オンラインショップ「ONTOMO Shop」新商品のお知らせ

オンラインショップ「ONTOMO Shop」では Stereo とのコラボ企画商品を好評発売中です。Stereo 編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」特別付録の『フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー』の発売に合わせ、サブウーファー用チャンネルデバイダーと組み合わせて使える商品をご用意しました。


サブウーファー・キット P1000SW

佐藤勇治(ワイエスクラフト)氏が作例として設計した「サブウーファー・キット P1000SW」を、板厚9mmから12mm厚に調整し、より力強い低音を目指したキットです。ドライバーとボンドがあれば組み立て可能なので、初めてのサブウファー購入をお考えの方はもちろん、さまざまな使いこなしを試したい方にもお勧めです。

設計者でもある佐藤勇治氏は、下記のように評価しました。
「トランジェントが良く豊かで低いレンジまで伸びた低音は、メインスピーカーの素性の良さを損なうことなくごく自然に低音増強ができるのだ。4タイプそれぞれに持ち味があるので音の好みにより使いこなしを楽しめる。また、オリジナルの設計に対し板厚UPがなされ、より剛性の高いエンクロージュアに仕上られている。組み立ては側板の補強桟とバッフル板の取付け精度が重要で、隙間のない密閉箱に組み立てることが大切だ。吸音材をフェルトなどに変えるとSN感もより向上するだろう。バスチャンデバとの組み合わせによるバスシステムを、ぜひ楽しんでいただきたい。」

■ スペック
・MDF12mm カット一式15 枚(フロントバッフルおよびサブバッフルには丸穴加工済)
・サイズ :W160×H270 ×D252mm(端子含まず)

■ 付属品
・ターミナル:2個
・スピーカー配線コード:4本
・ターミナル用止めネジ:4本
・バッフル取付け用ネジ:8本
・吸音材:ウレタン1枚

■ 特典
[ フォステクス 10cmフルレンジ P1000(計2個) ]
・形式:10cmコーン形フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:90Hz
・再生周波数帯域:f0~16kHz
・出力音圧レベル:88dB/w(1m)
・入力(NOM):12W/m0 3.3g/Q0:0.8
・実効振動半径/4.0cm
・マグネット質量:103g
・総質量:303g
・バッフル穴寸法:Φ94mm

サブウーファー・キット P1000SW(10cm スピーカーユニット付き)
▼単体販売 11,000円(税込11,880円)
「 P1000SW-LR」として使用する場合
https://ontomo-shop.com/?pid=139622014

▼ペア販売 22,000円(税込23,760円)
「P1000SW-S」「P1000SW-D」「P1000SW-P」として使用する場合
https://ontomo-shop.com/?pid=140374609


デジタルアンプ LXA-OT1

チャンネルデバイダーにはアンプが必要ですが、これなら完成基板で手軽にすぐに使えます。

スイスのSTマイクロ社製高音質デジタルアンプIC、TDA7491HVを採用しています。パワーアンプ部の+側、-側を逆相で駆動するBTL出力により、一般家庭で使用するに充分な 5W×2(8Ω)の最大出力です。再生周波特性はデジタルアンプの特長でもある高域の伸長により40kHzまで再生可能です。また、組立も透明カバーと支柱をデジタルアンプ基板の4隅にネジ留めするだけで完成です。

■ スペック
本体基板 LXA-OT1
・最大出力:5W × 2(8Ω)
・再生周波数特性:10Hz~40kHz(+0、-3dB)
・歪み率:0.5%(1kHz/1W)
・SN比:90dB(IHF-A)
・電源電圧:12V(専用ACアダプター)
・基板の大きさ:94W × 40H ×92D mm
・重さ:74g

■ 付属品
・専用ACアダプター
・透明カバー
・自立用支柱(20mm×4本)
・ネジ(4本)

▼ デジタルアンプ LXA-OT1(ラックスマン製)
https://ontomo-shop.com/?pid=99336893

秋葉原 コイズミ無線「最新作バックロードホーン 4種の公開試聴会」のお知らせ

7月19日(木)の発売が迫ってきた Stereo 編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」の発売に合わせ、誌面で紹介されている4人の作者の最新作を、秋葉原のコイズミ無線にて、二回にわたり作者自身の解説付きで試聴します。各日で解説者・紹介作例が異なりますのでご注意ください。

■ コイズミ無線「最新作バックロードホーン4種の公開試聴会」

<第一回 7月21日(土) 13:00~15:00> 講師:小澤 隆久 氏、浅生 昉 氏

・小澤 隆久氏 作:「スーパーバイエル」
FE126En使用、トールボーイ形 。

・浅生 昉氏 作:「ASB852WK」
FF85WK2個縦使い、スリムな形状のトールボーイ形。

<第二回 8月4日(土) 13:00~15:00 > 講師:炭山 アキラ 氏、生形 三郎 氏

・炭山 アキラ氏 作:「シュモクドリ」
FE126En使用、鳥形バックロードホーン 。

生形 三郎氏 作:「RBH-04 和三盆(わさんぼん)」
FE108EΣ使用、独自の逆スパイラル型。

・入場無料
・会場:コイズミ無線 本店
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階
TEL:03-3251-7811

 


MOOK誌面では、ここに紹介した4作例のそれぞれの
板取り図、組立て図などの詳細に加え、
各人のバックロードとの思い出話などを盛りだくさんで掲載!

