オーディオの総合月刊誌「stereo」2019年10月号、好評発売中!

スポンサーリンク
10月号
■ Stereo 2019年10月号
表紙:トライオード MUSASHI
(撮影場所:more、JOHN HENRY’S STUDY)
【定価】¥972 (税込 2019年9月30日迄【税8%】、本体価格900円)
【定価】¥990 (税込 2019年10月1日以降【税10%】、本体価格900円)
【判型】B5
【発行】2019年9月
【商品コード】051910
≫ 本誌のお買い求めは こちらから

【特集】魅惑の真空管アンプ大特集

夜は涼しくなり、そろそろ隅っこに追いやられていた管球アンプが気になり始めた。真夏には目も当てられない、なんて方もいる真空管だが、今年もシーズン到来だ。不思議ですね。A級アンプだって充分温かいのに、やっぱりあのささやかな灯りがなくちゃ物足りない。真空管を心から愛している方も、とやかく見た目や歴史が好きな方も、心地よいひと時に身を委ねよう。

・球を知る~知って得する真空管の歴史と現在(長島勝)
・ハイブランド管球アンプの世界を聴く(林 正儀)
・ちゃんこ試聴 俺の真空管アンプはコレだ!(今津 甲×岩井 喬)
・stereo編集部的、気になる真空管アンプ
・付録付きMOOK「電波を受信せよ!真空管FMチューナー」好評発売中

【特別企画】デノン・サウンドマネージャー山内慎一 SX1 LIMITEDへの遥かな道程

前月号で速報的な形でご紹介したデノンの新フラグシップ「SX1 LIMITED」は、まだ発売前にもかかわらず、すでにその音を体験した関係者の間からは、“想像を遥かに超えた音”として驚きの声が多く上がっている。今回は、そんな“驚異の音”を実現したデノン・サウンドマネージャーの山内慎一氏とは一体どんな人物なのか、そのサウンド哲学から音楽的趣向に至るまで、土方久明氏が徹底的に迫る。(土方久明)

Stereo試聴室★話題の新製品を聴く

(石田善之/生形三郎/鈴木 裕/須藤一郎/角田郁雄/福田雅光/藤岡 誠/山之内 正
:遠藤正奥[解説])

・[ MC型カートリッジ ] オーディオテクニカ AT-OC9XEN
・[ レコードプレーヤー ] テクニクス SL-1500C
・[ プリ・メインアンプ ] トライオード MUSASHI
・[ ステレオ・パワーアンプ ]ティアック AP-505
・[ ステレオ・パワーアンプ ]CSポート GM70PA
・[ スピーカーシステム ]クリプトン KX-0.5P

注目製品ファイル

・[ ステレオパワーアンプ ] アキュフェーズA-48(小林 貢)
・[ SACD/CDプレーヤー ] エソテリックBrandioso K1X(鈴木 裕)
・[ パワーアンプ ] ファーストワット SIT3(井上千岳)
・[ ステレオパワーアンプ ] ソウリューション311(林正儀)
・[ スピーカーシステム ]ウィーンアコースティクスHaydn Jubilee(生形三郎)
・[ スピーカーシステム ]パラダイム Persona3F(小林 貢)
・[ スピーカーシステム ]ファインオーディオ F500PG(林 正儀)
・[ スピーカーシステム ]エラック Carinaシリーズ(潮 晴男)

アクセサリーファイル

・[ 電源プラグホルダー]フルテックNCF BOOSTER BRACE(林 正儀)
・[ レコードスタビライザー&オートリフター ]
マインド・ポップ・レボリューションPress Lift(炭山アキラ)

新商品ニュース(峰尾昌男)

