【イベント情報】11/16・17・18 2018 東京インターナショナルオーディオショウ

今年で36回目を迎える 2018東京インターナショナルオーディオショウは、11月16日(金)、17日(土)、18日(日)の三日間、東京国際フォーラムで開催いたします。

出展全32社(予定) 海外・国内あわせて190を超える優れたブランドの個性あふれる本格的オーディオ機器だけが持つ魅力を、国際フォーラムのくつろいだ雰囲気の中で心ゆくまでお楽しみください。

音楽之友社は、ガラス棟B1の総合受付前にてブースを出展し、雑誌・ムック・ONTOMO Shopで販売しているオーディオグッズなどを用意して皆様のご来場をお待ちしております。


2018東京インターナショナルオーディオショウ

・開催日時:
2018年11月16日(金)・17日(土)・18日(日) 10:00~19:00【最終日は 17:00終了】

・入場料:
無料。どなたでも当日無料でご入場いただけます。ただし、入場には入場パスの着用が必要です。入場パスは、ガラス棟地下1階の受付で、入場登録用紙のご記入と引換えにお渡しします。入場登録用紙は、こちらからダウンロードすることもできます。

・スペシャルプレゼント:
抽選で300名様に出展各社よりスペシャルなノベルティグッズのプレゼントを用意しています。会場受付で入場登録をして頂く際にスクラッチカードをお渡ししますので、当選された方は記載のブースへお越しください。当選カードと引き換えにノベルティ入場無料 グッズを差し上げます。

・アクセス:
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

JR線
山手線京浜東北線 有楽町駅より徒歩1分、東京駅より徒歩5分
京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡
京浜東北線は日中帯は快速運転のため有楽町駅を通過しますのでご注意ください

地下鉄
有楽町線 有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)
日比谷線  銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
千代田線  二重橋前駅より徒歩5分・日比谷駅より徒歩7分
丸ノ内線 銀座駅より徒歩5分
銀座線 銀座駅より徒歩7分・京橋駅より徒歩7分
三田線 日比谷駅より徒歩5分

【イベント情報】 11/10 サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider” 発売前先行お披露目・説明会


2019年2月19日発売予定の Stereo編 ONTOMO MOOK 『これで決まる! 本物の低音力』にて、Stereo × Fostexの特別企画サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider” が特別付録として付くことが決定しました。

詳細および解説は Stereo 11月号掲載の記事をご参照いただきたいのですが、肝心の音はどうなのか? 実際にどのように使ったらよいのか? 接続法や調整法は? と色々と疑問を持たれた方も多いことと思います。

そこで、サブウーファー用チャンネルデバイダー“BASS Channel Divider”の発売前先行お披露目・説明
会を開催します! 入場は無料、是非ご参加ください。


Stereo × Fostex 特別企画 サブウーハー用チャンネルデバイダー “BASS Channel Divider” 発売前先行お披露目・説明会

・出演:生形三郎氏
・日時:2018年11月10日(土)14:00~16:00
・入場料:無料
・場所:東京都世田谷区玉川3-9-3 Stream Tamagawa 1F-A Fostexショールーム Anfelit
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場誠にありがとうございました。


Stereo編 ONTOMO MOOK
これで決まる! 本物の低音力
特別付録:フォステクス製 サブウーファー用チャンネルデバイダー(BASS Channel Divider)

・B5判:24ページ
・予価: 8,500円+税

本書の付録は、フォステクス製の「サブウーファー用チャンネルデバイダー」です。この“BASS Channel Divider”は、低音用に特化したチャンネルデバイダーとし、200Hz以下の低域信号を抽出・コントロールする機器といっていいでしょう。

メインのスピーカーシステムに対し低域を増強・拡張するために用いる一般的な機器はアクティブ型サブウーファーですが、スピーカー部分とアンプ部分が一体で構成されています。

本書の付録“BASS Channel Divider”は、低域信号の抽出とコントロールを行なう機器で、サブウーファーに用いるアンプ部分やスピーカー部分を自由に組み合わせることができます。アンプ部分はステレオ誌付録アンプから超強力パワーアンプも、スピーカー部分も付録スピーカーユニットで製作したスピーカーから大口径ウーファーユニットを使って自作した大型スピーカー、はたまた既存のスピーカーシステムなども組み合わせることができ、お仕着せシステムではない、自分だけのBASSシステムをつくることができます。またサブウーファーのコントロール部が離れたような本付録は、操作が容易で調整がしやすく、簡単にサブウーファー帯域を付けたすことが可能です。使い方や組合せ例は本書で紹介しています。

■ 主要目次

BASS Channel Dividerとは~フォステクス開発者に聞く機能と接続法
BASSシステムの組み合わせ例の紹介~自作スピーカー編/手持ちのスピーカーシステムを使って/今までのStereo誌などの付録を用いたオール付録システム
サブウーファー用スピーカーの設計法と作例

※ 内容は予定です。タイトル名などは変更の可能性があります。
※ 2019年2月19日(火)発売予定です。
≫ 詳細・ご予約はこちらから

JRC訪問記 ~小さなデバイスがもたらす大きな変化!~

雲ひとつない気持ちの良い秋空に「JRC」のロゴが誇らしげに映える。

自動車やオーディオ機器の見えない場所に使用されている半導体デバイス。そして、おそらくお使いの機器でも必ずやお世話になっているであろう半導体デバイスを製造しているのが、ここ 新日本無線(JRC)だ。ステレオ誌の付録としても好評だった USB-DAC OT2 や、デジタルアンプOT1、OT3 の基板にも、実はしっかりとJRCの名が刻まれたオペアンプが搭載されている。

オーディオの世界でJRCといえば、オペアンプ。オペアンプといえばJRC。しかしながら、オペアンプがどのような場所で、どのようなコンセプトで作られているのかを知る機会は少ない。今回、同社の川越製作所に訪問し、担当者より直々にオペアンプについて学ぶ機会を得た。知られざる、オペアンプの世界とは・・・・・・。


工場に入ると、JRCのフラグシップモデルのオペアンプとなる MUSES が我々を出迎えてくれた。

新日本無線(JRC)のオペアンプといえば、「MUSES(ミューズ)」というブランド名をご存知の方も多いだろう。同社の資料によると、MUSESとは、高音質を追求したオーディオ用半導体デバイスとしてJRCが立ち上げたブランドで、「高音質」と言っても、良い音を「作る」のではなく、デバイスを通すことによるクオリティの劣化を最小限にするという考えのもと、「高品位な音の追究」「色づけの無い、誇張の無い、損失の無い、原音に忠実な音の追求」「数値では表しきれない、感性に響く音の追求」をコンセプトに生み出された製品だ。JRCオーディオ製品のフラグシップモデルでもあり、シンボルでもある商品はF1のような位置付けであるという。

同社のオペアンプは、大きく分けて次の3つに分類される。

 エントリーモデル
NJM8801」「NJM8901」「NJM4582」があり、MUSESで培った高音質化技術をより量産性の高い技術に応用することで高音質化と、さらなるコスト低減を実現しているモデル。

量産対応モデル
MUSES8820」「MUSES8920」「MUSES8832」が該当。これはフラグシップモデルの開発コンセプトを踏襲しつつも、材料の最適化を図ることで生産能力向上とコスト低減を実現したモデル。

フラグシップモデル
MUSES01」「MUSES02」「MUSES03」で、従来では材料・サイズ・生産性といった音質向上の障壁を意識せずに音質を追求して開発した半導体デバイスだ。


MUSES03を通して鳴らす音に思わず笑みがこぼれる。写真左から電子デバイス事業部 北田氏、三添専門部長、稲垣課長、西田課長、ステレオ編集長と、杉本専門課長。

製品概要を理解したところで、次に我々が通されたのは今年夏に完成したばかりだというオーディオ試聴ルーム。オーディオに情熱を持つ社員が試行錯誤の上で作り上げたという部屋で、試しに手を叩いてみても残響音があまりないデッドな部屋となっている。これは、一般家庭でも十分鳴らせるようにあえてデッドな環境にして、それでいていかに楽しめる音を出せるかというこだわりによるものだという。

オーディオルームの奥には、CDプレーヤとDAC、そしてオーディオ用半導体メーカーの知恵と技術が結集したアンプが鎮座。このアンプに、MUSESが使用されている。残念ながらこのアンプには企業秘密が含まれているため、写真撮影はできなかったので悪しからずご容赦いただきたい。さあ、この小さなオペアンプの違いでどれだけの音の違いが出るのだろうか。なるべくジャンルが偏らないよう、ジャズ、クラッシク、洋楽と宇多田ヒカルで試聴する。

まずはオーディオ用オペアンプの定番であるNJM4580で試聴。これだけでも十分聴けるレベルではある。次に、MUSES03を通して音を出す。

驚愕。

最初の第一声からまるで違う。音の厚みが増し、表現力が豊かになった。編集長が聴いたオールディーズの洋楽も「この盤、こんなに音良かったっけ?」との感想が出るほど分かりやすい違いだった。数千円の部品でここまで音の違いが出てしまうから、オーディオは奥深くて面白い。

▼MUSESに関する詳細、製品機能、製品データは下記を参照されたい
MUSES 特設Webサイト https://www.njr.co.jp/products/MUSES/index.html

今回、オーディオにかける男たちの並々ならぬ努力と妥協しない姿勢が、この小さな半導体デバイスに凝縮されていることが分かった。MUSESの名は、ギリシア神話に登場する女神の名に由来し、それはまさに音楽・舞踏といった知性と感性の神々だという。「神は細部に宿る」と言うが、まさしくこのデバイスの中に、女神の知性と感性とが込められているかのようで、その明朗な響きは聴いていて非常に心地良かった。

なお、MUSESシリーズは下記サイトより入手可能だ。オペアンプに興味のある方は、是非ともMUSESシリーズのオペアンプを色々と試して楽しんでいただきたい。

MUSES 正規取扱い店「秋月電子通商」 http://akizukidenshi.com/catalog/
正規国内販売代理店・特約店一覧 https://www.njr.co.jp/sales/

新日本無線ホームページ https://www.njr.co.jp/