サブウーファー用チャンネルデバイダーが付録! 「これで決まる! 本物の低音力」

Stereo 編 ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」
特別付録:フォステクス製サブウーファー用チャンネルデバイダー
≫ お買い求めはこちらから!

【定価】 9,180 円 ( 本体8,500 円)
【判型・頁数】 B5・24頁
【発行年月】 2019年2月
【ISBNコード】 9784276962897
【商品コード】 962890


オーディオには、「いじる」楽しさもあるんです!
思い通りにコントロールできる自分だけのBASSシステムをつくろう!

「オーディオも、デジタル時代になって、いじれる所が少なくなった」とお嘆きのファンもおられるでしょう。本書の付録は、フォステクス製の「サブウーファー用チャンネルデバイダー」です。

この“BASS Channel Divider”は、低音用に特化したチャンネルデバイダーで、200Hz以下の低域信号を抽出・コントロールする機器。メインのスピーカーシステムに対し低域を増強・拡張するために用いる一般的な機器はアクティブ型サブウーファーで、スピーカー部分とアンプ部分が一体で構成されています。

この“BASS Channel Divider”は、低域信号の抽出とコントロールを行なう機器で、サブウーファーに用いるアンプ部分やスピーカー部分を自由に組み合わせることができるのがポイント。アンプ部分はステレオ誌付録アンプでも、強力パワーアンプでも、スピーカー部分も、弊社既刊付録ユニットで製作したスピーカーから大口径ウーファーユニットを使って自作した大型スピーカー、はたまた既存のスピーカーシステムなども組み合わせることができますから、お仕着せシステムではない「自分だけのBASSシステム」をつくることができます。またサブウーファーのコントロール部が独立した本付録は、操作が容易で調整がしやすく、簡単にサブウーファー帯域を付けたすことが可能で、コンパクトながら高機能。使い方や組合せ例は本書で紹介しています。本書で「いじるオーディオの楽しさ」を再発見しませんか。

※バスチャンデバについて詳しくは「こちら」
(本誌の7ページ目を抜き出したもので、ご質問の多い内容をまとめたページです。PDFファイルで開きます。)

[目次]
・付録「サブウーファー用チャンネルデバイダー」使用上の注意
・ 開発関係者に聞く サブウーファー用チャンネルデバイダー “BASS Channel Divider” とは?
(三井 宏 [フォステクス カンパニー]/佐藤勇治[ワイエスクラフト]/きき手・まとめ:生形三郎)
BASS Channel Divider Q&A (回答:佐藤勇治[ワイエスクラフト])
・BASS Channel Dividerを使ったBASSシステム構成例 ~BASS Channel Dividerとの組合せを探る
(生形三郎)
・サブウーファー用のスピーカーを新たに用意する ~市販品から自作スピーカーまで
(佐藤勇治[ワイエスクラフト])
・バスチャンデバを本格大型システムに組み入れる ~自作の達人の使い方
(炭山アキラ/生形三郎)

≫ お買い求めはこちらから!


≪ お詫び ≫
ONTOMO MOOK「これで決まる! 本物の低音力」の18ページ左上の写真説明文に、誤解を招きやすい表記がありました。ユニットの FK10W コイズミ無線様が販売されていますが(税込定価4,500円/1本)、P1000SW-P についてはコイズミ無線様では販売しておりません(P1000SW-P ONTOMO Shopにて販売しております)。お詫びいたします。