【イベント情報】第24回 真空管オーディオ・フェア

今年もまた、真空管があたたく感じる季節の到来です。

第24回を迎える「真空管オーディオ・フェア」に、音楽之友社も参画します。
入口付近にブースを設け、雑誌やグッズなどを取り揃えて皆様のご来場をお待ちしています。

また、10月8日(祝)には、「Stereo」主催の記事連動企画として毎年恒例の筆者競作によるお披露目&鳴らし比べを開催予定です。なにやら、今年の競作のテーマは『バスレフ型禁止!』だとか!? 果たしてどうなってしまうのか、当日をお楽しみに!
※ 9月19日(水)発売の「Stereo」10月号に上記競作企画の記事が掲載されます。

=================================

第23回 真空管オーディオ・フェア

【初 日】2018年10月7日(日) 10:00~19:00
【最終日】2018年10月8日(月・祝) 10:00~17:30
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・第一会場:損保会館(外神田)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目9
・第二会場:ホテルマイステイズ御茶ノ水 コンファレンスセンター
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-6

・入場料:500円(2日間有効、高校生以下無料)
・主催:真空管オーディオ協議会

※音楽之友社(月刊誌『Stereo』主催イベント)

・2018年10月8日(月・祝) 12:45~14:15(於:損保会館5F イベントホール)
「本誌筆者によるスピーカー競作2018」

・講演者・作品名・簡易概要(予定、敬称略):
浅生 昉 作「AS1002KF」 天板のTWで音場感を拡張、使いこなしのアイデアもあり
石田善之 作「SKS2018 “Cashmere IV”」 パッシブラジエーターでロクハンの限界に迫る
生形三郎 作「STB-1 “Mont Blanc”」 スピード&音場重視の低域再現、ハイエンドを希求した密閉器
小澤隆久 作「チャレンジャー」 軽量振動板繊細表現を狙うタンデム構成内包の小型機
佐藤勇治 作「Duo」 異なる12cmフルレンジ2本が奏でる無垢材の素直な響き
須藤一郎 作「CB’18」 シンプルながら高剛性の箱で8cm一発を丁寧に鳴らしきる

イベント情報:アナログオーディオフェア 2018

アナログレコードが、さらに楽しくなるイベント「アナログオーディオフェア」が、今年もまた東京の損保会館で開催されます。音楽之友社もブースを出展し、「Stereo」誌やMOOK、ONTOMO Shopのオーディオ関連商品を販売いたします。

・イベント名称:アナログオーディオフェア 2018
・入場料:無料

・会期:【初日】2018年6月9日(土) 12:00~19:00/【2日目】2018年6月10日(日) 10:00~18:00
 ※本イベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

・会場:損保会館 〒101-8335 東京都千代田区神田淡路町2丁目9番地
・アクセス:JR秋葉原駅 電気街口・御茶の水駅 聖橋口より徒歩約5分


音楽之友社主催イベントのお知らせ

アナログオーディオフェアでの第1回目のイベントでは、LPでロックを爆音再生。第2回目はSP再生ときて、第3回目となる今年はカセットテープの音を炸裂させます。

テーマは『伝説のカセットデッキを聴く』。ゲストはステレオ誌連載でもおなじみ、福田雅光氏。氏がリファレンスとする、アイワ XK-S9000 を持参。氏曰く「これはナカミチドラゴンよりいいからねぇ」。

この話をカセットデッキに造詣が深い雑誌『ステレオ時代』編集長 澤村氏、ディスクユニオン Jazz TOKYO 店長生島氏にしたところ「その勝負、受けて立ちます。ドラゴンを持ってゆきましょう」。

後日さらに、その噂を聞きつけた「懐かしのカセットテープ博物館」館長の加藤氏も緊急参戦。ドラゴンキラーと呼ばれたノルウェイのタンバーグ 3014Aを持参とのことで、ワールドクラスの究極のカセットデッキ3台がガチンコ勝負します。この歴史的な機会を見逃すな!

※本イベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。