オンラインショップ「ONTOMO Shop」新商品のお知らせ

オンラインショップ「ONTOMO Shop」では Stereo とのコラボ企画商品を好評発売中です。Stereo 編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」特別付録の『フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー』の発売に合わせ、サブウーファー用チャンネルデバイダーと組み合わせて使える商品をご用意しました。


サブウーファー・キット P1000SW

佐藤勇治(ワイエスクラフト)氏が作例として設計した「サブウーファー・キット P1000SW」を、板厚9mmから12mm厚に調整し、より力強い低音を目指したキットです。ドライバーとボンドがあれば組み立て可能なので、初めてのサブウファー購入をお考えの方はもちろん、さまざまな使いこなしを試したい方にもお勧めです。

設計者でもある佐藤勇治氏は、下記のように評価しました。
「トランジェントが良く豊かで低いレンジまで伸びた低音は、メインスピーカーの素性の良さを損なうことなくごく自然に低音増強ができるのだ。4タイプそれぞれに持ち味があるので音の好みにより使いこなしを楽しめる。また、オリジナルの設計に対し板厚UPがなされ、より剛性の高いエンクロージュアに仕上られている。組み立ては側板の補強桟とバッフル板の取付け精度が重要で、隙間のない密閉箱に組み立てることが大切だ。吸音材をフェルトなどに変えるとSN感もより向上するだろう。バスチャンデバとの組み合わせによるバスシステムを、ぜひ楽しんでいただきたい。」

■ スペック
・MDF12mm カット一式15 枚(フロントバッフルおよびサブバッフルには丸穴加工済)
・サイズ :W160×H270 ×D252mm(端子含まず)

■ 付属品
・ターミナル:2個
・スピーカー配線コード:4本
・ターミナル用止めネジ:4本
・バッフル取付け用ネジ:8本
・吸音材:ウレタン1枚

■ 特典
[ フォステクス 10cmフルレンジ P1000(計2個) ]
・形式:10cmコーン形フルレンジ
・インピーダンス:8Ω
・最低共振周波数:90Hz
・再生周波数帯域:f0~16kHz
・出力音圧レベル:88dB/w(1m)
・入力(NOM):12W/m0 3.3g/Q0:0.8
・実効振動半径/4.0cm
・マグネット質量:103g
・総質量:303g
・バッフル穴寸法:Φ94mm

サブウーファー・キット P1000SW(10cm スピーカーユニット付き)
▼単体販売 11,000円(税込11,880円)
「 P1000SW-LR」として使用する場合
https://ontomo-shop.com/?pid=139622014

▼ペア販売 22,000円(税込23,760円)
「P1000SW-S」「P1000SW-D」「P1000SW-P」として使用する場合
https://ontomo-shop.com/?pid=140374609


デジタルアンプ LXA-OT1

チャンネルデバイダーにはアンプが必要ですが、これなら完成基板で手軽にすぐに使えます。

スイスのSTマイクロ社製高音質デジタルアンプIC、TDA7491HVを採用しています。パワーアンプ部の+側、-側を逆相で駆動するBTL出力により、一般家庭で使用するに充分な 5W×2(8Ω)の最大出力です。再生周波特性はデジタルアンプの特長でもある高域の伸長により40kHzまで再生可能です。また、組立も透明カバーと支柱をデジタルアンプ基板の4隅にネジ留めするだけで完成です。

■ スペック
本体基板 LXA-OT1
・最大出力:5W × 2(8Ω)
・再生周波数特性:10Hz~40kHz(+0、-3dB)
・歪み率:0.5%(1kHz/1W)
・SN比:90dB(IHF-A)
・電源電圧:12V(専用ACアダプター)
・基板の大きさ:94W × 40H ×92D mm
・重さ:74g

■ 付属品
・専用ACアダプター
・透明カバー
・自立用支柱(20mm×4本)
・ネジ(4本)

▼ デジタルアンプ LXA-OT1(ラックスマン製)
https://ontomo-shop.com/?pid=99336893

サブウーファー用チャンネルデバイダーが付録! 「これで決まる! 本物の低音力」

Stereo 編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」
特別付録:フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー
≫ お買い求めはこちらから!

【定価】 9,180 円 ( 本体8,500 円)
【判型・頁数】 B5・24頁
【発行年月】 2019年2月
【ISBNコード】 9784276962897
【商品コード】 962890


オーディオには、「いじる」楽しさもあるんです!
思い通りにコントロールできる自分だけのBASSシステムをつくろう!

「オーディオも、デジタル時代になって、いじれる所が少なくなった」とお嘆きのファンもおられるでしょう。本書の付録は、フォステクス製の「サブウーファー用チャンネルデバイダー」です。

この“BASS Channel Divider”は、低音用に特化したチャンネルデバイダーで、200Hz以下の低域信号を抽出・コントロールする機器。メインのスピーカーシステムに対し低域を増強・拡張するために用いる一般的な機器はアクティブ型サブウーファーで、スピーカー部分とアンプ部分が一体で構成されています。

この“BASS Channel Divider”は、低域信号の抽出とコントロールを行なう機器で、サブウーファーに用いるアンプ部分やスピーカー部分を自由に組み合わせることができるのがポイント。アンプ部分はステレオ誌付録アンプでも、強力パワーアンプでも、スピーカー部分も、弊社既刊付録ユニットで製作したスピーカーから大口径ウーファーユニットを使って自作した大型スピーカー、はたまた既存のスピーカーシステムなども組み合わせることができますから、お仕着せシステムではない「自分だけのBASSシステム」をつくることができます。またサブウーファーのコントロール部が独立した本付録は、操作が容易で調整がしやすく、簡単にサブウーファー帯域を付けたすことが可能で、コンパクトながら高機能。使い方や組合せ例は本書で紹介しています。本書で「いじるオーディオの楽しさ」を再発見しませんか。

※バスチャンデバについて詳しくは「こちら」
(本誌の7ページ目を抜き出したもので、ご質問の多い内容をまとめたページです。PDFファイルで開きます。)

[目次]
・付録「サブウーファー用チャンネルデバイダー」使用上の注意
・ 開発関係者に聞く サブウーファー用チャンネルデバイダー “BASS Channel Divider” とは?
(三井 宏 [フォステクス カンパニー]/佐藤勇治[ワイエスクラフト]/きき手・まとめ:生形三郎)
BASS Channel Divider Q&A (回答:佐藤勇治[ワイエスクラフト])
・BASS Channel Dividerを使ったBASSシステム構成例 ~BASS Channel Dividerとの組合せを探る
(生形三郎)
・サブウーファー用のスピーカーを新たに用意する ~市販品から自作スピーカーまで
(佐藤勇治[ワイエスクラフト])
・バスチャンデバを本格大型システムに組み入れる ~自作の達人の使い方
(炭山アキラ/生形三郎)

≫ お買い求めはこちらから!


≪ お詫び ≫
ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」の18ページ左上の写真説明文に、誤解を招きやすい表記がありました。ユニットの FK10W コイズミ無線様が販売されていますが(税込定価4,500円/1本)、P1000SW-P についてはコイズミ無線様では販売しておりません(P1000SW-P ONTOMO Shopにて販売しております)。お詫びいたします。

【イベント情報】2/16「オントモムック新刊に付属されるBASS Channel Dividerのお披露目」(コイズミ無線)

Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる!本物の低音力」の2月19日(火)発売に先駆け、来たる2月16日(日)に 特別付録『フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー(バスチャンデバ) 』の お披露目を行います。 ムック本誌に掲載のスピーカーシステムとサブウーハーの他、新製品FE168NSも使用し、 バスチャンデバの活用方法を詳しく解説いたします。

登場作品
  • BASS Channel Divider (バスチャンデバ)
  • SW108HS(FW108HS密閉サブウーハー作例)
  • P1000SW(P1000を使用したサブウーハー作例)
  • FW168HS+BK165WB2の組み合わせ
  • PM-SUB8
  • FE168NS+BK165WB2の組み合わせ
  • 2018年オントモムック付録スピーカー(OM-MF5+エンクロージュアキット)

※本イベントはコイズミ無線主催のイベントです。お問い合わせは下記までお願いします。

「オントモムック新刊に付属されるBASS Channel Dividerのお披露目」

■ 開催日時:2019年2月16日(土) 13:00~15:00
■ 会場:コイズミ無線 本店((東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階 TEL:03-3251-7811)
■ 講師:佐藤 勇治 氏 (ワイエス クラフト)
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年1月号、好評発売中!

