MOOK付録ユニットで競い合う! 第8回 自作スピーカーコンテスト開催のお知らせ

※このイベントの応募は終了しております。たくさんのご応募ありがとうございました!
___________

2011年から毎年、本誌・夏の工作号の盛り上げ役を担ってきた、メーカーとの共同企画による付録スピーカーユニット。今年はMOOK付録としてニューフェイスが登場しました。

そのうちのひとつ、「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録であるパイオニア製6㎝フルレンジ・スピーカーユニット「OMP-600」をレギュレーションとして、月刊ステレオ主催・第8回目の自作スピーカーコンテストを開催します。募集部門は「匠部門」「一般部門」「シンプルワーク部門」の3部門。作品規定に従ってスピーカーを製作し、写真や図面、レポート等必要書類を宛先までお送りください。書類による一次審査と試聴をまじえた最終審査を行ない、12月16日開催の作品展示会・授賞式にて各賞を発表します。

あなたの魂がこもった一大工作品のご応募をお待ちしています!

■ 作品規定
・2017年7月19日発売のMOOK「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」の付録であるパイオニア製6㎝フルレンジ・スピーカーユニット「OMP-600」のみを使用

※使用するユニットの個数は無制限ですが、使用されるユニットの数で評価はいたしません
※エンクロージュアの高さ・幅・奥行きは、それぞれが100㎝以下、総重量30kg以下のもの

■ 募集部門

「匠部門」
対象:2003~08年「本誌主催・自作スピーカーコンテスト」、2010~13年「本誌付録ユニットによる自作スピーカーコンテスト」において受賞歴がある方の作品。および2014~16年「自作スピーカーコンテスト・一般部門」において第1位を受賞した方の作品

「一般部門」
対象:前述の「匠部門」の対象に該当しない方の作品
※前述の2つのコンテスト受賞時に中学生以下だった方の作品も、「一般部門」の対象になります

「シンプルワーク部門」
応募規定
①本誌主催の自作スピーカーコンテストに初めて応募する方。および過去の本誌主催自作スピーカーコンテストにおいて、書類選考を通過したことがない方の作品
②MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」のP2~9内で標準エンクロージュアとして紹介されている、ダウンファイヤ型Bi-Directionalポート採用エンクロージュア「BSP000」のサイズ(88W×195H×148D㎜)から、幅・高さ・奥行きとも+5㎝以内のバスレフ型/密閉型/無志向型 を採用する作品
※使用するユニットは1ペア(2個)まで
※エンクロージュア素材、仕上げ素材は選択自由。箱の形をした既製の生活用品(収納箱やごみ箱等)の利用も可
※MOOK「スピーカー工作の基本&実例集」付録のエンクロージュアキットや、メーカー製エンクロージュアを使用・再利用したスピーカーは不可

■ 必要書類(全部門共通)
・スピーカーの完成写真
・製作過程がわかる写真
・内部構造がわかるようなもの(図面、工程写真など)
・作品の紹介文(特徴、アピールポイント、苦労した点など)

■ 必要記載事項(全部門共通)
応募部門、氏名、年齢、職種、連絡先の郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス
●応募締切り(全部門共通)
2017年9月27日(水)必着
※このイベントの応募は終了しております。たくさんのご応募ありがとうございました!
※一次審査の結果は通過者のみの連絡とさせていただきます

OMP-600AOMP-600B