連載

・音の見える部屋 オーディオと在る人 今月の人:吉本洋介さん(田中伊佐資)
⇒動画でご覧いただけます http://stereo.jp/?p=4236
・いい音いい場所いいお店 「Km BLUE」(上田高志)
・ザ・グレート・コンポーネント「イタリアの音とデザインChario」(角田郁雄)
・カートリッジ物語シーズン2 「CHUDEN」(井上千岳)
・オーディオコンポーネンツ 組み合わせの世界「B&W603をベースにした組み合わせ」(藤岡 誠)
・テラシマ円盤堂「マーク・コープランド。ひょっとしたら……」(寺島靖国)
・使い方を知る~オーディオの新常識~
「バス・チャンデバで気軽にワイドレンジ再生」(福田雅光)
・自宅ロングランレポート5「M2TECH JOPLIN MK III」(編集部)
・楽しいポップ・ロック再生! イワタ塾「第49回」(岩田由記夫)
・今月の変態ソフト選手権
「“非・優秀録音”といわざるを得ない盤も枠に入った」(炭山アキラ+高崎素行)
・ヴィニジャン~アナログの壺~「狂喜のヴィンテージ導線ワールド」(田中伊佐資)
・クラフト・ヴィンテージ「ハンダによる音質の変化(アンプ編)」(キヨトマモル)
・火の鳥電機「真空管パワーアンプ KA-43SEの改造(補足編)」(峰尾昌男)
・俺流スピーカー!邪道を往く「あちらを立てればこちらが立たず」
(アクロージュファニチャー岸 邦明×編集部吉野)
・オーディオを科学する「国内真空管アンプの最新技術動向」(柴崎 功)
・音の余白に ~本誌編集顧問の「聴く見る書く」(岩出和美)

ステレオ・ディスク・コレクション

・今月の優秀録音盤(福田雅光)
・今月の特選盤(石田善之/林 正儀/鈴木 裕/田中伊佐資/広瀬大介)
・今月の話題盤 [ クラシック ](浅里公三)
・今月の話題盤 [ ジャズ ](市川正三)
・今月の話題盤 [ ロック・ポピュラー ](宇田和弘)
・今月の話題盤 [ 日本のポピュラー ](増渕英紀)
・今月のSACD「復刻盤編」(岩間哲男)

注目記事

【コラボ企画】 ステレオ時代@stereo試聴室
~高音質レアカセットの世界&ひとりGS名盤コレクション

コラボその一:倍速&エルカセに見る“いい音”への執着心・探求心(澤村信[「ステレオ時代」編集長]×加藤邦裕(「懐かしのカセットテープ博物館」館長)×編集部)
コラボその二:「ひとりGS」に聴く、年端のゆかぬカワイコちゃんの絶叫(藤木TDC)


【特別企画】筆者も読者も丁々発止! 競作スピーカー大試聴会
(石田善之/生形三郎/小澤隆久/キヨトマモル/佐藤勇治/海老澤正(「自作スピーカーコンテスト」テクニカルマスター))
・石田善之氏作「High-End 2019」ロクハンの頂点を目指して
・生形三郎氏作「snow cakes」密閉型機でトランスペアレントな再生音
・小澤隆久氏作「ナイン」フルレンジ2発で大音量再生にも対応
・キヨトマモル氏作「MUIー無為ー」リビングで楽しく音楽を聴きたい方に
・佐藤勇治氏作「赤橙」新作ユニットを自分好みの音に染めたい
・海老澤正氏作「FK13C experiment」リモコン操作⁉でリアルタイムの低域調整

「第25回真空管オーディオ・フェア」にて上記6作品の鳴らし比べ試聴会を行ないます。
日時:2019年10月14日(月・祝)12:45~14:15
会場:東京・秋葉原 損保会館 5Fイベントルーム


【臨時企画】アンプを飛ばすな! アキュフェーズ「修理の鉄人・渋谷 清氏」に聞く
スピーカー・アンプ間接続トラブル実例と対策


・パラダイムのサウンド哲学(鈴木 裕)

告知

・ 次号 stereo 11月号予告
「特集=カセットテープ 新時代の夜明け(2019年10月19日(土)発売)」
・ BOOKS
・ TOWN INFORMATION(イベント・オーディオ・トピックス・放送)
編集後記


編集部だより
滅茶苦茶に暑かった夏も終わりが近づき、夜はようやく秋の訪れを感じられホッとしています。毎年、なぜか秋になり、気温も下がってくると、真空管アンプで音楽を聴きたくなるんですよね。というわけでstereo10月号は真空管アンプ特集です。奥深すぎる真空管の世界を感じながら音楽を聴くのはオーディオ趣味の醍醐味です。
>> 本誌のお買い求めは こちらから
>> 「Stereo」姉妹誌「レコード芸術」は毎月20日発売!併せてご愛読ください。
  詳しくは こちらから
>> 「Stereo」コラボ企画商品のお求めは こちらから
タイトルとURLをコピーしました