スポンサーリンク
2021年

stereo4月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:鈴木 亮さん 「最近、オントモムックの付録フォノイコライザーをしきりにいじっているが、いまさらながらオーディオの面白さは自分好みの音に仕立て上げることだなあと痛感している。そこで思い出すのが鈴木亮さんだ。5年ほど前に他誌の...
その他

【クラウドファンディング】磁器・天然木使用のボディとパイオニア製ユニットとのオンリーワンインテリアスピーカー

本誌で連載を持ち、代々木にも実店舗を運営するキヨトマモル氏が、磁器と天然木を使用したボディのオンリーワンインテリアスピーカーを設計しました。スピーカーには、かつてstereo誌でも好評を博したパイオニア製 6cmスピーカー(既に完売)が使...
MOOK

夏のONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版」特別付録決定!

毎年夏の恒例となっている特別付録付き2021年7月発売予定の stereo編ONTOMO MOOK「これならできる特選スピーカーユニット 2021 年版 オンキヨー編」。先日オンラインで行なわれた「第11回自作スピーカーコンテスト 結果発...
スポンサーリンク
オンラインショップ「ONTOMO Shop」

ONTOMO Shop information(2021年2月)

誌面で紹介した商品、または紹介しきれなかった商品情報をお届けします! ラックスマン製 真空管フォノイコライザー・キット「LXV-OT10」をお買い上げの方にお勧め! ラックスマン製真空管フォノイコライザー・キット「LXV-OT...
3月号

オーディオの総合月刊誌「stereo」2021年3月号、好評発売中!

【定価】¥990 (税込)【判型】B5【発行】2021年2月【商品コード】052103≫ 本誌のお買い求めは こちらから3月号の表紙のテーマは「所有欲を満たすこだわりのツクリこそが、オーディオの真骨頂」 。表紙モデル機:LUXMAN L-...
未分類

stereo3月号オヤイデ放談 予告編

stereo3月号連載オヤイデ放談では、近藤氏と本誌吉野が対談。世界初のOCB-1の初号機を今、改めて聴いてみました。本編はこちらから前編 後編 
2021年

stereo3月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

「何本もの突っ張り棒が床から直立し、ボードを天井に密着させている。オーディオを知らない人がここだけを切り取って見れば、もしかして天井が抜けそうなのかと恐怖でしかない。床にはサンシャインの制振シートなどが畳が見えないほど敷き詰められている。...
イベント情報

第11回自作スピーカーコンテスト 「結果発表&作品披露会ONLINE」 開催日、迫る!

毎年恒例「MOOK付録スピーカーユニットで競い合う、月刊ステレオ主催自作スピーカーコンテスト」。今回もたくさんのご応募をいただき、まことにありがとうございました。 その数合計、141通(一般部門=115通、匠部門=26通)!  そこ...
MOOK

「オーディオ超絶音源探検隊 バックロードホーン・スピーカーを相棒に」好評予約受付中!

stereo誌で50回以上の掲載回数を誇る人気連載「この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権!」。その50回分のまとめに加え、バックロードホーン型(BH)スピーカーの製作記事などを加えたムック本の登場です。 連載「~変態ソフト選手権」...
MOOK

「保存版 迷うもまたよし!  クラシック・レーベルの歩き方」好評予約受付中!

最先端を行く“レーベル聴き”のガイドブック。 ぜひ聴きたい158のクラシック・レーベルを世界中から選定し、その強みをおすすめディスクとともに紹介。『レコード芸術』執筆陣ならではの熱量の高い筆致で、知れば知るほどハマる世界へと誘う。各...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました