往年の長岡鉄男氏考案のスピーカーを彷彿とさせる鳥形スピーカー「コサギ」現る!

コサギpopとんでもないバックロードホーンの登場だ!

往年の長岡鉄男氏考案のスピーカーを彷彿とさせる鳥形スピーカーが、オーディオライター炭山アキラ氏による板厚15mmのバックロードホーンとして発売される。しかも、「スワン」に比べてスリムなキットながら音場感は抜群。その名も、「コサギ」

「コサギ」は、ONTOMO MOOK Stereo編「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の特別付録パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット「OMP-600」の作例として記事で紹介され、「Stereo」誌の試聴で絶賛された。

生形三郎氏「音場の立体感のよさが凄かった。ベースのたっぷりとゆったりした、ふくよかな響き。」
炭山アキラ氏「音場感は鳥形の独壇場・ロードが1.9mで、軸上1mだと50Hzくらいまで伸びてます。」
オントモ・ヴィレッジスタッフ「6cmのスピーカーで出している音とはとても思えないスケール感。」

―「Stereo」2017年8月号掲載の視聴会記事より

現在では新しくこの方式で組める人物は少なく、だからこそ炭山アキラ氏には「OMP-600」を制作したパイオニアから直々に鳥形のリクエストを送り、それを受けて制作されたのがこの「コサギ」というわけだ。音道が2mほどあるにもかかわらず低域がしっかりと出るのが魅力となっている。

今回のオントモ・ヴィレッジ オリジナルモデルでは、6cmと8cmのユニットに対応する2種類のバッフルを付属。交換することで、同時発売された ONTOMO MOOK 付録のフェイズプラグ付き8cmユニット「OMF800P」との聴き比べも楽しむことができる。しかも、バッフルはネジで簡単に交換可能!

設計者である 炭山アキラ 氏は、実際に音を鳴らして下記のように評価した。

「まず驚くのは音場の広さ、深さで『この音源はこんなにエコーが深かったっけ?』と驚くことしきり、しかもつくり物臭い表現ではなく、実に心地いい響きである。

声の美しさ、深みのある歌唱も逸品で、これはクラシック、ジャズ、ポップスを問わない。名に恥じない軽やかな音の持ち主だと思う。」

― Stereo編 ONTOMO MOOK 「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の解説文より一部抜粋

[ エンクロージュア・キット(ペア)]

・MDF15mm カット一式 35枚×2台
・サイズ: W180×H900×D245㎜(端子含まず)

[ 付属品 ]

・ターミナル:(バナナジャック・プラグ)2個
・スピーカー配線コード:270mm赤2本(各1本)
・スピーカー配線コード:270mm黒2本(各1本)
・ターミナル用止めネジ:計4本を袋詰め1個
・バッフル交換用止めネジ:計8本

[ 【特別プレゼント】パイオニア 6cmフルレンジスピーカーユニット OMP-600(計2個) ]

・形式:6cm コーン型フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:130Hz(1V)
・再生周波数帯域:80~20kHz
・出力音圧レベル:82dB(300 400 500 600Hz平均、1m/1W)
・定格入力:5W(Free air)、10W(400cc相当BOX入りの場合)
・m0:1.583g
・Q0:0.997
・実効振動半径:2.275cm
・質量:約218g
・バッフル開口寸法:φ58mm

※周波数特性データ上は40kHzまであるが、出荷検査保障範囲は20kHz。

只今、予約受付中。10月上旬頃の発送予定だ。

鳥形バックロードホーン・キット 炭山アキラモデル「コサギ」
・型番:STUK-011
・販売価格:50,000円(税込 54,000円)
※送料込み、購入特典「OMP-600」(ペア)付き
・発送予定日:2017年10月上旬頃

お求めは 、オンラインショップ「オントモ・ヴィレッジ」で!

STUK-011Aスペアナ1(軸上1m)
数量限定。限定数に達し次第、終了となる予定だ。なお、購入特典として、パイオニア製6cmスピーカーユニット「OMP-600」プレゼント!

 

 

 

 

 

 

「OMP-600」装着時の周波数特性。

 

 

 

 

ひくい鳥000-Layout1-(1)

 

MOOKで発表された構造図とあわせて、3Dにしたときその仕組みがよりイメージつきやすくなるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

STUK-011B

 

板数、合計で実に70枚にも及ぶ。組み立て甲斐充分のキットといえるだろう。

緊急追加情報/付録ユニット試聴会@HMV record shop shibuya

いよいよ明後日 8/30(水)17:00からHMV record shop shibuyaにて開催される、オントモムック「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録ユニット【OMP-600】を使用したスピーカーの試聴会について、

衝撃の追加情報!

昨年12/19に発売し、瞬く間に完売となったオントモムック「オーディオ音質改善の極意」の第2弾の発売が決定!その付録となるUSB型音質改善装置APS-DR000Tのプロトタイプが、8/30のイベント当日に試聴機として登場します!

前作を買い逃してしまった人、購入してその効果を実感した人、さらにさらに、興味があって1度聴いてみたいと思っていた人などなど…ぜひ、お時間の許す限り足をお運びください!

Stereo×Pioneer 共催イベント@HMV record shop shibuya

■日 時:2017年8月30日(水) 17:00~18:30
■場 所:HMV record shop shibuya
(東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷 1F/2F) アクセス
※もちろん入場無料
当日は、ムック「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」掲載、炭山先生の作品「コサギ」の大きな図面を差し上げます。
DSC_101

ユニットを取り付けるだけでフラットでワイドレンジな再生を実現!バスレフ型スピーカーボックス 「OMF800P-E」発売開始!

オンラインショップ「オントモ・ヴィレッジ」では、数量限定でフォステクス製のバスレフ型スピーカーボックス OMF800P-E を発売開始しました!

OMF800P-E は、Stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット フォステクス編」特別付録「フォステスク 8cmフルレンジ・スピーカーユニット OMF800P」専用のスピーカーボックスです。

バスレフ方式のキャビネットはフラットでワイドレンジな再生を実現し、本格的なHi-Fi サウンドをお楽しみいただけます。スピーカーボックスにはバナナプラグ対応金メッキターミナルと内部配線コード、吸音材等も組み込み音質調整済みです。組み立ては簡単で、スピーカーユニットの端子と内部配線を接続し、付属ネジでスピーカーユニットを取り付けるだけです。

※Stereo編 ONTOMO MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット フォステクス編」で紹介された標準バスレフと同じ設計です。

OMF800P-E_front+unit
■ 商品スペック ■

・形式 : バスレフ型
・外形寸法: 142(W)×254(H)×213(D)mm(グリル含む)/本
・内容積 : 5L/本
・チューニング周波数 :74Hz
・質量 : 1.71kg(グリル含む)/本
・材質 : MDF t12 (バッフル)、MDF t9 (天、底、側面、裏板、グリル枠)/本
・仕上げ : チェリー調
・付属品 : 木ネジ×4本、パッキン×1枚/本
・適合ユニット : OMF800P、FF85WK、FE83En

※上記表記はすべて1本あたり。ペア販売となるので実数は×2となります。
※エンクロージュアキットのみの販売です。スピーカーユニットは付属しません。OMF800P-E_nanameOMF800P-E_backOMF800P-E_front+net

 

 

 

 

スピーカーユニットの端子と内部配線を接続し、付属ネジでスピーカーユニットを取り付けるだけですぐに使用可能。

 

 

 

 

スピーカーボックスにはバナナプラグ対応金メッキターミナルと内部配線コード、吸音材等も組み込み音質調整済みです。

 

 

 

 

 

付属のグリル装着時。

 

Stereo×パイオニア 付録ユニット試聴会 @HMVレコードショップ渋谷

Stereo×パイオニア 共催によるオントモムック「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録ユニット【OMP-600】を使用したスピーカーの試聴会が、東京渋谷のHMV record shop shibuya にて開催される。
当日は自作スピーカー工作の第一人者、炭山アキラ氏を中心に、パイオニアの担当者と本誌「Stereo」のスタッフらが登場。「自作スピーカーの裏聖地」と呼ばれる渋谷で、この夏最後の試聴イベントを敢行します!
これまで、大阪日本橋、東京秋葉原と開催された試聴会の、掉尾を飾るイベントとなりますので、ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください!

