LXA-OT3

LXA-OT3

LXA-OT3カスタマイズ報告会 開催決定!

2014年1月号付録デジタルアンプLXA-OT3ですが読者の皆さまからの要望が多く寄せられたため、カスタマイズ報告会を開催することが決定しました。かっこいいケースにいれるもよし、基板の改造をするもよし。こういった使い方をしたら音が良くな...
1月号

LXA-OT3回路図の誤り

ステレオ1月号73頁のLXA-OT3の回路図について以下の誤りがありました。 お詫びの上、訂正致します。 ●C58とC69の値が680NFと記載されていますが正しくは470NFです。
1月号

LXA-OT3回路図の誤り

ステレオ1月号73頁のLXA-OT3の回路図について以下の誤りがありました。 お詫びの上、訂正致します。 ●R6とR16の値が3.9Kと記載されていますが正しくは4.7Kです。
1月号

LXA-OT3詳報8

アンプICのゲイン変更 LXA-OT1ではゼロ抵抗を付け替えてアンプICのゲイン設定を変更していましたが、LXA-OT3では方法が少し変わりました。 基板表面、アンプIC横の抵抗R17、R20を外します。ここまではOT1と同様です。...
1月号

LXA-OT3詳報その7

  電源あれこれ 専用ACアダプターがついてきますので、そのまま楽しめるこのアンプですが、電源を別のものにして楽しむこともできます。上記の写真は編集部が製作したアナログ電源です。詳しくは1月号で紹介しますが、アナログ電源にすると更にS/...
1月号

LXA-OT3詳報その6

サイズはLXA-OT1と同じ LXA-OT3の基板サイズ、ボリュームや各端子の位置と大きさはLXA-OT1と同じですので、LXA-OT1のケースがそのまま使えます。コンデンサーの高さが少し違いますが、端子より低いので影響ありません。
1月号

LXA-OT3詳報その5

スピーカー出力 LXA-OT3の対応スピーカーインピーダンスは4Ω以上です。インピーダンス毎の最大出力は以下の通りです。なお、デジタルアンプICのゲインはLXA-OT1と同様26dBです。LXA-OT1では抵抗を付け替えてゲイン変更が...
1月号

比較試聴! LXA-OT1 vs LXA-OT3

            LXA-OT3                      LXA-OT1 読者の皆さんが一番気になるところは音はどうかという点だろう。そこで2012年1月号付録のデジタルアンプ との比較試聴を行なった。  デ...
1月号

LXA-OT3詳報その4

     LXA-OT3          LXA-OT1 RCA端子の金メッキ化 錆を防止するだけに留まらず、音質アップにも寄与する高級メッキ仕上げの特別仕様です。
1月号

LXA-OT3詳報その3

     LXA-OT3用           LXA-OT1用 電源部強化で出力12W×12W(8Ω) 供給電圧を高める新設計により付属のACアダプターが大型化されました。LXA-OT3基板への供給電圧は15V(1.2A)となり大...