第5回 acoustic audio forumのお知らせ

第5回 acoustic audio forum 開催のお知らせ

防音・音響・建築・内装のコンサルティング・設計施工会社である ㈱アコ-スティックデザインシステムが主催するオーディオ&音楽を愉しむ視聴会 acoustic audio forum。5回目となる今回は、タワーレコードが復刻した数々の廃盤・貴重盤にスポットを当てる。

日時:12/20(金)  午後18:00~開場/19:00~開演

会場:アコースティックエンジニアリング・ショ-ル-ム
東京都千代田区九段北2-3-6

解説: 麻倉怜士氏

テーマ: タワーレコ-ド自主製作名盤を愉しむ会

使用機器:
スピ-カ-/B&W 805Diamond  
アンプ/OctaveV110

SACD・CDプレ-ヤ-/現在調整中

ゲスト:北村晋氏(タワーレコード商品本部洋楽2部クラシック・バイヤー)

主催者から一言
大手レコード会社は売れ筋しかリリースしない。スター級のアーティストや話題盤に限定され、一定の期間が過ぎると廃盤になり、入手できなくなる。しかし、音楽ファンはもっとディープな、ロングテールな音源が聴きたい……。そんなニーズに応えるべくタワーレコードはパッケージの自主制作活動を熱心に繰り広げている。
廃盤や休眠盤をレコード会社と交渉し、再プレス、「タワー独自企画盤」として全国のタワーレコード店とオンラインで販売。商品化の際は、長く手元に残しておきたいパッケージにすべく、ジャケットは初出時のオリジナル・デザインを採用。
これまで約700種のアイテムをリリースしている。大手メジャーの廃盤シリーズはもちろん、名指揮者・山田一雄/日フィルのライヴ作品、レコード頒布会コンサートホール・ソサエティ音源シリーズなど、音楽的な観点からも、大いに注目される。
しかも、単に昔の音源を今に復刻するだけではなく、最新のマスタリング技術により、当初の音質を革新(コンサートホール・ソサエティ音源が圧倒的な高音質で蘇った)、SACDハイブリッド盤でもリリース……と、マニア心をくすぐる仕掛けも豊富だ。
北村氏のお話が楽しみだ。

予約・問い合わせ先
担当:伏黒〈フシグロ〉TEL 090-8462-3021まで

2014年2月号付録CD概要

2014年2月号付録  The Ultimate Audio Check CD 2014 『究極のオーディオチェックCD 2014 目指せ! 原音再生』

2014年2月号付録 
The Ultimate Audio Check CD 2014
『究極のオーディオチェックCD 2014 目指せ! 原音再生』

コンセプトは“原音再生”

原音再生というサブタイトルの通り、楽器そのものの音をしっかり再生できるように考えて構成されたこのディスクの録音は、生形三郎氏が行いました。録音場所は半無響室(壁や天井に特殊な吸音処理を施し、ほとんど響きがない部屋)を選定しています。そして、収録方式もワンポイントステレオ録音を採用しました。再生機器の性能差が如実に表れる方式でチェックCDとして最適な方式です。

全て新規録音で構成されるこのディスクの総収録時間は60分超、ボリューム満点の内容です。

●半無響室での録音
アコースティック楽器(ヴァイオリン、チェロ、サックス、ドラムセット)を録音しています。それぞれのソロ楽器演奏に加え、トリオアンサンブル曲も収録。

●パイプオルガンの録音
本誌特選盤でも紹介されたCD『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』の評価も高い塚谷水無子氏による演奏です。多数の音色を持つパイプオルガンの魅力を伝えるために複数の曲を収録しました。曲の途中で音色を変化させての演奏もあります。

●フルオーケストラの録音
多数の楽器が重なり、解像度が試されるフルオーケストラも2曲収録しています。こちらもワンポイント方式で新たに録音を行いました。

●生録
普段、良く聞いている音でもチェックできるように「雨の音」、そして、「踏切交差点の喧騒音」を収録しています。

●各種信号音
チェックCDとしての使い勝手を考えて、チャンネルチェック、スウィープ信号などによるチェックトラックももちろん収録しています。

ステレオ2月号は1月18日(土)発売です。

LXA-OT3詳報8

アンプICのゲイン変更

LXA-OT1ではゼロ抵抗を付け替えてアンプICのゲイン設定を変更していましたが、LXA-OT3では方法が少し変わりました。
Z011
基板表面、アンプIC横の抵抗R17、R20を外します。ここまではOT1と同様です。

Z007のコピー
基板裏面のSW1~SW4の2つをショートします。
20dB:SW1, SW3
26dB:SW2, SW3
30dB:SW1, SW4
32dB:SW2, SW4
初期設定は26dBです。

イベント情報 on and onが提案するリビングシアター

「on and onが提案するリビングシアター」

ディナウディオ・ジャパンが運営する
ショールーム&ショップのon and onでは
家電メーカーの東芝と協力して
話題の4Kテレビ東芝レグザとDYNAUDIOのスピーカーとの
組合わせによる視聴商談会を開催する。

日時:12/5(木)~12/8(日)
   11:00~19:00(日・祝18:00まで)

※来店には予約等は不要。

12月7、8日はレグザZ8Xシリーズ58/65/84インチがそろい踏みで、
DYNAUDIOスピーカーと組み合わせた各種シアターを体感できる他、
8日はレグザ&DYNAUDIOシアターの特別セミナーを随時開講予定。

音にこだわるのはもちろん、
アナログプレーヤー、ネットワークオーディオなども用意して
アナログからデジタルまでリビングでどこまで楽しめるか、
参加者とともに楽しみながらチャレンジしていきたいとのこと。

ご質問、お問い合わせ先は
on and on
TEL03-3537-7761
火・水定休 11:00~19:00(日・祝18:00まで)