Stereo 6月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:小峰崇城さん
「『私は舶来品主義者です。オーディオは聴いて買うより見て買う。使っていないけど眺めて持っているのがいい』。古陶磁を愛でるみたいなことをオーディオと重ね合わせるのはちょっとねえといった感情が、そこで湧かなかったといえばウソになる。しかし後にこの発言の主、小峰崇城さんはそれがまったくイヤミじゃないレベルにまで達していることを知った。…」

新連載「クラフトヴィンテージ」スタート

Stereo6月号で新連載スタートとなりました「クラフトヴィンテージ」。この連載は、主にドイツ系のヴィンテージをセンス良くアレンジして販売する「ヴィンテージ・ジョイン」の店主キヨトマモル氏による、通常のオーディオクラフトとは異なるアプローチで、部屋に置いておきたいデザイン、心地よいサウンド、作りやすさなどを重点にした新感覚オーディオクラフトのページになります。今後も、いつもと違った視点でオーディオを楽しんでみませんか?
以下、第一作目の「エジソン・ホーンスピーカー」で実際に再生してみました。

パーツはヴィンテージ・ジョインのホームページ内でも販売しています。
今後も乞うご期待!

Stereo 5月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:牧野茂雄さん
「『うわ、写欲をそそられる部屋ですね』とカメラマンはフィギュアスケートをするみたいに中央でぐるりと回転し、『いいなあ』『いいなあ』と編集者は連呼し、『これはまさにコックピット・オーディオです』とぼくは声高に言い放った。まずは座ってみてくださいと牧野茂雄さんは、ぼくが言うところの操縦席を指さした。腰かけてみると胎内に回帰したようになんだか落ち着く。…」

Stereo 4月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:本多貞夫さん

「昨年夏、モノーラル・レコードをかけるイベントに顔を出した時、偶然ぼくの正面に座ったのが本多貞夫さんだった。ここはミュンヘンのビアホールかと思うほど空き瓶を転がしていたが、レコードの話になると『つい買っちゃうんですよねえ、いいですよね』としみじみとした口調で大好きな英国ブルース・ロックのことを話してくれた。…」

 

貴重な資料満載の音楽ソフト・リリース情報!

T・E・N・Tレーベル 30th Anniversary ②

「YUKIHIRO TAKAHASHI IN T.E.N.T YEARS 19851987」

YUKIHIRO TAKAHASHI

 

 

 

 

 

 

2015年3月16日発売
PCBP.62200 ¥9,800(本体)+税
発売元:ポニーキャニオン

1985年にY.M.O.散開後の高橋幸宏と鈴木慶一(ムーンライダーズ)により設立されたT・E・N・Tレーベルの30周年を記念して、2015年10月に発売の「THE BEATNIKS 19812001」に続き、同レーベルを象徴する存在である高橋幸宏の映像・音楽・書籍をセットにしたボックス企画。70年代から80年代へと大きく変化を遂げていく日本のミュージックシーンを牽引した高橋幸宏のアルバム3枚とシングルをハイレゾアップコンバートによるデジタルリマスター。「ONCE A FOOL,…」(1985) 「…ONLY WHEN I LAUGH」(1986)。「ONCE A FOOL,…」には、未発表の1985年のライブ音源より「MURDERED BY THE MUSIC」「MAJI」「CUE」の 3曲をボーナストラックとして初収録。(「MAJI」は未発表曲で初音源化)さらに山本耀司のパリ・コレクションのサントラ「La pensée」を収録。映像としては、未DVD化のライブ映像「高橋幸宏ジャパンツアー1986YT」及び、未発売の1985年のライブ映像を収録。高橋幸宏ロングインタビューやメモラビリア満載の72Pブックレット入りの豪華ボックス!!