■ Stereo 2019年1月号

【特別定価】¥1,200 (税込)
【判型】B5
【発行】2018年12月
【商品コード】051901

本誌のお買い求めは こちらから


【特集】デザインするオーディオ

・なんてったってデザインが好きなのだ(田中伊佐資)
・我が愛しのデザイン、忘れられないコンポ
(山之内 正/鈴木 裕/生形三郎/岩井 喬/上田高志/編集部)
・コレクターズ・チョイス ヒストリカル・デザイン・オーディオ(キヨトマモル)
対談 オーディオの音とデザインの調和は可能か
~格好のよいコンポが欲しい(潮 晴男 × 土方久明)
コラム オーディオデザイナーは語る「必要な条件が形に反映されるレコードプレーヤーやアームのデザインが楽しい」(47研究所 木村準二)
特別企画 ビートルズプレーヤーってどうなの?
ー ジャケ論 レコード・ジャケットデザインの変遷~(植村和紀)
ー ビートルズプレーヤーってどうなの?(植村和紀×田中伊佐資)

第2特集】アナログ音質アップ大作戦

・窮極の音質チューニング analogmagikでセットアップはここまで追い込める(鈴木裕)
・最新アナログアクセサリー徹底検証(林正儀)
1.ヘッドシェル:ポイントは素材と重さ
2.アースケーブル:高級素材が続々投入
3.リード線:微小ながら決定的効果
4.フォノケーブル:線材、構造。百花繚乱
5.除電・消磁:レコード盤の大敵に備える

短期集中特集】

■ もっと低音を!第4回 サブウーファー専用スピーカーを用意する(ワイエスクラフト 佐藤勇治)
ーサブウーファーにはどんなスピーカーがいいのか
ー既存のスピーカーシステムをサブウーファーとする場合
ーサブウーファー専用のものを用意する場合
ー試聴
※ 誌面で紹介した BASS Channel Divider は、2019年2月19日発売の Stereo編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」の特別付録です。

■ バスレフ型禁止のスピーカー競作2018・製作記(3)(生形三郎)
目指せ、ハイエンド機のクォリティ 木工の心得がなくともリファレンス音質は譲れない!
「STB-1 “Mont Blanc” 製作記」


Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ アナログプレーヤー ] ラックスマン PD-151
・[ SACDプレーヤー ] エソテリック K-07Xs
・[ プリ・メインアンプ ]デノン PMA-800NE
・[ プリ・メインアンプ ]オーラ vita Premium Black Edition
・[ プリ・メインアンプ ]アキュフェーズ E-480
・[ スピーカーシステム ]クリプトン KX-3Spirit
・[ スピーカーシステム ]JBL L100 Classic


注目製品ファイル

・[ プリアンプ ] ヤマハ C-5000/M-5000(小林貢)
・[ プリ・メインアンプ ] ヘーゲル H190(井上千岳)
・[ フォノイコライザーアンプ ] オーロラサウンド Vida Prima(鈴木裕)
・[ スピーカーシステム ] エラック Vela FS407(小林貢)
・[ スピーカーシステム ] モニターオーディオ Studio(井上千岳)
・[ スピーカーシステム ] ファインオーディオ F502(林正儀)

・アクセサリーファイル

[ MC昇圧トランス ]オーディオテクニカ AT-SUT1000シリーズ(岩井喬)

・新商品ニュース(峰尾昌男)


新連載

・俺流スピーカー!邪道を往く(アクロージュファニチャー × 編集部)
・カートリッジ物語・スペシャル企画 カートリッジ偉人伝 第1回「海老沢 徹」(井上千岳)

連載

・ サウンドフォーカス ~音楽とオーディオが出会う時/
「THE STELLAR NIGHTS GRAND ORCHESTRA = 星降る夜はオーケストラ」吉田 健・奥村 愛
(生形三郎)
・ 音の見える部屋 オーディオと在る人 第84回 兵庫編(1) 今月の人:古城資久さん(田中伊佐資)
・ いい音いい場所いいお店「Jammin’」(上田高志)
・ カートリッジ物語「音溝のマイスター列伝」/第16回「デノン」(井上千岳)
・ オーディオクラフト予告編:新登場 フォステクス FE168NS
・この音を聴け! 今月の変態ソフト選手権(炭山アキラ+高崎素行)
・楽しいポップ・ロック再生! イワタ塾(岩田由記夫)
・どう聴けばいいのか?MQA-CD(土方久明)
・使い方を知る~オーディオの新常識~「アクセサリー試聴会」(福田雅光)
・火の鳥電機「ランプのLED化」(峰尾昌男)
・音溝に刻まれた昭和流行歌史「ビクターの草創期」(篠田寛一)
・オーディオを科学する「TIASの厳選注目モデル」(柴崎 功)
・テラシマ円盤堂(寺島靖国)
・ヴィニジャン~アナログの壺~「2018年散財白書」(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ「真空管ハイブリッド・プリメインアンプ用電源フィルターの制作」(キヨトマモル)
・編集部へのお客様
トライアングル顧問 Derek W. Cheng デレク W.チェン (小林貢)
アバンギャルド国際セールス Jerome Andre ジェローム・アンドレ(林 正儀)

不定期連載

・家庭音楽再生機への招待「ラックスマンの真空管セパレートアンプ」(生形三郎)


ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正二)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)


Stereo TOPICS

・「ベルリン・フィル・レコーディングスが2018年秋・冬のリリースを発表」


注目記事

■ 緊急企画!  あのGuitar magazineが、(お土産片手に)試聴室にやってきた!!
■ ステレオ時代@Stereo試聴室~試聴室に充満するセクシーボイス(藤木TDC)
■ ONTOMO Shop商品のルーツを求めて
新日本無線(JRC)訪問記~小さなデバイスがもたらす大きな変化!~
■ 2018年度(56回) レコード芸術 レコードアカデミー賞総評 受賞ディスク一覧

■ 音の余白に(岩出和美)
■ 今月のSACD~復刻盤編 (岩間哲男)

■ マークオーディオ専任デザイナー Dr.スコットが新商品2機種を解説!
第2回「コンパクトフロアスタンド」

※ オンラインショップ ONTOMO Shopにて予約受付中の「コンパクトフロアスタンド」解説

■ 次号予告
■ BOOKS
■ TOWN INFORMATION(オーディオ・トピックス・放送)


編集部だより

オーディオとは、生活空間を豊かにするものです。

趣味としてのオーディオはつい音質の面ばかりが語られることが多いものですが、今回はあえてオーディオをデザインから捉えてみました。あくまで私見ですが、デザインのいいオーディオって見てるだけでも楽しめるし、音が多少ショボくても許せるものです。ステレオ的な感性でデザインから捉えた時、今までにあまり知られてこなかった、新たな名機がほんのり浮き彫りとなりました。

真剣に音質にのめり込むのもいいですが、たまにはこういうのもどうでしょう?

>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから

【イベント情報】 audiounion DAY vol.6 で鳥型バックロードホーン「シュモクドリ」が鳴く!

Stereo編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」で紹介された鳥型バックロードホーン・スピーカー『シュモクドリ』。設計者である炭山アキラ氏自身の解説で試聴会が開催されます。当日は併せてフォステクスの新製品アクティブ・サブウーファー CW-200D を使用し、サブウーファーの使い方についても解説していただきます。

当日は秋葉原にて「真空管オーディオフェア」も行われますが、会場より歩いて行ける距離での開催ですので、是非足を運んでいただき、12cmユニットから繰り出されるダイナミックな音を堪能してみてはいかがでしょうか。


■ 【audiounion DAY vol.6】自作バックロードホーンスピーカー「シュモクドリ」を楽しむ!

・開催日時:2018年10月7日(日) 12:00 ~ 14:00
・会場: audiounion お茶の水 ハイエンド中古館(2F)
・講師:オーディオ評論家 炭山アキラ氏
・主催:audiounion お茶の水 ハイエンド中古館
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

■ 使用予定機器

・鳥型バックロードホーン・スピーカー「シュモクドリ」
※12cmフルレンジユニット FOSTEX FE126Enを使用。上述のMOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!(P27~)」で紹介。

・アクティブ・サブウーファー FOSTEX CW-200D
※新製品アクティブ・サブウーハー。密閉キャビネットに25 ㎜ロングストローク高能率20cm ウーハーを搭載。

・DENON PMA-800NE/DCD-800NE
※DENONのベストセラー商品の最新版。コストパフォーマンスの高いエントリーモデルでスピーカーの実力を感じていただきます。

本イベントのお問い合わせは、オーディオユニオン お茶の水 ハイエンド中古館へ 03-5280-5104