TOWER ACADEMY presents 音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディ」

「音楽を題材とした映画」の音楽の部分をアカデミックに解説していく講義。初回の題材はアカデミー賞4部門を受賞した「ボヘミアン・ラプソディ」。クイーンを初期、黄金期、中期~後期、そしてソロ期以降と全4回に分け、各アルバムがリリースされた時の時代背景やメンバーの音楽のルーツ、ライヴ演奏の聴きどころ等を解説。

【イベント内容】
時代背景や楽曲の成り立ち等を解説しながら演奏を聴く。音楽の友ホールの音響の良さを最大限に生かし、高品質の音源をハイスペックなオーディオで楽しむ。1stセッションの大貫氏は、QUEENを初めて体験した日本人として、その時代感や彼らのルーツ、与えた影響について解説予定。2ndセッションのフレディ・エトウ氏は特にレコーディングされた音源とライヴ・パフォーマンスでの違いに注目し解説の予定。
※講義であり、QUEENESSのライヴ公演はありません。

第1回開催日時:2019年4月6日(土)
1stセッション:13時~15時/2ndセッション17時~19時(客は入れ替え)
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

解説者
1stセッション:大貫憲章
2ndセッション:サンプラザ中野くん+フレディ・エトウ(QUEENESS

MC:矢口清治 (敬称略)
場所:音楽の友ホール(東京都新宿区神楽坂6-30)

チケット代 ¥3,000(税込)https://tower.ac/ より申込受付

主催:タワーレコード
協賛:(株)ロッキーインターナショナル、アキュフェーズ(株)
取材協力:月刊ステレオ

Webマガジン「ONTOMO」にて『住空間の中のオーディオ Vol.1』公開!

クイーンを日本に紹介したロックの伝道師、
大貫憲章の仕事部屋

LP全盛に生きてきたロック界のレジェンドは、実は小社の常務と同級生だ。団塊の世代である2人が数十年ぶりに再会。あの頃の華やかかりし音楽業界でどう育ってきたのか、そこで形づくられた音楽観とは。1万枚以上にも及ぶマニア垂涎のLPと、現代のスタイリッシュな名スピーカーを傍らに、大貫憲章が語る。

≫ 続きは、Webマガジン「ONTOMO」で!