生形三郎氏設計「FE208-Sol」のバックロード 試聴会のお知らせ

「Stereo」12月号掲載の連載記事「Audio Explorer(オーディオエクスプローラー)」で紹介された、フォステクス製 20cmスーパーフルレンジユニット “FE208-Sol” を使用した 生形三郎氏設計のバックロードホーンスピーカーの試聴会を、来たる2017年12月9日(土)に東京のフォステクス二子玉川ショールームにて行います。

12mm厚のサブロク6枚にも及ぶ大作!当日は、製作者でもある生形氏のトークを交えて実際に音を鳴らします。大迫力のサウンドを、是非ご堪能ください。

■ バックロードホーン仕様
・スロート面積:208㎤
・空気室容量:約11.5L→(約9.5L)
・ホーンクロスオーバー周波数:200Hz
・広がり係数:0.93
・ロード長:約240㎝
・開口面積:約800㎤→(約1770㎤)
・板厚:t12

11月20日更新

■ 生形三郎氏設計バックロードホーン試聴会
※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!

・開催日時:2017年12月9日(土) 14:00~16:00
・入場:無料
・会場:フォステクス二子玉川ショールーム
〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-9-3
・アクセス:東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅より徒歩約2分
※専用駐車場はございませんので、公共交通機関か最寄の有料駐車場をご利用ください

秋葉原 コイズミ無線に 浅生昉氏設計「ASB2081Sol」来たる!

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!
___________

20cmフルレンジのウルトラスーパーモデルFE208-Sol(フォステクス製)」を使用するバックロードホーン「ASB2081Sol」の試聴会が、秋葉原コイズミ無線 本店で行なわれます!

当日は、「Stereo」11月号に掲載された浅生氏の「ASB2081Sol」のほか、フォステクスカンパニーが販売したバックロードホーン型スピーカーボックス 「BK208-Solの試聴を予定しており、しかもそのそれぞれに限定発売ユニット「FE208-Sol」を取り付けて試聴。 いずれにもT90A-Super(フォステクス製 ホーンスーパートゥイーター)」を追加します。

最新強力フルレンジ・ユニットの迫力をお楽しみいただけたらと思います。是非足をお運びください!

コイズミ無線試聴会FE208-Solを聴く(Ⅲ)

・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
・日時:2017年10月28日(土) 13:00~15:00
・講師:浅生 昉 氏
・参加費:無料

■ 紹介システム

・ASB2081Sol バックロードホーンシステム
・BK208-Sol バックロードホーン型スピーカーボックス