炭山アキラ氏設計バックロードホーン「サマリー」改訂版図面

スポンサーリンク
2018年

「Stereo」2018年2月号の記事「新作バックロード『サマリー』登場!~共立電子イベントレポート~」の中で、炭山アキラ氏の新作バックロードホーン「サマリー」を紹介しましたが、その中で誌面の71ページに掲載されている「板取図」および「構造図」に変更が発生いたしましたので下記にお知らせいたします。


Stereo誌の2018年2月号で公開したバックロードホーン(BH)の「サマリー」は、お恥ずかしいことに完成一歩手前のバージョンの図版を編集子へ送付してしまい、一部の取り付け位置を示す数字が脱落してしまっていた。謹んでお詫び申し上げる次第だ。

また、バッフル板と仕切り板3の間に砂袋を詰めて制振してやろうと目論んでいたのだが、残念ながらキャビがスリムすぎ、ユニット穴が小さすぎたため、どうやっても砂を入れることがかなわなかった。

しかし、砂入れのデッドスペースを放置して音を鳴らすと、その部分が笛のように鳴ってしまい、再生音に重大なノイズを付け加えてしまう。というわけで、デッドスペースを余り板で埋めてしまった「バージョン1.1」へ、図面を書き替えることとした次第だ。

既に板材を切ってしまったという人は、余り板から3番の板をもう1枚ずつ取り、3’番として別図の通りに組みつけてほしい。

このたび製作した旧バージョンの「サマリー」は、デッドスペースの口をメラミンスポンジで塞ぎ、一応の成果を得ている。1カ月以上結構な音量で鳴らし込んだ結果、「コサギ」ほどではないにせよ、結構なレンジ感と解像度を聴かせてくれるようになった。製作の簡単さからして、ビギナーにも安心して薦められるBHになったと、胸をなでおろしているところだ。

1人でも多くの人に、SP工作の楽しさ、BHサウンドの醍醐味を味わってほしいと、切に願っている。

-炭山アキラ
↑「サマリー板取図 バージョン1.1」 ※15mm厚 MDFサブロク×1枚
↑「サマリー構造図 バージョン1.1」
※2018年2月2日追記:上記板取番号の「1」と「6」とが逆となっているとのことです(「1」が「5」と上部で接触、「6」が「2」と下部で接触する形に組み立てるのが正しいようです)。制作の際、お気を付けください。

コメント

  1. Jarred より:

    Undeniably beⅼieve that which you sаiԀ. Ⲩour
    favorite reason seemеԁ to Ье on the web the simplest thіng to be aware of.
    I say tօ yⲟu, Ι definitely get annoyed while people consider worries
    tһat tһey just dο not қnow aboսt. Уоu managed tօ hit thee nail upon tһe top and defined out
    the whole tһing ԝithout һaving sіde effect
    , people could tаke a signal. Wіll probɑbly be ƅack to ɡet more.
    Thanks

タイトルとURLをコピーしました