10月号

10月号

stereo10月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

ぼくはこの連載を通じて、マニアの敬服すべき酔狂にちょっとやそっとでは驚かなくなっている。しかし長門賢治さんの話を聞いて、この人は只者ではないと直感した。…ここに新しいマニア像を見た気がした。
10月号

stereo 10月号「音の見える部屋 オーディオと在る人」

大型化した愛知~岐阜編もこの5回目で最終回。トリを飾る森 茂さんのお宅には、どちらがメインともつかない2つのシステムが! 楽しむ音楽の8、9割はブラックミュージックだが、この両方があってこそ、森さんのオーディオライフは快適なのだという。
10月号

ステレオ10月号は明日発売です

Stereo 2013年10月号 定価 900円 9月19日(木)発売 特集 スリム&スマート!マイクロハイエンド・コンポでピュアオーディオ道を突き進む ・音楽ファンが頷き、唸る!  マイクロハイエンド機の実力に触れる(飯尾洋一...