簡単!自作スピーカーのすすめ

 

 

Stereo2月号連載:「使い方を知る~オーディオの新常識」から福田雅光氏が提案する、付録スピーカーユニットを使った簡単かつ高音質なスピーカー製作をざっと紹介します。

必要なもの
1.2013年ステレオ8月号付録、スキャンスピーク製5cmフルレンジユニット(※在庫あります)

ご注文はお近くの書店、もしくは音楽之友社HPhttp://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=933308
で承っております。

ステレオ8月号 特別定価2,990円[本体2,848]

ステレオ8月号
特別定価2,990円[本体2,848]

unit2013

2.ブロックボックス BB-1 ¥698/1個(島忠ホームズで購入)
IMG_8628

3.フロント/リアバッフル 9mm厚ラバーウッド(東急ハンズで購入/加工)
本連載でもおなじみ、高音質で低価格なラバーウッドを採用。
フロント/リアバッフル板取図
1402fukudazu
加工寸法図
1402fukudazu2
板取図と加工寸法図を見せてカットしてもらう

4.その他、内部配線材、スピーカーターミナル、吸音材、など

製作手順
①フロントバッフルの接着
フロントバッフルを木工用ボンドで接着
②研磨、オイル仕上げ
IMG_9238
表面を軽く研磨し、和信ペイント「木彫オイル」を塗る
IMG_9225
③リアバッフルにスピーカーターミナル、内部配線をする
IMG_9228
内部配線材にはAET PRIMARY F075を採用。オヤイデのEXPLORER0.75などもオススメ。
④吸音材を入れる
IMG_9243
吸音材はサーモウール60を採用。量はエンクロージュア容積の30%程度。
コイズミ無線で購入可能。
⑤リアバッフルを固定し完成
IMG_9259

以上、製作時間は約1時間ほど。フロント/リアバッフルさえ加工できれば誰でも簡単に作れるのでホントにオススメです。
福田氏いわく、SN比、解像度、コントラスト、レスポンスが激変。透明でキレイな音質。表情がすっきり大変明瞭に表現されるとのことです。
詳しくは2月号連載内で紹介されてますので、気になった方は是非チェックしてみてください。≪編集部≫

Stereo2月号連載「音の見える部屋 オーディオと在る人」

新潟編も最終回。舞台は新潟市内から糸魚川へと移るが、車を飛ばして訪ねた今回の主役・小池慎一さんは、二コリともせず「オーディオはもうやめたい。苦しすぎる」とこぼす。そこからの話しは筆者も表情のつくり方に戸惑うほどの、「私には悲劇ですが、他人が聞いたら喜劇」(小池さん)という内容へと発展していく…。

Stereo2月号付録CD詳報その8

Stereo2月号付録CD『究極のオーディオチェックCD 2014』パイプオルガン編②
Track No.22■フランソワ=ジョセフ・ゴセック:ガヴォットにもとづく即興
演奏:塚谷水無子さん

このトラックは多彩な音色を出すことができるパイプオルガンを楽しんで頂くために曲中に何度もストップ(鍵盤の両側にあります)操作をして頂きました。

Stereo2月号は1月18日発売です

2014_02gatu_1225
Stereo 2014年2月号 特別定価1,500円

特別付録1

『究極のオーディオチェックCD 2014 目指せ! 原音再生』

『究極のオーディオチェックCD 2014 目指せ! 原音再生』

特別付録2

別冊「オーディオ DIYハンドブック」

特集

本誌筆者22人が選んだ2013年のベスト5ディスク

石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/峰尾昌男/山之内正/岩井 喬/生形三郎/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥/浅里公三/歌崎和彦/市川正二/岡崎正通/宇田和弘/富澤一誠/増渕英紀/岩間哲男/寺島靖国

●特別企画
・『究極のオーディオチェックCD 2014~目指せ!原音再生』徹底解説(生形三郎)
・本誌筆者が、演奏者がチェック
 ズバリ「究極のオーディオチェックCD 2014」の聴きどころとは!?(生形三郎)
・スタンウェイピアノ なぜその音に魅せられるのか
 アリス=紗良・オット/ラ・カンパネラを聴く(山之内正)

●Stereo試聴室★話題の新製品を聴く
(石田善之/貝山知弘/神崎一雄/須藤一郎/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正:遠藤正奥[解説])
[SACD/CDプレーヤー部門] マランツ SA8005/TAD TAD-D1000
[プリ・メインアンプ部門] マランツ PM8005/アキュフェーズ E-600
[パワーアンプ部門] エソテリック Grandioso M1
[スピーカーシステム部門]ソニー SS-AC3/フォーカル Chorus716/ディナウディオ Excite X38/エラックBS314
●Stereo試聴室★話題の新製品を聴く《別館》
・デジタルファイル・コンポ編
(鈴木 裕/角田郁雄/山之内 正、プロフィール&使用感:生形三郎)
・USB DAC
 コルグ DS-DAC-100/レゾネッセンス ラボ INVICTA MIRUS
・「音の見える部屋 オーディオと在る人」今月の人:小池慎一さん(田中伊佐資)
・いい音いい場所いいお店「ウエスタンラボ」(上田高志)
●創刊50周年記念企画 
 「ステレオ誌面に見るスピーカー隆盛史⑥」(村井裕弥)
●Stereo50周年AUDIO温故知新シリーズ
 革新の瞬間4 エソテリック(藤岡 誠)
●注目製品ファイル
 ①オラソニック NANO-A1(林正儀)
 ②アダム コラムMk3(角田郁雄)
 ③ラックスマン PD-171AL(篠田寛一)
 ④ノーススターデザインSupremo(鈴木裕)
 ⑤ATC New SCM7/NewSCM11(鈴木裕)
●アクセサリーファイル
 オーディオテクニカ ATH-A900XLTD(村井裕弥)
 TAOC  SCB-RS-HCシリーズ (須藤一郎)
 KEF M500(林正儀)
 レゾナンス・チップ・コネクト RC-CN(生形三郎)
 NVS Copper1RCA/FD RCA(林正儀)
 新製品ニュース(遠藤正奥/峰尾昌男)
 石川陽子「輝くチェンバロ」生録会 その録音と配信音源の楽しみ(石田善之)
 ホームオーディオの模範解答 チボリ「ミュージックシステムBTの世界」(ニルス・イェスパーセン/須藤一郎)
 「音の余白に」本誌編集長が聴く見る書く
 テラシマ円盤堂(寺島靖国)
 オーディオクラフト(浅生昉)
 フォステクス50周年記念バージョンFE103Solを見据えた製作例
 使い方を知る~オーディオの新常識~(福田雅光)
 ヴィニジャン~アナログの壺~「ガラード301が欲しくなったので、生き字引に会ってみた」の巻(後編)(田中伊佐資)
 実況! 録音オーディオの世界―デジタル録音/再生情報局―(生形三郎)
 Stereo Topic
 ステレオクラブ~読者の広場~
●ステレオ・ディスク・コレクション
今月の優秀録音(峰尾昌男)
今月の特選盤(石田善之/貝山知弘/歌崎和彦/鈴木 裕/田中伊佐資/村井裕弥)
今月の話題盤 [クラシック](浅里公三)/[ジャズ](岡崎正通)/[ロック/ポピュラー](宇田和弘)/[日本のポピュラー](富澤一誠)
今月のSACD~復刻盤編(岩間哲男)
私の特選! ミュージックファイル(今月の選者:鈴木裕)
BOOKS
タウン

Stereo2月号付録CD詳報その6

IMG_9284

ステレオ2月号付録は『究極のオーディオチェックCD 2014』です。再生装置の実力が如実に表れるワンポイント録音で全トラックを新たに収録しました。楽器の微細な音まで収録するためにあえて反響のない半無響室で録音を行なったり、通常よりも近距離にマイクを設置するなどオーディオコンポーネントの実力を測るために制作しました。もちろん、音楽性も同時に追求しています。ご期待下さい。

ステレオ2月号は1月18日(土)発売です。特別定価1500円