〈収録内容〉
【CD】
MASTERED BY Seigen Ono (SAIDERA MASTERING)

「ONCE A FOOL,…」1985年 オリジナルアルバム

「・・・ONLY WHEN I LAUGH」1986年オリジナルアルバム

「STAY CLOSE」1986年シングル~ Yukihiro Takahashi and Steve Jansen ~

「La Pensée」高橋幸宏 山本耀司 ~1987年 山本耀司のパリ・コレクションのサウンドトラック~

【DVD】
「高橋幸宏ジャパンツアー1985」(初商品化)
「遥かなる想い」「冬のシルエット」「Providence(素晴らしき幻想)」
「仕事を終えたぼくたちは」「今日の空」「SAILOR」
「高橋幸宏ジャパンツアー1986YT」(初DVD化)
「Episode’87」「Life Like a River」「Camp」「夢からさめたら(天使がそこにいた)」「Moonlight Feels Right」「Solution」
「Providence」「Stay Close」「Weekend」「今日の空」
「STAY CLOSE」(CDV作品 初DVD化)
「WEEKEND」(PV 初商品化)

貴重な資料満載の音楽ソフト・リリース情報!

T・E・N・Tレーベル 30th Anniversary ①

「MOONRIDERS IN T.E.N.T YEARS 19851986」

2015年3月16日発売
PCBP.62185 ¥9,800+税
発売元:ポニーキャニオン

1985年にY.M.O.散開後の高橋幸宏と鈴木慶一(ムーンライダーズ)により設立されたT・E・N・Tレーベルの30周年を記念して、2015年10月に発売の「THE BEATNIKS 19812001」に続き、当時レーベルに所属し、その中核をなしたムーンライダーズの、映像・音楽・ブックレットのボックス企画。70年代から80年代へと大きく変化を遂げていく日本のミュージックシーンにおいて、常に実験的であり、最先端であり続けたムーンライダーズが同レーベルに残したオリジナルアルバム3枚と、お宝映像を収録。2016年はデビュー40周年という節目であり、その足跡を伝える貴重な資料満載のボックスとなります。BEATNIKS に続き、Seigen Onoのハイレゾアップコンバートによるデジタルリマスター音源収録。また、「WORST OF MOONRIDERS」には、1986年FM東京ホールでのライヴ音源6曲、ボーナストラック初収録。フジテレビ「LIVE JACK」出演時の超お宝ライヴ映像を初商品化!!

 

〈収録内容〉

【CD】

ハイレゾアップコンバートによる最新デジタルリマスター・ボーナストラック多数収録 紙ジャケ仕様
MASTERD BY Seigen Ono (SAIDERA MASTERING)

「ANIMAL INDEX」 1985年 オリジナルアルバム
~VIDEO『DREAM MATERIALIZER』よりのボーナストラック4曲収録~

「THE WORST OF MOONRIDERS」 1986年 ライブアルバム2枚組
~既発の商品とボーナストラック変更。新たにLIVE AT FM東京ホール 1986.6.27 ライヴ音源6曲初収録~

「DON’T TRUST OVER THIRTY」 1986年 オリジナルアルバム
~夏の日のオーガズム他ボーナストラック3曲収録~

【DVD】
「DREAM MATERIALIZER PLUS」
DREAM MATERIALIZER 86年のライブ映像にドキュメンタリーを加えた映像 43分

「LIVE JACK」(1987)
「DON’T TRUST OVER THIRTY」期のフジテレビ音楽番組のライヴ映像。初商品化。

「DON’T TRUST OVER 30」「何だ?この、ユーウツは!!」「だるい人」 (C)フジテレビ

「毛ぼうし」(1997) 原案=糸井重里 脚本・監督=岩井俊二
未DVD化の短編映画を収録 16分

【BOOK】
ムーンライダーズ40th Anniversary (72P) メンバー全員のインタビューや資料写真など満載

【EXTRA】
「夏の日のオーガズム」レプリカジャケット

Stereo 3月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:内田正久さん
「内田正久さんがいま住んでいる逗子の実家は、築90年以上の日本家屋。関東大震災の後に建てられた家らしい。庭からして文豪が逗子に建てた別荘というような風情があった。システムが置かれた二間続きをオーディオルームと呼ぶのもいささか抵抗がある。オーディオがすっかり空間に溶け込んでいて、レトロモダンな情緒をつくっている様子なのだ。…」

Stereo 2月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:炭山アキラさん

「オーディオ各誌に執筆している炭山アキラさんだが、話しっぷりがざっくばらんで接していて肩が凝らない。だから一軒家を買いオーディオルームも広くなったと聞いて、伺ってみたくなった。自作派として知られる炭山さんのスピーカーにも興味がある。オーディオ評論家を訪ねるというのではなく、いつものとおりマニアな人へ加トちゃんのように「あんたも好きね~」と謹んで申し上げたい。…」