MOOK

スポンサーリンク
2018年

秋葉原 コイズミ無線「最新作バックロードホーン 4種の公開試聴会」のお知らせ

7月19日(木)の発売が迫ってきた Stereo 編 ONTOMO MOOK「バックロードホーン・スピーカーをつくる!」の発売に合わせ、誌面で紹介されている4人の作者の最新作を、秋葉原のコイズミ無線にて、二回にわたり作者自身の解説付きで試聴...
MOOK

第3回 Stereo × パイオニア × 共立電子 「3社共催クラフトオーディオイベント 2018夏」開催のお知らせ

さる7月1日(日)より、共立電子産業からパイオニア製10cmフルレンジユニットが発売されました。これに合わせ、7月21日(土)~7月22日(日)にイベントを開催する予定です。関西にお住まいのみなさま、是非足を運んでいただき、その音を見て、聴...
MOOK

夏のムック3部作(「OM-MF5」追加情報あり)

Stereo 編 ONTOMO MOOK●これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット予約受付中! 【発売日】2018年7月19日(木)【...
スポンサーリンク
2018年

「マークオーディオ」代表 マーク・フェンロン氏スペシャルインタビュー

夏の風物詩(?)、月刊ステレオ編集部とメーカーとの共同企画による新開発スピーカーユニットが、今年も登場します! 今年は香港発・気鋭のメーカー「マークオーディオ」による8cm径フルレンジ。その名も「Model OM-MF5」! ...
MOOK

stereo編 ontomo mook 「快音!真空管サウンドに癒される 」好評発売中!

Stereo編 ONTOMO MOOK 「快音!真空管サウンドに癒される 」 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット 【定価】 14,040 円 ( 本体13,000 円) 【判型・頁数】 ...
MOOK

Stereo編 ONTOMO MOOK 「音の見える部屋 オーディオと在る人 」好評発売中!

Stereo編 ONTOMO MOOK 「音の見える部屋 オーディオと在る人 」 田中伊佐資 著 【定価】 2,916 円 ( 本体2,700 円) 【判型・頁数】 B5・280頁 【発行年月】...
2018年

今年はマークオーディオ製! スピーカーユニット付録MOOK、7月発売開始予定!

すっかり恒例となってきた「Stereo」編集部とメーカーとの共同企画による、新開発スピーカーユニット。今回は香港発・気鋭のメーカー、マークオーディオによる8㎝径フルレンジ。その名も「Model OM-MF5」がMOOKの付録として付...
2018年

「ラックスマン製 真空管ハーモナイザー・キット」、ひと足早く その音をチェック!

当ブログで何度か紹介している「ラックスマン製 真空管ハーモナイザー・キット」ですが、diskunion JazzTOKYO さんのご協力のもと、サンプルを置かせていただいています。 赤REGAに接続して実際に音を出しています。MO...
2018年

「ラックスマン製 真空管ハーモナイザー・キット」最終仕様が到着!

▲仕事場に置いてみました。なかなか絵になるのではないでしょうか? 昨日当ブログでも紹介した、5月19日(土)発売の Stereo 編 ONTOMO MOOK 「快音! 真空管サウンドに癒される」の特別付録『ラックスマン...
2018年

お手持ちのシステムにつなげるだけ!? 憧れの真空管サウンドを手軽に手に入れよう!

数々の真空管アンプの名機を手掛けてきたラックスマンによる「真空管ハーモナイザー・キット」を付録としたMOOKが登場します。 キットの内容は、完成基板となるシャーシ、ネジ類、真空管。ドライバーでネジを緩めて組み立てるだけなので、誰でも簡...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました