音の見える部屋

スポンサーリンク
12月号

stereo12月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:澤野宗重さん 「JBLパラゴンは60年代のアメリカの家庭でどんな様子で置かれていたのか、ちょっとばかり興味がある。他の機器類よりも部屋の雰囲気が知りたい。鎌倉に住む澤野宗重さんのリスニングルームに入った瞬間、もしかしてこう...
11月号

OTAIAUDIOで紹介されました

愛知県 北名古屋市 弥勒寺西(ミロクジニシ) で40年以上続けている、老舗OTAIAUDIO(オタイオーディオ)。やり手の店長 井上揚介氏は動画配信やイベントなど様々なコンテンツで精力的にオーディオを盛り上げています。...
11月号

stereo11月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:永見浩之さん 「リスニング用パーソナルチェアに座る。庭を一望できる正面のガラス戸から光が射し込み、外では木々が風でそよそよと揺れている。その向こうには右から左へゆったりと流れる神田川。すぐ目の前では永見浩之さんの愛猫グルがごろり...
スポンサーリンク
10月号

stereo10月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:吉本洋介さん 「吉本洋介さんの家に訪問が決まったとき『そんなら、すぐそばの《多賀野》で昼は決まりです』と編集の野呂さんは歯切れよく言った。ミシュランブックに掲載されている中華そばの店なんだそうだ。当日、雨天にもかかわらず並びが出...
2019年

stereo9月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:日高 廣さん 「前回の北村公宏さんは尺八奏者ではあるけれど、自分の演奏を録音する技術を生かして、鎌倉エフエムで番組のエンジニアもやっている。このページにうってつけの方がいらっしゃるんですよと、ジャズ番組のパーソナリティを務め...
2019年

stereo7月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:北村公宏さん 「本誌でもお馴染みオーディオ評論家の須藤一郎さんから、北村公宏さんを紹介してもらった。音の入口から出口までオーディオはほぼ全部自作らしい。事前に写真を見せてもらったら、それはかなり徹底している様子だった。…」 ...
2019年

stereo6月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:飛松保寿さん 「『なんでナカミチなんですか』 飛松保寿さんの家を初めて訪れるオーディオ仲間は、まずそれを必ず尋ねるはず。いや、『はず』ではなく、もしその質問をしなかったらおかしい。 なにしろリスニングルームから廊下へはみ...
2019年

stereo5月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:沼尻俊一さん 「沼尻俊一さんの家には、リビングルームの床続きに囲炉裏が切ってあった。まずはその周りであぐらをかいて音楽を聴かせてもらうのもよさそうだ。 そんな経験は一度もなかったし「囲炉裏オーディオってなかなかオツですよ」...
2019年

stereo4月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:有吉 純さん 「僕がやっているミュージックバードのレコード専門番組「オレの音ミゾをほじっておくれ」にゲスト出演してもらったことで、ジャズレコード・コレクターの有吉純さんと知り合った。オーディオの取材をさせてもらえませんかとお...
3月号

stereo3月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:瀬尾佳宏さん 「淡路島のマニア訪問を終え、すぐに神戸へ向かう。時間がかなり押していたので、渋滞の可能性がある高速バスではなく、確実なフェリーと電車を使うことにした。次に向かった瀬尾佳宏さんのお宅は神戸駅から徒歩3分の好立地で...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました