スピーカーの製作記事などを加えたムック本の登場です。 連載「~変態ソフト選手権」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました