【イベント情報】 audiounion DAY vol.6 で鳥型バックロードホーン「シュモクドリ」が鳴く!

Stereo編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」で紹介された鳥型バックロードホーン・スピーカー『シュモクドリ』。設計者である炭山アキラ氏自身の解説で試聴会が開催されます。当日は併せてフォステクスの新製品アクティブ・サブウーファー CW-200D を使用し、サブウーファーの使い方についても解説していただきます。

当日は秋葉原にて「真空管オーディオフェア」も行われますが、会場より歩いて行ける距離での開催ですので、是非足を運んでいただき、12cmユニットから繰り出されるダイナミックな音を堪能してみてはいかがでしょうか。


■ 【audiounion DAY vol.6】自作バックロードホーンスピーカー「シュモクドリ」を楽しむ!

・開催日時:2018年10月7日(日) 12:00 ~ 14:00
・会場: audiounion お茶の水 ハイエンド中古館(2F)
・講師:オーディオ評論家 炭山アキラ氏
・主催:audiounion お茶の水 ハイエンド中古館
※このイベントは成功裏に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

■ 使用予定機器

・鳥型バックロードホーン・スピーカー「シュモクドリ」
※12cmフルレンジユニット FOSTEX FE126Enを使用。上述のMOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!(P27~)」で紹介。

・アクティブ・サブウーファー FOSTEX CW-200D
※新製品アクティブ・サブウーハー。密閉キャビネットに25 ㎜ロングストローク高能率20cm ウーハーを搭載。

・DENON PMA-800NE/DCD-800NE
※DENONのベストセラー商品の最新版。コストパフォーマンスの高いエントリーモデルでスピーカーの実力を感じていただきます。

本イベントのお問い合わせは、オーディオユニオン お茶の水 ハイエンド中古館へ 03-5280-5104

「チュウサギ」が神楽坂に飛来する!

これは何だ!? 「スワン」か? 違う。
「コサギ」か? 違う。
「シュモクドリ」? 違う。

今や貴重な鳥型バックロードホーン設計者としてその名をはせる、炭山アキラ氏による新作「チュウサギ」がお目見えします。先日お知らせしたオーディオイベント「8cmクラブ with ハイレゾパーク」にて関東では初公開となります。それに合わせ、大阪の共立電子では本キット「鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル『チュウサギ』」のキット販売も決定しました。


■ 鳥型バックロードホーン「チュウサギ」関東初お披露目 「8cmクラブ with ハイレゾパーク」

・会場:株式会社音楽之友社内
セミナーブース「フェニックス」
〒162-8716 東京都新宿区神楽坂6-30
東京メトロ東西線「神楽坂(T5)」駅 神楽坂出口より徒歩1分

・日時:2018年10月6日(土) 11:00~18:00
※本イベントは大好評のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

第1回 14:00~15:00 「ラズパイオーディオの実力とは?(ラズパイオーディオの会)」
第2 回 16:00 ~17:00 「マークオーディオを聴く(MarkAudio Group フィディリティムサウンド)」
※内容は機材手配等の都合により変更となることもあります。


■ 炭山アキラ氏設計・監修・公認キット 「鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル『チュウサギ』」

10cmダブルボイスコイルユニット「DVC-1000」専用エンクロージャー。通常のバックロードホーン型スピーカと比較して場所を取らない、炭山アキラ設計・公認の鳥形(スワン形)バックロードホーンスピーカーの組み立てキットです。部材はカット済みで手軽に組み立てることができます。しかも、嬉しいスピーカー付きで、共立オリジナルのパイオニア製10cmダブルボイスコイルユニット「DVC-1000」が付属します。

●形式:バックロードホーン型
●商品構成:1本
●付属スピーカーユニット:
・共立オリジナル パイオニア製 10cmダブルボイスコオイルユニット「DVC-1000」
●材質:MDF(板厚15mm)
●サイズ;300(W)×380(D)×1000(H)mm
※奥行きは補強板を除く

●組み立てに必要な工具
・木工用ボンド
・鉛筆と定規
・プラスドライバー
・スコヤ(直角を出すための定規)
・ハタガネ(60cmくらいのもの)または重し
・濡れぞうきん
※はみ出したボンドをふき取るのに使用します。よく絞ってから使用してください。

※ <鳥形バックロードホーンキット 炭山アキラモデル「チュウサギ」>は、炭山アキラ先生の設計及び監修のもとでKIT化された公認モデルです。
※ 只今共立電子のウェブサイトより予約受付中で、10月6日(土)発売予定です。
※ 「共立オリジナル パイオニア製 10cmダブルボイスコオイルユニット『DVC-1000』」が付属します。
※ 商品構成は、1本です。ペアでの販売ではありませんのでご注意ください。

≫ご注文・詳細・問合せはこちら http://eleshop.jp/shop/g/g402652/

 

超巨大鳥型バックロードホーン「ハシビロコウ」がやってくる!

※このイベントは大盛況のうちに終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました!


「Stereo」2017年12月号でその姿を表した、炭山アキラ氏の最新作となるFE208-Sol使用の超巨大鳥型バックロードホーン「ハシビロコウ」が、いよいよお披露目されます。

炭山アキラ氏の鳥型バックロードホーンといえば、オントモ・ヴィレッジでも発売されている「コサギ」が記憶に新しいものの、大型のものとしては2011年に発表された “FE203En-S用巨大鳥型「シギダチョウ」” 以来実に6年ぶりの大作。

しかも当日は、なにやらフォステクス・カンパニーからのスペシャルな情報もあるようなので、この機会を逃さない手はないといったところ。是非みなさまのご来場をお待ちしております!

※「ハシビルコウ」に関しては、「Stereo」2018年1月号「『ハシビロコウ』の製作・後編」でも掲載される予定です。

「炭山氏製作FE208-Solご紹介」
・日時:2017年12月9日(土) 14:00~16:00
・講師:炭山 アキラ 氏
・入場:無料、入退場自由
・会場:コイズミ無線 本店 (東京都千代田区外神田4-5-5 アキバ三滝館2階)
・アクセス:JR「秋葉原」駅より徒歩約6分、東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩約2分
※専用の駐車場はございませんので、公共交通機関または有料駐車場をご利用ください。