 

 

 

Stereo 編 ONTOMO MOOK
バックロードホーン・スピーカーをつくる!

【定価】 1,512 円 ( 本体1,400 円)
【判型・頁数】 B5・136頁
【発行年月】 2018年7月
【ISBNコード】 9784276962835
【商品コード】 962830

≫ ご注文はこちらから

 

スピーカーシステムのエンクロージュア(キャビネット)の一方式であるバックロードホーン型。故・長岡鉄男氏が自宅のリファレンススピーカーに採用したことのある方式で、スピーカーユニットの性能を発揮させ、多くはハイスピードなサウンドが得られるとされています。

市販スピーカーシステムの多くはバスレフ型や密閉型が採用されていますので、このバックロードホーン型のサウンドを得るには自作するしかほぼありません。本書では自作するに必要な仕組みや設計法などを炭山アキラ氏が紹介しています。また設計からのチャレンジだけでなく、D-101SスーパースワンやD-58ES、D-77などの長岡鉄男氏の設計した傑作バックロードホーン・スピーカー図面も掲載しました。

また、クラフト系評論家4氏による競作や市販キットも紹介していますので、設計に自信がなくても、ご自身の工作レベルに合わせた作例を選んで自作することができます。ぜひ、バックロードホーン・サウンドをその手に!

【内容】

・バックロードホーン・スピーカーに魅せられた男
 大井剛史さん(指揮者) / 柄沢伸吾さん(KS-Remasta代表)

・バックロードホーン型の仕組みと設計法 【炭山アキラ】
[基礎編]バックロードホーン・スピーカーの歴史や仕組み・構造、そして設計法を知る
[実践編]性格の異なる2つのユニットのBH型エンクロージュアの設計・製作

・評論家4名による競作 
これがオレのバックロードホーン・スピーカーだ!!
浅生 昉「ASB852WK」 /  炭山アキラ「シュモクドリ」 /
小澤隆久「スーパーバイエル」 / 生形三郎「RBH-04 和三盆」
完成お披露目試聴会 ~オレのが一番!

・バックロードホーン・スピーカー
 キットで挑戦!! 【小澤隆久】

・長岡鉄男、バックロードホーンの歴史 
長岡鉄男

・傑作バックロードホーン・スピーカー図面集

[ 長岡鉄男 設計編 ]
D-150 モア/D-3MKⅡ/D-10 バッキー/D-37/D-57/D-58ES/D-77/D-83 フラミンゴ/
D-88 スーパーフラミンゴ/D-100/D-101 スワン/D-101a スワンa/D-101S スーパースワン/
D-102MKⅡ/D-103 エスカルゴ/D-108 コブラ/D-121/D-164/D-168 スーパーレア/RD-
10 スーパータワーリング・インフェルノ
[ 炭山アキラ氏による長岡作品解説 ]
[ 浅生 昉 設計編 ]

・バックロードホーン・スピーカー向け 
フォステクス製フルレンジ・ユニットの歴史
【佐藤勇治(ワイエス クラフト)】

・バックロードホーン・スピーカーならこれを聴け!! 
【炭山アキラ】

執筆者によるスピーカー競作イベントのお知らせ

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

「Stereo」2017年10月号で紹介された「<特別企画> サブロク1枚で対決!~本誌筆者によるスピーカー競作2017」より、浅生 昉氏作「AS1082HSD」と、佐藤勇治氏作「Shuttle88」の試聴会を行います。

それぞれのこだわりと制作秘話なども聞けるこの機会、皆様のご来場をお待ちしております!

■ 試聴作品
・浅生作品「AS1082HSD」:トールボーイ形バスレフシステム(FW108HS×2+FT28D)を使用
・佐藤作品「Shuttle88」:8cmフルレンジ+16cmサブウーファーの2段重ねタイプ(FE88-Sol+FW168HS)を使用

「STEREO誌 執筆者によるスピーカー競作(1)」
・日時:2017年11月25日(土) 13:00~15:00
・講師:浅生 昉 氏 / 佐藤 勇治 氏
・入場:無料、入退場自由
・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階)
・アクセス:JR「秋葉原」駅より徒歩約6分、東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩約2分
※専用の駐車場はございませんので、公共交通機関または有料駐車場をご利用ください。