stereo 2月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:礒 恭一さん
「オーディオルームの緻密な建築図面を同封した手紙が送られてきた。こういったケースは初めてで、極度に律儀すぎる人だと話しが堅苦しくなるんだよなあと警戒したが、よく読むと手紙の主・礒 恭一さんは設計事務所を営んでいるのだという。図面の作成はお茶の子なのだ。ひと安心して栃木県の北東部、大田原市に向かうことになった。…」

Stereo12月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:小栗好弘さん

「ぼくが高校時代にジャズを聴き始めたおおざっぱな動機は、実に不純だった。友達は誰もこの音楽を聴いていなかったので、俺は一歩先を進んでいるぞと格好つけたかったのである。音楽に後も先もないのだが、とんちんかんな背伸びをしていた。小栗好弘さんは、そういう浅ましいところから出発していない生粋のジャズファンだ。…」

Stereo11月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:藤井宏樹さん

「藤井宏樹さんと会うのは12年ぶりになる。たいそう久しぶりのはずだが、藤井さんの人柄がそうさせるのか、ものの数十秒で「やあー」といった感じになった。奥様の雰囲気も変わりがなく、大きく変わったことといえば柴犬の楽くんが家族の一員になったことと、ずばりオーディオシステムだろう。当時から何セットもの複数システムを可愛がっていたが、その全貌はメインスピーカー・システムを除いてすっかり様変わりしている。…」

stereo 10月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:矢野 優さん

「かなり以前のことだが、REALTOKYOというウェブマガジンに『「新潮」編集長の東京編集長日記』と題し、矢野 優編集長が日常のトピックを綴っていたことがあった。そのなかでぼくは、矢野さんが音楽もオーディオもムチャクチャ好きなことを知った。メインのオーディオは三浦半島・三崎の別宅にあり、写真を見るとその部屋は、リアルな昭和30年代の匂いが漂う古風な和室だった。新潮社にいる知り合いを通して訪問をお願いしてみたところ、快く受けてもらい、夏の真っ盛り、港町に向かうことになった。…」

Stereo9月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:石田善之さん

「ぼくが一介のオーディオファンだった頃、石田善之さんと話をする機会があって、ガウスはどんな音なのか尋ねたことがあった。その返答は『自宅のスピーカーJBLに変わったが、男っぽい力強さは捨て難く、いま富士の別荘にある』というような内容だったと記憶している。それから20年近く経ち、石田さんから『別荘のシステムがひと段落ついたのでぜひ遊びに来てください』と編集者に声がかかり、ぼくも便乗させてもらうことになった。…」

Stereo7月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:山本浩司さん

「『オーディオ評論家の山本浩司さんの音は聴いておいたほうがいいですよ』と教えてくれたのはDU BOOKS編集部の渡邉淳也さんだった。山本宅のスピーカーがJBL K2 S9900で、ウーファーとトゥイーターはぼくが使っているものと兄弟であること、音楽的な志向に共通点があることなどを踏まえたうえでの助言だったのかもしれない。もしかして自分のオーディオに何かヒントになるかもと、さっそく和光市にあるマンションに伺った。…」

Stereo6月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:中島平太郎さん
「なんぼオーディオの歴史に疎いぼくだって、中島平太郎さんの名前は知っている。デジタル・オーディオの先駆者とか草分けとか、いろいろな称号はあるんだろうけど、なんといってもソニーの責任者としてフィリップスと共同でCDを誕生させた立役者だ。そういうドえらい方に会う機会はそうなかなかあるものではないのだが、縁あってお宅にお邪魔することができた。…」

Stereo5月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」 

今月の人:松波祥文さん
「玄関を開けるとそこはスピーカーのなかだった--。滑り出しの1行目は音を聴く前にそう決めた。いきなりそう言われてもなんのことかわからないだろうが、当初ぼくも松波祥文さんの説明に当惑し、やっとその意味を呑み込めたのはオーディオルームに通されてからのことだ。…」

Stereo4月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

今月の人:平井和成

「『ではこちらです』と平井和成さんに案内されて、分かれ道がいくつもあるような長い廊下を歩きようやくオーディオルームに到着した。しかし編集者もカメラマンも一向後から付いて来ない。どうやらちょっとの隙にぼくらを見失って迷子になっていたようだ。まさか家の中でそんなことが起こるとは。広い場所を指して千畳敷と呼ぶことがあるが、たとえではなく実際にそれ以上広いのだ。…」