Stereo×Pioneer 共催イベント@HMV record shop shibuya

■日 時:2017年8月30日(水) 17:00~18:30
■場 所:HMV record shop shibuya
(東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷 1F/2F) アクセス
※もちろん入場無料
当日は、ムック「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」掲載、炭山先生の作品「コサギ」の大きな図面を差し上げます。

紹介作品(OMP-600)
・パイオニア設計
BSP000(ダウンファイヤ型バイ-ダイレクショナルポート型)
BSP001(バスレフ型)
BSP002(タンデム方式低域増強型)
・オントモムック付録 「QWT型エンクロージャー」
・須藤一郎先生 作品 「B・B・C(音場型密閉スピーカー)」
・石田善之先生 作品 「ネストボックス-2017/P(ニアフィールドバスレフ)」
・炭山アキラ先生 作品 「コサギ(鳥形バックロードホーン)」

この他、当日は「これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編」の付録ユニット【OMF800P】を使ったオントモヴィレッジで販売中のバックロードホーンキットの試聴と、パイオニアの新ブランド“BonnesNotes“から発売されました、音質改善アイテム「DRESSING」のデモンストレーションもあり。

お問合わせ:TEL:03-3235-2124(Stereo編集部)まで

DSC_005
写真は8/11 東京秋葉原のコイズミ無線で行われた試聴会の模様

【最後のチャンス!?】「DRESSING APS-DR000」再発売開始!

発売されるや話題となり売り切れ御免となった、2016年発行 Stereo編 ONTOMO MOOK「オーディオ 音質改善の極意」。

その特別付録の USBサウンドクオリティアップグレーダー 「DRESSING APS-DR000」を先日よりオンラインショップ オントモ・ヴィレッジ で発売していましたが、瞬く間に完売となってしまい、せっかくお買い求めいただこうと思っていた方にはご迷惑をおかけいたしました。

しかし!本日、いよいよ最後の予備在庫から再発売を開始いたしました!

泣いても笑っても、これが本当に最後!すぐの完売が予想されますので、お求めはお早めにどうぞ!!

こちらからご注文可能です。http://ontomovillage.shop-pro.jp/?pid=119454433

「DRESSING APS-DR000」は、パイオニアの新ブランド「Bonnes Notes(ボンノート)」シリーズ初の製品で、市販モデル「APS-DR001/002/003」のお試し版という位置づけでしたが、DRESSING(ドレッシング)シリーズの火付け役となった実力派です。今回、最後の予備在庫の中から、数量限定で販売しています!

ドレッシングシリーズは、高音質化を実現するため独自のフィルターを使用しており、PCやTV、オーディオ機器などのUSB端子に接続するだけで、電源ノイズをカットする設計です。PC内に保存したハイレゾ音源はもちろん、圧縮音源などのファイルや、CD・DVDにも対応しています。

表面には、ノイズが消えていくイメージを表したプリズム形状がデザインされ、コンパクトでスタイリッシュでありながら、持ちやすく抜き差ししやすいのも特徴です。

APS-DR001_1C_naname

 

 

Stereo9月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:石田善之さん

「ぼくが一介のオーディオファンだった頃、石田善之さんと話をする機会があって、ガウスはどんな音なのか尋ねたことがあった。その返答は『自宅のスピーカーJBLに変わったが、男っぽい力強さは捨て難く、いま富士の別荘にある』というような内容だったと記憶している。それから20年近く経ち、石田さんから『別荘のシステムがひと段落ついたのでぜひ遊びに来てください』と編集者に声がかかり、ぼくも便乗させてもらうことになった。…」

Stereo×コイズミ無線×パイオニア 共催イベント@コイズミ無線

Stereo×コイズミ無線×パイオニア 共催によるオントモムック
「これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録ユニット
【OMP-600】を使用したスピーカーの試聴会が、東京秋葉原のコイズミ無線にて開催される。
当日は自作スピーカー工作の第一人者、炭山アキラ氏をMCに迎え、パイオニアの担当者と本誌「Stereo」のスタッフらによるここでしか聞けない話がてんこ盛り??

Stereo×コイズミ無線×Pioneer 共催イベント@秋葉原コイズミ無線

■日 時:2017年8月11日(金・祝) 13:00~15:00
■場 所:コイズミ無線 本店
(東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階) アクセス
※入場無料

紹介作品(OMP-600)
・パイオニア設計
BSP000(ダウンファイヤ型バイ-ダイレクショナルポート型)
BSP001(バスレフ型)
BSP002(タンデム方式低域増強型)
・オントモムック付録 「QWT型エンクロージャー」
・須藤一郎先生 作品 「B・B・C(音場型密閉スピーカー)」
・石田善之先生 作品 「ネストボックス-2017/P(ニアフィールドバスレフ)」
・炭山アキラ先生 作品 「コサギ(鳥形バックロードホーン)」

この他、当日は「これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編」の付録ユニット【OMF800P】を使ったコイズミ無線オリジナルキット「BH08m(バックロードホーン)」の試聴と、パイオニアの新ブランド“BonnesNotes“から発売されました、音質改善アイテム「DRESSING」のデモンストレーションもあり。

お問合わせ:TEL:03-3251-7811 まで

SPSP

         写真は7/22、23に大阪日本橋の共立電子シリコンハウスで行われたのイベントの様子

DYNAUDIO 40周年記念モデル「The Special Forty」試聴会開催!

デンマークのハイエンドスピーカー「DYNAUDIO」が、40周年を記念したブックシェルフスピーカー「The Special Forty」の試聴会を開催します。

DYNAUDIOデモンストレーターによる製品紹介もあり、愛聴盤を持って参加する事もできるとのことなので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

日時
・2017年8月5日(土) 14:00~16:00
・2017年8月6日(日) 終日

場所
ノジマトレッサ横浜 オーディオスクエア
(神奈川県横浜市港北区師岡町700 トレッサ横浜南棟3階 ノジマ トレッサ横浜店内 )

★DYNAUDIOのHPはこちら
Special Forty close-up Lifestyle Grey Birch 01Special Forty close-up Grey Birch 08

ハイエンドオーディオの饗宴「大阪サウンドコレクション」のお知らせ

この夏は、大阪が熱い!

オーディオメーカー・輸入商社10社による「大阪サウンドコレクション」が、いよいよ今週末に行われます。百聞は一見に如かず。本格ハイエンドオーディオが一挙に集まるこの機会に、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

「大阪サウンドコレクション 2017 OSAKA SOUND COLLECTION」
・開催日: 時間 2017年8月5日(土)10:30~19:00 / 8月6日(日)10:30~17:00
・会場:ハートンホテル心斎橋別館 <アクセス>
(住所) 〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-5-24
(連絡先) 06-6251-7880
・開催場所:エソテリックブース: 5F 「ルピナス」ほか
・特別講演会場 : 2F 「松」
・入場無料

・特別講演(予定):「いろいろなサウンドとカタチ、個性の競演」
レトロモダンから最新ハイテク、Hi-Endで音楽の洪水
講師 傅 信幸氏 (両日共)
8月5日 (土) 14:00~16:30
8月6日 (日) 13:00~15:30

・主催:大阪サウンドコレクション委員会
・後援:(株)ステレオサウンド
・協賛: (株)音楽出版社、(株)音楽之友社、(株)音元出版、(株)誠文堂新光社
・試聴製品(予定): Grandioso P1/D1/C1/M1/G1,TANNOY Kingdom Royal Carbon Black (2F 松)
Grandioso K1/F1/G1,TANNOY Canterbury/GR,avantgarde DUO XD他 (5F ルピナス)